生後5か月齢の忘備録

公開日: : 第二話 ツムギ

6月23日でツムギは生後5か月になりました。

ちょっと待って。

早い!!

時間が経つの、早すぎます。

この前まで腕の中にすっぽり入って抱っこできたのに、体重が来たときの3倍以上になったではないですか!

北海道を出るとき約5.1kg、6月23日家で計測(多分誤差あり)約16.7kgです。

家に来たばかりの頃、人の膝から離れられないのでツムギは甘えん坊だと思っていましたが、意外にしっかりした仔でお留守番も全く心配ありませんし、部屋での後追いも今はあまりしません。

朝目覚めても人が起きて来るまで、静かに伏せて待っていてくれます。

だいたい5時半頃に人が起きますが、もっと早くから目覚めているのは、隣の部屋で寝ている私にも気配でわかります。

あくびしたり、身体の向きを変えてケージがカタン!と言ったりしていますから・・・。

人が来て、ケージの扉を開けてもらって出て来ると伸びをして、ワンツーしておいでと言われてワンツータイムです。

自然にそうなったので、そういうところ、穏やかな性格なんだろうな~と思います。

ぴょんぴょんすることも減り、いつの間にいい意味でツムギの存在が空気みたいになってきました。

生活を普通にしている中に、自然にツムギもいる・・・。

そんな感じになってきました。

わが家の甘えん坊は、実はパパさんです。

DSCF9763

あたしハウスに入ってゆっくり寝たいんだけど、パパが寂しがるかなあ?

ねえママ、どうしたらいい?

DSCF9764

穏やかで慎重な性格は持って生まれたもので、これは生涯変わることはないのでしょう。

慎重な性格ではありますが、経験を積むほどに新しいことを受け入れるのも、早くなっているように感じています。

なので、楽しいとか良い経験(太字のとこ大事ですよね?)を積ませることによって自信がつき、行ってみよう♪やってみよう♪と前向きにトライしてくれると思っています。

ツムギはゆったりしたペースの仔なので、新しいことを学ぶのは人のペースに合わせるより、ツムギのペースを尊重した方が、伸びやかに育つんだろうなあと感じています。

生活のリズムは人に合せてもらいますけどね。

そんなの~んびりしたツムギですが、めちゃくちゃパピーになるときがあります。

それは、人が構ってくれる時。

お散歩中に会った人は、ツムギと目が合ったら最後です。

「ねえ見たでしょ?今あたしのこと見たでしょ?遊んで遊んで遊んでよ~」

となり、ちょっとでも笑顔を見せてくれようものなら

「うわ~~~~い!!」

と尻尾を高速プロペラ回転させて人に突進していきます。

なので、ご近所さんの間では「やんちゃ姫」で通っています。

「おっとりした仔なんですよ」

などと言っても誰も信じてくれません。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

イズモの回想日記を書いていた時に、次の仔の時の参考になるかな?と思ってSitやDownなどの躾け方を、委託資料を見ながらブログ記事にしました。

しかし実際は、イズモが生活の中で自然に覚えてくれて、特に躾の時間は作っていませんでした。

結局ツムギも同じで、遊びや生活の中でSitやDownなどのコマンドと動作を自然に覚えてくれました。

いつでもどこでも同じように出来るのにはまだまだ時間がかかりそうですが、のんびりやっていきます。

人の話がだいぶ分かってくるので面白くなってくる頃ですね。

おもちゃの名前も、ボール、ロープ、ガリガリ(ウッディタフスティック)などいくつか覚えました。

床に並べておいて

「ボール持ってきて」

と言うと持って来たり、ボールとわかっていてわざと違うものを持って来たりという天邪鬼ぶりを発揮したりしています。

洗い物をしているとキッチンの方にくるので

「パパは?パパの方に行ってて」

と言うとリビングの方に行ったり

「ワンツーは?」

というとトイレサークルの方に行ったりとか・・・。

もう犬というより小さな子供と暮らしているような気分になってきますよね。

見た目が可愛い時期はだんだん卒業してくるのですが、今度は中身がどんどん可愛くなってきますね。

関連記事→生後4か月齢の忘備録

スポンサードリンク

スポンサードリンク

PREV
知能犯?
NEXT
抜けた抜けた

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Comment

  1. ケインママ より:

    つむたん、もう5カ月ですか〜
    おうちに来てから3カ月も経つなんて、本当に時の流れが早く感じますね。
    そうそう♪小さいパピーの頃は見た目がキュートなのですが、大きくなるにつれ、どんどん通じ合ってくるので、中身がかわいくなってくるんですよね〜!
    つむたんも、これからますますかわいくなっていくのでしょうね〜♪
    これ以上つむたんがかわいくなったらどうなるのでしょう、パパさん(笑)

    • gd.vol より:

      ケインママさん
      なんで~?
      2頭目は早く感じるよぉ~!

      これから子犬独特の可愛らしさは卒業していきますが
      中身はますます可愛くなりますよね~。
      さあどうする、パパさん(笑)

  2. ロとラママ より:

    お散歩途中にぜひとも会いたいですね~ツムたん!
    どんなワンコとも仲良くなっちゃう、変なおばちゃんですよ~って(*^_^*)

    穏やかで慎重な黒ラブツムたん。
    空気みたいに、前からそこにいるような存在・・・
    素敵ですね。

    パパさんの甘えん坊振り、ナイス!です。

    折り返し地点に来たということですね。
    また、後半さらに面白いこと、楽しいこと、感激すること満載だと思います。
    ゆっくりゆっくり楽しんでくださいね(*^_^*)

    • gd.vol より:

      ロとラのママさん
      本当ですね。
      ぜひともお会いしたいです。

      ママさん、どんなわんことも仲良しになれますものね。
      ブログのこまちの記事を読んだ時、びっくりしました。
      こまちもママさんに出会えて幸せだったのかなって思いました。

      犬に甘えるパパさん、ナイスでしょ★
      パパさんは爆睡中なんですよ^^

      あと半年ですね。
      パピーウォーキングは後半戦が面白いので、満喫しますよ~♪
      とびきりの笑顔で送り出すのが目標です。
      入所の日、パパさんが泣くかどうか、賭けてみますか?(笑)

  3. サナ父ちゃん より:

    つむたん、本当にかわいくて愛おしい仔になりましたね。
    ママさん、パパさんが愛情いっぱいに接してあげたからですよね。

    これからはつむたんの健康管理が一番の心配事になるでしょうか。

    いつか来てしまう旅立ちですが、大病なく送り出してあげたいですね。

    • gd.vol より:

      サナ父ちゃんさん
      ツムギは北海道の繁殖犬ウォーカーさんのおうちで
      たくさん愛情をいただいて、こちらに来ました。
      そして、短期ではあってもステイウォーカーさんにも
      たくさんの愛情をいただいて、手渡していただきました。

      ツムギが愛おしい仔に成長しているのは
      そういったベースの部分があるからだと思います。

      盲導犬パピーはみんな、たくさんの人に愛情をもらって
      人に寄添ってくれるわんこに育っていくのですね。

      少し大きくなってくると、気の緩みが出やすくなるので
      事故、誤飲、体調の崩しなどに気を付けて
      ありったけの愛情を注いで
      心身ともに健康で訓練に送り出したいです。

      サナちゃんも元気かな?

関連記事

PC300125

犬も日向ぼっこが好き

穏やかな新年の始まりで、1月の1週目のつむたん地方は3月頃の気温です。 もう少しで桜が咲く?

記事を読む

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

初めてのフロントライン

週末にノミダニ薬のフロントラインを投与するために病院に行ってきました。 フロントラインは、病院

記事を読む

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

5回目のパピーレクチャー

8月8日に5回目のパピーレクチャーがありました。 この日、お仕事がお休みということで、サナPW

記事を読む

DSCF9557

大人と子供が同居する生後4か月ちょっと前

最近のツムギは つむたん、ごはんだよ。 House と言ってケージに入った後、扉を

記事を読む

P1190488

愛しき日々

最近の夫は仕事が忙しいらしく、ツムギが起きている時間に帰宅出来ない日が多いです。 ツムギは夜1

記事を読む

DSCF0136

子犬 フードの切り替え 2回食初日

生後7か月を迎えた日から子犬用フードから、成犬用フードに切り替えていきました。 体調を崩すこと

記事を読む

DSCF9795

子犬生後7か月 自我に目覚める季節 反抗期とも言う

この時期の特徴ともいえる「反抗期」ですが、ツムギの「反抗期」は今のところ想定の範囲内で、それほど大変

記事を読む

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

シーズンではなく膀胱炎でした

9月9日の夕方から出血があったツムギ。 まだ7か月齢だよ。 ちょっと早いけどシーズン?

記事を読む

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

盲導犬パピーツムギ 5か月齢トイレトレーニングの完成度報告

子犬を家に迎えてすぐに始めなくてはならなくて、なかなか大変なのがトイレトレーニングですね。 盲

記事を読む

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

盲導犬みたい!と思ったけれど・・・

寒暖の差が大きくなり、朝晩ひんやりするようになってきました。 近くの公園でも、コスモスが綺麗に

記事を読む

CIMG6117
1回目のパピーレクチャー

6月24日は、1回目のパピーレクチャーでした。 この日は、母犬の

CIMG6089
くんくん ぴょんこぴょんこ お散歩デビュー

委託から3週間、生後2か月と11日目の6月24日にウェルシーはお散歩デ

CIMG5992a
最後の抱っこ散歩

ウェルシー お散歩に行くよ~。 Come 尻

CIMG5697
委託から2週間 生後2か月のトイレトレーニング状況

家に迎えたばかりの子犬には、まずトイレのしつけが課題になると思います。

CIMG5960
鬼パピもたじろぐ?いたずらっこ

ウェルシーを迎えて2週間半になりました。 家に来た頃は、ケージの

→もっと見る

  • follow us in feedly

PAGE TOP ↑