ツムギ生後4か月齢の備忘録

公開日: : 第二話 ツムギ

ツムギは5月23日で生後4か月になりました。

生後3か月頃から部屋でのトイレはほぼ完璧になったので、4月の終わり頃から家の中を自由に行動しています。

人と一緒に遊んでいないときは、一人で部屋を探検したりキッチンに立つ私を見つめ「あたしのごはんまだですか?」視線を送ったりしています。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

階段を昇ってくる勇気はまだないらしく、私が二階に上がってしまうと階段の下で待っています。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

「早く来てよ~」と吠えることもないし、鼻鳴らしもしないです。

ごはんもケージの中でおとなしく待てるし、甘噛みもあまり無く、家具もかじらず、部屋の中のものをイタズラもしません。

そして、トイレ上手!!

なんてパピーウォーカー孝行な仔なんだ!!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

床に座ると私の膝にやってきたり、パパの膝にやってきたり・・・。

DSCF9571

可愛いのぅ♡

なんて甘え上手なんだ!!

しかし、Houseと言えばケージに入りお留守番もできるし

DSCF9577

いつの間にかこんなところで爆睡していたり

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

家に来た頃は、人のそばを離れることができなかったのに、なんだか手がかからない仔に育ってきましたよ。

反動が起こって6~7か月頃からの反抗期が怖かったりして・・・。

今のところの課題は、車酔いの克服と楽しくお散歩ができるようになることです。

それも良い方に向かっているので、焦らずツムギの進歩を見守ろうと思います。

最近の特徴は、人の言葉がだいぶ理解できるようになったり、Sit Down Come Wait などのコマンドが理解できるようになったこと。

但し遊びの中で出来たり、落ち着いている時は出来ても、いつでも出来るわけではありません。

例えば散歩中に構ってくれそうな人に会って、嬉しくて飛びつきたい時に「Sit」と言っても座れません。

ほぼ確実に飛びついてしまいますね~。

今は、Sit=座る、Down=伏せる

というように言葉と動作が頭では理解できても、行動できるとは限らないという状況です。

「わかる」と「できる」は違うんですよね。

まだまだお子ちゃまなので・・・こういったところは、これからの成長が楽しみです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ツムギは慎重な性格で見慣れないものを警戒したり、音に敏感なところもあります。

以前の日記にトイレの水を流す音にびっくりすると書きましたが、毎日の生活音なので慣れたようです。

いつの間にか無反応になりました。

散歩では突然聞こえる雨戸を開ける音とかサイレンの音とか、予想外の大きな音が怖いようです。

これも日常の音として慣れてくれるといいなと思います。

見慣れないものに慎重な対応をとったり、音に敏感な性質を変えることは出来ないと思いますが、許容範囲を広げることはできると思います。

その幅はツムギが持って生まれた資質次第ですが、パピーウォーカーとしては楽しい体験を通して、ツムギが持っている幅いっぱいに広げてあげたいです。

ここからがパピーウォーキングが楽しくなってくるところですね!

関連記事→怖がりかも

関連記事→ツムギ生後3か月の備忘録

スポンサードリンク

スポンサードリンク

PREV
T13胎2回目のパピーレクチャー
NEXT
クールベストは夏のお散歩を快適にする犬服

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Comment

  1. 本当につむたん良い子ですねー。手がかからない!!
    ごはんですか?って待ってる写真も超かわいい!!です。

    ウォルターは甘噛みしますよー。血をみました。あと、嬉しい時に吠えるんですよねー、こっちも矯正中です。
    まだ、わちゃわちゃした毎日です。

    階段の写真、本当に同じような写真、私も撮ってます(笑)
    みんな残したいものは一緒ですねー。

    • gd.vol より:

      イザベルマミーさん
      子犬として見たときに、いいのかどうかわかりませんが
      (子犬ってもっとやんちゃなんじゃ・・・と思う自分もいて)
      ツムギが持って生まれた性質のお蔭で、人が楽なことは確かですね~。

      子犬は甘噛みはするのが当たり前ですよね。
      子犬の歯は細くて尖っていますから、血を見ることもありますしね。
      痛いけど、そのうち落ち着きますよね。
      マミーちゃん、頑張ってね。

      嬉しい吠えってどう矯正しているんですか?
      ツムギは嬉しいぴょん!なんですが
      「吠えなくていいから座って尻尾振ってください」
      と伝える方法を聞いてみたいです。

  2. ケインママ より:

    つむたん、もう4カ月齢ですか〜
    何だか月日が経つのが早く感じられますね。
    それに、もうこんなにもお利口になってるなんて、
    すごいな〜つむたん!
    しかも、お膝に乗って甘えてくれるなんて、超かわいい♡

    ほ〜んと、これからが楽しくなってくるところですよね。
    つむたんの可能性を伸ばしながらも、一緒に楽しく過ごせるといいですよね。

    • gd.vol より:

      ケインママさん
      この月齢でパピパピしたところが少なくて物足りない
      なんて言うのは贅沢ですよね。
      穏やかないいこです。

      パピーウォーキングはカウントダウンなので
      いつも終わり(入所の日)は意識しています。
      楽しかった~!ありがとう!!
      と見送れるのが理想です。

      イズモとのお別れも、寂しさより達成感が勝ちましたからね・・・。
      問題はパパさんです。
      また泣くんだろうな~☆

  3. ミコ より:

    ツムギちゃん、生後4か月経ったのですね。
    我が家に来てくれたのは、ちょうど2か月の時でしたから、
    2か月の間に、立派に成長したんだなあと、感慨深いです。
    楽しみながらの子育てでしょうが、
    PWとしてのいろいろなご苦労も、沢山あると思います。
    ひとつひとつ真摯に取り組んでいらっしゃって、感心しています。
    今までは、1日が長く感じた時期かもしれませんが、
    パパママもツムギちゃんも、余裕が出てきたこれからは、
    あっという間に時が過ぎていくことでしょう。
    ツムギちゃんと一緒の時間を、大切にお過ごし下さいますように。

    • gd.vol より:

      ミコさん
      ツムギは23日で生後4か月になりました。
      生活に慣れ、人に注意を向けて話を聞くことができるようになってきました。
      身体もすくすくと成長しています。

      これからは行動範囲を広げられるので
      ツムギにたくさんの「楽しい」を経験させてあげたいです。
      甘えん坊のツムギが、どんなレディーに成長するのかとても楽しみです。

      ミコさんもツムギの成長の後を追う、パピー達の成長が楽しみですね!

  4. ロとラママ より:

    なんて、いいこなんでしょう!
    4か月・・・時の経つのは早いですね。

    同じ黒ラブなのに、落ち着いているんなあ~
    女の子というのもあるのかな、などといろいろ考えます。

    慎重な性格ということなので、もう少したつと、また変化があるかもしれませんね。ワクワクします(*^_^*)

    それにしても、ツムたん、先代のランボーくんとお顔が似ていて懐かしい。

    • gd.vol より:

      ロとラのママさん
      確かに育てやすい仔だと思います。
      これは私達のしつけが良いわけではなく、持って生まれた性質なのでツムギに感謝ですね。
      もう少し月齢が上がってくると、自己主張も強くなって
      手を焼くかもしれませんし、まだまだわからないですよね~。

      男の子と女の子でも違うのかもしれません。
      そして個体差もありますよね。
      男の子同士、黒ラブ同士、しかも兄弟でもロッキー君とランボー君は性格が違っていますし
      私は女の子しか育てたことがありませんが
      やはりイズモとツムギは全然違います。
      どちらもそれぞれに可愛いですけどね。

      それにしても、つむたん
      先代ランボー君に似ているということで
      どんなハンサムガールになるのか・・・とても楽しみです!

  5. サナ父ちゃん より:

    つむたん、おめでとう♪

    大きくなりましたね。
    表情も大人っぽくなってきて、美人さんですよね。

    もうすぐ自我が芽生えて、つむたんとの関係も簡単なものではなくなるのかも、ですが、何か、大人に成長した娘と酒を呑んで語り合う、みたいなそんな楽しみもありそうですよね。

    元気に健康で、明るくかわいく大きくなって欲しいですね。

    ママさんもパパさんも大変かもですが、頑張ってください。
    応援してますからねっ♪

    • gd.vol より:

      サナ父ちゃんさん
      ありがとうございます。4か月齢になりました。
      委託からここまでの子犬の主な悩みである
      トイレのしつけ、甘噛み、家具をかじる
      などが順調に通り過ぎていきました。
      もう少し大きくなると
      今まで出来ていたことが出来なく(やらなく?)なったり
      コマンドを無視したり、そういうお年頃も来るかと思いますが
      その時期の子犬もまためちゃ可愛いんですよね~。
      アドバイスなどがあったら、よろしくお願いしますねっ!!

関連記事

パピーウォーキングの醍醐味

ツムギはお散歩デビューをした頃、地面のにおいばかり嗅いでいて、なかなか歩いてくれませんでした。

記事を読む

入所から2週間 近況報告が届いたよ

ツムギが入所して島根っ仔になり2週間と少しが過ぎた2月16日、神奈川訓練センターでツムギを担当してく

記事を読む

犬の言葉「やめて」が聞こえた日

ツムギは穏やかな性格で、自分の気持ちを表現するときに噛む、吠えるなど、人にとっては厳しい、しかしある

記事を読む

T13胎2回目のパピーレクチャー

5月23日に2回目のレクチャーがありました。 車が苦手なツムギは、前回のレクチャーの往復は抱っ

記事を読む

限られた時間と永遠の思い

そろそろ眠くなってきたツムギです。 下半身はコタツの下に入っています。

記事を読む

犬が身体を掻くしぐさ

犬は時々自分の身体をカキカキって掻きますね。 後ろ足で掻くことが多いと思いますが、みなさんのわ

記事を読む

君は誰? 子犬に傘を見せてみる

ツムギは見慣れないものにびっくりすることがあります。 この前は取り込んだ洗濯物をたくさん抱えて

記事を読む

人に興奮 飛びつき吠える犬

お泊りから帰ってきたツムギは、私達が近付くと逃げるようなしぐさを見せましたが、それもなくなりました。

記事を読む

お散歩と自由散策

1年で一番寒い頃に、北の国で生まれたツムギ。 初めての夏を迎えました。 お散歩デビューを

記事を読む

写真で振り返るパピーウォーキングダイジェスト

ツムギと暮らした10か月間を写真で振り返ってみます。 初めてのパピーウォーカーさんや、パピーウ

記事を読む

子犬生後1か月
母犬が子犬を噛むのはなぜ?母犬は実践で教育する

ウェルシーは去年(2019年)の12月に富士ハーネスに里帰りして、初

伏せる犬
犬の名前はどう付ける?名は体を表すかも?

名前は愛犬への最初のプレゼントになります。 これから犬を家族に迎える

立ってお乳を飲む子犬
母犬の子育ては合理的!お乳を立ち飲みさせる母犬

私たちは犬を飼育する経験すらパピーウォーカーが初めての経験でした。

眠る子犬
子犬生後1か月・生きていく知恵を学んでいく時期(備忘録)

ウェルシーは昨年(2019年)12月15日に初出産をしました。 子犬

無心に母乳を飲む子犬たち
子犬の出産から生後2週間の子育て(備忘録)

新年おめでとうございます。 ウェルシーは昨年(2019年)12月15

→もっと見る

  • follow us in feedly
  • 2019年1月
    « 12月    
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031  
PAGE TOP ↑