怖がりかも

公開日: : 第二話 ツムギ

ツムギがトイレサークルでツーをすると、人のトイレに捨てているのですが、ツーを持ってトイレに向かう私の後をトコトコついてきます。

ツーを捨てて水を流すと「ジャー!!」という水の音にびっくり!!

ダッシュで走って部屋へ逃げ込んで行きました。

毎回ついてきて、最近はツーを捨てると水を流す前にダッシュで部屋へ駆け戻っていきます。

学習して大きな音が出るのを予測しているのですね。

まさに 「脱兎のごとく」という表現がピッタリ。

だったらついてくるなよ。

と思うのですが、怖いもの見たさなんでしょうかね~。

DSCF9176 夫が出勤するときも、夫を見送る私にくっついて一緒に玄関に来ます。

ツムギにはパパを見送るという意識はなく、イズモのような表現はしなくて、そこでウロウロしているだけなのですが、それでも見送ってくれるのは夫には嬉しいようです。

パパが行ってしまうと、最初から居なかったかのような態度(執着が無い)ですけどね。

今日、夫は普段着ているような服ではなく作業着を着て玄関に行きました。

私について見送りに玄関まできたツムギですが、夫がしゃがんで

「つむたん、行ってくるね」

と言ったとたん見慣れない服装に驚いたのか、トイレのときと同じように脱兎のごとく部屋へ走って逃げていきました。

え?服が変わるとパパじゃないの?

ツムギには怖がりな一面があるかもしれないです。

制服やヘルメット姿の宅配や郵便屋さんが玄関に来ると、怖がるかもしれませんね。

これから徐々に身の回りのものに慣れていってもらわなくてはなりませんが、ツムギのペースを見ながらゆっくりやっていく必要がありそうですね。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

PREV
ごはんを待っていられるよ フードの与え方
NEXT
怖がりだけど切り替えも早いかも

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Comment

  1. 本当に個体差ってありますよね。
    ステイっこを預かって個体差を実感しました。
    性格も、得意な事も、好きな事も、苦手な事も。
    そういう意味で私はステイっ子を預かって物凄く勉強になりました。
    だから・・・次の子がどんな仔かドキドキします(笑)

    つむたん、怖がりさんですねー。
    いつもと違うパパにびっくりするウサギのようにぴょんぴょんする
    黒ラブをイメージしてにこにこしちゃいました。
    イズモのパパさん行かないでーってあの表情、我がまま娘ちゃんみたいで可愛いですね。イズモのそういうとこ私好きでした。
    つむたん、切り替えが早いとか執着がないって物凄く良い素質もってますね~♪

    • gd.vol より:

      イザベルマミーさん
      犬も人もみんなそれぞれなので、そこが面白いですね。
      今はツムギも私達を観察していて
      どう対処すればここでうまくやっていけるのか考えていますし
      私達もツムギを観察して、どうアプローチすればいいのか考えています。
      私もイズモを育てて、短期でしたがステイ犬が来て
      犬の個性もそれぞれなので、画一的な対応ではいけないのだなと思いました。
      本当にいろいろ勉強になります。

  2. ロとラママ より:

    つむたんの反応が、すごく新鮮です!
    怖いもの見たさ…わかるような気がします。
    見たもの、出逢ったもの、こわい→大丈夫なんだ~→なんてことない!
    そんなふうに、上書きされていくのかな?
    ちょっとした小さなことから、成長が楽しみですね。(*^_^*)

    パパさんの服装が変わっただけで…
    うちもいまだに似たようなことがありますよ。

    パパがサングラスをかけて帽子をかぶって帰ってくる→超ビックリ!マジ吠え。
    ママがお風呂の後、顔パックして部屋に入ってきた→寄ってきて見上げる→びっくりしてキツネ跳び!吠える

    つむたん(呼び方が可愛すぎます)がどんなふうにクリアしていくのか楽しみです!(*^_^*)

    • gd.vol より:

      ロとラのママさん
      初めてのものを全く警戒しないというのも、動物としてどうなの?
      それじゃ命がいくつあっても足りないよ
      と思うので、怖いと思うことは正常だと思います。
      成長と共に、こわい→大丈夫→なんてことない
      にしていけるように、社会化を進めていかなくてはいけませんが
      アプローチの仕方は、その仔その仔で違うと思うので
      ツムギをよく観察していきます。

      ロッキー君とランボー君も、パパやママの恰好が普段と違うとびっくりするんですね。
      うちだけじゃない~と思うだけで気が楽になります。
      怖くないことを教えていけるよう頑張ります。

関連記事

子犬と遊ぶ ペットボトルに再挑戦

ある日、空のペットボトルでツムギと遊んであげようと思ったら、ツムギは空のペットボトルをとても怖がりま

記事を読む

お出かけ 碓氷湖と軽井沢レイクガーデン

お散歩も全面解禁になったので、前回はショッピングモールを体験しました。 今度は自然の散歩道を歩

記事を読む

週末

5月だというのに、連日暑い日が続くつむたん地方です。 ある日のことです。 暑さのせいなの

記事を読む

T13胎3回目のパピーレクチャー

6月13日に3回目のパピーレクチャーが行われました。 今回から月齢が1か月遅いY-13胎のパピ

記事を読む

怖がりだけど切り替えも早いかも

今朝、抱っこでのお散歩が終わり夫の膝でうとうとしていたツムギ。 突然庭で猫がふみゃ~!うんぎゃ

記事を読む

肛門腺しぼり

18日の7回目のレクチャーの日に、訓練士さんにツムギの肛門腺しぼりをしていただきました。

記事を読む

子犬の社会化 街を歩いてみよう

普段のお散歩とは少し違う雰囲気を体験してみることにしました。 ツムギは車を降りての歩き

記事を読む

窓際の夢 Part2

パパさんの出勤前の風景。 朝食中 足元でおりこうさん♪ ってそんなにくっつ

記事を読む

2016年 新年に向けて

明けましておめでとうございます。 ツムギの日記を書く日数も残り少なくなってきましたが、もうしば

記事を読む

駄々をこねる犬

犬と一緒に生活をする中で、なるべく犬が嫌だなと思うことをしないで暮らせればいいのでしょうが、人の都合

記事を読む

詐欺に注意!民事管理センターから訴訟のお知らせが届いた

私たちの元に「架空請求書」が届きました。 本日は犬とは無関係の話題で

子犬のしつけには「おやつ」も「叱る」も必要ない!盲導犬パピーのしつけ方

子犬をおうちに迎えたら、人と楽しく暮らすためにはしつけも必要ですね。

盲導犬繁殖犬飼育ボランティアの条件と申請から委託まで

パピーウォーカーはメディアの影響もあり、広く知られるようになってきまし

狂犬病予防注射は毎年しないといけないの?ワクチン接種義務の根拠と費用

春になると狂犬病予防接種のお知らせが自治体から届きます。 ウェル

室内犬の一日のタイムスケジュールとしつけのポイント

ウェルシーだよ♪ 室内犬のみんな、一日をどう過ごしているの?

→もっと見る

  • follow us in feedly
  • 2019年3月
    « 2月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
PAGE TOP ↑