吠えずにごはんを待っていられるよ!フードの与え方

公開日: : 第二話 ツムギ, コマンドに従う

初日にすごい勢いでごはん吠えしてしまったツムギさんですが、吠えたらいけないのだということを理解したのでもう吠えませんよ。

家に来て間もなくは、環境が変わり不安や興奮があったのでしょうね。

今はお行儀よくごはんを待てます。

OKの合図でごはんを食べる練習中

フードはケージで与えるようにお願いされています。

つむたん、ごはんだよハウス!

最近「ごはん」という単語を覚えたツムギ。

ごはんと言われると、ぴょん!とケージに入ります(そのほかの時は入りたくないのに)

DSCF9189

パパちゃん、これでいい?

いいよ。

ツムギGoodだね。

DSCF9191

ちょこんと座って、フードを用意しにキッチンに行くパパの後姿を見つめています。

DSCF9193

わーい!ごはんだごはんだ~!

待ちきれなくて身を乗り出すところが可愛いです。

ぴよんぴょんするときもあります。

DSCF9194

勝手に食べないようにパパにカラーを持たれています。

ツムギさん、ごはんをガン見。

もうそれしか見ていませんよね~(笑)

パパのおしりが大きく写ってしまってごめんなさい。

食器を置いたら一呼吸おいて「OK」

「OK」の合図で「食べていいよ」というように教えていきます。

そのうちに理解して、カラーを持たなくても「OK」と言われるまで待てるようになります。

DSCF9195

フードを食べている時になでながら「Good」と声をかけます。

「Good」という音と楽しいことを結びつけて「Good」という言葉が褒められているということを強化していきます。

また食器を触ったりフードに触ったりして、人にごはんを取られることはないんだよと教えていきます。

今のところ、ここまでできるようになったツムギです。

毎日人と一緒に楽しく生活するためのルールをお勉強しています。

関連記事→犬が落ち着く無駄に吠えないフードの与え方

スポンサードリンク

スポンサードリンク

PREV
最短3日で犬にトイレをしつける方法
NEXT
怖がりな子犬かも?

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Comment

  1. くるみ より:

    ツムギちゃんイイコですね。

    チョコは、食べ物やオモチャに執着心が強く、しつけていたのですが、他のワンちゃんに吠えるのがひどくなってから、また食べ物やオモチャに執着心が強くなりました。
    それも機嫌によるんですが…

    • gd.vol より:

      くるみさん
      ツムギはおもちゃへの執着は今のところは薄いです。
      なので、おもちゃを利用してしつけにくいかも~。
      執着する仔はそれを活かして何かしつけられそうな気がします。

  2. ケインママ より:

    ケージにぴょんと入るツムギちゃん
    可愛いですね〜♡
    まだまだケージが広いゎ〜
    この頃は1にも2にもごはんですものね!
    ごはんのためなら、何でも言うこと聞きそうです(笑)
    もう、ごはん吠えもなくなったツムギちゃん、
    日々成長しているんだね〜♪

    • gd.vol より:

      ケインママさん
      イズモはすっ飛んで入りましたよ。
      ガタン!バタン!みたいな・・・。
      つむぎは今のところ「ぴょん!」です。
      おまえはウサギか~(笑)
      こんなところにも個性の違いがあるなんて、犬っておもしろ~い。

      初日の吠えは強烈でしたが、長引かなかったです。
      きっと賢い仔だわ←親バカ
      あとは「OK」の合図で食べることを理解出来ればGoodですね。

  3. ぴょんぴょん!!ってたしかにI胎の仔達には無かったしぐさですね~。
    パパさん、本当につむたんのお世話に積極的で素敵です。

    それにしても賢い、つむたん!!
    最初の躾けが肝心ですものね、読みながら
    そうだった、そうだったーって思い出させてもらっています(笑)
    新しい仔くる前に良い心構えになります。

    ごはんの器はあのでこぼこのやつじゃないんですね!一気に食べちゃいそう。

    • gd.vol より:

      イザベルマミーさん
      パパさん、朝とか休日はイクメンしてくれています。
      ありがたいです。

      ツムギを見ながらイズモの時のことを思い出し
      イズモの時のことを思い出しながら、個性の違いを楽しんでいます。

      食器は「富士ではこうでした」とお話したら
      「初耳です」と言われました。
      ツムギの食器は私物です。
      イズモのことを思い出すと、食器がデコボコでも
      食べるのは早かったな~と思います。

関連記事

肛門腺しぼり

18日の7回目のレクチャーの日に、訓練士さんにツムギの肛門腺しぼりをしていただきました。

記事を読む

子犬の社会化 大王わさび農場

8月の最終週末、ツムギを連れて1泊旅行に行きました。 まだまだ残暑は厳しいと考えて旅行の計画を

記事を読む

仰向けで寝る犬

稟性のお話とパピーウォーカーにできること

お泊りが終わって家に帰って来たツムギは、ぐっすり寝てその後散歩に行きましたが、歩き方はセカセカした感

記事を読む

知能犯? Part2

ご心配をかけています。 ツムギの状況です。 咳は軽減されているのですが、いまいち治らない

記事を読む

犬のこんな咳はケンネルコフ!上部気道炎と診断されました

ケンネルコフとは、伝染性の呼吸器疾患の総称で「伝染性気管支炎」とも呼ばれる病気です。 ケンネルとは

記事を読む

ツムギ生後3か月齢の備忘録

5月になりましたね。 ここにきて急に夏のような気温になりました。 見事に全身真っ黒のツムギさん、

記事を読む

子犬の社会化 わんこ同士のマナーを学ぶ

6月21日に、先輩パピーウォーカーさんのおうちに遊びに行ってきました。 その方はツムギより年上

記事を読む

盲導犬パピーツムギ 5か月齢トイレトレーニングの完成度報告

子犬を家に迎えてすぐに始めなくてはならなくて、なかなか大変なのがトイレトレーニングですね。 盲

記事を読む

犬へのコマンドは命令というよりコミュニケーションになっている

パピーウォーカーは子犬を委託されると、子犬に少しずつ「Sit」「Wait」などのコマンドに従うことを

記事を読む

2015ボランティア懇親会

12月6日、神奈川訓練センターで開催されたボランティア懇親会に参加しました。 盲導犬の育成には

記事を読む

梅と小田原城
犬連れ小田原城址公園・報徳二宮神社

ウェルシーだよ♪ 2月の終わり、寒さの中にも春を感じる日に小田原城址

部屋でくつろぐ犬
別れた子犬と母犬はお互いに覚えているのだろうか?

子犬を迎えると この仔は母犬のことを覚えているのだろうか? と思った

ロングリードで散歩する犬
母犬の出産後のケアと体調管理

ウェルシーは2019年12月15日に初めての出産をしました。 子犬た

カートで運ばれる子犬たち
盲導犬パピー1回目の別れと出会い パピー委託式

ワトソン*ウェルシー仔たちは、2月8日にパピーウォーカーさんに委託さ

子犬と遊ぶ母犬
子犬の生後6~7週は犬社会から人社会へ旅立つ大切な準備期

ウェルシーは昨年(2019年)12月15日に初めての出産をしました。

→もっと見る

  • follow us in feedly
  • 2020年2月
    « 1月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
PAGE TOP ↑