来客は子犬の社会化のチャンス!赤ちゃん連れの来客

公開日: : 第三話 シオン, 社会化

日頃来客の少ないわが家に、お客さんが来ることになりました。

家に知らない人が来るというのは、パピーにとって良い経験になります。

来客は子犬の心の成長のチャンス

なので大歓迎なのですが、今回の来客はわんこがそんなに好きではないご夫婦と、生後10か月の赤ちゃん。

しかも奥様は動物アレルギーあり!!

うわぁ~!!

どうしよう!!

とりあえず赤ちゃんが寝る部屋は、日頃シオンを入れていない和室を使ってもらうことにしました。

しかし、まだ動かない赤ちゃんならともかく、ハイハイで動き回りますし、結局シオンをケージに閉じ込めるしかないんだろうな~。

大丈夫かな?

生後6か月のシオンは、いいこにしていられるかな?

抜け落ちるシオンの毛を掃除して、来客を待ちました。

子犬と赤ちゃん

お客さんが来ると、シオンは大歓迎で玄関にお出迎えに行き、尻尾をブンブン振ります。

上がっていただいたお客さんに前足を少しかけましたが、飛びつきませんでした。

シオン、Goodだよ~。

社交辞令的に少しなでなでしてもらって、シオンはケージへ。

アレルギーの奥様にはマスクを着用していただき、改めて舞い落ちたシオンの毛を掃除機で吸い取って、お客様に座ってもらいました。

シオン、赤ちゃんとご対面~♪

赤ちゃんと子犬

はじめまして。

ぼく、シオンだよ。

ハイハイする赤ちゃんと伏せる子犬

赤ちゃんは見慣れない生き物に興味津々で這っていき、ケージに指を入れたりしましたが、シオンはクンクンしただけで、舐めたり歯を当てたりはしませんでした。

ハラハラしましたが、シオンは小さい子に友好的でホッとしました。

お互いに、動くぬいぐるみだとでも思っているような雰囲気でした。

シオンが赤ちゃんの顔や手を舐めてしまったら衛生上心配なので、シオンにはケージで待機してもらうことにして、みんなでダイニングルームに移動しました。

ケージで待機を頑張る子犬

昼食をとり、しばらく赤ちゃんと遊びました。

人見知りをしない子で、ニコニコしてくれて可愛いです。

ハイハイする赤ちゃん

赤ちゃんのはしゃぐ声。

楽しそうなみんなの笑い声。

シオンは?

ケージの中で座る子犬

しょぼ~ん。

でもね

シオぴ~のくせに、一度もピーとも言いませんでしたし、もちろん吠えることもありませんでした。

犬がいることも忘れるような静かさで、ずっとケージの中にいてくれました。

いつの間に、お兄ちゃんになったね。

シオぴ~という愛称は返上しよっか?

仲良くお散歩

夕方になり、風も涼しくなってきたので、みんなでお散歩に行くことにしました。

シオン~。

お散歩に行くよ~。

ケージから出てくる子犬

待ってました~!!

やっと出られたね。

散歩する子犬とバビーカーの赤ちゃん

ケージに閉じ込めていたにもかかわらず、シオンも落ち着いて歩いてくれました。

途中でこんな光景も・・・。

女の子が猫を連れてお散歩?

偶然でしたが、そんな風に見えて思わずみんなで足を止めてしまいました。

女の子と猫を見る子犬

赤ちゃんもシオンもご機嫌でお散歩をしてくれて良かったです。

シオンなりに場の空気を読んで対応していたのかもしれませんね。

お客様にも

いいこだね。

と言ってもらえました。

やれば出来る仔

私の頭の中を、富士ハーネスで訓練士さんに言われた

やれば出来る仔

という言葉が巡りました。

やれば出来てもまだ心が幼いので、自分の主張を通したい気持ちが強い。

それを人の方で上手に

自分勝手に動くより、人が望んでいる行動をとると今よりもっと楽しいよ。

褒められるって嬉しいね♪

とシオンに伝えて行くことが大切なのでしょうね。

やれば出来る子というのは、人間の子供でもそうですが、いくらでもやらなくていい理由を探しますからね~。

難しいと感じますが、心が育ってきている今が大切な時期かもしれませんね。

やれば出来る仔

いつでも出来る仔

に進化させられたら素敵ですね。

ドッグランで遊ぶ子犬

お客様が帰った後、シオンをドッグランに連れて行きました。

リードを外して「OK」と言ったら、シオンはダ~~!!っと走り回りました。

普段、誰もいないドッグランに連れて行っても、やたらと走り回るということはありません。

ストレス解消?

シオンも我慢していたんだね~。

ありがとね。

人と一緒に暮らしていく以上、犬も我慢しなければならない場面がありますが、それを当たり前だと思わず、感謝の気持ちで犬と接していきたいです。

赤ちゃんも来年の夏には、わんこと触れ合えるでしょうね。

でもその時、シオンはもういないんだよな~・・・。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

PREV
【ウッディ・タフ・スティック】安全で犬が夢中になる噛むおもちゃ
NEXT
花火や雷を怖がる犬 対策を考えてみた

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Comment

  1. くるみ より:

    シオンくん
    いいこでしたね

    チョコはダメ!
    人が来ると嬉しくて大騒ぎ、触って遊んで…て。だからいつも来客時はゲージの中。しばらくすると落ち着くんですがね…好きな人しか来ないから嬉しくて、興奮しすぎるんですよね。シオンくんは、ちゃんと心得てますよね(^_^)

    • gd.vol より:

      くるみさん
      シオンも一緒です。
      人が来ると、触って遊んでって大騒ぎです。
      ひとしきりワシャワシャしてもらうと、その後はチョコちゃんと同じように落ち着きます。
      今回は、犬が苦手な人と赤ちゃんなので、長時間一人でケージに居られるかどうかが心配でした。
      でも、チョコちゃんと同じようにケージで待てました。

      世の中、犬が好きな人ばかりではないので、やっぱりケージで待っていられることも大切なことだなあと感じました。

      ぼくたち偉いよね、チョコちゃん★
      byシオン

  2. サナ父ちゃん より:

    シオン、やるなぁ!
    グッドだぞ‼

    パパさん、ママさん。
    シオン、もう大丈夫でしょ?

    シオンのいいトコ、これからはもっと伸ばしてあげてくださいねっ♪

    • gd.vol より:

      サナ父ちゃんさん
      シオンも、3歩進んで2歩下がるなりに成長してきていますよね?
      な~に
      大器晩成型のシオン
      これからだぜぃ~!!
      と思うことにします。
      でも、あっという間に折り返しだわ(笑)

関連記事

子犬生後4か月|散歩好きな犬に育ちそう?自然の中で冒険してみた

今年のウェルシー地方の夏は、梅雨の間は晴れて梅雨が明けたら雨の多い日が続きました。 まるで、梅雨と

記事を読む

寝るなんて嫌とストライキする犬に抱っこで気持ちを落ち着かせてみた

家族の夕食が終わりくつろぎタイムになると、人のお膝でまったり眠るシオンですが、人が寝るときに最後の排

記事を読む

河津桜の散歩道

まだまだ風が冷たく、寒い日も多いシオン地方ですが、週末はご褒美のようにポカポカの春の陽気になりました

記事を読む

体表腫瘤 愛犬の身体 どこでも触れますか?

10月の上旬ごろ、シオンの左後ろ足の太ももの部分に、プツッとしこりのようなものが出来ているのを発見し

記事を読む

コスモスと犬

人が大好き大興奮!他人様に甘噛みしちゃう犬も少し落ち着きが出てきました

ウェルシーは人が大好きで、人に可愛がってもらうと興奮が上がり、人に飛びついたり嬉しさから甘噛みをして

記事を読む

子犬生後7か月|急にお姉さんに?人と他犬への興奮が落ち着いてきたよ

ツムギは人や犬が大好きで、人や犬を見るとすぐ興奮して突進しようとしていました。 それが「急に」とい

記事を読む

子犬生後10か月ホームセンターのカートに慣れました

日本盲導犬協会では子犬の社会化のために、子犬をいろいろな場所に連れて行くようパピーウォーカーに指導し

記事を読む

犬は喜び♪雪だ~ その1

2014年2月 かなりまとまった量の雪が積もりました。 イズモ地方は冬晴れの日が多く、冬

記事を読む

生後8か月のシオンへ

暑かったり涼しかったり寒暖の差が大きい今日この頃ですが、ふと薫るこの香りは・・・。 秋ですね。

記事を読む

家の中の物をイタズラしない子犬

ある日のことです。 ツムギがダンボール箱をかじっているのを発見! 「つむたん、それはかじらないで

記事を読む

パピーウォーキング終了式
委託終了式|盲導犬パピー2回目の別れ

2021年1月17日に、富士ハーネスと仙台訓練センターにて、ウェルシ

ボールを持って走る犬
【動画】犬の「持ってこい」の教え方は?犬と楽しく遊ぼう

持って来い遊びは、飼主さんがボールなどを投げて持ってきてもらう遊びで

伏せる犬
大きな声では言えないけれど私は犬が嫌いなんです

わが家では置き薬を利用しています。 置き薬というのは、販売業者が直接

ボール遊びをする犬
ラブラドールレトリバー3歳9か月|もう若いって言えないわ!

2021年を迎えました。 明けましておめでとうございます。 ウェルシ

ホームセンターのカートに乗る犬
犬の飼い主はなぜホームセンターに犬を連れて行きたがるの?

タイトルは、私の友人の疑問です。 これは、非難しているわけではなく

→もっと見る

  • follow us in feedly


PAGE TOP ↑