生後6か月のシオンへ

公開日: : 第三話 シオン

8月1日でシオンは生後6か月になりました。

体重は7月30日の夏祭りの日に富士ハーネスで測ったところ、19.5㎏でした。

すくすく成長しています。

DSCF1349

夏祭りの日に訓練士さんにシオンの様子を見ていただいたところ

反抗期に入っていますね。

と言われました。

そっか~。

いよいよ反抗期か~。

というかこの仔、家に来たときからしっかり自己主張をする仔で、自己主張の方法が主に「噛む」なので、人の立場から見ると最初から反抗的で攻撃的なように見えてしまいます。

シオンにとっては、自分の気持ちを噛むということで表現するしか方法を知らないだけで、人を攻撃してやろうなどという気持ちは全くないのです。

頭では解っていても

なんだかな~。

オレ様な感じで付き合いにくいよなあ。

と思ってしまうんですよね。

一見強気なタイプに見えるシオンですが、付き合っていくうちに実は神経質だったり、気が小さい仔なんだなあ。

ということが分かってきました。

不安や怖いものに対して、動かなくなったり逃げたりという表現だとわかりやすいのですが、シオンの場合は落ちているものを手当たり次第拾ったり、人に当たる(服や体を噛むなど)、リードを噛むなどといった転移的な行動に出るんですよね。

これが「攻撃的」に見えてしまうという・・・。

そこは、なかなか損な性格ですね。

DSCF1103

家の中では落ち着いて生活していますが、外に出ると、人、自転車、他犬、猫、などに予想外の動きをされたときなどに過剰な反応を示します。

例えば、自転車が後ろからサ~っと追い抜いて行ったときなど、人にしてみればどうということのない程度であっても

何?今の。

自転車?

ぼくのすぐ近くを、すごいスピードで走って行った。

びっくりしたな。

嫌だなあ~。

となって、頭の中はそれでいっぱいになってソワソワしだして、早足になり引っ張り散歩になります。

そこで引っ張りをやめさせようなどと思って、うっかりリードを引いてガツンと止めてしまうと、ちょっとしたパニックになります。

今の何?

なんでガツン?

ぼく、前に進みたかったのになんで止められるんだよ!

なんでこんなに嫌なことが次々と起こるんだよ!

むかつくなあ!

と落ちている石などを拾って、人に取り上げられると、もう頭がパンク。

なんだよ~!

ガブガブガブ!!

と人の体や服やリードを噛むという展開になってしまうんですよね。

CIMG1787

気が小さい。

これは持って生まれたもので、治らないかもしれません。

反抗的に見えるのも、気が小さいことの裏返しだと思いますしね。

それでも、日常に出会う些細な刺激にいちいち反応しなくて良いということは教えていけると思うので

これくらい大丈夫だよね。

というように心の幅を広げてあげられたらいいなと思います。

いわゆる反抗期を迎え、扱いに難しさが出てくるかもしれませんが、この時期に思い切り成長したりもするので、しばらくは「小心者」というところに心を配って接していこうかなと思っています。

関連記事→生後5か月のシオンへ

スポンサードリンク

スポンサードリンク

PREV
2016 ボランティア夏祭り 富士ハーネス
NEXT
噛み犬って言われちゃうよ 西湖にて

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Comment

関連記事

花火や雷を怖がる犬 対策を考えてみた

先日、地元の夏祭りがありました。 小さなお祭りですが、夜店が出たり打ち上げ花火も上がります。

記事を読む

子犬特有の好奇心を安全に配慮しながら満たしてあげよう!お部屋探検 

これは委託2日目の様子です。 ねんね起っきしてワンもしたし そうだ! お部屋を探検しよう~!

記事を読む

飼い主を見上げる子犬

子犬1歳現在のリーダーウォークの状況と散歩中のカムの練習

犬が飼い主から付かず離れず寄添って歩くことを「リーダーウォーク」と言います。 リードは張らず、軽く

記事を読む

犬連れいせさき市民の森公園 河津桜でお花見

先週、河津桜が咲いている川沿いの遊歩道を散策しました。 関連記事→河津桜の散歩道 そのときはまだ

記事を読む

子犬の初雪体験

11月24日、シオン地方に初雪が降りました。 首都圏で11月に降雪を観測するのは54年ぶりのこ

記事を読む

子犬の成長は嬉しくもあり寂しくもあり!車に飛び乗るときのエピソード

小さい頃のシオンはクレートが苦手だったので、長時間のドライブのときは足元に乗せていました。 車に飛び

記事を読む

頑張らなくていいよ CCボランティアさんからのお便り

シオンを迎えてくださったCCボランティアさんから、お手紙と写真が届きました。 シオンの新しいご

記事を読む

犬の温もりが人の心も優しくしてくれる

北海道盲導犬協会の2017年「スマイルカレンダー」をお持ちの方は、今月(2月)のページをご覧ください

記事を読む

クレートに入る子犬

生後3か月齢の子犬に落ち着きがでてきた

家庭の事情によりシオンを約2週間、ステイウォーカーさんのおうちで預かっていただいていました。 5月

記事を読む

ずっとずっと一緒にいたいよ

家に来た頃は甘噛みがものすごかったシオン。 私は犬に歯を当てられることすら苦手です。 噛

記事を読む

ロープで遊ぶ子犬
犬と楽しく遊ぶ方法!犬とは全力で向き合おう

ウェルシーは5歳ですが、遊ぶのはパピーの頃から大好きです。 お散歩の

伏せる犬
犬のしつけ「無視」はイジメ?無視の方法と犬を無視することが効果的な場面

犬のしつけの方法の中で「犬を無視する」というものがあります。 好まし

散歩する犬
犬を吠えさせる飼い主は犬が可哀想だと思わないのかな?

犬は吠える生き物です。 なので、犬が吠えるのは自然なことで問題行動で

座る犬
犬がよだれをポタポタ垂らしているけど大丈夫?病気の心配は?

ある日、これといった理由も見当たらないのに、ウェルシーがよだれをポタ

横顔ラブラドールレトリバー
犬の飼い主あるある?うちの犬は自分のことを人間だと思っている!それって問題なの?

昭和の頃の犬は外飼いで、その役割は番犬でした。 知らない人が来ても吠

→もっと見る

  • follow us in feedly


    PAGE TOP ↑