いたずらっ子のわけは不安で落ち着かないから

公開日: : 第三話 シオン, 犬育て

パピーの委託前に、子犬は何にでも興味を示し齧って家具などを破壊したり、口に入るものを何でも食べてしまったりするので 、家の中を片付け目を離さないようにというお話が、訓練士さんからありました。

子犬のいたずらと不安との関係

シオンは子犬らしい好奇心で、何にでも興味を示し、齧ったり物を咥えて走り回ったりしていました。

ところが最近のシオン、ずいぶん落ち着いてきました。

家ではいたずらをしなくなった

こんなこととか

カーテンを引っ張る子犬

こんなこととか

フェンスに飛びつく子犬

こんなこととか

ケージの扉をひっかく子犬

ほとんどしなくなりました。

キッチンの柵も、もっと頑丈なものにしないとダメかなあ・・・。

と思っていたのですが、人がキッチンの方に行ったときも

フェンスの前に座る子犬

柵に飛びついたりすることもなく、座って待つようになりました。

顔が

早く来いよ!

と言っている?(笑)

そして気付くと

いつの間に眠る子犬

いつの間に寝てる。

私達の食事中はじっとしていられずウロウロし、クッションフロアを齧って破壊したこともあり、しばらくの間は人の食事中はシオンにクレートに入ってもらっていました。

関連記事→子犬のいたずらによる誤飲に注意!

今は

自分のマットに伏せる子犬

ぼく

人がごはんのときはいいこに待っていられるよ。

伏せたり座ったりして、おとなしくしていることが増えてきました。

ちょっとシオンてば

気持ち悪いんですけど・・・。

お散歩は落ち着かない

一方でお散歩は

靴紐を齧る子犬

パパさんの(私のも)靴ひもを齧り

お散歩中見上げる子犬

いいこに歩いているな~

と思って気を緩めると

前を見て歩く子犬

パクッ!

落ちているものをすぐに拾うので

おもちゃを持っててね。

おもちゃを咥えて歩く子犬

とパパに言われました。

突然走りだしたり、自転車や歩く人に突進しようとしたり、まともに歩かないので本当に大変です。

外には色々なものがあるから楽しいのかなあ?

と思っていたのですが、お散歩の時のシオンをよ~く観察していると、セカセカしていて余裕が無いんですよね。

行動だけを見ると、何にでも興味を示して拾ったり、興味の対象の方に走って行ったりしてパピーらしいなあ~。

と微笑ましいのですが、シオンの場合、その行動の裏側には不安があるんだなと気付きました。

家でいたずらが激減したのは、家の中がシオンにとって落ち着ける場所になってきたからです。

外は、見たことのないものがいろいろと登場するので不安だし、家の中では自由に動けるのに外ではリードに繋がれて自由がきかないことも、不安やストレスになっているように感じます。

小石を拾ったり、急に走り出そうとしたり、座り込んで後ろ足で首のあたりをカキカキします。

不安で気持ちがソワソワして落ち着かないので、じっとしていられず何かをしないではいられないんですよね。

人間で言ったら、貧乏ゆすりをしたり、爪を噛んだり、身体を揺らしたり、といった感じでしょうか?

シオンが、子犬らしくいろいろなものに興味があるのは確かなのですが、本来のシオンはそれほどいたずらっ子というわけではないのかもしれませんね。

お散歩の進め方

お散歩は無理せず

外は楽しい

を当面の目標にしようと思います。

とりあえず、どんな形でもいいのでシオンのペースに合せて、シオンが安心できるように歩く。

人のペースで歩くのは次のステップにしようと思います。

家の中の様子を見ていて

安心できれば落ち着いた仔でいられる

ということがわかったので、きっと上手に歩けるようになると思います。

ちょっと時間はかかるかもしれませんけどね。

まとめのようなもの

子犬の(人から見ての)問題行動には必ず理由があります。

全く関係ないと思っていたことが、根本ではつながっていることもあるのだということが分かりました。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

PREV
飛びつきとお出迎え
NEXT
ショッピングモール初体験

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Comment

  1. ケインママ より:

    シオンくん、家の中ではずいぶん落ち着けるようになったのね〜
    すごいな〜♪
    この時期のパピーは、心も体も一日一日の成長幅が大きいのでしょうね。
    お散歩はまだ始まったばかり。
    焦らず、ゆっくり、シオンくんペースでがんばってくださいね〜

    • gd.vol より:

      ケインママさん
      お蔭様で、ありがたいことに家では落ち着いて生活できる時間が増えて来ました。
      お散歩はまだまだこれからですよね。
      ゆっくり楽しく進めていきますね。

  2. サナ父ちゃん より:

    いたずらっ子なのは不安の裏返し…
    なるほど、と思って読ませて頂きました。

    人間が焦らず、その仔を見極めて、ゆっくりでも安心させて、自信持たせ、上手くできたら間髪入れず、「Good~♪」って誉めてあげる、大人しくしている時も機を見て「Good~♪」。

    堅い表現だとこんな感じなんでしょうかね。

    その仔を思って焦らず取り掛かる、次に預かることがあった時には今日のコメント、参考にさせて頂きます♪

    ありがとうございました♪

    • gd.vol より:

      サナ父ちゃんさん
      いたずらっ子も純粋に好奇心が強い仔もいると思いますし、不安からの場合もあるのだと思います。

      うまく出来ている時、落ち着いている時を褒めてあげるのはとても重要ですね。
      補足、ありがとうございます。

      シオンがどんな仔なのか・・・。
      まだまだ観察は続きます♪

関連記事

子犬特有の好奇心を安全に配慮しながら満たしてあげよう!お部屋探検 

これは委託2日目の様子です。 ねんね起っきしてワンもしたし そうだ! お部屋を探検しよう~!

記事を読む

犬の散歩 寄り道も大切かもね

ここのところ寒いです。 冬晴れ、乾燥した北風。 シオン地方の冬の特徴なのですが、風が冷た

記事を読む

「動画」ごはんだよ~!犬が最初に覚える言葉は?

以前の記事にツムギはごはんの時に吠えるなんて書いていますけど、つむたんの名誉のために言います。 今

記事を読む

赤ちゃんがやってきた!賢い犬はどう対応する?

夏に遊びに来てくれた赤ちゃん連れのお客様が、久しぶりに遊びに来てくれました。 そのとき、赤ちゃん1

記事を読む

膝の上で甘える子犬

委託から1週間 この仔どんな仔?

ウェルシーが家にやってきて、6月10日で1週間が経ちました。 パピーを迎えると、最初の1週間が

記事を読む

S-14胎5回目のパピーレクチャー

8月20日は5回目のパピーレクチャーでした。 シオン家は4回目のパピーレクチャーを欠席したので

記事を読む

甘える子犬

体表腫瘤 愛犬の身体をどこでも触れますか?

10月の上旬ごろ、シオンの左後ろ足の太ももの部分に、プツッとしこりのようなものが出来ているのを発見し

記事を読む

犬に芸を教える必要は無いが楽しくコミュニケーション

ケイン家の皆さんと一緒に過ごした日、ランチをいただいたレストランで、シオンはケインパパさんに遊んでも

記事を読む

わんこマッサージ

7月18日に神奈川訓練センターで、盲導犬ユーザーさんによる犬のマッサージの講習がありました。

記事を読む

楽しそうに人を見上げる子犬

子犬は褒められて伸びる!褒めて~と言っているのを見逃さないように

シオンはお散歩が大変な仔でしたが、生後8か月を過ぎてきて、だんだん人と一緒に楽しく歩けることが多くな

記事を読む

散歩する犬
盲導犬は信号が分からない!交差点を渡るのは大変なのです

ウェルシーは、交差点では自分の前を横方向に通過する車があると、交差点

コスモスと犬
犬が吠えるのは迷惑?飼い主の考え方を変えれば犬も人も楽になる

犬の祖先は狼と考えられています。 人が狼を家畜化(馴化)し、生まれて

散歩する犬
愛犬との別れを考えてみた!元パピーウォーカーの私が家庭犬の飼い主さんに思うこと

私たちは2013年にパピーウォーカーになりました。 そして4頭のパピ

花手水11
犬連れ行田花手水Week|街中に映える美しすぎる花たち

ウェルシーだよ♪ 埼玉県の行田市(ぎょうだし)で、色とりどりの花手水

あじさいと犬
飼主に従わない!自己主張が強い子犬のしつけに悩んでいます

私の知り合いで愛犬の自己主張が強くて困っているという人がいます。

→もっと見る

  • follow us in feedly


    PAGE TOP ↑