いたずらっ子のわけは不安で落ち着かないから

公開日: : 第三話 シオン, 犬育て

パピーの委託前に、子犬は何にでも興味を示し齧って家具などを破壊したり、口に入るものを何でも食べてしまったりするので 、家の中を片付け目を離さないようにというお話が、訓練士さんからありました。

子犬のいたずらとお散歩の大変さに共通点があった!

シオンは子犬らしい好奇心で、何にでも興味を示し、齧ったり物を咥えて走り回ったりしていました。

ところが最近のシオン、ずいぶん落ち着いてきました。

家ではいたずらをしなくなった

こんなこととか

CIMG0604

こんなこととか

CIMG0531

こんなこととか

DSCF0933

ほとんどしなくなりました。

キッチンの柵も、もっと頑丈なものにしないとダメかなあ・・・。

と思っていたのですが、人がキッチンの方に行ったときも

CIMG0774

柵に飛びついたりすることもなく、座って待つようになりました。

顔が

早く来いよ!

と言っている?(笑)

そして気付くと

CIMG0778

いつの間に寝てる。

私達の食事中はじっとしていられずウロウロし、クッションフロアを齧って破壊したこともあり、しばらくの間は人の食事中はシオンにクレートに入ってもらっていました。

関連記事→子犬のいたずらによる誤飲に注意!

今は

CIMG0751

ぼく

人がごはんのときはいいこに待っていられるよ。

伏せたり座ったりして、おとなしくしていることが増えてきました。

ちょっとシオンてば

気持ち悪いんですけど・・・。

お散歩は落ち着かない

一方でお散歩は

CIMG0762

パパさんの(私のも)靴ひもを齧り

CIMG0764

いいこに歩いているな~

と思って気を緩めると

CIMG0765a

パクッ!

落ちているものをすぐに拾うので

おもちゃを持っててね。

CIMG0769

とパパに言われました。

突然走りだしたり、自転車や歩く人に突進しようとしたり、まともに歩かないので本当に大変です。

外には色々なものがあるから楽しいのかなあ?

と思っていたのですが、お散歩の時のシオンをよ~く観察していると、セカセカしていて余裕が無いんですよね。

行動だけを見ると、何にでも興味を示して拾ったり、興味の対象の方に走って行ったりしてパピーらしいなあ~。

と微笑ましいのですが、シオンの場合、その行動の裏側には不安があるんだなと気付きました。

家でいたずらが激減したのは、家の中がシオンにとって落ち着ける場所になってきたからです。

外は、見たことのないものがいろいろと登場するので不安だし、家の中では自由に動けるのに外ではリードに繋がれて自由がきかないことも、不安やストレスになっているように感じます。

小石を拾ったり、急に走り出そうとしたり、座り込んで後ろ足で首のあたりをカキカキします。

不安で気持ちがソワソワして落ち着かないので、じっとしていられず何かをしないではいられないんですよね。

人間で言ったら、貧乏ゆすりをしたり、爪を噛んだり、身体を揺らしたり、といった感じでしょうか?

シオンが、子犬らしくいろいろなものに興味があるのは確かなのですが、本来のシオンはそれほどいたずらっ子というわけではないのかもしれませんね。

お散歩の進め方

お散歩は無理せず

外は楽しい

を当面の目標にしようと思います。

とりあえず、どんな形でもいいのでシオンのペースに合せて、シオンが安心できるように歩く。

人のペースで歩くのは次のステップにしようと思います。

家の中の様子を見ていて

安心できれば落ち着いた仔でいられる

ということがわかったので、きっと上手に歩けるようになると思います。

ちょっと時間はかかるかもしれませんけどね。

まとめのようなもの

子犬の(人から見ての)問題行動には必ず理由があります。

全く関係ないと思っていたことが、根本ではつながっていることもあるのだということが分かりました。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

PREV
飛びつきとお出迎え
NEXT
ショッピングモール初体験

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Comment

  1. ケインママ より:

    シオンくん、家の中ではずいぶん落ち着けるようになったのね〜
    すごいな〜♪
    この時期のパピーは、心も体も一日一日の成長幅が大きいのでしょうね。
    お散歩はまだ始まったばかり。
    焦らず、ゆっくり、シオンくんペースでがんばってくださいね〜

    • gd.vol より:

      ケインママさん
      お蔭様で、ありがたいことに家では落ち着いて生活できる時間が増えて来ました。
      お散歩はまだまだこれからですよね。
      ゆっくり楽しく進めていきますね。

  2. サナ父ちゃん より:

    いたずらっ子なのは不安の裏返し…
    なるほど、と思って読ませて頂きました。

    人間が焦らず、その仔を見極めて、ゆっくりでも安心させて、自信持たせ、上手くできたら間髪入れず、「Good~♪」って誉めてあげる、大人しくしている時も機を見て「Good~♪」。

    堅い表現だとこんな感じなんでしょうかね。

    その仔を思って焦らず取り掛かる、次に預かることがあった時には今日のコメント、参考にさせて頂きます♪

    ありがとうございました♪

    • gd.vol より:

      サナ父ちゃんさん
      いたずらっ子も純粋に好奇心が強い仔もいると思いますし、不安からの場合もあるのだと思います。

      うまく出来ている時、落ち着いている時を褒めてあげるのはとても重要ですね。
      補足、ありがとうございます。

      シオンがどんな仔なのか・・・。
      まだまだ観察は続きます♪

関連記事

駄々をこねる犬 おうちに帰りたくないよぉ

犬にも「感情」があるので、人の指示に対して「嫌だ」と思うことがありますよね。 「嫌」の表現の方法は

記事を読む

主従関係って何よ?

2013年9月 イズモがわが家にやってきて1か月が経ちました。 イズモは9月20日で、生後3か月

記事を読む

抱っこでお散歩 屋外の雰囲気に慣れよう

子犬が生まれると混合ワクチンを接種しますが、日本盲導犬協会では1回目のワクチンは委託の前に協会で接種

記事を読む

丸くなって眠る犬

寝ている犬に触ったら唸られた!犬にナメられちゃってるの?

ウェルシーだよ♪ 3歳の小型犬を飼育するママのお友達が 最近、寝ているときに撫でると、唸

記事を読む

散歩デビュー前の抱っこでお花見

4月2日にシオンを連れて、近くの公園にお花見に行きました。 10年くらい前は人出も少なく、穴場のお

記事を読む

子犬生後7か月 自我に目覚める季節 反抗期とも言う

この時期の特徴ともいえる「反抗期」ですが、ツムギの「反抗期」は今のところ想定の範囲内で、それほど大変

記事を読む

犬に芸を教える必要は無いが楽しくコミュニケーション

ケイン家の皆さんと一緒に過ごした日、ランチをいただいたレストランで、シオンはケインパパさんに遊んでも

記事を読む

触られるのは嫌?体感受性が強い犬

体感受性というのは体への刺激に対する感じ方のことです。 シオンは、体に受ける刺激に対して敏感な方だ

記事を読む

お友達かな? ヤモリと対面

この記事には爬虫類の画像があります。 苦手な方はご注意くださいね。 シオン~。 何

記事を読む

頑張れ! オレ様だけど繊細な犬

シオンの新しい家族が決まりました。 早かったです。 ほっとしました。 これで生涯ず

記事を読む

すねる犬
甘え?わがまま?犬のトイレのしつけをやり直しています

盲導犬候補犬は、パピー時代は部屋でも外でもコールで排泄ができるように

立ち止まる犬
犬の毛艶が悪いのはなぜ?愛犬の毛艶を良くするためには?

ウェルシーは、周りの人に 綺麗な犬だね。 毛がツヤツヤしているね。

見送りする犬
犬を飼いたい!犬なんて簡単に飼ってはいけない!

先日、ウェルシーと公園に出かけました。 30代後半くらいの女性に 犬

おもちゃで遊ぶ犬
出産後の母犬は体の回復に3か月はかかるらしい

ウェルシーは2019年12月15日に初めての出産をしました。 もうす

河津桜と犬
犬連れ函南町 かんなみ桜でお花見

ウェルシーだよ♪ パパとママと一緒に河津町の河津桜を見たよ。 関連記

→もっと見る

  • follow us in feedly
  • 2020年3月
    « 2月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    242526272829  
PAGE TOP ↑