子犬のいたずらによる誤飲に注意!

公開日: : 第三話 シオン, 犬育て

やられました。

CIMG0685

子犬のいたずら、人の目があるときは油断しやすい

私達が食事をしている時、壁際でシオンが床をホリホリしていたんですよね。

夫が座っているサイドで、ちょうど私の位置からは見えないところでした。

ホリホリくらいなら実害はないだろうし、シオンは夫のサイドにいたので、夫が気を配っていると思っていました。

しかし、その位置は夫からも死角になっていたそうです。

そして

夫が

あ~っ!!

と叫びました。

その時はクッションフロアの端が写真のようになっていました。

ホリホリだけではなく、噛んで引っ張っていたんですね。

破れた切れ端は処分しましたが、幸い誤飲はされていませんでした。

そうなんです。

誤飲事故はこんなふうに起こるんですよね。

一緒にいる誰かが犬を見ているハズ

と思うと実は誰も見ていなかった・・・!

リピーターの油断にならないよう

ほんと

気をつけなくちゃ!!

いたずらは子犬の通る道

イズモも悪戯っ子でしたが

それはやめてね

と言うと2~3回で家の中の物を悪戯しなくなりました。

シオンが一番悪戯っ子だなあ~。

はあ~。

と思いましたが

そうだった!

ラブラドールは「破壊王」と言われるくらい、やんちゃなのが当たり前なんだった。

今までに家具などに実害を受けたことが無かったので、それがすっかり頭の中から抜け落ちていましたね。

クレートに入れても吠えなくなったので、当分の間私達の食事中は、シオンにはクレートに入ってもらうことにしました。

いたずらの理由は退屈と寂しさだった

私達がいるのに自分は構ってもらえないという状況も、シオンには慣れるどころか逆にストレスになり、つまらないので余計にいたずらをしてしまうということになってしまいました。

人の食事中は、マットや足元でおとなしくしている。

という目標は、生後3か月のシオンにとっては、レベルが高すぎる目標設定でした。

もう少しハードルを下げる必要がありますね。

常に自分が構ってもらえるわけではないことは、もっと短時間ずつの学びにしようと思います。

CIMG0684

シオン

そんなしょぼ顔つくったって、どーせ反省していないでしょ。

そう

反省するのはママだものね。

シオンのペースに合せてゆっくりやっていこうね。

まとめ「油断大敵!誤飲注意!」

犬から目を離す時は、必ず犬をケージに入れていましたが、誤飲事故はこんな風に人の目があるはずと思われる状況で起こることもあります。

初心者のみなさんも、リピーターのみなさんも誤飲には注意!

です。

今回は事故にならなくて良かったですが、今後も十分気を付けていきます。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

PREV
生後2か月の子犬の接し方 冒険と甘えとしつけ
NEXT
掃除機にじゃれつく子犬

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Comment

  1. ウィンダムママ より:

    破壊王!!
    まさに、その通りですよね。

    ウィンダムにやられたこたつ、障子・・・・
    数えたらきりがないほど・・・
    かじるだけで満足してた子だったので、誤飲にはなりませんでしたが、思わぬ時に起こるんですよね。

    「ぽちたま」の件、私の早とちりでした・・・すみません。
    こんな企画を今作ってますよ~って感じの予告だけでした。
    放送はまだまだ先のようです。ごめんなさい!

    • gd.vol より:

      ウィンダムママさん
      ウィンダム君も悪戯っ子だったのですね。
      私は今までの2頭がそれほどでもなく
      むしろツムギは全然でしたし、3頭目にして初体験です。

      シオンも破壊するだけで食べませんでしたが、ヒヤっとしました。
      気を緩めないように気を付けていきます。

      ポチたまの件、そうでしたか。
      私の方も情報が入ったらUPしますね。

  2. くるみ より:

    おはようございます!

    チョコも、よく旦那の後ろで、古新聞の入ったダンボールカミカミしてました

    片付けようとした私に、旦那は出しておくようにいいました。きちんと教えこめばいいと…私は食べたら大変と思いましたが、目の届かない時は、ハウスへ。そして、根気よくダメと教えたら、1歳前ぐらいからは、おもちゃ以外は、家の中でカミカミしなくなりました

    もちろん、いまでもフリーで留守番とか させません。チョコのためにも目の届かない時は、ハウスにコングと一緒に入ってもらいます

    • gd.vol より:

      くるみさん
      子犬のうちはいろいろなものに興味があり、何でも口に入れますし、つ食べてしまうこともあるので、目が届かないときはハウスに入れた方が安心ですよね。

      でも、カミカミしていいものといけないものを教えなければいけないので、やはり根気よくですよね。
      私も頑張ってみますね。

      お留守番の時にハウスでくつろいでいてくれると安心です。
      チョコちゃん、とってもいい仔で助かりますね!

      • くるみ より:

        でも、最初の頃は、ハウスでシートをカミカミして、シート片付けるの大変だったことは、1回や2回じゃなかったですよ(笑)

        でも、生後半年も過ぎるとしなくなりました。だんだん覚えていくんでしょうね
        噛んだら苦く感じる、スプレーも使いましたが、なれてくるんですよね(>_<)

        • gd.vol より:

          くるみさん
          やっぱり根気は必要ですよね。
          これは噛んじゃだめだよと根気よく教えていくうちに、だんだんわかってきますよね?
          私も頑張りますね。

          シオンは、甘噛み防止スプレーを使うとその時は噛むのをやめるのですが、だからって噛まなくなるわけではないんですよね。
          スプレーが勿体ないので、使うのをやめました(笑)

  3. コスモママ より:

    こんにちは〜^_^
    シオン君が気になっていたのですが忙しくてブログにこんにちはできなかったのですが…少し大きくなりましたね^_^
    シオン君今日は何をやってくれたの⁉︎とドキドキしてブログ拝見。
    今回はやってくれましたねぇ〜
    カジカジだけで食べてはいないので良しとしましょう!やんちゃ坊主パピーはほんとに目が離せませんね(≧∇≦)先月預りしたカジカジ大好きパピーとシオン君はそっくり(顔も)。久々のわんぱく坊主で困ったちゃんでしたがたまーにいい子になるので可愛くて憎めない子でした。シオン君も時々天使になりますよね。まだまだママの温もりが恋しい月齢だと思います
    わんぱく坊主をよろしくm(_ _)m

    • gd.vol より:

      コスモママさん
      お忙しい中、コメントありがとうございます。

      もう、毎日目が離せません!
      でもね、ワンパクだけれど甘えん坊でとっても可愛いです。
      どれだけ武勇伝?が増えるのか・・・。
      楽しみにしていてくださいねっ!

関連記事

お散歩 飛び石を渡る

みなさんの街には、橋の代わりに飛び石を使っている川がありますか? 京都鴨川の飛び石が、外国人観

記事を読む

生後7か月のシオンへ

9月1日でシオンは生後7か月になりました。 体重は22㎏ 家に来た頃のシオンは、動きが活

記事を読む

膝の上で甘える子犬

委託から1週間 この仔どんな仔?

ウェルシーが家にやってきて、6月10日で1週間が経ちました。 パピーを迎えると、最初の1週間が

記事を読む

思い切り走ろう!ドッグラン初体験

河原の遊歩道にお散歩に行きました。 そこにはドッグランがあります。 無料なので、周りをフェンスで

記事を読む

クレートで眠る犬

犬にも個性がある!性格や行動を理解して仲良く暮らそう

富士ハーネスに遊びに行ってきました。 富士ハーネスは、ウェルシーが生まれて生後約2か月までを過ごし、

記事を読む

河津桜の散歩道

まだまだ風が冷たく、寒い日も多いシオン地方ですが、週末はご褒美のようにポカポカの春の陽気になりました

記事を読む

クレイジー7か月~思春期がはじまるよ~

イズモのお気に入りのおもちゃ。 ホースを適当な長さに切って、両端を結んだだけのもの。 結

記事を読む

反抗期かな?コマンドを無視する子犬

2014年1月 生後6か月を過ぎた頃からでしょうか? ふと気づくと、イズモはコマンドを無視するこ

記事を読む

犬を叱るときは名前で叱らないで

子犬はかじるのが大好きです。 早くも2日目には、引出の取手や、敷居をカジカジ。 甘噛み防止スプレ

記事を読む

2016 キャンドルナイト 富士ハーネス

12月17日、18日に富士ハーネスで開催された「キャンドルナイト」に行ってきました。 1時過ぎ

記事を読む

梅と小田原城
犬連れ小田原城址公園・報徳二宮神社

ウェルシーだよ♪ 2月の終わり、寒さの中にも春を感じる日に小田原城址

部屋でくつろぐ犬
別れた子犬と母犬はお互いに覚えているのだろうか?

子犬を迎えると この仔は母犬のことを覚えているのだろうか? と思った

ロングリードで散歩する犬
母犬の出産後のケアと体調管理

ウェルシーは2019年12月15日に初めての出産をしました。 子犬た

カートで運ばれる子犬たち
盲導犬パピー1回目の別れと出会い パピー委託式

ワトソン*ウェルシー仔たちは、2月8日にパピーウォーカーさんに委託さ

子犬と遊ぶ母犬
子犬の生後6~7週は犬社会から人社会へ旅立つ大切な準備期

ウェルシーは昨年(2019年)12月15日に初めての出産をしました。

→もっと見る

  • follow us in feedly
  • 2020年2月
    « 1月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
PAGE TOP ↑