子犬の夜鳴きがひどすぎて眠れない!

子犬が家にやってくると、最初は大抵夜鳴きしますよね?

子犬の夜鳴きの理由は、体調が悪いこともありますが大抵は「寂しさ」です。

今までは兄弟姉妹でくっついて寝ていたのに、急に一人で寝るなんて

なんで~?

なんで~?

と思うだろうし、すっごく不安で寂しいと思うのです。

夜鳴きがすごすぎ!対策を考える

初日のシオン、ものすごかったです。

1時間くらいは吠えて、しばらく寝て、また吠えて・・・を繰り返し一晩中そんな感じでした。

2日目はしばらく吠えて寝ましたが、3日目はまた初日と同じ。

吠えるだけならまだいいのですが、クレート(今のところ、ケージが不足しているのでクレートだけ貸与されています)の中で暴れる、床を掘る、金網を齧る、と大騒ぎでした。

許可していただけるのなら一緒に寝てあげたいものだと思い、可哀想になってしまって、こっちまで泣きそうです。

ハウスに入ること自体が嫌なんだな~

シオンはクレートで寝るどころか、クレートに一人でいることが出来ません。

入れた途端に吠えるという感じです。

「吠えても相手をせず、諦めるのを待つ(吠えてもいいことは起こらないので、吠えるだけ無駄と犬に思わせる)」

という方法で、吠えが強くなってしまう仔もいるという訓練士さんのお話でしたが、まさにシオンがそういう仔だなと・・・ピーンと来ました。

諦めるということが出来ない感じでした。

ハウスが楽しい場所だと思わせる

早速、訓練士さんに相談しました。

ハウスが楽しい場所であるとシオンに思わせましょう。

1秒でも入れたら褒めて出してあげる。

ハウスに入るだけで褒められるなんて、犬っていいなあ~♪

5秒、10秒・・・1分・・・少しずつ時間を伸ばしていきましょう。

フードもハウスで与えて、ハウスに入るといいことあるな~♪

と思わせましょう。

ということでした。

2日目のシオンは、少しだけ(30秒以内 笑)クレートで待つことができるようになりました。

夕方は1時間くらいクレートで寝てくれました。

しかし、3日目はクレートの中で少しだけ待つことは出来るのですが、クレートで寝ることはできませんでした。

どんなに遊び疲れて膝の上では爆睡状態でも、クレートに入れると

なんで、こんなとこに入れんだよ!

出せ~!!出せ~!!

と吠えます。

今までの仔は吠えても眠気には勝てず、そのうち眠ってしまって

なんだ、別にひとりで寝るのも平気じゃん!

というようになっていったのですがシオン君、粘ります。

でも夜は(協会の決まりで)クレートで寝かせなければならないし、やっぱり吠えるし・・・。

シオン~!!

どんだけ甘ったれなのさ!!

そりゃね

寂しいのはわかる。

ママだって辛いんだよ~。

とりあえず、訓練士さんのご指導の方法でクレートに慣れてもらうようにします。

お部屋で一人で寝るのも慣れようね

それと

今のところ眠くなると、抱っこ~抱っこ~と膝の上に上がってくるので、とりあえず抱っこで眠っています。

膝の上で眠る子犬

寝たらブランケットの上に降ろして「ひとりで寝る」体験を積ませています。

目覚めると

抱っこ~。

とよじ登ろうとしますが、3日目から再乗させないことにしました。

ここは鬼パピになります(笑)

諦めてブランケットの上でも寝るので、やっぱりクレートは閉じ込められると思ってしまうのでしょうね。

ブランケットの上で眠る子犬

確かにそうだけど・・・。

短期間で受け入れられる仔もいるけど、シオンにとってはストレスなんだろうな~。

でもね

シオンはごはんが来るのを待つときだけは、クレートの中にちょこんと座っていいこに待つんです。

不思議です。

クレートの中にいる子犬

今までの仔は、み~んなごはん吠えしましたからね。

シオンGood!

一緒に頑張ろうね。

まとめのようなもの

夜鳴き以前にひとりで寝るのが不安なシオン。

寂しい気持ちを理解しつつ、少しずつひとりで寝たりハウスで寝ることができるように頑張ります。

フードを待つ時は吠えないので、フードがご褒美になっているのかもですね。

ひとりで眠った後やハウスに入って出たときはたくさん褒めて遊んで(ご褒美)あげようと思います。

関連記事→夜鳴きがひどすぎる子犬の対策中!効果が出てきたよ

【パピーウォーカー実践日記まとめ】子犬の委託から涙のお別れまで

スポンサードリンク

スポンサードリンク

PREV
生後2か月の子犬におもちゃの持って来い遊びをやってみた
NEXT
抱っこでお散歩 散歩デビュー前に屋外の雰囲気に慣れよう

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Comment

  1. ケインママ より:

    シオン君ママさん、お疲れさまです!
    シオン君の連夜の夜鳴き、想像以上に大変そうですね〜
    ケインは3カ月を過ぎてからの委託だったから、夜鳴きの経験はないのですが…
    やっぱりまだ小さいし、急に兄弟姉妹がいなくなって、夜は寂しいのでしょうね。
    鳴く以外にも色々やっちゃうところを見ると、ちょっとパニック状態?になっているのかなぁ。
    どこまで許容していいのか、こちらも考えてしまいますね…

    シオン君、ご飯の時はいい子に待ってる(笑)goodだね〜♪
    クレート内で少しずつ楽しい経験を積んで、シオン君が落ち着ける場所になるといいですね♪

    • gd.vol より:

      ケインママさん
      眠いです。
      今まで夜鳴きにそれほど苦労したことがありませんでした。
      堪えます・・・。
      でも考えてみたら、今まで来た仔の中でシオンが一番月齢が低いんですよね。
      まだまだ赤ちゃんと思うと仕方ないですね。
      クレートの中は楽しいところ
      と思ってもらえるように頑張ります。

  2. くるみ より:

    夜鳴きですか…

    大変ですよね

    うちは、1ヶ月続きましたから、もう寝れないし、イライラしてくるし、イライラする自分が嫌になるし…もう育児ノイローゼ状態思い出します。

    寝れる時、少しでも寝て下さいね

    • gd.vol より:

      くるみさん
      大変ですよね~。
      チョコちゃんも2か月になる前におうちに来たのですものね。
      こんなに小さいのだから、寂しくて心細いのが当たり前ですよね。
      寝られる時は寝るようにして、この時期を乗り切っていこうと思います。
      ありがとう^^
      頑張ります。

関連記事

要求があるとじっと見つめてくる犬の視線が痛いです

シオンは何かお願いがあるときは、人の顔をじ~っと見つめてきます。 小さい頃は「要求吠え」というワザ

記事を読む

甘噛みをしなくなったら安心して甘えられるようになったね

10月は朝晩は涼しくても、日中は夏のような日もありましたが、11月に入ってからめっきり寒さを感じるよ

記事を読む

雨の日はおうちでまったりする犬

台風の影響で雨模様のシオン地方です。 雨がやんでいる隙に、パパとささっと朝のお散歩に行きました。

記事を読む

絶賛後追い中の子犬 人がいなくても落ち着けるように練習中

家中をどこまでもついてくるシオン。 可愛いいです。 でもね 成長とともに、いちいち家族を追いか

記事を読む

犬が「褒めて」と言っているのを見逃さないように

先日シオンとお出かけをしたときにエスカレーターがありました。 6回目のレクチャーでも練習したの

記事を読む

生後2か月の子犬の接し方 冒険と甘えとしつけ

シオンがわが家に来て約1か月。 家での生活にも大分慣れてきました。 毎日冒険 子犬がおうちに慣れて

記事を読む

散歩中にリードを噛み飼い主に飛びつく子犬が改善してきました

思えばシオンは、お散歩デビュー当時からお散歩が大変でした。 シオンは、リードを噛んだり靴ひもを噛ん

記事を読む

キャリアチェンジの理由は顔がボコボコだから・・・?

シオンがキャリアチェンジになりました。 シオン君 決断早いねぇ。 オレ様は盲導犬の

記事を読む

排泄は得意だよ 犬語を理解するためには?

昨日の日記では、シオンが苦手なことをかきました。 こちら→留守番は苦手なの! では、シオ

記事を読む

生後9か月のシオンへ

11月1日でシオンは生後9か月齢になりました。 体重は25㎏になりました。 ここまで見て

記事を読む

おもちゃを咥えて歩く子犬
子犬が人の足を噛んでくるのはなぜ?私は普通に歩いているだけなのに

普通に部屋の中を歩いているだけなのに、あるいは普通にお散歩をしている

抱っこされる犬
犬の肉球は何のためにあるの?役割と構造は?弱点もあるよ

犬の肉球って、ぷにぷにしていて可愛くて、ちょっと香ばしかったりして、

枝垂桜と犬
犬連れ桜の飯綱山公園歴史の広場(富士見城跡)優美な小諸八重紅枝垂を楽しもう

ウェルシーだよ♪ 長野県の「飯綱山公園歴史の広場」に連れて行ってもら

大手門
犬連れ小諸城址「懐古園」城下町より低い場所に築かれた穴城

ウェルシーだよ♪ 長野県にある「小諸城址懐古園」に連れて行ってもらっ

ドッグフードが気になる子犬
ドッグフードの選び方|正しい知識を身に着けてドッグフードを選ぼう

私たちの場合は、盲導犬協会の犬なのでフードは協会から指定されたものを

→もっと見る

  • follow us in feedly


    PAGE TOP ↑