パパさんの幸せな日々が復活 甘えん坊の抱っこ犬が戻ってきたよ

公開日: : 第三話 シオン, 甘噛み 噛み

生後5か月を過ぎてもパパさんへの甘噛みがやめられなかったシオン。

訓練士さんのご指導で、噛んだら「NO」と言ってカラーを掴む。

という方法で対策をとってきました。

そうしたら、シオンはパパのお膝に行かなくなってしまいました。

嫌われたのかな?

とちょっと寂しげなパパさん。

違うと思うよ。

シオンはパパのお膝に行くと、またパパを噛みたくなるので、行きたいけれど行かないんだと思うよ。

噛んだらカラーを掴まれて楽しくないからね。

対策を始めてひと月ほど過ぎた頃から、シオンはパパを噛まなくなり、パパのお膝に戻ってきました。

CIMG2228

パパちゃんの幸せの日々が

復活!

めでたし!!

CIMG2223

夜も

仲良し~♪

DSCF1471

ちょっと待て!

パパちゃん

シオンがやめてって言ってる。

しつこくしないでね。

シオンがこんな時に顔を背けたり、ペロッと自分の鼻を舐めたりしたら、軽く

嫌です。

と言っていますからね。

シオンとパパの関係改善のために今は大切な時期です。

噛むことでパパの気を引きたいシオンに、噛まないでねと伝えていて、シオンも理解してきたところです。

ここで、シオンが嫌だなと感じることをしつこくしてしまうと

やめてよ!

が引き金になり、また噛むようになるかもしれないので、今はシオンの「やめてほしい」という気持ちに寄添ってあげましょうね♪

すると、ほらね

DSCF1473

パパ

気にしなくていいよ。

ぼく

パパが大好きだよ。

シオンの方から寄添ってくれました。

甘えたような表情でしばらくの間、パパの腕にちょっとだけくっついていたかと思うと・・・。

DSCF1474

ぺちょっ!

DSCF1478

パパの腕を枕にして眠ってしまいました。

二人の幸せな時間。

そのまま、お互いの温もりを感じているだけ。

今は

それだけでいいです。

シオンは、まだちょっとだけパパの手に歯を当ててしまうことがあります。

でも

こうやって穏やかな時間を積み重ねていくうちに、自分の気持ちを表現するために「噛む」必要はないんだな~。

とシオンの心にしっかり刻めるはずです。

そうすれば

もっともっと

パパ~♪

パパ~♪

と甘えてくれるはずです。

パパちゃん

この先が楽しみになってきたね。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

PREV
子犬用から成犬用へドッグフードの切り替え
NEXT
【わんダフルネイチャーヴィレッジ】犬とプールを体験

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Comment

  1. ケインママ より:

    今日の記事を読んで、ほっとしましたよ〜♪
    シオンくんとパパさんの関係もよい方向に向いてきましたね。
    ここは、シオンくんに密着したい気持ちをちょっとだけ抑えて、ほどほどにするとよさそうですね〜
    押してもダメなら引いてみな、みたいな…違うか(笑)
    パパさん、もう一息がんばってくださいね(^^)

    • gd.vol より:

      ケインママさん
      ずっとトンネルの中にいるような感じでしたが、明かりがさしてきました。
      もう一息のここが大事だと思うので、パパさん、頑張ります。

  2. すず より:

    シオン君、おりこうさん。

    パパさんの事が大好きで、いつも傍にいたくて。
    優しくて大好きで、心を開ききっているからこそ甘えてしまって、つい思わず噛んでしまうだけなのだけれど、最近は何かが違うことにきちんと気付いているのですね。

    近づく=思わず噛んでしまう事がある→首輪を掴まれてしまう→何でかな?このくらいなら、どうかな?やっぱりそれもダメなの?→
    近付かない方が良いのかな?でもやっぱりパパさんが好きだよ。そばにいたいよ。

    沢山たくさん考えて、そっと傍にいって。
    お互いに穏やかな気持ちで寄り添いあっていれば、首輪が、ぎゅっとならないことを、シオン君は理解しつつあるのでしょうね。
    本当におりこうさんなシオン君。

    思い出したのですが、家の子も、噛まなくなった後、全く噛む動作を行わなくなったのではなく、遊んだり興奮しすぎたりして思わず歯があたりそうになる事がありました。

    以前はそのままガウガウガブガブと噛んできたのですが、噛まなくなった以降は、歯が当たりそうになった時に「あっ」という感じで自分で頭を引くようにして止めていました。
    勢い余って、歯をカチカチカチ…と獅子舞のようにならしていた時期がしばらくあったかと思います。

    しばらくして、月齢的に興奮しすぎる事も少なくなり、歯をカチカチ状態もなくなりました。(家の子は、楽しいことにも嫌なことにも興奮しやすく、「!!」と思うと、後先考えずに思わず体が動いてしまう子だった様に感じます)

    歯をあてる必要は無い、ちょっぴり不安な事があってもパニックになる必要はない、ちゃんと優しく頼もしいパパママがいてくれるんだから、安心。大丈夫。
    きちんと理解しつつあるシオン君。

    今、まだちょっと思わず歯をあててしまうのも、もうほんの少しだけ大人になったらきっと解決するでしょうね。^-^

    シオン君、パパさんママさんにいっぱい甘えてね。
    こわい事、心配な事、びっくりしちゃった事、色んな事があっても、自分で解決しなくて良いからね。
    パパさんとママさんに「いまね、びっくりしちゃったよ」って甘えちゃってね~。

    • gd.vol より:

      すずさん
      ありがとうございます。
      シオンも楽しくても嫌なことでも興奮しやすい仔なのだと思います。
      似ているところを持った先代黒ラブさんが、歯を当ててしまいそうな時期を経て、とてもいいこになったということ、シオンもきっと大丈夫だと思えて、私達の励みになっています。

      噛む必要がないことをシオンに伝え続けながら、心の成長を待ちたいと思います。

  3. サナ父ちゃん より:

    何とも微笑ましい♪
    本当に、良かったです。

    もうそろそろ、シオンも様々な初めての経験を、落ち着いて受け入れられるようになるでしょう。

    シオンの世界がますます広がっていくといいですね♪

    • gd.vol より:

      サナ父ちゃんさん
      もう半分過ぎてしまいましたからね。
      長かったです。
      しかもここで失敗して、戻るのに同じくらいかかってしまったら終了の鐘が鳴ります。
      大事なところですよね~。
      シオンに楽しい経験をたくさんさせてあげたいです。

関連記事

胡坐をかく犬

お座り おね~さん座り? あ? 胡坐?? ほ~。 犬も

記事を読む

抱っこでお散歩 散歩デビュー前に屋外の雰囲気に慣れよう

子犬が生まれると混合ワクチンを接種しますが、日本盲導犬協会では1回目のワクチンは委託の前に協会で接種

記事を読む

生後8か月のシオンへ

暑かったり涼しかったり寒暖の差が大きい今日この頃ですが、ふと薫るこの香りは・・・。 秋ですね。

記事を読む

お散歩 上手に歩けている時を褒めてあげよう

雲場池と旧軽井沢銀座を散策しました。 こちら→犬連れ軽井沢 紅葉の雲場池と旧軽井沢銀座

記事を読む

わんこマッサージ

7月18日に神奈川訓練センターで、盲導犬ユーザーさんによる犬のマッサージの講習がありました。

記事を読む

階段を1段だけ昇る子犬

犬が飼い主の気を引くためにする行動いろいろ

犬は日々飼い主さんのことを観察しています。 そして、大好きな飼い主さんの気を引くために様々な行動を

記事を読む

秋冬の風物詩 ひなたぼっこする犬

朝のお散歩から帰ってきたシオン。 窓際に行ったと思ったら、どっかり座り込みました。 足を

記事を読む

掃除機にじゃれつく子犬|最終ステージまであと一歩?

初めて掃除機を体験した時のパピーの様子はさまざまのようです。 シオンは、最初は爆音にびっくりしたも

記事を読む

犬も笑うんだよ

お散歩中、シオンを座らせてみました。 Sit シオン~♪ 名前を呼ぶと

記事を読む

甘噛みするのか~? フーしてやるぞ!

家庭の事情により、4月26日からシオンを預かってもらっています。 今頃シオンは、ステイウォーカ

記事を読む

座る犬
愛犬を褒められると嬉しい!褒められて最高に嬉しい言葉は?

わんこの飼い主の皆さん。 愛犬を褒められると嬉しいですよね? どんな

おもちゃを咥えて歩く子犬
子犬が人の足を噛んでくるのはなぜ?私は普通に歩いているだけなのに

普通に部屋の中を歩いているだけなのに、あるいは普通にお散歩をしている

抱っこされる犬
犬の肉球は何のためにあるの?役割と構造は?弱点もあるよ

犬の肉球って、ぷにぷにしていて可愛くて、ちょっと香ばしかったりして、

枝垂桜と犬
犬連れ桜の飯綱山公園歴史の広場(富士見城跡)優美な小諸八重紅枝垂を楽しもう

ウェルシーだよ♪ 長野県の「飯綱山公園歴史の広場」に連れて行ってもら

大手門
犬連れ小諸城址「懐古園」城下町より低い場所に築かれた穴城

ウェルシーだよ♪ 長野県にある「小諸城址懐古園」に連れて行ってもらっ

→もっと見る

  • follow us in feedly


    PAGE TOP ↑