散歩嫌いな子犬が散歩好きになる工夫

公開日: : 第三話 シオン, 散歩

犬はみんなお散歩が好きだと思っていましたが、どうやらシオンはあまりお散歩は好きではないみたいです。

子犬がお散歩を嫌がる理由と対策を考えてみました。

子犬が散歩を嫌がる理由

知らない環境が不安

シオンの場合は「新しい環境が苦手」これに尽きると思います。

不安なので、家は出たものの

歩きたくない!

と出だしから歩かなかったり、トットコトットコ歩き出したと思うと、今度はグイグイ引っ張る。

引っ張ると言っても

わ~~い!お散歩楽しいな~!!

という前向きな気持ちではなく、ソワソワして落ち着かないのでじっとしていられず、足を出さずにはいられないという感じで、気持ちに余裕が全くありません。

気持ちに余裕がないので、ちょっとした刺激に過剰に反応して、驚いたりイライラしたり・・・。

そんなことの繰り返しなので、シオンにとってはお散歩は不安と緊張で、楽しむどころではないのです。

甘え

お散歩デビュー当時は、歩きたがらないときに少し抱っこしてあげるのも必要な場合もありますが、歩かないからと抱っこばかりしてしまうと「歩かなければ抱っこしてもらえる」と学習することもあります。

人がリードを引っ張る

人が望むように歩かないからと、リードを引っ張ってしまうと、お散歩が苦しいものになってしまい、嫌がるようになることもあります。

お散歩を楽しくする工夫

シオンの場合は知らない環境が苦手ですし、自転車や車が通ったり他犬に吠えられるなどの刺激、また外の様々な知らないにおいも不安の原因です。

静かな環境を選びコースをあまり変えない

少しずつ慣れてもらうしかないので、お散歩コースは静かな環境を選び、あまり変えずに根気よくお散歩を続けています。

おもちゃで誘う

歩きたくないときは、おもちゃで誘って歩いてもらったり、いっそお散歩はやめておもちゃで遊んで帰ることもあります。

無理強いしても

嫌だった!

という記憶しか残らないので

楽しかったね。

で終わるように心がけ、次のお散歩につなぐように工夫します。

進歩が見られるようになってきました

生後6カ月になりましたが、ようやく進歩が見られるようになってきました。

わが家は玄関を出るとすぐ階段という造りです。

CIMG1909

ちょっと前まで抱っこで降りていましたが、生後6か月を過ぎ、危なげもなくなってきたので、ゆっくり降りてもらっています。

CIMG1911

さてと出発。

CIMG1918

最近は、家を出た途端

嫌です!

と止まる確率は少なくなってきました。

でも、不安が強いのか道路のにおいを嗅いだり、止まりそうになったり、出だしは不安定です。

行くよ~!

とリードを引きたくなるのを我慢して、シオンが納得してから歩き出すようにしています。

この仔

嫌だ!

と思わせちゃうと、飛びついたり噛んだりしちゃうので、本人の気持ちが前向きになるのを待つ方がいいみたいなんですよね~。

ほんと、難しい仔です。

関連記事→散歩中に突然スイッチが入ったように飛びついたり噛みつく子犬

でもね

歩き出すと、笑顔で見上げてくれることも増えてきました。

CIMG1922

やっと、日々のお散歩でこういう表情を見せてくれるようになってきました。

やっぱり、犬とのお散歩はこうでなくちゃね!

CIMG1927

グイグイ引っ張るときもあります。

CIMG1931

でも、以前のようにソワソワした感じが減ってきて

こやつ、自分のペースで歩きたいんだな。

という感じの時が多くなってきました。

楽しいと思えることが増えてきたんだろうな~。

と感じます。

しつけも少しずつ挑戦

引っ張り癖をつけてしまうと、あとあと自分が大変になるので

シオ~ン!

名前を呼びます。

CIMG1932

チラッ。

少しリードが緩んでいるのがわかりますか?

シオンなりに

いけなかったのかな?

と思うみたいで、速度を緩めてくれたりします。

これもシオンにとっては、本当に進歩なんですよね。

でもすぐに忘れて、少し歩くとまた引っ張ったり、何かに気を取られて止まってクンクンが始まったり・・・。

まだまだマイペースです。

CIMG1933

こんなところで止まられると嫌ですね。

チェーンの向こうは民家の駐車場です。

犬の飼い主って不届き者が多いのでしょうね。

CIMG1933a

みんな~!

マナーは守ろうね。

CIMG1923

まとめのようなもの

犬がお散歩を嫌がるのには理由があります。

シオンの場合は、知らない環境に不安を感じるので、刺激の少ないコースを選び同じような道を根気良く歩いたり、おもちゃで遊んでお散歩を楽しいものにしています。

まだまだ、上手に歩けるようになるのには時間がかかりそうなシオンですが、以前よりはお散歩に前向きになったのが伝わってきて嬉しいです。

無理強いすると逆効果になってしまうので、シオン自身が楽しいと思えるようになるのを待ち、コースを広げていく予定です。

CIMG1914

ママー

暑かったけど、ぼく楽しく歩けたよ~♪

スポンサードリンク

スポンサードリンク

PREV
室内の涼しい場所を探し求めてさまよう夏の犬
NEXT
わんこと行く軽井沢プリンスショッピングプラザ

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Comment

関連記事

散歩する犬

犬の拾い食いは叱っても取り上げても直らない!しつけのポイントは?

子犬なら多かれ少なかれ拾い食いをすると思いますが、ラブラドールレトリバーは元来の食いしん坊な気質も

記事を読む

クレートに入る子犬

生後3か月齢の子犬に落ち着きがでてきた

家庭の事情によりシオンを約2週間、ステイウォーカーさんのおうちで預かっていただいていました。 5月

記事を読む

人から離れられない子犬に家はくつろげる場所だと教えよう

シオンが家に来て3週間ちょっと。 生活にはだんだん慣れてきたと思いますが、シオンはとっても寂しがり

記事を読む

抱っこされる子犬

病院初体験 2回目のワクチン接種

4月16日 2回目のワクチン接種のため、動物病院に行きました。 この日は暖かくお天気も良

記事を読む

リーダーウォークができない理由は子犬に負けているから?

シオン地方では、2月も終盤になってくると寒いながらも日差しが強くなってきます。 そして、春を感じる

記事を読む

散歩する子犬

散歩デビューから2週間!子犬が外の世界に慣れるのには時間がかかる

ウェルシーがお散歩デビューをしてから約2週間が経とうとしています。 梅雨時なのですが、今のところ1

記事を読む

触られるのは嫌?体感受性が強い犬

体感受性というのは体への刺激に対する感じ方のことです。 シオンは、体に受ける刺激に対して敏感な方だ

記事を読む

S-14胎7回目のパピーレクチャー

10月9日は7回目のパピーレクチャーでした。 この日のレクチャーの内容は 障害物にチ

記事を読む

お友達かな? ヤモリと対面

この記事には爬虫類の画像があります。 苦手な方はご注意くださいね。 シオン~。 何

記事を読む

S-14胎1回目のパピーレクチャー

委託から2週間が経った4月10日 初めてのレクチャーがありました。 今回は母犬のサンゴち

記事を読む

ウェルシー仔CC犬
盲導犬とパピーウォーカー

日本盲導犬協会のボランティアや賛助会員に向けて、年4回発行されている

子犬生後約1か月
繁殖犬=嫌な言葉だ!可哀想?盲導犬繁殖犬の実態

ウェルシーは、2021年12月に富士ハーネスで2年振り、2回目の出産

眠る子犬たち
叱らない子育ては難しい!犬への接し方を子どもに応用してみた

明けましておめでとうございます。 わが家のウェルシーさん、子育て中の

眠る子犬
子犬生後3週間|世界がどんどん広がるよ

ウェルシーとトーマス君の子犬たちが生まれて3週間をちょっと過ぎた頃、

飼い主の顔を舐める犬
犬のマウンティングは叱らなきゃダメ?飼い主が取るべき対策とは?

愛犬のマウンティングに悩んでいる飼い主さんはいませんか? 犬がマウン

→もっと見る

  • follow us in feedly


    PAGE TOP ↑