甘噛みが激しかった子犬が穏やかな犬になりつつあるよ

公開日: : 第三話 シオン, 甘噛み 噛み

パパの腕はぼくのもの。

CIMG2383

えへへ

パパのお膝

大好き。

DSCF1513

ふぅ~。

眠くなってきたな~。

パパに身体を預けてべったり。

DSCF1515

小さい時から甘噛みが強かったシオンは、パパに対してのカミカミだけがなかなかやめられませんでした。

生後6か月を過ぎて、ようやくパパを噛まなくなってきましたが、まだたまにパパをカミカミしたくなる時があるようです。

そんな時は、一生懸命我慢していてパパに寄っていきません。

そして

ぼく、噛まないもん!

と自信があるとパパにくっついています。

だいぶ自分をコントロールできるようになってきたね。

CIMG2376

穏やかなときも、イライラしちゃうときもあるけれど、シオンが少しずつおとなになってきているのが感じられる生後7か月半ばです。

ゆっくりでいいよ。

シオンのペースで、ゆっくりおとなになろうね。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

PREV
子犬の心の成長を見守っていこう
NEXT
マイペースな子犬との散歩 まだまだ大変だぁ

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Comment

  1. すず より:

    ゆったり穏やかな良いお顔~。
    パパさんも、穏やかな優しい笑顔でシオン君を見つめているのだろうな、そんな風に感じるとても良い写真のオンパレードですね^^

    「自分をコントロールできるようになってきた」
    その子その子の気持ちを考えながら見守っているママさんの言葉に、いつも本当に学ばされています。

    人間の都合だけを押し付けて行動を命令するのではなく、ワンちゃん自身が「これはいけないんだな」と理解し、良くない行動を取らないように自分自身で考えて行動できるよう見守ることが大切ですよね。

    シオン君は年配の方に歯を当てなかったし、レクチャーのエスカレーターでも、リードを噛んで我慢し、訓練士さんには歯を当てなかったり、とてもよく頑張っていますね。

    今の子は、以前に少し書きましたがお散歩が苦手です。
    最初の頃は「何で私がこんなに頑張っているのに歩かないの!」と毎日イライラしていましたが、犬も頑張っている事に気付かされ、お散歩時の気持ちを変えたら、少しずつ歩けるように。

    今でもお散歩は好きではないので、メインお散歩は刺激の少ない真夜中です。日中は、お外の空気を吸いに行こう、くらいの気楽な気持ちで、日に数回ちょこちょこと家の近所を歩いています。

    基本的には穏やかな子ですが、ネコちゃんに対してはスイッチが入ってしまいます。吠えて追いかけようとした事もありました。
    今はスイッチの入りが緩やかになるように練習中。
    少しずつ、ネコちゃんを見ても突発的に追いかけようとすることがなくなってきました。

    尻尾が緊張したり、息遣いが変わったりはするのですが、吠えたり追いかけるのは、ぐっと我慢している様です。
    ダメな時もあるのですが、割合としては減ってきているので、スイッチが緩やかに→スイッチが入らなくなるようにを願って(笑)のんびり練習しています^^

    苦手なこと、それに対する行動、みんな様々ですね。
    そして、それに対処し、克服するのに要する時間も様々。
    ワンちゃんも一生懸命理解しようとして、頑張ってくれているのですよね。克服するには、心や体の成長も伴わないと対応できない事も沢山ありますよね。

    シオン君のペースでゆっくり大人になろうね。
    この言葉を噛み締めて、「シオン君」の部分を家の子に置き換えて、私もワンコと歩んでいこうと思います
    いつも本当に学ばされています。
    ありがとうございます。

    • gd.vol より:

      すずさん
      いつも温かいコメントをありがとうございます。

      私は犬を飼育したことが無く、犬については全く何も知りませんでした。
      犬を育ててみて初めて犬にも人間のように、複雑な心があることを知りました。
      そして、その犬にとって短くても大切な土台となる子犬時代を一緒に過ごすので、なるべく幼い心に寄添ってあげたいと思うようになりました。
      うまくいかないこともたくさんあるのですが、犬と一緒に成長していけたらと願っています。

      すずさんのわんちゃんも、猫ちゃんを追いかけたくなるのを頑張って我慢しているのですね。
      だんだん上手にやり過ごせることが多くなり、成長しているのですね。
      訓練士さんが言うには、わんこが頑張ったところを褒めるとやる気につながるそうなので、お互いに良い時をたくさん褒めてあげましょうね。

      すずさんとパートナーさんが、楽しい時間をたくさん共有できますように。

関連記事

2016 ボランティア夏祭り 富士ハーネス

7月30日に富士ハーネスで開催されたボランティア夏祭りに参加しました。 最初に、中庭にてPR犬

記事を読む

わんこの渦巻き

わんこのお尻って左右対称に毛が渦巻きになっていませんか? 可愛くて好きなんですよね。 つ

記事を読む

お散歩 犬に試されている?

昨日に続きお散歩のお話です。 ある日の朝、お散歩に行きました。 まだ6月ですが、晴れると

記事を読む

梅雨の晴れ間と雨の日と

ぼくの住む街も梅雨入りしたらしい。 梅雨入りして1週間くらい経つけど、毎日雨降りというわけでも

記事を読む

犬連れ軽井沢 紅葉の雲場池と旧軽井沢銀座

軽井沢(長野県)は避暑地として有名ですが、日差しが落ち着いた秋に訪れるのも良い場所です。 秋の軽井沢

記事を読む

犬とプールを体験 わんダフルネイチャーヴィレッジ

9月3日にパピーウォーカー仲間と一緒に、わんダフルネイチャーヴィレッジ(東京都)に行ってきました。

記事を読む

掃除機にじゃれつく子犬 最終ステージまであと一歩?

初めて掃除機を体験した時のパピーの様子はさまざまのようです。 シオンは、最初は爆音にびっくりしたも

記事を読む

他の動物に反応する犬 ここまで成長しました

小さい頃のシオンは、犬でも猫でも鳥でも、もちろん風に舞う葉っぱやゴミでも、動くものに対して条件反射の

記事を読む

ストライキ 寝るなんてやだ! 対策中

家族の夕食が終わりくつろぎタイムになると、人のお膝でまったり眠るシオンですが、人が寝るときに最後の排

記事を読む

ノーリードの犬に襲われるかと思ったよ

パピーウォーカーのみなさんは、パピーの排泄を済ませてからお散歩に出かけるかと思いますが、家やお庭など

記事を読む

立ってお乳を飲む子犬
母犬の子育ては合理的!お乳を立ち飲みさせる母犬

私たちは犬を飼育する経験すらパピーウォーカーが初めての経験でした。

眠る子犬
子犬生後1か月・生きていく知恵を学んでいく時期(備忘録)

ウェルシーは昨年(2019年)12月15日に初出産をしました。 子犬

無心に母乳を飲む子犬たち
子犬の出産から生後2週間の子育て(備忘録)

新年おめでとうございます。 ウェルシーは昨年(2019年)12月15

アリス、イズモ母子
ラブラドールレトリバーの毛色の遺伝 ブラック・チョコ・イエローはどう決まるの?

ウェルシーは、12月15日に子犬を出産しました。 父犬もイエローなの

ウェルシーと子犬たち
盲導犬繁殖犬ウェルシー初めての出産

12月の上旬に出産のため、富士ハーネスに里帰りしていたウェルシーは、1

→もっと見る

  • follow us in feedly
  • 2020年1月
    « 12月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
PAGE TOP ↑