甘噛みが激しかった子犬が穏やかな犬になりつつあるよ

公開日: : 第三話 シオン, 甘噛み 噛み

パパの腕はぼくのもの。

CIMG2383

えへへ

パパのお膝

大好き。

DSCF1513

ふぅ~。

眠くなってきたな~。

パパに身体を預けてべったり。

DSCF1515

小さい時から甘噛みが強かったシオンは、パパに対してのカミカミだけがなかなかやめられませんでした。

生後6か月を過ぎて、ようやくパパを噛まなくなってきましたが、まだたまにパパをカミカミしたくなる時があるようです。

そんな時は、一生懸命我慢していてパパに寄っていきません。

そして

ぼく、噛まないもん!

と自信があるとパパにくっついています。

だいぶ自分をコントロールできるようになってきたね。

CIMG2376

穏やかなときも、イライラしちゃうときもあるけれど、シオンが少しずつおとなになってきているのが感じられる生後7か月半ばです。

ゆっくりでいいよ。

シオンのペースで、ゆっくりおとなになろうね。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

PREV
子犬の心の成長を見守っていこう
NEXT
マイペースな子犬との散歩 まだまだ大変だぁ

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Comment

  1. すず より:

    ゆったり穏やかな良いお顔~。
    パパさんも、穏やかな優しい笑顔でシオン君を見つめているのだろうな、そんな風に感じるとても良い写真のオンパレードですね^^

    「自分をコントロールできるようになってきた」
    その子その子の気持ちを考えながら見守っているママさんの言葉に、いつも本当に学ばされています。

    人間の都合だけを押し付けて行動を命令するのではなく、ワンちゃん自身が「これはいけないんだな」と理解し、良くない行動を取らないように自分自身で考えて行動できるよう見守ることが大切ですよね。

    シオン君は年配の方に歯を当てなかったし、レクチャーのエスカレーターでも、リードを噛んで我慢し、訓練士さんには歯を当てなかったり、とてもよく頑張っていますね。

    今の子は、以前に少し書きましたがお散歩が苦手です。
    最初の頃は「何で私がこんなに頑張っているのに歩かないの!」と毎日イライラしていましたが、犬も頑張っている事に気付かされ、お散歩時の気持ちを変えたら、少しずつ歩けるように。

    今でもお散歩は好きではないので、メインお散歩は刺激の少ない真夜中です。日中は、お外の空気を吸いに行こう、くらいの気楽な気持ちで、日に数回ちょこちょこと家の近所を歩いています。

    基本的には穏やかな子ですが、ネコちゃんに対してはスイッチが入ってしまいます。吠えて追いかけようとした事もありました。
    今はスイッチの入りが緩やかになるように練習中。
    少しずつ、ネコちゃんを見ても突発的に追いかけようとすることがなくなってきました。

    尻尾が緊張したり、息遣いが変わったりはするのですが、吠えたり追いかけるのは、ぐっと我慢している様です。
    ダメな時もあるのですが、割合としては減ってきているので、スイッチが緩やかに→スイッチが入らなくなるようにを願って(笑)のんびり練習しています^^

    苦手なこと、それに対する行動、みんな様々ですね。
    そして、それに対処し、克服するのに要する時間も様々。
    ワンちゃんも一生懸命理解しようとして、頑張ってくれているのですよね。克服するには、心や体の成長も伴わないと対応できない事も沢山ありますよね。

    シオン君のペースでゆっくり大人になろうね。
    この言葉を噛み締めて、「シオン君」の部分を家の子に置き換えて、私もワンコと歩んでいこうと思います
    いつも本当に学ばされています。
    ありがとうございます。

    • gd.vol より:

      すずさん
      いつも温かいコメントをありがとうございます。

      私は犬を飼育したことが無く、犬については全く何も知りませんでした。
      犬を育ててみて初めて犬にも人間のように、複雑な心があることを知りました。
      そして、その犬にとって短くても大切な土台となる子犬時代を一緒に過ごすので、なるべく幼い心に寄添ってあげたいと思うようになりました。
      うまくいかないこともたくさんあるのですが、犬と一緒に成長していけたらと願っています。

      すずさんのわんちゃんも、猫ちゃんを追いかけたくなるのを頑張って我慢しているのですね。
      だんだん上手にやり過ごせることが多くなり、成長しているのですね。
      訓練士さんが言うには、わんこが頑張ったところを褒めるとやる気につながるそうなので、お互いに良い時をたくさん褒めてあげましょうね。

      すずさんとパートナーさんが、楽しい時間をたくさん共有できますように。

関連記事

盲導犬パピー 排泄の悩みそれぞれ

5回目のレクチャーの日、ゲームの後に「排泄のお悩み」座談会をしました。 パピーを迎えた日から毎

記事を読む

ごはんとハウス

生後3か月を過ぎてきて、最近シオンはケージの扉を開けたままでも、ごはんが来るのを待てるようになりまし

記事を読む

S-14胎8回目のパピーレクチャー

11月6日は8回目のパピーレクチャーでした。 レクチャーに関して、シオンには課題が2つあります

記事を読む

生後11か月のシオンへ

1月1日でシオンは生後11か月齢になりました。 体重は ここのところ、ほ

記事を読む

お散歩 リーダーウォークとカム

犬が飼い主から付かず離れず寄添って歩くことを「リーダーウォーク」と言います。 リードは張らず、

記事を読む

飛びつきとお出迎え

パパが帰宅すると玄関へお出迎え。 これもわが家のパピーたちの日課です。 小さい頃は

記事を読む

子犬のいたずらはいつまで続く?いたずらっこ卒業

最近夫が シオン、いいこになったな~。 とよく言っています。 どこがいいこ? だって、いたず

記事を読む

お散歩の悩みはストレスが原因かも?

シオンのお散歩の悩みはいろいろとあります。 なかなか治らないのですが、改善傾向にはあります。

記事を読む

夜鳴き大王 一人で眠れるかな? 特訓中

シオンの夜鳴きのその後の様子です。 夜鳴きは、最初の日と3日目がひどかったです。 訓練士

記事を読む

朝の日課 お見送り

パピーが家にいるときの夫の楽しみは、育てているパピーが玄関でお見送りやお迎えをしてくれること。

記事を読む

犬のふんを放置する飼い主さん!あなたはこんなに嫌われている

住宅地、特に都市部では犬の飼い主さんに求められるマナーが厳しくなってい

撫でると人の手を甘噛みしちゃう犬にはおもちゃを噛んでもらう

ウェルシーを連れて埼玉県の智光山公園(ちこうざんこうえん)に行きました

くつろぐ犬
下痢しちゃうし犬を太らせるのも難しい

ウェルシーの入所時の体重は22.4㎏でした。 繁殖犬になったウェルシ

座る犬
成犬なのにしかも他人様に甘噛みしちゃう犬

ウェルシーの課題として 甘噛みが治らない。 というのがあります。

座る犬
面倒見ているのは私なのに愛犬に嫌われ仲直りしたいです

私の友人はトイプードルを飼育しています。 名前はみかんちゃん。 ご

→もっと見る

  • follow us in feedly
  • 2019年5月
    « 4月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
PAGE TOP ↑