S-14胎3回目のパピーレクチャー

公開日: : 第三話 シオン, パピーレクチャー

6月19日

3回目のパピーレクチャーでした。

前回が5月8日だったので、1か月半ぶりの兄弟姉妹との再会でした。

久し振りの再会にわんこたちも大喜びです。

DSCF1109

DSCF1114

嬉しさを全身に現しつつも、落ち着いて挨拶をかわしていました。

みんな少しづつ大人になっていますね。

レクチャーの内容

  1. 夢中作りの確認
  2. Comeを教えよう
  3. イージーウォークハーネスを付けてみよう
  4. 犬のケア

でした。

夢中作りの確認

前回のレクチャーの時に、次回までに出来るようにしたいことを各自課題として持ち帰っていました。

シオンの課題はDownでした。

さて

出来るようになったかな?

DSCF1115

この日、シオンは順番が最後だったので、他の兄弟姉妹がパピーウォーカーさんと楽しく遊んでいるのを眺めながら

早くぼくもやりたいよ~!

と今か今かという感じで、自分の出番を待っていました。

なので自分の番になったら遊ぶ気満々でした。

シオンのノリが良かったので課題はDownでしたが、他のこともやってみることにしました。

少し引っ張りっこで遊んであげたら、シオンを座らせて待たせます。

DSCF1117

そのままシオンの周りをぐるりと1周。

動かないで座ったまま待てるかな?

DSCF1118

1周したところで、おもちゃを床に置いて

Down

と言ってみましたが、シオンったらそのままおもちゃを取ってしまってDownしてくれませんでした。

DSCF1119

しょうがないなあ~!!

OUTでおもちゃを返してもらって気を取り直して、リード付きの持って来いに変更。

おもちゃを投げます。

シオンOK!

DSCF1122

ママ~!

持ってきたよ~。

DSCF1123

Good~♪

DSCF1125

楽しくなってきたところで、もう一度Downに挑戦してみましょうかねっ。

シオン

DSCF1126

シオンの集中を取って、床におもちゃを置いて

Down

と言いました。

DSCF1127

お尻が上がっていたので、背中をポンポンと軽く叩きながら、もう一度Downと言ったら伏せてくれました。

ちょっと無理やり感がありましたが、なんとか課題を達成できました。

パピーたちは楽しい遊びの中で、人の言っていることを聞くことを学んでいくのですね。

シオンも

今度はなんて言うのかな?

と私によく集中してくれました。

他の仔がプレイしている時は待ち時間になりますが、以前に比べて落ち着いて待っていられる仔が増えていましたし、落ち着いていられる時間も長くなってきました。

みんな少しずつ成長しています。

Comeを教えよう

お散歩中に犬が何かに興味を持って、ダ~っと行ってしまうことってありますよね?

そんな時「Come」で呼び戻すのですが、リードの使い方にちょっとコツがあります。

犬が引っ張った時、リードが張れると思いますが、それをそのまま引っ張り返すのではなく、いったんゆるめてからチョンと引いて、犬が振り向いたところを「Come」と言いながら自分が下がっていくとハンドラーの方に来てくれます。

上手に来てくれたら、たくさん褒めてあげましょうね!

犬が理解してくると「Come」だけで来てくれるようになりますが、まだまだ時間はかかります。

ゆっくり練習していきます。

リードの使い方は文章で説明するのは難しいので、詳しく知りたい方はプロのトレーナーさんなどに相談することをお勧めします。

それぞれに犬役と人役に分かれて人で練習したあと、実際に自分のパピーで練習しました。

イージウォークハーネスをつけてみよう

DSCF1133

こんな形の引っ張り防止の胴輪です。

シオンは大丈夫でしたが、嫌がる仔もいるそうです。

今回は全頭貸し出しになりました。

シオン

お散歩上手になれるかな?

って、道具だけに頼っても無理ですよね。

最後に

犬のケア

耳掃除や、爪切り、肛門腺絞りなどをしてレクチャーは終了です。

おうちに帰ってきました。

今回も楽しいレクチャーだったね。

DSCF1138

ちょっと待て!!

寝るのはそこかいっ!

両手を腰に当てて、なんか偉そうじゃない?

でも、可愛いので許す!

【パピーウォーカー実践日記まとめ】子犬の委託から涙のお別れまで

スポンサードリンク

スポンサードリンク

PREV
犬に人と一緒に歩く楽しさを伝えたい
NEXT
お散歩 いろいろ体験中 風鈴だよ

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Comment

  1. ロとラのママ より:

    シオン、目覚ましく成長していますね~!
    人の声もちゃんと届いているし、一度ではしなかったとしても、
    「納得してやる」が育っている印象を受けます。
    留守番の時のハウスももう少しですね。
    うちの犬たちも、今は、こちらが出かける準備をしているとさっさとハウスしていますが、
    思えば1歳ちょっとまで、どこへ行くにも連れて行っていました。

    シオン、えらいぞ~!

    パパさんママさんが、一つずつ一つずつ丁寧に、あきらめずに続けているから
    シオンも迷わず成長していると思います。
    それにしても、ハンサム君だなあ。

    • gd.vol より:

      ロとラのママさん
      人でも犬でもこどもの成長は目覚ましいですね。
      ロとラの兄弟は、本当に一緒に生活して楽しいわんこに成長しましたね。
      シオンもゆっくりでいいので、心が成長してくれるといいなと思います。

      シオンとイズモは母犬違いの姉弟になりますが、イズモの同胎兄弟犬でインディーというイケメン君がいます。
      シオンはそのインディーに目元がちょっと似ています。
      なので、ハンサム犬の資質があるかも~♪

  2. ケインママ より:

    シオンくん、ママさん、
    レクチャーお疲れさまでした♪
    1カ月半ぶりの兄弟たち、みんなずいぶん成長したでしょう?
    他の皆さん注視の中で、ここまで披露できてすごいな〜
    5年前、ケインの時は全然ダメダメだったのを思い出します。
    今ならもうちょっとできそうな気が。。。んなことないか(笑)
    お家に帰ってくつろぎスタイルのシオンくん♪
    腰に両手を当てちゃって可愛いわ〜♡

    • gd.vol より:

      ケインママさん
      イズモとシオンは遊ぶのは得意分野ですね~。
      さすが姉弟だわ。

      遊ぶのが好きな仔って、目をキラキラさせて
      次は何やる?何やる?
      って言ってくれるので、人も楽しいです。
      シオンは
      ぼくがママと遊んでやってんだぜ!
      と思っていること間違い無しですが・・・(笑)
      おくつろぎの恰好もエラそうでしょ?

      ケインママさん、今ならどこの仔とも上手に遊べると思います^^

  3. サナ父ちゃん より:

    シオぴ~、取り組みが積極的だからなのか、覚えるの早いですね。
    それにしても、レクチャーのカリキュラム、進んでるなぁ…
    と、思います。

    サナの時、得意技の披露は入所直前だったような…

    あと、集合レクチャー形式もワンコ嬉しいみたいですから、楽しく覚えてくれますよね。
    人も情報交換できますしね。

    頑張れ!シオぴ~♪

    • gd.vol より:

      サナ父ちゃんさん
      シオンは遊ぶのが大好きですね。
      なので、楽しく遊びながら人の話を聞く姿勢を作っていけたらいいなと思います。

      DownやWait(お手も?)など、次までに何かできるように取り組みましょう。
      という宿題が出ていて、達成度の確認をしました。
      DownやWaitが出来ても出来なくても、パピーが人に集中できることが今は大切ですよね。
      家ではDownなどが出来ても、家とは違う環境では難しいです。
      そんな中、おもちゃではなく人を見て意識してくれるように持っていけたらいいなと思っています。

      レクチャーでは兄弟犬のパピーウォーカーさんと、情報の交換ができるのもありがたいですね。
      悩みは同じだったりしてホッとしたりとかね(^_-)

関連記事

犬に「放せ」を教えよう!おもちゃのアウト・オッケーの教え方2つのコツ

日本盲導犬協会では、パピーを迎えたら おもちゃを使ってたくさん遊んであげてくださいね。 とお願い

記事を読む

鎖があるから行けないよ?

障害物はどうする?子犬のコミュニケーション能力と考える力が育ってきた

シオンは生後11か月を過ぎました。 頭はまだまだお子ちゃまですが、身体はほぼ成犬と同じです。 頭

記事を読む

盲導犬パピー 排泄の悩みそれぞれ

5回目のレクチャーの日、ゲームの後に「排泄のお悩み」座談会をしました。 パピーを迎えた日から毎

記事を読む

生後8か月のシオンへ

暑かったり涼しかったり寒暖の差が大きい今日この頃ですが、ふと薫るこの香りは・・・。 秋ですね。

記事を読む

おもちゃを咥えて歩く子犬

いたずらっ子のわけは不安で落ち着かないから

パピーの委託前に、子犬は何にでも興味を示し齧って家具などを破壊したり、口に入るものを何でも食べてしま

記事を読む

T-13胎8回目最後のパピーレクチャー

11月21日 8回目のパピーレクチャーでした。 今回の内容は 犬が自らカラーに

記事を読む

W-15胎 6回目のパピーレクチャー

12月16日 パピーレクチャーがありました。 W15胎のレクチャーは17日だったのですが

記事を読む

掃除機にじゃれつく子犬|最終ステージまであと一歩?

初めて掃除機を体験した時のパピーの様子はさまざまのようです。 シオンは、最初は爆音にびっくりしたも

記事を読む

来客は子犬の社会化のチャンス!赤ちゃん連れの来客

日頃来客の少ないわが家に、お客さんが来ることになりました。 家に知らない人が来るというのは、パピー

記事を読む

盲導犬ユーザーさんのお話を聞いてきました

2月5日、来月入所を控えたS-14胎のパピーとパピーウォーカーさん達が、訓練センターに集合しました。

記事を読む

ロープで遊ぶ子犬
犬と楽しく遊ぶ方法!犬とは全力で向き合おう

ウェルシーは5歳ですが、遊ぶのはパピーの頃から大好きです。 お散歩の

伏せる犬
犬のしつけ「無視」はイジメ?無視の方法と犬を無視することが効果的な場面

犬のしつけの方法の中で「犬を無視する」というものがあります。 好まし

散歩する犬
犬を吠えさせる飼い主は犬が可哀想だと思わないのかな?

犬は吠える生き物です。 なので、犬が吠えるのは自然なことで問題行動で

座る犬
犬がよだれをポタポタ垂らしているけど大丈夫?病気の心配は?

ある日、これといった理由も見当たらないのに、ウェルシーがよだれをポタ

横顔ラブラドールレトリバー
犬の飼い主あるある?うちの犬は自分のことを人間だと思っている!それって問題なの?

昭和の頃の犬は外飼いで、その役割は番犬でした。 知らない人が来ても吠

→もっと見る

  • follow us in feedly


    PAGE TOP ↑