人とコミュニケーションが取れる犬になってきた

公開日: : 第三話 シオン, 散歩

わんことコミュニケーションが取れるようになってくると、犬との暮らしが楽しくなりますね。

人の言葉を話せない犬は、いろいろなボディランゲージを使って、自分の気持ちを表現します。

犬とコミュニケーションを取るポイント

犬の目線に近づく

犬とコミュニケーションを取るときは、しゃがむなどして犬の目線に近づいてあげます。

一般に動物の「目を合わせる」は「敵意」ですが、犬はコミュニケーションを取ろうとするときも(敵意でも目を合わせてきます)人に目を合わせてくるので、笑顔で応えてあげるようにしています。

犬は人の表情も理解するので、笑顔は好意だということも理解します。

褒める

人にとって好ましい行動を笑顔で褒めていきます。

褒められる喜びを知ると、犬はどうしたら人に褒められるのか考えて行動するようになっていきます。

犬の言い分も聞いてあげる

犬にも心があります。

こうしたい。

これは嫌。

という主張をすることもあります。

それが人にとって好ましくないこともありますが、全面的に否定せず犬の気持ちを考えながら、犬の心を満たしていくように心がけています。

散歩中「どうする?」と聞いてくれました

盲導犬のお仕事のひとつに

「段差を教える」

というのがあります。

ある日シオンとお散歩をしていると、歩道橋の手前で

ママちゃん、段差だよ。

ピタッ!

CIMG4719

うそです。

シオンがわかっていて止まっているわけではありません。

私より少し前を歩いていたので、歩道橋をのぼるのだろうと予測し、止まって待ってくれただけです。

でも、そのしぐさがあまりにも盲導犬みたいだったので、写真を撮ろうと思ってカメラを向けたらこちらを見てくれました。

CIMG4720

多分

どうしたの?

早く行こうよ。

と言っているのだと思いますが、私が

すごいね~!

シオン、盲導犬みたい!!

かっこいい~~!!

と思いきり褒めたら

笑った♪

CIMG4721

教えていることができるようになったという訳ではないので、褒めるシーンではないのでしょうが

歩道橋をのぼるんだろうな。

とシオンが思った時に

のぼる?

どうする?

という感じで止まってくれて、人に褒められると嬉しいと思ってくれて

コミュニケーションが取れるようになってきたんだな~。

と成長を感じました。

まとめのようなもの

小さい頃のシオンは、気に入らないと飛びつく、噛むなどの方法でしか自分の気持ちを表現できない仔でした。

人も辛かったですが、シオンも自分の気持ちが人に伝わらず、苦しかっただろうと思います。

シオンの場合は、シオンの目線に立ち、人がシオンの気持ちに寄り添っていくことで、だんだんコミュニケーションが取れる犬に成長してきたと思います。

犬とコミュニケーションが取れるようになると、犬との暮らしが楽しいですね。

ぜひ「うちのこ」に合う方法を見つけ、愛犬とコミュニケーションを取っていきましょう。

人の努力が必要です♪

【パピーウォーカー実践日記まとめ】子犬の委託から涙のお別れまで

スポンサードリンク

スポンサードリンク

PREV
犬のお散歩バッグ 中に何を入れている?
NEXT
生後12か月のシオンへ

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Comment

  1. miko より:

    シオンくんえら〜い!!
    こんな風にコミュニケーションが取れると嬉しいですよね〜。
    この笑顔は抱きしめたくなりますね〜♪

    • gd.vol より:

      mikoさん
      シオンがコミュニケーションを取ろうとしているんだな~。
      と感じることが増えてきました。
      人の言葉が話せないのでもどかしいでしょうね。
      心が通じたように感じると、犬もいい顔になるのでしょうね。
      そんな瞬間がとても可愛いです。

  2. コスモママ より:

    こんにちは〜^_^
    シオン君やったね!
    ボク落ち着いて階段上がり下がり出来たよ(^o^)/
    と言ってもいい位上手‼︎
    道路歩道橋の上り下りって隙間があったり金属製だったりするので苦手な子もいますがシオン君
    グッド‼︎
    ポチたま放送見たのですが、エレベーター上り下りトレーニングしたので自信が付いたんでしょうね。それと話がそれますがシオン君兄妹が皆んなそっくりでとても可愛かったです❣️
    最近のシオン君はドキドキハラハラも少なくなり一歩立ち止まり周りを見渡せる余裕がでてきてお兄さんになってきたと思います。
    来月からは梅の香りを楽しみながらのお散歩ですね。

    • gd.vol より:

      コスモママさん
      こんにちは♪
      ツムギとあまりにも違うキャラに、びっくりドキドキハラハラの第三話も楽しんでいただいて嬉しいです。

      歩道橋も少しずつ人を意識して昇降できるようになってきました。
      シオンの中にも、少しずつ余裕が出来てきたのでしょうね。

      梅の花が咲きはじめますね。
      色の少ない街に、少しずつ春色が乗ってきますね。

  3. サナ父ちゃん より:

    笑顔、いいですね♪
    精神的に充実してる感じでシオン君も楽しそう♪

    パピーウォーカーしてて一番、達成感を感じるところかも知れませんね。

    • gd.vol より:

      サナ父ちゃんさん
      委託当初のパピーは小さいだけで可愛いのですが、可愛いのは見た目だけで、本当に可愛いと感じるのは大きくなってきてからですね。
      コミュニケーションが取れるようになってくると、可愛さもひとしおです。

関連記事

ごはんだよ。OKと言われるのを待つ子犬

ハウスが嫌いな子犬はごはんでも釣れない!ハウストレーニング苦戦中

日本盲導犬協会では、夜間や留守番時など、人が目を離すときは犬をケージに入れるように指導しています。

記事を読む

生後5か月のシオンへ

7月1日でシオンは生後5か月齢になりました。 体重は16.3㎏になりました。 委託される

記事を読む

入所から2週間 オレ様は元気だぜ!

シオンが神奈川訓練センターに入所して2週間が経ち どうしているかしら~? なんて思ってい

記事を読む

子犬特有の好奇心を安全に配慮しながら満たしてあげよう!お部屋探検 

これは委託2日目の様子です。 ねんね起っきしてワンもしたし そうだ! お部屋を探検しよう~!

記事を読む

犬は優しく撫でてもらうのが好き 子供との触れ合い

公園に河津桜の花を見に行った私達ですが、公園にはたくさんの人が訪れていました。 家族連れもたく

記事を読む

やっぱりパパのお膝が好き

この夏、シオンはパパのお膝にほとんど行きませんでした。 暑いのにもかかわらず、私の膝には来てい

記事を読む

掃除機にじゃれつく子犬 その後

シオンは委託当初から掃除機を怖がらなかったので助かりましたが、掃除機が大きなおもちゃになってしまいま

記事を読む

仲良く眠る犬と飼い主

1歳1か月過ぎ まだまだパピーだなと思うとき

シオンと河原の遊歩道を散歩しました。 ここはジョギングの人はいますが、車が入らないのでゆったり

記事を読む

他の動物に反応する犬 ここまで成長しました

小さい頃のシオンは、犬でも猫でも鳥でも、もちろん風に舞う葉っぱやゴミでも、動くものに対して条件反射の

記事を読む

犬も人もリラックスタイム わんこマッサージ

先日、盲導犬ユーザーさんによる犬のマッサージの講習がありました。 参加したかったのですが、日程

記事を読む

おもちゃを咥えて歩く子犬
子犬が人の足を噛んでくるのはなぜ?私は普通に歩いているだけなのに

普通に部屋の中を歩いているだけなのに、あるいは普通にお散歩をしている

抱っこされる犬
犬の肉球は何のためにあるの?役割と構造は?弱点もあるよ

犬の肉球って、ぷにぷにしていて可愛くて、ちょっと香ばしかったりして、

枝垂桜と犬
犬連れ桜の飯綱山公園歴史の広場(富士見城跡)優美な小諸八重紅枝垂を楽しもう

ウェルシーだよ♪ 長野県の「飯綱山公園歴史の広場」に連れて行ってもら

大手門
犬連れ小諸城址「懐古園」城下町より低い場所に築かれた穴城

ウェルシーだよ♪ 長野県にある「小諸城址懐古園」に連れて行ってもらっ

ドッグフードが気になる子犬
ドッグフードの選び方|正しい知識を身に着けてドッグフードを選ぼう

私たちの場合は、盲導犬協会の犬なのでフードは協会から指定されたものを

→もっと見る

  • follow us in feedly


    PAGE TOP ↑