生後12か月のシオンへ

公開日: : 第三話 シオン

2月1日

S-14胎の1歳の誕生日です。

CIMG0334

委託式の日、みんな小さかったですね。

シオンは、ラルゴパパとサンゴママの間に、6頭兄弟姉妹の第1番目の仔として生まれました。

  • 好奇心と探究心が強くてやんちゃ。
  • いたずら大好き。
  • 元気でタフで活発で、ストレートな感情表現は人間の典型的な男の子のキャラ。
  • ちょっとビビリで、不安やイライラを感じやすいところも、案外男の子?

キーワードは「落ち着き」

家に来た頃のシオンは、しょぼ顔のときが多くて身体や顔に力が入り、なかなかリラックスしてくれませんでした。

夜鳴きがひどかったのも不安だからで、家の中の物をいたずらするのも不安だったからです。

まっすぐで素直なところがあるので、この仔は落ち着ければすごくいい仔に育つだろうと思いました。

そこで「落ち着き」を合言葉に、シオンが安心してゆったり暮らしていけるように、夫と二人で考えていきました。

家の中で落ち着けるようになるまではそれほどかかりませんでしたが、刺激の多い外はなかなか大変でした。

車の音や、民家の扉の開け閉めの音、走り去る自転車やバイクなど、なんでもないような日常の景色や音にいちいち驚きパニックになり、走り回ったりリードを噛んだり人に飛びついて服や腕を噛んだりしました。

散歩は静かな住宅地から、時間をかけて慎重に行動範囲を広げました。

今でも興奮すると口が出たり、不安だと落ち着かなくなったりという、幼い頃の面影は残っていますが、生活の中で気になるほどのものではなくなりました。

今後、何かのきっかけでフラッシュバックしなければいいなあ。

というのが少しだけ気がかりです。

賢い犬

良くも悪くも「賢い」という資質を持っているので、扱いが難しい仔だと思いました。

賢さが悪い方向に伸びると

  • 人によって態度を変える。
  • 自分が優位に立てる方向へ持って行く。

などの形になって出ます。

幼い頃はこの傾向がとても強かったです。

良い方向に伸びてくれると

  • 人が何を望んでいるのか考えて行動する。
  • 人と一緒に楽しく暮らすためには、自分はどう振る舞うべきなのか考えて行動する。

などの形になって出ます。

どちらの方向にでも伸びる芽を持っていると思いますが、素直なシオンなので、今は人と一緒に楽しく暮らすことを選んでくれる方へ伸びていると感じています。

残り40日

盲導犬の候補犬として生まれてきたシオンですが、幼い頃は盲導犬になるとかならないとかいう以前に、お婿に行けるんだろうか?と心配しました。

このままでは「噛み犬」と言われてしまうよ~。

と悩んだりしましたが、心が安定してきましたし、一緒にいて楽しい犬に成長してきました。

盲導犬になるかならないかは、シオンが訓練士さんと相談して決めることなので、こちらの範疇ではありません。

今は、この仔ならどこに行っても可愛がってもらえるだろうと、パピーウォーカーとして自信を持って送り出せそうです。

CIMG4774

ここからは、日に日に伸びていく日差しのある時間を慈しみながら、ゆったり伸び伸びシオンとの生活を楽しんでいきます。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

PREV
人とコミュニケーションが取れる犬になってきた
NEXT
留守番は苦手なの!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Comment

  1. ケインママ より:

    シオンくん、S胎のみなさん、
    お誕生日おめでとうございます♪
    委託式の日はこんなにパピパピちゃんだったのですね〜♡
    小さい頃はカミカミ癖もあって色々心配もあったと思いますが、今ではちゃんと成長して、素直な良い子に育ちましたね。
    可愛いパピパピ期もいいけれど、これからの落ち着いたワンコライフも楽しくなりそうですね♪

    • gd.vol より:

      ケインママさん
      ありがとうございます。
      パピーウォーキングでは、毎回パピーに教えられることが多く、犬を育てているつもりが、いつの間に自分が育てられています。
      シオンとも、もうしばらく楽しい時間を過ごしていきますね。

  2. miko より:

    1歳おめでとうございます!
    シオンくん。
    委託当初の頃から随分と大人になったシオンくんですね〜^^
    成長とともに噛み噛みもパニックになることもなくなってきて
    きっとママさんパパさんの「落ち着き」というテーマのもと
    愛情いっぱい取り組まれた結果なのでしょうね〜。
    どこに行っても可愛がられる子であるのは間違いないですね〜^^

    今日はママさんパパさんと楽しい素敵なお誕生日でありますように♪

    • gd.vol より:

      mikoさん
      お互いにパピーの成長を祝える誕生日になって嬉しいですね。
      パピーの成長には、学ぶことが多いですね。
      これからの時間も、シオンと一緒に楽しく過ごしていきますね。

  3. サナ父ちゃん より:

    シオン君、お誕生日おめでとうございます♪

    もう、すっかり好青年ですね…

    誰かを幸せにできる仔、みんなから愛されて幸せになれる仔となって欲しいですね…

    • gd.vol より:

      サナ父ちゃんさん
      ありがとうございます。

      委託当初は、扱いが難しい仔だと感じどうなることかと思いました。
      訓練士さんのご指導や、多くのボランティア仲間の励ましに支えられ、なんとかここまで育ってくれました。

      この先も、人に愛され人を幸せにしてくれる仔になってほしいです。

  4. I君母 より:

    遅れてごめんなさい。
    シオン君 お誕生日おめでとうございます (^O^)

    大人になったのね~ でも可愛らしさはパピパピの頃と変わらないね。
    1歳のシオン君も健康で楽しく過ごしてね。。。

    ウーノ、体重25kg超えました(・・;)
    シオン君より重いかも?
    ちょっとポッチャリです(笑)

    • gd.vol より:

      I君母さん
      ありがとうございます。
      無事に誕生日を迎えられること、喜ばしいことですね。

      見た目はおとなになっても、まだまだ中身はこどもっぽいです。
      シオンの体重は25㎏くらいです。
      もう、そこから増えないですね。
      ウエストが締まって、成犬っぽくいい感じになってきましたよ。
      ハルクパパが大きいし、ウーノ君、大きくなりそうですね。

関連記事

生後5か月のシオンへ

7月1日でシオンは生後5か月齢になりました。 体重は16.3㎏になりました。 委託される

記事を読む

楽しそうに人を見上げる子犬

子犬は褒められて伸びる!褒めて~と言っているのを見逃さないように

シオンはお散歩が大変な仔でしたが、生後8か月を過ぎてきて、だんだん人と一緒に楽しく歩けることが多くな

記事を読む

子犬特有の好奇心を安全に配慮しながら満たしてあげよう!お部屋探検 

これは委託2日目の様子です。 ねんね起っきしてワンもしたし そうだ! お部屋を探検しよう~!

記事を読む

S-14胎6回目のパピーレクチャー~シオンの片思い~

9月11日、6回目のパピーレクチャーでした。 初めに、それぞれのパピーウォーカーさんがお散歩の悩み

記事を読む

初めてのシャンプー

3回目のワクチンが終わって10日程度経つと、土や草の上などのお散歩も解禁になり、シャンプーも解禁にな

記事を読む

甘える子犬

体表腫瘤が完治しました

10月の上旬ごろ、シオンの左の太ももにポツッとしこりのようなものが出来ているのを発見しました。

記事を読む

赤ちゃんがやってきた!賢い犬はどう対応する?

夏に遊びに来てくれた赤ちゃん連れのお客様が、久しぶりに遊びに来てくれました。 そのとき、赤ちゃん1

記事を読む

お散歩 小型犬に吠えられちゃったね

シオンと一緒にお散歩に行きました。 家を出るとタッタカタッタカ歩きます。 これは

記事を読む

夏のアイテム

蒸し暑い季節になってきましたね。 今日は雨降りで涼しいのですが、シオン地方の夏の暑さはなかなか

記事を読む

お友達かな? ヤモリと対面

この記事には爬虫類の画像があります。 苦手な方はご注意くださいね。 シオン~。 何

記事を読む

ロープで遊ぶ子犬
犬と楽しく遊ぶ方法!犬とは全力で向き合おう

ウェルシーは5歳ですが、遊ぶのはパピーの頃から大好きです。 お散歩の

伏せる犬
犬のしつけ「無視」はイジメ?無視の方法と犬を無視することが効果的な場面

犬のしつけの方法の中で「犬を無視する」というものがあります。 好まし

散歩する犬
犬を吠えさせる飼い主は犬が可哀想だと思わないのかな?

犬は吠える生き物です。 なので、犬が吠えるのは自然なことで問題行動で

座る犬
犬がよだれをポタポタ垂らしているけど大丈夫?病気の心配は?

ある日、これといった理由も見当たらないのに、ウェルシーがよだれをポタ

横顔ラブラドールレトリバー
犬の飼い主あるある?うちの犬は自分のことを人間だと思っている!それって問題なの?

昭和の頃の犬は外飼いで、その役割は番犬でした。 知らない人が来ても吠

→もっと見る

  • follow us in feedly


    PAGE TOP ↑