生後9か月のシオンへ

公開日: : 第三話 シオン

11月1日でシオンは生後9か月齢になりました。

体重は25㎏になりました。

ここまで見てきて感じるシオンの性格は

好奇心や冒険心が強く、物怖じせず新しいものに興味津々なので、石橋を叩きもせず勢いで渡ります。

楽しかったり、何でもない場合にはわ~い!で終わるので、問題ありません。

しかし渡ってしまってから、そこで受けた刺激が怖かったり強かったりすると

びっくりしたよ~!

怖かったよ~!

とパニックになる怖がりなところもあります。

ここは委託当初から変わりません。

ただ、経験値が増えてきているので、パニックになることは少なくなりましたし、平常心に戻るのも早くなりました。

CIMG3286

いつかシオンのことを「ひとりドラえもん」と書きました。

こちら→生後7か月のシオンへ

その中で、最近はジャイアンの部分が薄くなってきたように感じます。

家に来た頃は、優位性が強く自己主張が強くて「オレ様」な印象でしたが、だいぶ聞きわけがいい仔になってきました。

シオンの中からジャイアンが消えたのではなく

自分~!

自分~!

と言っていたら、楽しく暮らしていけないことに気付いたのだと思います。

シオンのようなタイプの仔には、多分人がしっかりリーダーシップをとることが必要なんだと思います。

しかし、のび太のように気弱な部分もある仔なので、威圧的な態度や力で屈服させるような方法は馴染みません。

シオンはどこまで許されるのか人を試してきますから、ここからは「NO」という一線を決めて、ブレない対応が大切になってきます。

誰でもいつでも同じ対応。

これはとても難しく、二人で話し合い試行錯誤しながら日々を過ごしてきました。

もちろん、人の言い分ばかり通そうとしては犬だって辛くなりますから、犬の言い分も聞いてあげます。

言い分を聞く

言いなりになる

は違うので、人にとってはそこが頭の使いどころになっています。

CIMG3389

シオンは名前への反応が良く、集中力もあり、コマンドがよく入ります。

そこが良いところなので、伸ばしてあげられたらいいなと思っています。

これからも楽しい時間の中で、引き続きいろいろな体験をさせてあげたいと思います。

シオン

毎日の生活が楽しくなってきたよね。

DSCF1656

最近の悩みは、兄弟犬への執着が強くなってきたこと。

レクチャーで兄弟姉妹に会うと、絡みたくてヒーヒー言うんですよね。

待ち時間などに興奮で吠えるので、どうしたら頭を冷やせるのかなあ~?

とお悩み中です。

お散歩中の他犬は、まあまあ無難にやり過ごせるんですけどね。

関連記事→生後8か月のシオンへ

スポンサードリンク

スポンサードリンク

PREV
富士ハーネス10周年記念イベント
NEXT
甘噛みをしなくなったら安心して甘えられるようになったね

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Comment

  1. サナ父ちゃん より:

    シオン君も9ヵ月なんですね…
    早い…

    面構えも男子らしく、精悍になったように思います。

    でもまだ9ヵ月。
    お子ちゃまなところがあってもまだまだ大丈夫かなぁ、と。

    さくまつりにはたくさんの現役盲導犬がいましたが、みんな他のワンコとすれ違えばきちんとごあいさつしてましたし(笑)、サナの妹、ソニアは思い出してくれたのか、カミさんの肩にひょい!と前足載っけて、顔ペロペロして、当事の訓練士さんに怒られたりしてました(笑)。

    直らないところは多分、どの仔にもあるんでしょうね。

    パピーウォーカーの役割って、ついいろいろ矯正に力を入れてしまいがちなんですが、人と一緒にいることが楽しいんだよ、って伝えることを忘れないようにしたいですよね。

    • gd.vol より:

      サナ父ちゃんさん
      ようやく、パパを噛まない自信とか、外はいろいろなことがあるけど、過剰に怖がる必要はないんだなということがわかってきて、自分に自信がついてきたみたいです。
      顔も穏やかだったり、安定した表情が増えてきました。

      パピーウォーカーは、パピーに
      人と一緒にいると楽しいということ。
      そして、自分を取り巻く世界は楽しいんだよとパピーに伝えること。
      そこが最重要ですよね。

      あっという間に9か月齢になりましたが、シオンとの毎日をたくさん楽しんでいきますね。

関連記事

ごはんとハウス

生後3か月を過ぎてきて、最近シオンはケージの扉を開けたままでも、ごはんが来るのを待てるようになりまし

記事を読む

冬晴れの散歩

シオン地方の冬は晴天率が高いです。 晴れて乾燥して 山の向こうは雪なんだろうな~。

記事を読む

ごはんタイムにできる子犬のしつけ

毎日のごはんはわんこの楽しみですね。 ごはんは毎日のことなので、その都度犬にいろいろなしつけをする

記事を読む

ノーリードの犬に襲われるかと思ったよ

パピーウォーカーのみなさんは、パピーの排泄を済ませてからお散歩に出かけるかと思いますが、家やお庭など

記事を読む

生後6か月のシオンへ

8月1日でシオンは生後6か月になりました。 体重は7月30日の夏祭りの日に富士ハーネスで測った

記事を読む

ホームセンターでカート初体験

シオンを預かっていただく前のある日、まだお散歩デビューをする前の一コマです。 シオンを連れてホ

記事を読む

体表腫瘤 完治しました

10月の上旬ごろ、シオンの左の太ももにポツッとしこりのようなものが出来ているのを発見しました。

記事を読む

他の動物に反応する犬 ここまで成長しました

小さい頃のシオンは、犬でも猫でも鳥でも、もちろん風に舞う葉っぱやゴミでも、動くものに対して条件反射の

記事を読む

パパさんの幸せな日々が復活 甘えん坊の抱っこ犬が戻ってきたよ

生後5か月を過ぎてもパパさんへの甘噛みがやめられなかったシオン。 訓練士さんのご指導で、噛んだ

記事を読む

お散歩の課題 引っ張らないで歩く

シオンがお散歩デビューをして1か月ちょっとが経ちました。 だんだんと外が楽しいと思えるようにな

記事を読む

伏せる犬
チャイムが鳴ると吠える犬

ウェルシーは委託された頃から何かと吠える仔でした。 要求、興奮、警戒な

犬のふんを放置する飼い主さん!あなたはこんなに嫌われている

住宅地、特に都市部では犬の飼い主さんに求められるマナーが厳しくなってい

撫でると人の手を甘噛みしちゃう犬にはおもちゃを噛んでもらう

ウェルシーを連れて埼玉県の智光山公園(ちこうざんこうえん)に行きました

くつろぐ犬
下痢しちゃうし犬を太らせるのも難しい

ウェルシーの入所時の体重は22.4㎏でした。 繁殖犬になったウェルシ

座る犬
成犬なのにしかも他人様に甘噛みしちゃう犬

ウェルシーの課題として 甘噛みが治らない。 というのがあります。

→もっと見る

  • follow us in feedly
PAGE TOP ↑