生後9か月のシオンへ

公開日: : 第三話 シオン

11月1日でシオンは生後9か月齢になりました。

体重は25㎏になりました。

ここまで見てきて感じるシオンの性格は

好奇心や冒険心が強く、物怖じせず新しいものに興味津々なので、石橋を叩きもせず勢いで渡ります。

楽しかったり、何でもない場合にはわ~い!で終わるので、問題ありません。

しかし渡ってしまってから、そこで受けた刺激が怖かったり強かったりすると

びっくりしたよ~!

怖かったよ~!

とパニックになる怖がりなところもあります。

ここは委託当初から変わりません。

ただ、経験値が増えてきているので、パニックになることは少なくなりましたし、平常心に戻るのも早くなりました。

CIMG3286

いつかシオンのことを「ひとりドラえもん」と書きました。

こちら→生後7か月のシオンへ

その中で、最近はジャイアンの部分が薄くなってきたように感じます。

家に来た頃は、優位性が強く自己主張が強くて「オレ様」な印象でしたが、だいぶ聞きわけがいい仔になってきました。

シオンの中からジャイアンが消えたのではなく

自分~!

自分~!

と言っていたら、楽しく暮らしていけないことに気付いたのだと思います。

シオンのようなタイプの仔には、多分人がしっかりリーダーシップをとることが必要なんだと思います。

しかし、のび太のように気弱な部分もある仔なので、威圧的な態度や力で屈服させるような方法は馴染みません。

シオンはどこまで許されるのか人を試してきますから、ここからは「NO」という一線を決めて、ブレない対応が大切になってきます。

誰でもいつでも同じ対応。

これはとても難しく、二人で話し合い試行錯誤しながら日々を過ごしてきました。

もちろん、人の言い分ばかり通そうとしては犬だって辛くなりますから、犬の言い分も聞いてあげます。

言い分を聞く

言いなりになる

は違うので、人にとってはそこが頭の使いどころになっています。

CIMG3389

シオンは名前への反応が良く、集中力もあり、コマンドがよく入ります。

そこが良いところなので、伸ばしてあげられたらいいなと思っています。

これからも楽しい時間の中で、引き続きいろいろな体験をさせてあげたいと思います。

シオン

毎日の生活が楽しくなってきたよね。

DSCF1656

最近の悩みは、兄弟犬への執着が強くなってきたこと。

レクチャーで兄弟姉妹に会うと、絡みたくてヒーヒー言うんですよね。

待ち時間などに興奮で吠えるので、どうしたら頭を冷やせるのかなあ~?

とお悩み中です。

お散歩中の他犬は、まあまあ無難にやり過ごせるんですけどね。

関連記事→生後8か月のシオンへ

スポンサードリンク

スポンサードリンク

PREV
富士ハーネス10周年記念イベント
NEXT
甘噛みをしなくなったら安心して甘えられるようになったね

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Comment

  1. サナ父ちゃん より:

    シオン君も9ヵ月なんですね…
    早い…

    面構えも男子らしく、精悍になったように思います。

    でもまだ9ヵ月。
    お子ちゃまなところがあってもまだまだ大丈夫かなぁ、と。

    さくまつりにはたくさんの現役盲導犬がいましたが、みんな他のワンコとすれ違えばきちんとごあいさつしてましたし(笑)、サナの妹、ソニアは思い出してくれたのか、カミさんの肩にひょい!と前足載っけて、顔ペロペロして、当事の訓練士さんに怒られたりしてました(笑)。

    直らないところは多分、どの仔にもあるんでしょうね。

    パピーウォーカーの役割って、ついいろいろ矯正に力を入れてしまいがちなんですが、人と一緒にいることが楽しいんだよ、って伝えることを忘れないようにしたいですよね。

    • gd.vol より:

      サナ父ちゃんさん
      ようやく、パパを噛まない自信とか、外はいろいろなことがあるけど、過剰に怖がる必要はないんだなということがわかってきて、自分に自信がついてきたみたいです。
      顔も穏やかだったり、安定した表情が増えてきました。

      パピーウォーカーは、パピーに
      人と一緒にいると楽しいということ。
      そして、自分を取り巻く世界は楽しいんだよとパピーに伝えること。
      そこが最重要ですよね。

      あっという間に9か月齢になりましたが、シオンとの毎日をたくさん楽しんでいきますね。

関連記事

ごはんタイムにできる子犬のしつけ

毎日のごはんはわんこの楽しみですね。 ごはんは毎日のことなので、その都度犬にいろいろなしつけをする

記事を読む

S-14胎8回目のパピーレクチャー

11月6日は8回目のパピーレクチャーでした。 レクチャーに関して、シオンには課題が2つあります

記事を読む

馬に学びたいおとなの対応|馬のボディランゲージを読み取ってみた

小さな牧場に行ったときのことです。 周囲をお散歩しました。 柵の向こうに馬がいるので、やたらと気

記事を読む

河津桜の散歩道

まだまだ風が冷たく、寒い日も多いシオン地方ですが、週末はご褒美のようにポカポカの春の陽気になりました

記事を読む

S-14胎7回目のパピーレクチャー

10月9日は7回目のパピーレクチャーでした。 この日のレクチャーの内容は 障害物にチ

記事を読む

生後3か月齢 落ち着きがでてきた

家庭の事情によりシオンを約2週間、ステイウォーカーさんのおうちで預かっていただいていました。

記事を読む

夜寝るときにケージに入るのを拒否!排泄も拒否する犬

夜、人が寝る前にシオンに最後の排泄をさせるのですが、ちょっと前まで仰向けになって駄々をこねていました

記事を読む

要求があるとじっと見つめてくる犬の視線が痛いです

シオンは何かお願いがあるときは、人の顔をじ~っと見つめてきます。 小さい頃は「要求吠え」というワザ

記事を読む

お散歩 小型犬に吠えられちゃったね

シオンと一緒にお散歩に行きました。 家を出るとタッタカタッタカ歩きます。 これは

記事を読む

子犬の成長は嬉しくもあり寂しくもあり!車に飛び乗るときのエピソード

小さい頃のシオンはクレートが苦手だったので、長時間のドライブのときは足元に乗せていました。 車に飛び

記事を読む

おもちゃを咥えて歩く子犬
子犬が人の足を噛んでくるのはなぜ?私は普通に歩いているだけなのに

普通に部屋の中を歩いているだけなのに、あるいは普通にお散歩をしている

抱っこされる犬
犬の肉球は何のためにあるの?役割と構造は?弱点もあるよ

犬の肉球って、ぷにぷにしていて可愛くて、ちょっと香ばしかったりして、

枝垂桜と犬
犬連れ桜の飯綱山公園歴史の広場(富士見城跡)優美な小諸八重紅枝垂を楽しもう

ウェルシーだよ♪ 長野県の「飯綱山公園歴史の広場」に連れて行ってもら

大手門
犬連れ小諸城址「懐古園」城下町より低い場所に築かれた穴城

ウェルシーだよ♪ 長野県にある「小諸城址懐古園」に連れて行ってもらっ

ドッグフードが気になる子犬
ドッグフードの選び方|正しい知識を身に着けてドッグフードを選ぼう

私たちの場合は、盲導犬協会の犬なのでフードは協会から指定されたものを

→もっと見る

  • follow us in feedly


    PAGE TOP ↑