生後9か月のシオンへ

公開日: : 第三話 シオン

11月1日でシオンは生後9か月齢になりました。

体重は25㎏になりました。

ここまで見てきて感じるシオンの性格は

好奇心や冒険心が強く、物怖じせず新しいものに興味津々なので、石橋を叩きもせず勢いで渡ります。

楽しかったり、何でもない場合にはわ~い!で終わるので、問題ありません。

しかし渡ってしまってから、そこで受けた刺激が怖かったり強かったりすると

びっくりしたよ~!

怖かったよ~!

とパニックになる怖がりなところもあります。

ここは委託当初から変わりません。

ただ、経験値が増えてきているので、パニックになることは少なくなりましたし、平常心に戻るのも早くなりました。

CIMG3286

いつかシオンのことを「ひとりドラえもん」と書きました。

こちら→生後7か月のシオンへ

その中で、最近はジャイアンの部分が薄くなってきたように感じます。

家に来た頃は、優位性が強く自己主張が強くて「オレ様」な印象でしたが、だいぶ聞きわけがいい仔になってきました。

シオンの中からジャイアンが消えたのではなく

自分~!

自分~!

と言っていたら、楽しく暮らしていけないことに気付いたのだと思います。

シオンのようなタイプの仔には、多分人がしっかりリーダーシップをとることが必要なんだと思います。

しかし、のび太のように気弱な部分もある仔なので、威圧的な態度や力で屈服させるような方法は馴染みません。

シオンはどこまで許されるのか人を試してきますから、ここからは「NO」という一線を決めて、ブレない対応が大切になってきます。

誰でもいつでも同じ対応。

これはとても難しく、二人で話し合い試行錯誤しながら日々を過ごしてきました。

もちろん、人の言い分ばかり通そうとしては犬だって辛くなりますから、犬の言い分も聞いてあげます。

言い分を聞く

言いなりになる

は違うので、人にとってはそこが頭の使いどころになっています。

CIMG3389

シオンは名前への反応が良く、集中力もあり、コマンドがよく入ります。

そこが良いところなので、伸ばしてあげられたらいいなと思っています。

これからも楽しい時間の中で、引き続きいろいろな体験をさせてあげたいと思います。

シオン

毎日の生活が楽しくなってきたよね。

DSCF1656

最近の悩みは、兄弟犬への執着が強くなってきたこと。

レクチャーで兄弟姉妹に会うと、絡みたくてヒーヒー言うんですよね。

待ち時間などに興奮で吠えるので、どうしたら頭を冷やせるのかなあ~?

とお悩み中です。

お散歩中の他犬は、まあまあ無難にやり過ごせるんですけどね。

関連記事→生後8か月のシオンへ

スポンサードリンク

スポンサードリンク

PREV
富士ハーネス10周年記念イベント
NEXT
甘噛みをしなくなったら安心して甘えられるようになったね

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Comment

  1. サナ父ちゃん より:

    シオン君も9ヵ月なんですね…
    早い…

    面構えも男子らしく、精悍になったように思います。

    でもまだ9ヵ月。
    お子ちゃまなところがあってもまだまだ大丈夫かなぁ、と。

    さくまつりにはたくさんの現役盲導犬がいましたが、みんな他のワンコとすれ違えばきちんとごあいさつしてましたし(笑)、サナの妹、ソニアは思い出してくれたのか、カミさんの肩にひょい!と前足載っけて、顔ペロペロして、当事の訓練士さんに怒られたりしてました(笑)。

    直らないところは多分、どの仔にもあるんでしょうね。

    パピーウォーカーの役割って、ついいろいろ矯正に力を入れてしまいがちなんですが、人と一緒にいることが楽しいんだよ、って伝えることを忘れないようにしたいですよね。

    • gd.vol より:

      サナ父ちゃんさん
      ようやく、パパを噛まない自信とか、外はいろいろなことがあるけど、過剰に怖がる必要はないんだなということがわかってきて、自分に自信がついてきたみたいです。
      顔も穏やかだったり、安定した表情が増えてきました。

      パピーウォーカーは、パピーに
      人と一緒にいると楽しいということ。
      そして、自分を取り巻く世界は楽しいんだよとパピーに伝えること。
      そこが最重要ですよね。

      あっという間に9か月齢になりましたが、シオンとの毎日をたくさん楽しんでいきますね。

関連記事

犬との散歩は飼い主にも喜びです

わが家では朝の散歩は夫の担当です。 起きて、排泄もして、ごはんも食べ終わると、シオンは

記事を読む

キャリアチェンジの理由は顔がボコボコだから・・・?

シオンがキャリアチェンジになりました。 シオン君 決断早いねぇ。 オレ様は盲導犬の

記事を読む

わがままではない!散歩で歩かない犬には理由がある

7月24日は4回目のパピーレクチャーでした。 シオン家は都合が合わず、今回は欠席でした。 来月か

記事を読む

子犬のトイレのしつけに苦戦中

子犬を家に迎えてすぐに始めなくてはいけないのがトイレのしつけ。 今まで迎えたパピーには、3日でしつ

記事を読む

人が強化してしまう子犬の甘噛み

最近のシオンは、家では落ち着いて穏やかないいこになってきました。 起きる 排泄 遊ぶ ごはん 

記事を読む

人も犬も心地よいあおむけ抱っこ

訓練士さんからは、パピーにあおむけ抱っこの練習をするようにとお願いされています。 仰向け抱っこの必要

記事を読む

排泄は得意だよ 犬語を理解するためには?

昨日の日記では、シオンが苦手なことをかきました。 こちら→留守番は苦手なの! では、シオンが得意

記事を読む

花火や雷を怖がる犬 対策を考えてみた

先日、地元の夏祭りがありました。 小さなお祭りですが、夜店が出たり打ち上げ花火も上がります。

記事を読む

お散歩 飛び石を渡る

みなさんの街には、橋の代わりに飛び石を使っている川がありますか? 京都鴨川の飛び石が、外国人観

記事を読む

散歩嫌いな子犬が散歩好きになる工夫

犬はみんなお散歩が好きだと思っていましたが、どうやらシオンはあまりお散歩は好きではないみたいです。

記事を読む

ロープで遊ぶ子犬
犬と楽しく遊ぶ方法!犬とは全力で向き合おう

ウェルシーは5歳ですが、遊ぶのはパピーの頃から大好きです。 お散歩の

伏せる犬
犬のしつけ「無視」はイジメ?無視の方法と犬を無視することが効果的な場面

犬のしつけの方法の中で「犬を無視する」というものがあります。 好まし

散歩する犬
犬を吠えさせる飼い主は犬が可哀想だと思わないのかな?

犬は吠える生き物です。 なので、犬が吠えるのは自然なことで問題行動で

座る犬
犬がよだれをポタポタ垂らしているけど大丈夫?病気の心配は?

ある日、これといった理由も見当たらないのに、ウェルシーがよだれをポタ

横顔ラブラドールレトリバー
犬の飼い主あるある?うちの犬は自分のことを人間だと思っている!それって問題なの?

昭和の頃の犬は外飼いで、その役割は番犬でした。 知らない人が来ても吠

→もっと見る

  • follow us in feedly


    PAGE TOP ↑