触られるのは嫌?体感受性が強い犬

公開日: : 第三話 シオン, 社会化

体感受性というのは体への刺激に対する感じ方のことです。

シオンは、体に受ける刺激に対して敏感な方だと思います。

体感受性が強い犬

一週間の訓練センターへのお泊りから帰ってきたシオンです。

訓練士さんからいただいた課題は二つありました。

  1. 人の側で歩く
  2. ワンツーベルトの練習

人の側で歩く

お散歩のときに人に注目できることが増えています。

はい。

頑張っています。

なので、もうワンステップ上を目指しましょう~♪

えぇ~!

これでも結構頑張っているんですけど・・・。

シオンは人の横で歩くことはだいぶできるようになっていますが、人から離れています。

もう少し人のすぐ横で歩けるように練習してください。

ということで

シオンが人から離れたら太ももを叩きComeと呼び、足のすぐ横に来たときだけ、ポンポンと顔や頭を軽く叩きGoodと褒める。

このポンポンをGoodの合図にして、これが正解なんだよと教えてください。

というご指導をいただきました。

(マウスドラムと言うそうです)

訓練士さんがお手本を見せてくれました。

CIMG4090

楽しそうに歩いていますね。

いつもこんな顔を見られるんなら頑張っちゃおうかな~☆

夫が中庭でみっちり練習させられました(笑)

私はレクチャー中に訓練士さんに習いました。

ワンツーベルトの練習

CIMG4112

お泊り期間中にワンツーベルトを導入しましたが、シオンは固まってしまいます。

おうちで袋は着けなくていいので、ベルトに慣れるように練習してみてください。

無理強いすると、絶対嫌だというようになってしまうかもしれないので、確実に排泄するであろう朝だけでいいです。

ということで、やってみました。

CIMG4108

ほんとだ!

固まってる(笑)

シオン~♪

ワンツーしておいで~♪

CIMG4110

ちょっと

ヤダな~。

とトイレサークルに入るのを躊躇しましたが、ワンをしてくれました。

朝一のワンとツーは、ちょっと嫌そうながらもできました。

少しずつ練習していけば抵抗が無くなるかな?

わが家は窓が開けられなくなる関係で、トイレサークルをMAXの大きさで設置できないんですよね。

大きくなったので、サークルを閉めてしまうと入りきれなくなってしまいました。

まとめのようなもの

訓練士さんのお話によると、シオンは身体への刺激に対する反応が強い仔だそうです。

人から離れて歩こうとするのも、ワンツーベルトへの抵抗もそこから来ているということでした。

最近は撫でられるのを嫌がったりしないので、お泊りの前に訓練士さんにお話しするのを忘れてしまいましたが、小さい頃は人が撫でようとしても自分が嫌なときは

さわんないでよ!!

ガブッ!

と噛んでくる仔でした。

水の中にジャブジャブ入って行くくせに、水しぶきが身体にかかるとパニックになっていました。

少し背の高い草のあるところを歩いて、草がお腹や足に触れるとパニックになっていました。

身体への刺激に対して敏感な仔だよなあ・・・。

と思ったものです。

最近は慣れてきて、そういう感じは見られなくなり、私達も忘れたようになっていましたが、体感受性が強いというのはシオンの稟性であり、やはり生涯変わらないものなのだなと感じました。

敏感が鈍感になることはありませんが、少しずつ練習していけば慣れていける心の幅も持っているように感じるので、できるだけ広げてあげたいです。

そして、人と一緒に暮らす喜びをたくさん感じてもらって次のステージへと送り出してあげたいです。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

PREV
S-14胎9回目のパピーレクチャー
NEXT
犬も笑うんだよ

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Comment

関連記事

伏せる子犬

子犬の甘噛み・マウンティング・飛びつきの初期対応は皆同じ

家に迎えられた頃の子犬は、当然ですが人との生活のマナーを知りませんよね。 小さくても子犬にも「嬉し

記事を読む

子犬の社会化 いろいろな足裏感触に慣れていこうね

ウェルシーとお散歩に行きました。 最近、拾い食いがだいぶ減ってきました。 なかなかゼロと

記事を読む

さようならの前日 委託修了式1日前

シオンがやってきたのは1年前の3月26日。 ちょうどソメイヨシノの開花の頃でした。 ちょっとだけ

記事を読む

夜寝るときにケージに入るのを拒否!排泄も拒否する犬

夜、人が寝る前にシオンに最後の排泄をさせるのですが、ちょっと前まで仰向けになって駄々をこねていました

記事を読む

膝で丸くなる子犬

犬の冬の散歩は億劫だよね?工夫して楽しもう

シオン地方の冬は晴天率が高いです。 晴れて乾燥して 山の向こうは雪なんだろうな~。 と感じる冷

記事を読む

クレートに入る子犬

生後3か月齢の子犬に落ち着きがでてきた

家庭の事情によりシオンを約2週間、ステイウォーカーさんのおうちで預かっていただいていました。 5月

記事を読む

人が強化してしまった子犬の甘噛み|なおすには毅然とした態度と根気が必要

生後2か月や3か月の子犬を迎えると、大抵の仔は甘噛みをすると思います。 だんだん成長し、歯の生え変

記事を読む

2016 ボランティア夏祭り 富士ハーネス

7月30日に富士ハーネスで開催されたボランティア夏祭りに参加しました。 最初に、中庭にてPR犬と訓

記事を読む

最後の抱っこ散歩

ウェルシー お散歩に行くよ~。 Come 尻尾ブンブン わ~

記事を読む

S14胎2回目のパピーレクチャー

5月8日 2回目のパピーレクチャーが行われました。 シオンをお預かりしてくださったステイ

記事を読む

出郭
犬連れ杉山城|城マニアに「最高傑作」と言われる山城

*記事には広告が含まれていることがあります。 ウェルシーだよ♪ 埼玉

散歩する犬
愛犬の健康寿命を延ばすには

*記事には広告が含まれていることがあります。 ウェルシーの健康診断(

座る犬
犬にジャーキーを与えるのは身体に悪いの?

*記事には広告が含まれていることがあります。 犬用のおやつがいろいろ

7歳からの老犬ごはんの教科書本
手作り犬ごはんに挑戦したい!【7歳からの老犬ごはんの教科書】を読んでみました

*記事には広告が含まれていることがあります。 ウェルシーは昨年(20

栴檀の実
【せんだんの実】可愛いが毒あり!晩秋から冬の散歩は犬の拾い食いに注意

*記事には広告が含まれていることがあります。 わが家の周辺では、毎年

→もっと見る

  • follow us in feedly


    PAGE TOP ↑