隙間から下が見えて怖い?子犬にスケルトン階段の昇降をさせてみたよ

公開日: : 第二話 ツムギ, 社会化

一般的に犬は階段の昇降が苦手とされています。

これは犬の体の構造に理由があり、犬の体は階段を昇降するようにできていないからということです。

関連記事→犬の体にとって階段の昇降は負担 階段を怖がるのは当然かも

しかし、人の社会で暮らしていると、階段はあちこちにありますね。

今回は「スケルトン階段」を練習してみました。

スケルトン階段とは

一般的にケ上げ板が無く、向こう側が見える階段のことをスケルトン階段と言うようです。

PA252291

向こう側が見えるので、わんこの目線だと高いところから落ちそうに感じるのでしょうか?

苦手な仔も多いようです。

ツムギはボランティア夏祭りの時に、富士ハーネスの訓練コースに設置してあるスケルトン階段を練習してみました。

最初は抵抗を示しましたが、昇降できるようになりました。

スケルトン階段の昇降

その時から時間が経っているので、出かけた先でまた練習してみました。

PA252289

PA252290

ツムギ

ちょっと不安顔かな?

頑張りましたね~。

Goodでした。

怖がる仔は抱っこで上がって、最後の数段だけ歩かせてみると徐々に出来るようになるかもしれません。

エスカレーターもレクチャーで練習しただけなのですが、協会でのお泊りの時も練習したそうで、訓練士さんが大丈夫でしたと言っていました。

スケルトン階段もエスカレーターも、家の近くにちょうど良い場所がないのでなかなか練習できませんが、機会があったらまた体験させていきたいです。

初めてのものは少しずつ経験

ツムギは

こんなものを?

と思うようなものを怖がることがあるので、初めての体験はこちらもちょっとドキドキします。

出来ても出来なくてもいいので、入所までになるべく「初めて」というものを少なくしてあげたいです。

何かができて、褒めると尻尾をブンブン振ってくれるツムギが可愛いです。

まとめのようなもの

犬は体の構造上、階段の昇降は苦手ということです。

特に降りを怖がる仔が多いように思います。

練習は人がそばで十分注意をしながらやっていきます。

今回は、スケルトン階段を練習してみました。

久しぶりでしたが、一度体験していたためか上手に昇降してくれました。

子犬のうちに、なるべく「初めて」のものをたくさん体験させ、心の幅を広げてあげたいです。

少しずつ、楽しい体験の中で経験させていけるといいですね。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

PREV
稟性のお話とパピーウォーカーにできること
NEXT
子犬と遊ぼう ボール遊び

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Comment

  1. くるみ より:

    チョコだけではないのですね

    いつもの走り行く場所の石階段などは、フリーでも、どんどん行ったり来たりするんですが、そこにある、展望台のいわゆるスケルトン階段は、おとうしゃんと一緒でもあがりません。下でおとうしゃんを待っています。
    ツムたんも頑張ってますね

    うちも練習させようかな?おてんばがひどくなるかも?と練習させてないけど(笑)

    • gd.vol より:

      くるみさん
      苦手な仔は多いみたいですよ。
      身体が小さいと隙間から顔が出てしまいますものね。
      犬にしてみたらちょっと怖いのではないでしょうか?

      練習するとしたら記事に書いたように、抱っこで上がり最後の3~4段だけ自分で上がってみる。
      出来たら、徐々にその距離を伸ばしていく。
      という方法がいいかなと思いますが、やってみて嫌がるようだったら、やめた方がいいと思います。

      チョコちゃんのお転婆は可愛いのでいいですが、もしストレスになるのであれば、やめておきましょう(笑)
      出来なくたって困らないしね。

  2. ミコ より:

    褒めて喜んでくれると、こちらも嬉しくなって、もっと褒めてあげたくなりますね。
    スケルトン階段というんですか、名前知らなかったです。
    盲導犬の訓練だけあって、訓練コースにも設置されているんですね。
    ツムギちゃん、以前学習したことを覚えていて、very good!です。
    ツムギちゃんの「初めて」を、できるだけ少なくしてあげること、
    PWとしてできる大切なことだと、私も思います。
    多くのパピー達が、初めての体験には、用心して戸惑うのではないでしょうか?
    パピー達は、経験を積んで、いろいろ学んで成長して行くのですね。
    ツムギちゃんの、「これなあに?」と問いかける可愛いお目目、
    これからもみたいです。
    そうそうツムギちゃんがお泊り保育の期間に、私達も用事で
    協会へ行っていたことがありました。
    中庭で、沢山の子達が訓練していて、皆とてもよく集中していて、
    遠くからですが、黒ラブちゃんを見つけると、ツムギちゃんかしら?と、
    ツムギちゃんを思い出していました。
    これからも元気で、パパママと楽しい時間を過ごしてね。

    • gd.vol より:

      ミコさん
      犬もドヤ顔しますよね~。
      尻尾もブンブン振って、本当にもっと褒めてあげたくなりますね。

      初めてのものには、なあになあに?それなあに?
      と興味津々で行く仔もいれば
      とりあえず、ちょっと待て、怪しいかも?
      と思う仔もいて個性があって面白いですね。
      入所までに「初めて」を少なくしてあげたいですね・・・。

      ツムギのお泊り期間中に、協会に行かれたんですね。
      中庭でも訓練士さんと遊んだそうです。
      ツムギはお泊り期間中はピンク色のカラーを着けていました。
      中庭を見ていただいた時、いたかな~?

      楽しい時間をたくさん過ごして、元気な身体と心で入所の日を迎えたいです。

関連記事

子犬は散歩デビュー前 どこにも行けないゴールデンウィーク

ツムギだよ~♪ なんだかみんなお出かけしているみたいなの。 なんで? ってママに聞いたら ゴ

記事を読む

子犬と芝生の上で持って来い遊びをしたよ

いよいよ本格的なお散歩が出来るようになったので、シオンと一緒に芝生のある公園に行ってみました。 こ

記事を読む

抱っこされて眠る子犬

子犬生後7か月 自我に目覚める季節 反抗期とも言う

この時期の特徴ともいえる「反抗期」ですが、ツムギの「反抗期」は今のところ想定の範囲内で、それほど大変

記事を読む

肛門腺しぼり

18日の7回目のレクチャーの日に、訓練士さんにツムギの肛門腺しぼりをしていただきました。

記事を読む

パピーらしくなってきた!

えっ? つむたん、もうすぐ8か月齢でしょ? お姉さんになってきた! じゃないの?

記事を読む

委託4日目に掃除機を体験してみました

掃除機を怖がる仔は多いようなので、少し家に慣れてきた委託から4日目に掃除機を体験させてみました。

記事を読む

お散歩がにおい嗅ぎばかりで進まない子犬のトレーニング

お散歩デビューをした頃のツムギは、地面のにおいばかり嗅いでいてなかなか歩いてくれませんでした。 訓

記事を読む

3回目のワクチン接種

5月22日に地元の動物病院で3回目のワクチンの接種をしました。 待合室でパパに抱っこされ、神妙

記事を読む

夏祭り

お盆の間に地域の夏祭りがありました。 露店、盆踊り、花火という定番の小さなお祭りです。

記事を読む

お見送り

朝から雨。 お散歩に行けないツムギは少し寂しそうです。 パパ出勤。 ますます寂しい

記事を読む

子犬たち
出産後の母犬のケアと母犬の様子

ウェルシーは富士ハーネスにて、2021年12月6日に2回目の出産をし

ウェルシー仔CC犬
盲導犬とパピーウォーカー

日本盲導犬協会のボランティアや賛助会員に向けて、年4回発行されている

子犬生後約1か月
繁殖犬=嫌な言葉だ!可哀想?盲導犬繁殖犬の実態

ウェルシーは、2021年12月に富士ハーネスで2年振り、2回目の出産

眠る子犬たち
叱らない子育ては難しい!犬への接し方を子どもに応用してみた

明けましておめでとうございます。 わが家のウェルシーさん、子育て中の

眠る子犬
子犬生後3週間|世界がどんどん広がるよ

ウェルシーとトーマス君の子犬たちが生まれて3週間をちょっと過ぎた頃、

→もっと見る

  • follow us in feedly


    PAGE TOP ↑