お散歩~♪

公開日: : 第一話 イズモ, 社会化

2013年10月

3回目のワクチンが終わって10日経つと、アスファルトだけではなく、土の上や芝生など、お散歩が全面解禁になります。

イズモといろいろな所に行きました。

ありがたいことに、イズモはお散歩が大好きな仔で、最初のうちはツー(ウンチ)が出てからお散歩に行っていましたが、生後4か月齢を過ぎた10月に入ってくると、そろそろなタイミングで

イズモ~、お散歩行くよ。

ツー出るかな?

と言うと、自分からトイレサークルに向かうようになり

「ワンツーワンツー」と声をかけると、ツーをしてくれるようになりました。

(それでも歩いているうちに、外でワンツーをしてしまうことも多々ありましたけど。)

そして

「あたし、ツー出たよ。偉いでしょ?お散歩行こっ、早く行こっ」

という感じでソワソワして、訓練センターから貸し出していただいている、お散歩用のイージーウォークハーネスを見せると、イイコに座って、ハーネスを着けてもらうのを待っていました。

着けるとき、イージーウォークハーネスをカプッっと噛んだりしていましたけど、これを着けるとお散歩に行けるということは、すぐ覚えちゃったんですよね。

本当に損得で生きているヤツで、自分にとって「お得!」と思うことには目ざとく、どうすればその「お得」が手に入るのか、よ~く知っているんですよね。

頭イイね、イズモさん。

o0400030013060131480[1]

この頃は、ヒールポジション(ツイテ)の位置で上手に歩けることが多かったです。

笑えるのは、リードが垂直になっていること。

見ての通り、落ち葉がたくさん落ちています。

油断しているとすぐに「パクッ」と口に入れちゃうんですよね。

この頃は、誘惑の多そうなところでは、なるべくイズモが下を向かないように、リードを短く持ったり、写真のように吊り上げるような格好になって歩いていました。

o0400030013060131482[1]

それでも、油断しているとこの通りです。

ほら、やられちゃった。

「あ~~!だめだよ。イズモ、アウト!」

「やだも~ん」

o0400030013060131481[1]

以外と神経を使って歩いていて、人の方が先に疲れていました。

パパちゃん、もう休憩ですか?

犬がいなかった頃はあまり気にしていませんでしたが、道路には色々なものが落ちています。

枯葉や小枝は仕方ないとしても、お菓子の袋、スーパーのレジ袋なども落ちています。

一番困ったのは、煙草の吸殻でした。

イズモの口の中にすっぽり入ってしまうので、気付かないと大変なことになります。

幸い食べられてしまったことはありませんでしたが、咥えられるとヒヤッとしました。

愛煙家の皆さん、吸い殻は道に捨てないでくださいね。

この時は、パピーコートを着せて(服にも慣れさせたいので)公園に行きました。

すると、周りの人の様子が変なんです。

離れて遠巻きにされて、ヒソヒソ。

「もうどう犬パピーだって」

「パピーって何?」

「何か訓練やっているんじゃないの?」

あ~~!!違うから!!

誰も声をかけてくれませんでした。

特別な犬が、特別な訓練か何かをしているように思われてしまったようです。

盲導犬候補の子犬は、訓練を始める年齢になるまで、一般の家庭で育てられるということは、イズモ地方ではあまり知られていなかったようです。

イズモの成長には、老若男女、いろいろな人に声をかけていただき、触れ合ってもらうことが大切です。

普通に子犬していると

「可愛いわね~何か月?」

などと声をかけてくれる犬好きさんがたくさんいるので、それ以来パピーコートを着せてお出かけするのをやめてしまいました。

なので、レクチャー以外でイズモがパピーコートを着ている、貴重な写真になってしまいました。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

PREV
富士ハーネスの子犬たち
NEXT
分離不安症~ビターアップル事件~

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Comment

  1. イーリィの父 より:

    1. 無題
    パピーウォーカーの存在はあまり知られていなくても、盲導犬にむやみに話しかけない、と言うマナーが根付いているんですね。
    そう言うところ、凄く良いですよね。
    とはいえ、ピンクのパピーコート姿は貴重ですから、もっとパピーウォーカーの制度が広く知られるようになると良いな、と思います。
    それに加えて、もっと煙草吸いのマナーも高まれば良いのにと、喫煙者の僕もつくづく思います。歩行喫煙&吸殻ポイ捨て反対!!!

  2. gd.vol より:

    2. Re:無題
    イーリィの父さん
    盲導犬に触ったり声をかけてはいけない、という延長で遠巻きにされてしまったようです。

    犬連れの人は犬のお土産を、愛煙家さんは吸い殻をお持ち帰りください。
    ですよね。
    http://ameblo.jp/wan0824/

関連記事

小さな猛獣

犬を飼ったことがなかった私は、仔犬が甘噛みをするという知識はありましたが、実際にどんなものなのか全く

記事を読む

伸び

犬が伸びをしている姿って可愛いです。 イズモはコマンドで「ねんね」のポーズが出来るようになりま

記事を読む

なまえで叱らないで

子犬はかじるのが大好きです。 早くも2日目には、引出の取手や、敷居をカジカジ。 甘噛み防

記事を読む

子犬の社会化 里山体験 オオムラサキ放蝶会

和紙の古里、小川町(埼玉県)の仙元山のカタクリとオオムラサキの林に行ってきました。 こ

記事を読む

あっぱれな猫のお話

私達が住んでいる住宅地は猫が多いです。 飼い猫なのか、野良猫なのか、半野良なのか・・・。

記事を読む

ハウス

ハウスの躾け方は、委託前の事前レクチャーで教えていただきました。 初めのうちは犬を制御しやすい

記事を読む

雷は大丈夫だったみたい そしてお散歩

つむたん地方、気持ちの良い五月晴れになりました。 寒気が入って少しひんやりした朝になり、カラっ

記事を読む

新しいおもちゃのはずが・・・

  毎日ツムギとおもちゃを使って遊んでいますが、さすがに大型犬のパピーです。

記事を読む

川遊び初体験 子犬の心の動きを観察してみた

梅雨の中休みに晴れると暑くなりますね。 シオンを連れて川に行ってみました。 先日池に飛び

記事を読む

いずも

幸せの片道切符

ステイわんこの1号さんを送り届けた1月4日の夜、富士ハーネスから電話がありました。 イズモの譲

記事を読む

言うことを聞かない犬に苛立つ自分が恥ずかしくなった日

ここのところ寒いのですが、お天気に恵まれているので毎日ウェルシーとお散

ボールの持ってこい遊びにもマイブームがあるらしい?

お昼寝から目覚めたウェルシーに寝起きの排泄をさせると ねえねえマ

犬の身体にとって階段の昇降は負担 階段を怖がるのは当然かも

好奇心旺盛でイケイケタイプのウェルシーですが、一方で怖がりな一面もあり

刺激に敏感だけど散歩は好きなので

わが家の周辺は住宅街なので、わりと静かな環境です。 パピー達のお

犬は人の気持ちがわかっている?家族に寄添う犬

ここのところ、めっきり寒くなってきました。 暦の上でも二十四節気

→もっと見る

  • follow us in feedly
  • 2017年12月
    « 11月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
PAGE TOP ↑