子犬の散歩デビュー前には抱っこでお散歩に出かけよう

公開日: : 第二話 ツムギ, 社会化

日本盲導犬協会のパピーウォーカーへの指導では、2回目のワクチン接種が終わって10日程度経ってから、アスファルトなどの上のみお散歩ができるようになります。

お散歩デビューの前に準備として

  • カラーに慣れる。(委託と同時にカラーをつけるよう指導されます)
  • リードに慣れる。

関連記事→反則ギリギリ?お散歩デビュー前にリードに慣れる練習

  • 抱っこで出かけ、外の雰囲気を体験させる。

などをしていきます。

抱っこ散歩は静かな場所から

協会からお借りしているスリングにツムギを入れて外へ出かけ、少しづつ外の雰囲気に慣れてもらいます。

最初は家の前で日向ぼっこ。

それから家の周りをくるっと一回り。

外の雰囲気に慣れて来たら、だんだん距離を伸ばしていろいろな環境も体験させようと思います。

パピーが勝手に外で排泄するのを防ぐため、排泄ができたら散歩に出るようにしていきます。

(成長と共に外でも指示で排泄できるように練習します)

サークルでワンツーが出来たらお散歩タイムです。

自らスリングに入る姿が可愛い!

ツムギ~お散歩にいくよ~。

Come

スリングに入ろうとする子犬

スリングに入るとする子犬

スリングに頭だけ入った子犬

呼んでスリングを広げると入って来るんです。

わ~い。

お散歩お散歩!

うまく入れないので、最後は人が「よいしょ」ですけどね。

スリングに入る子犬

ママちゃん行ってきます。

朝のお散歩はパパと一緒です。

昼間のお散歩はママと一緒。

子犬の反応を見よう

今日は家の周りを一回りします。

わが家は住宅地なので、交通量は少なく比較的静かな環境です。

外の景色を見る子犬

見るもの感じるにおい、全てが新鮮だね。

くんくんくん・・・

お花のにおいだよ。

ツムギにとっては、家の中とは違うにおい。

他犬や猫、鳥を見ることもあります。

人が歩いていたり、自転車や車も通ります。

いろいろな音も経験しますね。

いろいろな外の刺激を感じてもらうのが目的ですが、ツムギの様子を観察します。

この音は怖くないかな?

見慣れない物はどうかな?

撫でたり話しかけたりしながら、少しずつ世界を広げていこうと思います。

まとめのようなもの

子犬を迎えてもワクチンプログラムの関係で、すぐにお散歩には行かれませんが、抱っこで外の世界を体験させてあげることはできますね。

子犬の様子を観察しながら、刺激の少ない場所から少しずつ人通りの多いところや交通量の多いところに行ってみようと思います。

ツムギと過ごす最初で最後の春。

いろんな体験を楽しもうね。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

PREV
鬼のパピーウォーカー
NEXT
2か月の子犬はじめてのお留守番

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Comment

  1. くるみ より:

    つむぎちゃん、可愛いですね‥

    でもなかなか手ごわそう(笑)
    甘えん坊さんなかなかですね(*^o^*)

    初めての春…思い出すな〜

    • gd.vol より:

      くるみさん
      甘えん坊さんですが、案外根性があるかも?です。
      どんな風に成長していくのかとても楽しみです。

  2. ケインママ より:

    わ〜、自分からスリングに入ってくるんですか〜
    つむぎちゃん、可愛すぎ〜♡
    抱っこ散歩で、まずはお外の様子をお勉強ですね。
    つむぎちゃんと一緒の春を満喫してくださいね〜^^

    • gd.vol より:

      ケインママさん
      自分からスリングに入って来る仔っていうのもいるんですね~。
      今はツムギがどんな仔なのか観察中。
      ツムギもそう思っていますよね。
      多分優しいパパ、鬼のママだと思ってるな~。

  3. NICOママ より:

    今日もかわゆい(´。✪ω✪。`)
    何でそんなに可愛いんでしょ❤︎
    スリングを貸してくれるなんて!さすが協会ですね!
    社会化期間のパピーの反応って楽しいですよね〜(≧∇≦)

    • gd.vol より:

      NICOママさん
      小さいというだけで可愛いです。
      子犬は得ですね~。

      盲導犬協会はそこによって違うと思うのですが
      いろいろと貸し出してくれるので助かります。
      いろいろなものに興味津々で
      見ているとおもしろいですね。

  4. ロとラママ より:

    ああ~~
    抱っこしてお散歩したいです~!
    ドラえもんの「どこでもドア」があったら!
    たまりませんね。まだ柔らかい毛に顔をうずめたいです。
    おでこから耳、耳の後ろの毛が大好きです。

    スリングの中に自分から入ってくるなんて~
    かわいくてかわいくて、想像するだけでお腹がくすぐったくなります!

    きっと、私はパピーウォーカーには向いていない・・・

    なぜか直感的に思いました。(^_^;)

    • gd.vol より:

      ロとラのママさん
      小型犬ならともかく、ラブを抱っこして歩ける期間は短いので
      おもいきり楽しみます。
      しかし・・・もう6kg超え。
      イズモが小柄だったためかとても重く感じます。
      スリングじゃなくてカートを貸してくれないかしら?

  5. かわいいですねー。
    パパさんのゆるんだ顔が思い浮かびます。
    それにしても、自分からスリングにはいるっていうのは
    何ででしょう?そういう経験をもう既に積んてきてて
    スリング→お散歩って理解出来ている証拠ですよね。BWさんちでもそうやってスリングでお散歩だったのかもしれないですね。
    センター育ちのこと違うから、なかなか興味深いです!!

    • gd.vol より:

      イザベルマミーさん
      スリングに入って来るなんて可愛いですよね。
      きっとBWさんのおうちで可愛がられていたのでしょうね。
      パピーも1頭1頭性格が違って面白いですね。
      マミーちゃんのところに来る仔はどんな仔か
      とっても楽しみですね。

  6. H より:

    ツムギちゃんの様子を興味深く拝見させていただいています。私どもはT13
    胎のパピーを先月23日から5日間お預かりしました。2頭一緒は初めての経験、少し不安で、少し楽しみの入り混じった気持ちで子犬を迎えました。協会から自宅へ向かう車中では、飛行機などの長旅のため少々疲れていたのかもしれず、バリケンの中でとても静かにしていました。ところが、家に着くと2頭とも元気よく駆け回り、早速、喧嘩遊びを始めました。大抵は、先ずブルーちゃんがピンクちゃんを挑発し、ピンクちゃんが応戦、マウウトしたり、取っ組み合いしたり、噛み合いをしたり、とても賑やかです。耳や足首を容赦なく噛み合います。細身のブルーちゃんは負けん気が強く何度も仕掛けますが、結局はがっちり体格のピンクちゃんにやられ、這う這うの体でバリケンに逃げ込むか、おもちゃ箱からおもちゃを取り出し、遊びの転換を図ります。その後は2頭寄り添っての昼寝、その繰り返しで5日間を過ごしました。ワンについては、ブルーちゃんは初めからシートの所へ行き、しました。ピンクちゃんは最初は少し床でしてしまいましたが、帰る前日からは失敗はなく上手にできるようになりました。ピンクちゃんはとても穏やかな性格、少し臆病なところもあり、初めての散歩ではちょっと震え気味で、自動車にもいくらかびっくり、でも、二度目にはもう乗り出さんばかり、すぐ環境に適応する能力のある子に思われます。吠えないことはありませんが、食事の前は、ブルーちゃんが吠えて催促するのに対し、じっと坐ったままでおとなしく待っています。ブログを見て、あまりの違いにびっくり、多分、環境あるいは条件が変化したための一時的な現象でしょう。余計なことを書いてしまったかもしれません。悪しからず。ピンクちゃんとブルーちゃんがこれからどのように成長していくか、楽しみにしています。今月末にはまたパピーが来る予定です。私どもで預かっている犬は、今、富士ハーネスで子育て中、犬がいないと淋しいものです。早くパピーが来ないかと待っているところです。

    • gd.vol より:

      Hさん
      プライバシーに配慮し、お名前を犬の名前のHさんとさせていただきました。
      委託式の日にお会いしましたよね?
      ご挨拶もできず、すみませんでした。

      委託前のパピーの様子を聞ける機会は滅多にありません。
      貴重なお話をありがとうございます。
      2頭一緒で、賑やかで大変な5日間でしたね。

      ツムギが吠えたのは、北海道のおかあさんのところでは、ママ犬も兄弟姉妹もみんな一緒で
      Hさんのおうちではティンバーが一緒だったのに
      一人にされて心細かったのだと思います。
      たった一人で言葉も生活習慣も違う外国に来たようなものですものね。

      今はすっかり落ち着いて、ごはん吠えはしません。
      ちょこんと座って待っていますよ。
      飛びつくことで自己表現をしていますが
      わりとすぐに座るので、落ち着いた性格の仔なのかなと思っています。

      最近は生活に慣れてきて、たくさん遊んでくれるようになりました。
      兄妹の遊びの様子を伺うと、やっぱり!と思います。
      ボールを追いかけ、ロープで引っ張りっこをして
      一緒に楽しく遊んでいます。
      元気に遊ぶのは子犬らしくて可愛いですよね。
      そして、子犬らしくよく寝ます。

      トイレも来たときから上手で、今はほとんど失敗しません。
      お散歩も行ってくださっていたのですね。
      こちらでも、スリングから乗り出して周りを眺めています。
      本当にいろいろとありがとうございます。
      これからどんな風に成長するのか、私達もとても楽しみです。

      月末はまた可愛いパピーに会えるのですね。
      大変ですが楽しみですね。
      ぜひ、またパピーの様子などをお聞かせくださいね。

関連記事

お散歩中の不可解な行動

いつごろからでしょう? ツムギがお散歩中に不可解な行動をとることがあります。 例えば、横

記事を読む

踏切で電車が通り過ぎるのを待つ子犬

盲導犬パピーの社会化トレーニングいろいろ

協会からは、お預かりパピーにいろいろなことを経験させるようにご指導をいただいています。 人と一緒に

記事を読む

掃除機にじゃれつく子犬|Wait(待て)で我慢できるかな?

シオンは委託当初から掃除機を怖がらなかったので助かりましたが、掃除機が大きなおもちゃになってしまいま

記事を読む

大型犬ラブラドールレトリバー!その魅力は存在感と癒し

ラブラドールレトリバーは見た目はシンプルで、普通に犬です。 見た目がお洒落なわけでもなく、可愛いカ

記事を読む

カートに乗る子犬

車でお出かけとホームセンターでカートを体験

盲導犬候補パピーは「車に乗るのが苦にならない」こともお勉強のひとつです。 月に一度のレクチャー

記事を読む

大型犬の子犬は自分が大きいことをわかっていない

ツムギは犬が好きで、他犬への興味が強いです。 子犬らしい好奇心とフレンドリーな一面を見せますが、他

記事を読む

座卓の下に伏せる子犬

犬と小さな子ども 仲良くできるかな?

来客がありました。 2歳7か月のお子さん連れのご夫婦。 仮にお子さんの名前を「W君」ということに

記事を読む

掃除機にじゃれつく子犬|最終ステージまであと一歩?

初めて掃除機を体験した時のパピーの様子はさまざまのようです。 シオンは、最初は爆音にびっくりしたも

記事を読む

子犬の社会化 飛び石とグレーチング

ツムギと一緒に河原の遊歩道を散歩しました。 舗装された道だけではなく、草もあったり、階

記事を読む

怖がりな子犬だけど切り替えも早いかも

ツムギには聞き慣れない音や、見慣れない物を怖がる傾向があります。 日々の生活の中で、少しずついろい

記事を読む

展望台から見る龍岡城五稜郭
犬連れ龍岡城五稜郭|展望台から美しい星を見よう

*記事には広告が含まれていることがあります。 ウェルシーだよ♪ 長野

桜と犬
ラブラドールレトリバー7歳|嫌でもシニアを意識するステージに入りました

*記事には広告が含まれていることがあります。 2024年4月14日、

出郭
犬連れ杉山城|城マニアに「最高傑作」と言われる山城

*記事には広告が含まれていることがあります。 ウェルシーだよ♪ 埼玉

散歩する犬
愛犬の健康寿命を延ばすには

*記事には広告が含まれていることがあります。 ウェルシーの健康診断(

座る犬
犬にジャーキーを与えるのは身体に悪いの?

*記事には広告が含まれていることがあります。 犬用のおやつがいろいろ

→もっと見る

  • follow us in feedly


    PAGE TOP ↑