病院初体験 2回目のワクチン接種

公開日: : 第四話 ウェルシー, 社会化

6月18日、委託から2週間と1日経ったこの日、2回目のワクチン接種のため動物病院に行ってきました。

初めての体験で、その仔がどんな反応をするのかというのは、未知のものに対するその仔のキャパを知る一つの指標になりますね。

ウェルシーの様子を観察してみました。

ウェルシーの反応は?

最初に体重を測るので、診察台の上に乗せます。

CIMG5975

尻尾が下がり、不安そうなウェルシー。

落ち着かず、診察台の上をウロウロします。

動いてしまうと体重が測れないので、獣医さんがそっと押さえようとしています。

写真はありませんが、パパに

Sit

と言われて、ウェルシーは座ってくれました。

体重は5.38㎏でした。

また少し増えています。

体重測定が終わると、お注射です。

獣医さんにも身体を抑えられてチックンに

怖いよ~。

と尻尾ばかりか腰も落ちています。

大丈夫だよ~。

とパパにギュッとされていますね。

CIMG5977

ビビリさんだな~!!

ワクチン接種の後、獣医さんが聴診器を当てたり、身体を触って異常がないかチェックしようとしましたが、ウェルシーは座り込もうとしてしまい、獣医さんがやりにくそうでした。

パパに下からお腹を支えられて

ウェルシー、立って。

と言われたら、ウェルシーは座りこむのを我慢してくれました。

診察が終わったウェルシーは、パパに抱っこされるとすっかり落ち着き、獣医さんのお話の間、抱っこでくつろいでいられました。

獣医さんに

おとうさんが安心できる人だと思っているんですね。

と言われました。

チェックポイント

これらのことから、ウェルシーは知らない場所、知らない人に対して不安や緊張などを感じる仔だと再確認しました。

しかし

不安を感じながらもパパの声が届き、指示に従えるということは、不安がウェルシーの心の全部を占めているわけではなく、多少のゆとりがあるということだと思います。

怖いと思うことが終わって、安心できる環境があれば、落ち着きを取り戻すのも比較的早いかな?

と思いました。

これから

週末にお散歩デビューの予定です。

これからウェルシーは、初めての場所に行き、いろいろな初めてのことに出会うと思います。

やはり、不安を感じたり怖いと思ったりすると思います。

ウェルシーがそれを楽しく乗り越えて行けるように、工夫をしていきますね。

CIMG5967

あたし

とっても疲れた。

バタンキューだわ。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

PREV
頑張らなくていいよ CCボランティアさんからのお便り
NEXT
鬼パピもたじろぐ?いたずらっこ

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Comment

  1. 島根のはる より:

    ウェルちゃんとこのママは、いつもしっかり考察してパピーちゃんに配慮してあげていてすごいなぁって思います。
    うちなんて、病院も掃除機もさんぽも…いろんなことをなしくずし的に体験させちゃって(*_*)
    もっと観察して深く心理を読みたい!って思ってるのになぁ(^_^;)あれ~?
    でも、ナタもういも気ままなイケイケタイプ?
    ”なんだかよくわからないけどいけた~”みたいな子で、ほんとパピーに助けられてます。

    • gd.vol より:

      はるさん
      ウェルシーは、少し怖がりだったり慎重なところはありますが、多少ザツに扱ってもへこたれませんし、こちらがあまり気を遣わなくても、生活しているうちにウェルシーの方が合わせてくれているみたいで、なんとなくいけちゃう感じです。
      なので、育てやすい仔だと思います。
      犬と生活する前に私がイメージしていたような子犬です。

      しかし、パピーウォーカーとして人生で初めて犬と暮らすことになった時、家に迎えた子犬はそうじゃなかった。
      触ろうとすれば威嚇してくるし、叱れば噛みついてくるし吠えるし家の中を暴れ回るし・・・。
      些細なことですぐキレる(ように当時は見えた)ので
      最初の頃は犬が怖くて泣いていました。
      1頭目の仔のそういう行動が、気が強いのではなく繊細ゆえにそうなるのだ。
      と気付いたのは、パピーが7~8か月になった頃でした。
      それまでは、お転婆でわがままなだけだと思っていたので、犬に気を使う事も無く、人の生活に犬が合せて当然だというような暮らし方をしていました。
      感受性が強くて繊細な仔だったのに、幼い心に辛い思いをさせてしまいました。
      私のパピーウォーキングは「ごめんね」から始まっているんです。

      以後、なぜか繊細な仔が立て続けにやってくるので、犬の気持ちに寄添っていくようにしようと思いました。
      ブログは、なるべく詳細に記録していくことで、同じように難しい仔の犬育てに悩む人の参考になればいいなという思いがあります。

      ウイ君、今のところやんちゃな一面もありつつ、大物感が感じられますね。
      良い面をたくさん伸ばしてあげてくださいね。
      ウェルシーの少し先を行くので、成長を楽しみにしています。

  2. サナ父ちゃん より:

    お預かりしてからお散歩デビューまでこんなに早かったでしたっけ?

    あ、コンクリの上だけOKでしたっけ…
    パピーウォーカーお休みしてから久しい為か、だいぶ忘れてしまいました…(汗)

    最初が大事ですね…

    お散歩怖くないな♪楽しいかも♪

    って思ってもらいたいところですね♪

    パパさんママさん大事な時期が続いて大変ですけど、あとひとふんばりです♪頑張ってくださいねっ♪

    • gd.vol より:

      サナ父ちゃんさん
      ワクチンプログラムにもよるんですよね。
      ツムギは他協会から来たためか、ワクチンプログラムが遅かったので、お散歩デビューも遅かったです。
      10㎏になってもスリングに入っていて、まあ、重かったこと(笑)

      2回目のワクチンが終わって10日くらいで(今回1週間と言われました)アスファルトの上のみOKになります。

      社会化が一番難しいですね。
      なんでもサクッと受け入れてくれる仔だと楽ですが、いろいろなものを怖がったりピリピリする仔だと、本当に時間をかけて丁寧に慣らしていかないと、お散歩が嫌いになっちゃいますものね。
      まずはお散歩が楽しい♪
      と思ってもらえるようにスタートですよね~。

  3. ツムギ母 より:

    ウェルシーちゃん、病院お疲れ様でした。
    あまり楽しい場所ではないけれど、徐々に慣れてね〜。
    怖くて不安だけど、パパの声にしっかり反応するって、スゴイですね。
    大好きなパパがいるから
    『あっ、大丈夫♪』
    となるんでしょうね(^^)

    • gd.vol より:

      ツムギ母さん
      病院に行って疲れたみたいです。
      そのあとよく寝ました。
      とりあえず、診察台の上に上がるだけでも怖いみたいです。

      うちに来る仔はみんなパパっ仔になりますが、ウェルシーもそうみたいです。
      さて将来、面会の時、どっちに先に来るかな~?

関連記事

犬が顎を乗せてくるのはなぜ?犬の気持ちを考えてみた

今までにわが家でお預かりしたパピーたち。 気持ちの表現方法はそれぞれなのですが、シオンとウェル

記事を読む

伏せる犬

犬の下痢の症状と受診のタイミングを調べてみました

4月16日の午後、ウェルシーは下痢(泥状の便)をしてしまいました。 犬は「お腹が痛い」などと話せな

記事を読む

W-15胎 10回目 最後のパピーレクチャー

4月15日はW-15胎の最後のパピーレクチャーでした。 天気予報では暴風雨の予想だったので、お

記事を読む

犬の心を満たすお散歩を心掛けたい

ウェルシーと一緒に公園に行きました。 ここは、犬連れでのんびり歩くと家から片道30分程の場所に

記事を読む

生後10か月齢のプレゼント

ケインBWさんにお誘いいただき、グランPWさんと3家族でお会いしました。 しらさぎ公園で待ち合

記事を読む

聴導犬に向いているかも?

ある日、自分のマットでくつろいでいたウェルシーが突然立ち上がり、部屋の扉の前に立ちました。 閉

記事を読む

訓練センターでの預かり訓練から帰ってきました

ウェルシーは21日から預かり訓練でした。 27日に迎えに行ってきましたよ。 最初に訓練士

記事を読む

膝に顎を乗せる子犬

子犬の成長|自己主張を引っ込めることを覚えた甘えん坊な犬

月齢の低い子犬は、自分の気持ちを表現するのに吠える、甘噛みする、などの方法しか知りません。 犬社会

記事を読む

ショッピングモール初体験

シオンを連れてショッピングモールに行ってみました。 シオンは車酔いはしませんが、最初の頃は揺れ

記事を読む

犬に「言い聞かせ」を続けてみます

以前、なかなかお留守番ができるようにならないウェルシーに「言い聞かせる」という方法をとってみようかな

記事を読む

子犬たち
出産後の母犬のケアと母犬の様子

ウェルシーは富士ハーネスにて、2021年12月6日に2回目の出産をし

ウェルシー仔CC犬
盲導犬とパピーウォーカー

日本盲導犬協会のボランティアや賛助会員に向けて、年4回発行されている

子犬生後約1か月
繁殖犬=嫌な言葉だ!可哀想?盲導犬繁殖犬の実態

ウェルシーは、2021年12月に富士ハーネスで2年振り、2回目の出産

眠る子犬たち
叱らない子育ては難しい!犬への接し方を子どもに応用してみた

明けましておめでとうございます。 わが家のウェルシーさん、子育て中の

眠る子犬
子犬生後3週間|世界がどんどん広がるよ

ウェルシーとトーマス君の子犬たちが生まれて3週間をちょっと過ぎた頃、

→もっと見る

  • follow us in feedly


    PAGE TOP ↑