病院初体験 2回目のワクチン接種

公開日: : 第四話 ウェルシー, 社会化

6月18日、委託から2週間と1日経ったこの日、2回目のワクチン接種のため動物病院に行ってきました。

初めての体験で、その仔がどんな反応をするのかというのは、未知のものに対するその仔のキャパを知る一つの指標になりますね。

ウェルシーの様子を観察してみました。

ウェルシーの反応は?

最初に体重を測るので、診察台の上に乗せます。

CIMG5975

尻尾が下がり、不安そうなウェルシー。

落ち着かず、診察台の上をウロウロします。

動いてしまうと体重が測れないので、獣医さんがそっと押さえようとしています。

写真はありませんが、パパに

Sit

と言われて、ウェルシーは座ってくれました。

体重は5.38㎏でした。

また少し増えています。

体重測定が終わると、お注射です。

獣医さんにも身体を抑えられてチックンに

怖いよ~。

と尻尾ばかりか腰も落ちています。

大丈夫だよ~。

とパパにギュッとされていますね。

CIMG5977

ビビリさんだな~!!

ワクチン接種の後、獣医さんが聴診器を当てたり、身体を触って異常がないかチェックしようとしましたが、ウェルシーは座り込もうとしてしまい、獣医さんがやりにくそうでした。

パパに下からお腹を支えられて

ウェルシー、立って。

と言われたら、ウェルシーは座りこむのを我慢してくれました。

診察が終わったウェルシーは、パパに抱っこされるとすっかり落ち着き、獣医さんのお話の間、抱っこでくつろいでいられました。

獣医さんに

おとうさんが安心できる人だと思っているんですね。

と言われました。

チェックポイント

これらのことから、ウェルシーは知らない場所、知らない人に対して不安や緊張などを感じる仔だと再確認しました。

しかし

不安を感じながらもパパの声が届き、指示に従えるということは、不安がウェルシーの心の全部を占めているわけではなく、多少のゆとりがあるということだと思います。

怖いと思うことが終わって、安心できる環境があれば、落ち着きを取り戻すのも比較的早いかな?

と思いました。

これから

週末にお散歩デビューの予定です。

これからウェルシーは、初めての場所に行き、いろいろな初めてのことに出会うと思います。

やはり、不安を感じたり怖いと思ったりすると思います。

ウェルシーがそれを楽しく乗り越えて行けるように、工夫をしていきますね。

CIMG5967

あたし

とっても疲れた。

バタンキューだわ。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

PREV
頑張らなくていいよ CCボランティアさんからのお便り
NEXT
鬼パピもたじろぐ?いたずらっこ

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Comment

  1. 島根のはる より:

    ウェルちゃんとこのママは、いつもしっかり考察してパピーちゃんに配慮してあげていてすごいなぁって思います。
    うちなんて、病院も掃除機もさんぽも…いろんなことをなしくずし的に体験させちゃって(*_*)
    もっと観察して深く心理を読みたい!って思ってるのになぁ(^_^;)あれ~?
    でも、ナタもういも気ままなイケイケタイプ?
    ”なんだかよくわからないけどいけた~”みたいな子で、ほんとパピーに助けられてます。

    • gd.vol より:

      はるさん
      ウェルシーは、少し怖がりだったり慎重なところはありますが、多少ザツに扱ってもへこたれませんし、こちらがあまり気を遣わなくても、生活しているうちにウェルシーの方が合わせてくれているみたいで、なんとなくいけちゃう感じです。
      なので、育てやすい仔だと思います。
      犬と生活する前に私がイメージしていたような子犬です。

      しかし、パピーウォーカーとして人生で初めて犬と暮らすことになった時、家に迎えた子犬はそうじゃなかった。
      触ろうとすれば威嚇してくるし、叱れば噛みついてくるし吠えるし家の中を暴れ回るし・・・。
      些細なことですぐキレる(ように当時は見えた)ので
      最初の頃は犬が怖くて泣いていました。
      1頭目の仔のそういう行動が、気が強いのではなく繊細ゆえにそうなるのだ。
      と気付いたのは、パピーが7~8か月になった頃でした。
      それまでは、お転婆でわがままなだけだと思っていたので、犬に気を使う事も無く、人の生活に犬が合せて当然だというような暮らし方をしていました。
      感受性が強くて繊細な仔だったのに、幼い心に辛い思いをさせてしまいました。
      私のパピーウォーキングは「ごめんね」から始まっているんです。

      以後、なぜか繊細な仔が立て続けにやってくるので、犬の気持ちに寄添っていくようにしようと思いました。
      ブログは、なるべく詳細に記録していくことで、同じように難しい仔の犬育てに悩む人の参考になればいいなという思いがあります。

      ウイ君、今のところやんちゃな一面もありつつ、大物感が感じられますね。
      良い面をたくさん伸ばしてあげてくださいね。
      ウェルシーの少し先を行くので、成長を楽しみにしています。

  2. サナ父ちゃん より:

    お預かりしてからお散歩デビューまでこんなに早かったでしたっけ?

    あ、コンクリの上だけOKでしたっけ…
    パピーウォーカーお休みしてから久しい為か、だいぶ忘れてしまいました…(汗)

    最初が大事ですね…

    お散歩怖くないな♪楽しいかも♪

    って思ってもらいたいところですね♪

    パパさんママさん大事な時期が続いて大変ですけど、あとひとふんばりです♪頑張ってくださいねっ♪

    • gd.vol より:

      サナ父ちゃんさん
      ワクチンプログラムにもよるんですよね。
      ツムギは他協会から来たためか、ワクチンプログラムが遅かったので、お散歩デビューも遅かったです。
      10㎏になってもスリングに入っていて、まあ、重かったこと(笑)

      2回目のワクチンが終わって10日くらいで(今回1週間と言われました)アスファルトの上のみOKになります。

      社会化が一番難しいですね。
      なんでもサクッと受け入れてくれる仔だと楽ですが、いろいろなものを怖がったりピリピリする仔だと、本当に時間をかけて丁寧に慣らしていかないと、お散歩が嫌いになっちゃいますものね。
      まずはお散歩が楽しい♪
      と思ってもらえるようにスタートですよね~。

  3. ツムギ母 より:

    ウェルシーちゃん、病院お疲れ様でした。
    あまり楽しい場所ではないけれど、徐々に慣れてね〜。
    怖くて不安だけど、パパの声にしっかり反応するって、スゴイですね。
    大好きなパパがいるから
    『あっ、大丈夫♪』
    となるんでしょうね(^^)

    • gd.vol より:

      ツムギ母さん
      病院に行って疲れたみたいです。
      そのあとよく寝ました。
      とりあえず、診察台の上に上がるだけでも怖いみたいです。

      うちに来る仔はみんなパパっ仔になりますが、ウェルシーもそうみたいです。
      さて将来、面会の時、どっちに先に来るかな~?

関連記事

お散歩デビューはいつから?2回目のワクチン接種まで抱っこでお散歩

犬を家庭に迎えて、人と一緒に仲良く生活するためには 人と一緒に暮らすためのマナーを犬に教え

記事を読む

犬の身体にとって階段の昇降は負担 階段を怖がるのは当然かも

好奇心旺盛でイケイケタイプのウェルシーですが、一方で怖がりな一面もあります。 今、苦戦している

記事を読む

拾い食い対策は「NO」ではなく「OUT」

最近のウェルシーは、普段のお散歩での拾い食いは減ってきました。 お散歩コースはいくつかあります

記事を読む

ワンツーベルトを嫌がるのもかまってちゃん?

ある日、お散歩の前にウェルシーを排泄に誘いました。 ウェルシー、お散歩に行くよ。 ワンツ

記事を読む

盲導犬ユーザーの講演と子犬が1歳になるまでにしつけておきたい10のこと

知り合いの盲導犬ユーザーの井出さんにお誘いいただいて、アニマルプラザ「犬のようちえん」駒沢公園教室で

記事を読む

委託直後のトイレトレーニング状況

富士ハーネスでは生まれたパピーに、訓練士さんやスタッフのみなさんが排泄のしつけも導入してくださいます

記事を読む

階段より怖いかも?飛び石を体験

ウェルシーと河原に行きました。 ここは歴代パピーとも来た場所ですが、川を渡るのに飛び石が橋にな

記事を読む

言うことを聞かない犬に苛立つ自分が恥ずかしくなった日

ここのところ寒いのですが、お天気に恵まれているので毎日ウェルシーとお散歩に行っています。 この

記事を読む

犬の下痢は兆候があったらふやかしフードを与えて様子を見よう

少し前の話になりますが、8月29日の夜12時近く、ウェルシーはケージの中でツーをしてしまいました。

記事を読む

落ち着いた犬に育てたい!コツってあるの?

ただいま~。 と帰ってきて犬が お帰り~!お帰り~!! と尻尾をブンブン振って、嬉しくてぴょん

記事を読む

ぬいぐるみと犬
愛犬のかかりつけ動物病院の選び方 見るべきポイントは?

獣医さんは、犬の健康面でのアドバイス、診療、治療などを行ってくれる頼

すねる犬
甘え?わがまま?犬のトイレのしつけをやり直しています

盲導犬候補犬は、パピー時代は部屋でも外でもコールで排泄ができるように

立ち止まる犬
犬の毛艶が悪いのはなぜ?愛犬の毛艶を良くするためには?

ウェルシーは、周りの人に 綺麗な犬だね。 毛がツヤツヤしているね。

見送りする犬
犬を飼いたい!犬なんて簡単に飼ってはいけない!

先日、ウェルシーと公園に出かけました。 30代後半くらいの女性に 犬

おもちゃで遊ぶ犬
出産後の母犬は体の回復に3か月はかかるらしい

ウェルシーは2019年12月15日に初めての出産をしました。 もうす

→もっと見る

  • follow us in feedly
  • 2020年4月
    « 3月    
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031  
PAGE TOP ↑