W-15胎 9回目のパピーレクチャー

3月18日は、W‐15胎の11か月齢のパピーレクチャーでした。

ウッディー家がお休みだったので5頭5家族の参加になりました。

この日のレクチャーは父犬のユオン君と、ご家族の皆さんも見学に来てくださいました。

レクチャーの内容

  • 足元Down 待機の練習
  • 夢中作り
  • ハンドラーチェンジ
  • Heelの練習

です。

足元Down

足元Downはレクチャーの時間の中で、自分の番以外のときは「待つ」ことがお勉強なので、足元でDownして待つように、パピーに指示をします。

前回のレクチャーのときに、訓練士さんにご指導いただいたためか、ウェルシーもいいこにDownしていてくれました。

人の足の下で待機するのは練習していませんでしたが、やってみたらできました。

ずっとここに入って待機していることはできませんでしたけどね。

夢中作り

前回に引き続き、おもちゃではなく人に集中して遊べるように、おもちゃを隠してSitやComeなどの指示を出し、指示に従うことができたらおもちゃで遊んであげる。

という練習をしました。

全員の写真が撮れていませんが、みんなよく集中していました。

ハンドラーチェンジ

夢中作りがとても上手なW-15胎ですが、パピーウォーカーさんもみんな回を重ねるごとに上手になっています。

今回は、他のパピーと遊んでみるということを練習しました。

ウェルシーは、ウィニーママさんに遊んでもらいました。

ウェルシーは

遊んでくれるんなら誰でも大歓迎!!

という仔なので、楽しく遊んでもらいました。

ウェルシーパパは、ワットと遊びました。

上の写真はユオン君のご家族からいただいたものですが、パパがワットと楽しそうに遊ぶ様子を、ウェルシーはガン見です。

なんで、あたしのパパが違う仔と遊んでいるのよ!!

焼きもち全開ちう(笑)

案の定、終わって席に戻ってきたパパに

他の仔と遊ばないでよ~!!

と抗議して飛びつき、会場が笑いに包まれました。

自分だって、ウィニーのママさんに遊んでもらったのにねぇ・・・。

ハンドラーチェンジは、初めて体験しましたが面白かったです。

パピーも自分のお預かりの仔とは動き方なども違うのですが、人の方にもそれぞれクセがあります。

例えばわが家ではSitの指示はつい人差し指を立ててしまいますし、Downは人差し指で床を指してしまいます。

これもクセなのですが、別の仔にとっては

なんだそれ?

だったりすることもあるんですよね。

別の仔と遊んでみることによって、パピーウォーカー自身の改善点が見つかったりして良い経験になりました。

Hellの練習

訓練士さんが父犬ユオン君を使って見本を見せます。

自分の左側に座らせ

Heelと指示を出し、このポジションで歩きます。

右手におもちゃを持ち、上手にHeelポジションに来たら、おもちゃを咥えさせて褒めてあげます。

反対側も同じように、Heelと言って犬がついて来たらおもちゃを咥えさせて褒めます。

ユオン君、おとうさんの貫禄バッチリでした。

パピーたちの練習は、コーンを使ってジグザグに歩きました。

私は「Heel」というコマンドをあまり使ったことが無くて、これもクセなのですが、つい自分の太ももを叩いて「Come」と言ってしまいます。

「Come」の指示でウェルシーが足元に来るとGood~♪なでなで~♪です。

なので、ウェルシーは太ももポンポンと「Come」をセットで覚えているかもしれません。

太ももを叩くのはとりあえずそのままで、指示を「Heel」にしていけばいいのかなと思いました。

そして、最終的には「Heel」と言うだけで左足元にピタっと来てくれるようになれば理想ですね。

やっぱり全員の写真が撮れていませんが、みんな上手でした。

レクチャーのあとは犬のケアです。

訓練士さんに爪切りをしていただきました。

お手入れが苦手なウェルシーは、小さい頃は爪切りも苦手で

やだ~!!やだ~!!

と大暴れしていました。

パパに抱っこされていますが、こうやっておとなしく切らせてくれるようになったのも、ウェルシーにとっては大きな成長だと思います。

やや減り気味の体重ですが、特に心配はないそうです。

身体を触った感じでは、このままでも大丈夫ということですが、もう少し肉付きが良くてもいいかなというところだそうで、1回あたりのフードを5g増やして様子を見ることになりました。

帰りの車は爆睡です。

行きも帰りもよく寝ます。

車に乗るのやクレートを嫌がらないのも、ウェルシーのいいところです。

車に慣れさせるように努力しても、やっぱり苦手な仔は苦手で、入所するまで車に乗るとピーピーいう仔もいました。

得意不得意はみんなそれぞれですね。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

PREV
フレキシブルリードは便利だが危険も理解して
NEXT
犬連れ北浅羽桜堤公園 安行寒桜 穴場のお花見スポット

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Comment

  1. サナ父ちゃん より:

    もうレクチャーもバッチリですね♪
    ウェルシーちゃんの表情をみながらいろいろ教えてあげれる感じになっているのでしょうから、今が一番パピーウォーカーとして楽しい頃ではないでしょうか。
    まだ時間はありますからウェルシーちゃんとの時間、大切にしてくださいねっ♪

    それにしても、サナなんかすぐデブるからいっつも減量命令(笑)を頂いていましたが、この時期に増量勧告(笑)がでるなんて…

    ウェルシーちゃん、さすがですね~(笑)

    • gd.vol より:

      サナ父ちゃんさん
      ウェルシーのいいところは大分伸ばしてあげられたのではないかと思います。
      10か月を過ぎてくると、人とコミュニケーションが取れるようになってきて、本当に家族の一員という感じになってきますね。
      そう思うとお別れですね。

      W‐15胎はわりとみんな細身なんですよ。
      フードの量は決められているので、太りやすいとか太りにくいとか、犬も体質があるのでしょうね。

関連記事

生後5か月のウェルシーへ

9月14日で、ウェルシーは生後5か月になりました。 体重は 16.5㎏

記事を読む

ワンツーベルト練習中 実際に使ってみる

生後7か月を迎え そろそろ練習してみてください(無理のない範囲で) と訓練士さんに促され

記事を読む

W-15胎 7回目のパピーレクチャー

1月21日はW-15胎とD-16胎の合同レクチャーでした。 W‐15胎は4月14日生まれ。

記事を読む

嬉しいとき遊んでの飛びつき どう対処する?

ウェルシーは生後5か月半くらいになりました。 大部分の歯が生え変わり、永久歯になりました。

記事を読む

犬のしつけお散歩の引っ張り改善にはリーダーウォークが有効

お散歩のときに、犬がガンガン引っ張って大変ということはありませんか? ウェルシーも大きくなって

記事を読む

赤ちゃんからこどもへ脱皮中

協会からは あおむけ抱っこをたくさんしてください。 とお願いされています。 これは

記事を読む

フードの切り替え 3回食から2回食へ

ウェルシーは、7か月齢から少しずつ子犬用のフードから成犬用のフードに切り替えていました。 そし

記事を読む

夏のお楽しみ 氷を体験 

初めての氷も、子犬の反応はさまざまです。 ウェルシーはどんな反応を示したのでしょうか?

記事を読む

犬もでんぐり返りをする!?

朝のお散歩も終わって、ごはんも食べ終わって、パパが仕事に行く前のひととき。 ウェルシーはパパの

記事を読む

吠える~!寝ぼけながらの警戒吠えって何それ?

ウェルシーは委託当初から吠える仔でした。 と言っても、たくさん吠えるわけではなく わん!

記事を読む

犬は幸せだと胴が長くなるらしい

先日、飼い主の女性が16歳のラブラドールのお腹を蹴るというニュースがあ

犬との関係づくりを考える 自己主張の強い犬が聞きわけが良くなった

ウェルシーは2月14日で、1歳10か月になります。 ウェルシーが

犬育て初心者が迎えたばかりの子犬の育て方で心掛けたいこと

日本盲導犬協会では、盲導犬の候補犬は概ね56日前後で、パピーウォーカー

うっすら雪が積もった日に雪に慣れていない犬とお散歩に行ったよ

ウェルシーだよ♪ 強い寒気が流れ込んだ2月の第2週の週末。

犬が散歩で引っ張る理由と引っ張りを直すしつけ2つの方法

ウェルシーだよ♪ ママと一緒にお散歩に行ったよ。 この日は

→もっと見る

  • follow us in feedly
  • 2019年2月
    « 1月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728  
PAGE TOP ↑