要求吠えは諦めるまで待つ?

公開日: : 第四話 ウェルシー, 吠え

ウェルシーはもうすぐ生後3か月。

現在の課題は

  • 人や家具へのカミカミ
  • 要求吠え

です。

  • 人へのカミカミは回避作戦。
  • 家具へのカミカミは寝ぐずりなので、ケージで落ち着いて寝るように提案してあげる。

という方法で、成果が上がりつつあります。

まだ噛みますが、もう一息というところまできました。

要求して吠える~

もう一つの課題が「吠える」ということなのですが、これがなかなか微妙なんです。

吠えるのはたいてい一声だけ。

叱ろうと思っても

わん!

次の瞬間

NO!

と言っても、もう吠えてしまっているのでウェルシーは何が「NO」なのだか理解してくれません。

叱るのは(褒めるのも)「しようと思った時」次が「している最中」の順に犬の心に響きます。

行動が終わったあとに叱っても「なんのこと?」になってしまって、なかなか響いてくれないんですよね。

吠えさせてみる?

ウェルシーは今のところ朝4時半頃に起きます。

ある朝、私が起きるのが5時近くになってしまいました。

ウェルシーはおとなしく待っていたみたいなのですが、我慢していたのでしょうね。

隣の部屋で寝ている私が着替えなどで動く気配を感じると

わん!

一声吠えました。

そして、そのまま沈黙。

身支度が終わった時は静かだったので、ウェルシーをケージから出しました。

この話を、家庭訪問のときに訓練士さんにしました。

訓練士さんは

そのまましばらく放っておいたら吠えますか?

と聞きました。

毎朝吠えるわけではないし、吠えても1回しか吠えないので、そのまま放っておいたことはありませんでした。

そう答えると

早朝なのでやりにくいかもしれませんが、しばらく放っておいてみてください。

吠えるようであれば諦めるまで待ち、諦めることを教えてあげてください。

というご指導でした。

それから数日後、同じシーンが訪れました。

私の起きる気配を感じて、かなり前から目覚めて我慢していたらしいウェルシーが

わん!

私は知らん顔でキッチンの方へ行き、そこで待機しました。

また少しすると、ウェルシーが

わん!(ママ~、起きたんなら来てよ~)

それも放っておくとしばらく沈黙の後

わんわん!!(二声になった)

それも放っておくと

きゅ~ん

と切ない声になり・・・。

黙った。

と思ったらパパさんが起きてきました。

パパが起きてくる気配を感じて黙っただけでした。

しばらくキッチンで二人で待機。

きゅ~ん

・・・

きゅ~ん

・・・

・・・

おとなしくなったので、排泄も心配だし、そろそろいいか。

と思ってハウスから出しました。

CIMG6368

ウェルシーは、とりあえず吠えてみて人がどう出て来るか、様子を見ているんだと思います。

わん!(パパママ、どうする?)

黙ったからとウェルシーの要求を叶えてしまうと

しばらく待てば、人が願いを叶えてくれる。

よし、一声吠えてやればいいや。

と考え、この先も一声吠えが続くことになると思います。

今回は

吠えてもだめなら、可愛くきゅんきゅん言ってみる。

という手を使ってきたので、可愛くても要求は要求と思って、今後も一貫した対応を取っていこうと思います。

その後は今日まで吠えていないのですが、ウェルシーがどう出て来るのか、様子を見ていかないとですね。

CIMG6319

しかし

ハウスから出してよ~!出してよ~!!

わんわんわんわん!!

と頭が一杯にならずに、一声吠えて人の様子を見るというのは、冷静な頭を持っていますよね。

この先どんな風に成長していくのでしょうか?

たくさん吠える場合

吠え疲れて黙るのを待つという作戦で

吠えていると願いは叶わない。

吠えずにおとなしく待っていると願いは叶う。

と学習してくれる可能性が高いです。

しかし、シオンの「ハウスなんてやだ~!」吠えのように、この方法でうまくいかない場合もあります。

シオンは訓練士さんに相談し、ハウスに少しでも入れたら褒めて、吠える前に出し、ハウスを入ったら褒めてもらえる場所、というように持って行きました。

関連記事→夜鳴き大王 一人で眠れるかな? 特訓中

やはり、その仔に合った方法を考える必要があるのですね。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

PREV
お見送り パパを隠したでしょ!!
NEXT
車でお出かけとホームセンターでカートを体験

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Comment

  1. miko より:

    吠え一つとってもその吠え方を見て対応を変えないと
    効果がなかったりしますよね〜。
    これは放っておいた方がいい吠えと
    放っておくと助長しちゃう吠えと。。。

    色んな対策がありますよね〜。
    訓練士さんは本当に心強いですね。

    • gd.vol より:

      mikoさん
      ウェルシーちゃん、吠えるは噛むはのなかなかやんちゃ姫でございます。
      一口に「吠える」とか「噛む」と言っても、その向こうにある犬の気持ちはそれぞれですね。
      何頭育てても、やっぱり
      困った時の訓練士さん!
      です。

  2. ケインママ より:

    ウェルシーちゃん、
    むやみに吠えてるわけではなくて、
    一声吠えてみて反応を待ってるのでしょうね。
    なかなか賢いですね♪
    きゅんきゅん鳴きも可愛すぎて反則ですよね〜笑
    ウェルシーちゃんの可愛さに負けずにがんばってくださいね(^^)

    • gd.vol より:

      ケインママさん
      ウェルシーなりに
      どうしたら人の気が引けるのかな?
      とか
      どうしたら可愛がってもらえるのかな?
      とか、一生懸命考えていますよね。

      あたし可愛いでしょ?
      だからお願い聞いてよ。
      みたいな感じが女の子っぽいですよね~。

  3. ツムギ母 より:

    いろんな形で仔犬は自己表現をして、それがやっても(吠えても)意味がないんだ、と理解してもらう…根気が必要ですね。しかも吠えてもダメなら可愛くキュンキュ〜ン! 小悪魔ウェルシー(^^)

    • gd.vol より:

      ツムギ母さん
      吠えるのも飛びつくのも甘噛みも、犬の社会では悪いことではないのに、人の社会に入ると「やめてね」と言われる・・・。
      わんこからしたら
      えぇ~!!
      ですよね、きっと。
      わんこも我慢したり頑張っているんですよね。

      この
      人との生活のルールを学び、人と一緒に楽しく暮らせる犬
      を目指すのが、パピーウォーカーの使命でして・・・。
      これがなかなか難しいんですけどね。
      ね~!小悪魔さん♪

関連記事

お留守番なんて嫌い! 寂しいから吠えちゃう!!

ケージやクレートに慣れて「House」の指示で入れるようになったウェルシーさん。 そろそろお留

記事を読む

吠える~!寝ぼけながらの警戒吠えって何それ?

ウェルシーは委託当初から吠える仔でした。 と言っても、たくさん吠えるわけではなく わん!

記事を読む

2017年 短い夏を思い出に

今年のウェルシー地方の夏は、当初はスーパー猛暑になる予想でした。 猛暑と言うだけでげんなり・・

記事を読む

おばあちゃんからのプレゼントなのかな?

歯を当てたり飛びついたりするくせに、パパにベッタリのウェルシー。 ちゃっかりパパの腕枕で寝てい

記事を読む

生後5か月のウェルシーへ

9月14日で、ウェルシーは生後5か月になりました。 体重は 16.5㎏

記事を読む

盲導犬のトイレってどうするの?ワンツーベルトに挑戦開始

盲導犬は、目の見えない、見えにくい人と一緒にお出かけをするので、家庭犬と同じように外で自由に排泄をし

記事を読む

しばらく続く甘噛み攻防戦

ウェルシーは、現在生後2か月半すぎ。 7月14日で丸3か月になります。 カミカミは最初か

記事を読む

犬が前足や後ろ足で顔や体を掻く理由

私はパピーたちが前足や後ろ足で身体を掻いているのを見ると、つい掻いてあげたくなってしまいます。

記事を読む

要求吠えを叱ってみた

吠えネタ第2弾です。 ウェルシーが吠えるのは、たいてい一声で少し苛立ってくると二声になるのです

記事を読む

おとなになったね 生後5か月の掃除機への反応

パピーの掃除機への反応もそれぞれですね。 ウェルシーは初めての掃除機体験では、びっくりしてへた

記事を読む

わがままな犬だと思うときもあるけれど

朝から冷たい雨が降り、ウェルシーは朝の散歩に行けませんでした。

ワンツーベルト練習中 実際に使ってみる

生後7か月を迎え そろそろ練習してみてください(無理のない範囲で

シャンプー後に暴れる犬 苦手なタオルドライを克服

ウェルシーを洗濯・・・じゃなくてシャンプーしました。 シャンプー

W-15胎 5回目のパピーレクチャー

11月19日はパピーレクチャーでした。 今回のレクチャーは「地域

盲導犬のトイレってどうするの?ワンツーベルトに挑戦開始

盲導犬は、目の見えない、見えにくい人と一緒にお出かけをするので、家庭犬

→もっと見る

  • follow us in feedly
PAGE TOP ↑