W-15胎 3回目のパピーレクチャー

8月27日

3回目のパピーレクチャーでした。

今回はウッディ家がお休みだったので、5家族の参加でした。

レクチャーの内容

  • 夢中作り
  • ドアの出入りの練習
  • お散歩

夢中作り

おもちゃを使ってパピーと楽しく遊びながら、パピーとコミュニケーションを取ります。

最終的にはおもちゃではなく、人に注目しコミュニケーシを取れるように練習していきます。

ウォルト

CIMG7078

ワット

CIMG7083

ワーナー

CIMG7087

ウェルシー

DSCF2191

ウィニー

CIMG7088

おうちとは環境が違うため、他の人や犬が気になる場面もありましたが、みんなパピーウォーカーさんと楽しく遊び「sit」や「wait」などのコマンドも聞けるようになってきました。

ドアの出入りの練習

5頭を2組に分けて、それぞれ別のドアを使って練習しました。

ウェルシーはウィニーと一緒でした。

お姉ちゃんに「sit」「Wait」と言われ、座って待つウィニー。

CIMG7109

お姉ちゃんが外へ出て

ウィニー、Come

呼ばれると尻尾を振ってトコトコ歩く可愛いウィニーです。

CIMG7110

パピーが

ドアが開いたら勝手に行くのではなく、ドアの前で待って「Come」と言われたら出入りをするんだな。

と理解するまでは、このくらい細切れにやると犬が理解しやすいと思います。

何回か練習すると理解してこうなります。

ウェルシー、Wait

CIMG7111

Come

CIMG7112

ドアの出入りは、基本は

人が先、犬が後

です。

理由は、安全のためです。

ドアを開けたら人より先に犬が「わ~い!」と飛び出した場合、人や車や自転車などがいたら事故につながることもあります。

特にリードを両手で持つ習慣の無い人や、伸縮リードを固定していない人は、一瞬で犬が飛び出してしまいます。

ドアの前で

ちょっとまってね。

ドアを開けて、人が1歩出てから

おいで。

これだけできれば大丈夫なので、家庭犬のみなさんも犬の安全に気を配ってあげましょうね。

お散歩

ウィニー

CIMG7125

ワット

CIMG7124

ウォルト

CIMG7123

ウェルシー

CIMG7127

ワーナー

CIMG7126

みんな暑そうですが、元気に歩きました。

みんな課題は同じで。

「パクリンチョ」防止ですね~。

もちろん草むしりも・・・。

CIMG7128

落ちているものや草ではなく、人の方に気持ちを持ってきてもらえるように「人が魅力的」にならなくてはいけませんが、即効性のある手段は無いので、日々コツコツとやっていくしかありません。

レクチャールームに戻り、各パピーウォーカーさんから排泄の状況をお話ししてレクチャーは終了です。

成長を感じた

夢中作りなどで、他の仔の番のときは待ち時間になりますが、この胎の仔たちはみんな最初から「待機」が上手でこんな風にいいこに待ちます。

CIMG7087

そんな中、ウェルシーだけは初めてのレクチャーでは

もっと遊びたいよ~!

と吠えましたし、2回目のレクチャーでも遊びたくてピーピー言いました。

今回のレクチャーでは、他の仔の番の時に

あたしも遊ぶ~!!

と飛び出そうとはしましたが、リードが張れてそれ以上行けないと諦めました。

そして、伏せて待つことができました。

CIMG7094

もちろん、まだずっといいこに伏せて待っていられるわけではなく、立ち上がったり飛び出そうとして、また諦めて伏せて・・・。

CIMG7084

その繰り返しでしたが、吠えたりピーピー言うことはありませんでした。

少しお姉さんになったな~と思いました。

爪切り嫌い~!

レクチャーの後、訓練士さんに爪切りをしていただきました。

ウェルシーは、お手入れは苦手で爪切りも嫌いです。

訓練士さんに抱っこされたとたんに、この表情です。

やだ~!

訓練士さんは、無言でウェルシーのお腹をコショコショ、なでなでして落ち着かせます。

CIMG7132

落ち着いたところで

パチン!

やだ~!!

暴れるウェルシーです。

CIMG7133

また、無言で優しくなでなでします。

CIMG7135

最初は目を剥いて抵抗していたウェルシーですが

CIMG7138

だんだん身体の力が抜けて、お顔も諦めたような表情になりました。

CIMG7139

もちろん、これで次からすんなり爪切りができるわけではありませんが、怖がらせないように回数を重ねていくうちに

嫌だけど怖いことは起こらないんだな。

嫌だと思っていたけど、まあ大丈夫だな。

とウェルシーが理解してくれれば、受け入れられるようになると思いました。

訓練士さんのお話では

ウェルシーの性格だと声をかけてなだめたりするより、無言の方がいいでしょう。

ということでした。

家でここまでやるのは難しいですが、今日は右の後ろ足だけ、明日は左の後ろ足だけ。

という感じで少しずつやってみようと思いました。

おとうさんに会えたよ

この日のレクチャーは、父犬のユオン君とご家族が来てくださいました。

大きくなった兄弟姉妹の様子を見ていただけました。

CIMG7148

優しいユオンパパ。

兄弟やユオンおとうさんに会えて、レクチャーで頭も身体も使って疲れたウェルシーは帰りの車の中でぐっすり。

CIMG7151

クレートでの移動もだいぶ慣れたみたいです。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

PREV
室内遊びで子犬の頭と心を育てる|おもちゃ探しゲーム
NEXT
遊んでの興奮甘噛み|黄色い声を上げて子犬を触りたがる人をどう撃退する?

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Comment

  1. サナ父ちゃん より:

    確実にお姉さんになってますね~♪
    レクチャーって、成長を確認出来る貴重な場、でもありますよね…

    ウチは逆にサナ、幼いなぁ…って再認識させられる場でもありました(笑)。

    お手入れ系が大変そうですね…
    でも、ウェルシーちゃん賢いから、きっと学習してくれると思います♪

    • gd.vol より:

      サナ父ちゃんさん
      レクチャーって、成長を確認できたり、他の兄弟たちと似ているところとか、違っているところとか、見ることができて面白いですね。
      兄弟犬のパピーウォーカーさんとお話しして、ヒントが見つかったり、悩みも「うちだけじゃないんだ」と思えたり・・・。
      いろいろな意味で貴重ですね。

      お手入れは大変です。
      訓練士さんみたいにはできないので、様子を見ながら少しずつやっていきます。

関連記事

生後12か月のウェルシーへ

ウェルシーは明日、4月14日で1歳になります。 1日早いのですが、W‐15胎のみんな お

記事を読む

T-13胎7回目のパピーレクチャー

10月18日は7回目のパピーレクチャーでした。 ティンバーです。 相変わらず足長イケメン君だ

記事を読む

生後51日目の子犬がやってきた

わが家の4頭目のパピー、ウェルシー。 生後51日でやってきました。 生後54日でやってき

記事を読む

遊んでの興奮甘噛み|黄色い声を上げて子犬を触りたがる人をどう撃退する?

まだぎりぎり8月なのですが、早朝など涼しい時間帯があります。 出勤前のパパに甘えるウェルシー。

記事を読む

愛犬の性格を漢字一文字で表すと?

日本漢字検定協会が応募している「今年の漢字」というのがありますよね。 ちなみに昨年2017年は「北

記事を読む

8回目のレクチャー

2014年4月20日 8回目のレクチャーでした。 今回はイズモ達の母犬アリスちゃん一家も参加してく

記事を読む

初めてのレクチャー

2013年9月15日は、委託されて初めてのレクチャーでした。 兄弟姉妹の何頭かは、4日のワクチン接

記事を読む

かまってアピールをする犬は思い切りかまってあげよう

かまってほしいとアピールしてくる犬を、忙しいときにはしつこい、うざい、と思ってしまうかもしれませんが

記事を読む

飛びつく手も出る口も出る子犬をしつけられないのは甘やかすから!対策も考えたよ

あけましておめでとうございます。 まだ協会からの連絡はありませんが、ウェルシーは4月14日生まれなの

記事を読む

犬のしつけに「言い聞かせ」は有効か?

ウェルシーはお留守番が苦手です。 寂しくなって吠えてしまうんですよね。 今は眠ってから出かけたり

記事を読む

おもちゃを咥えて歩く子犬
子犬が人の足を噛んでくるのはなぜ?私は普通に歩いているだけなのに

普通に部屋の中を歩いているだけなのに、あるいは普通にお散歩をしている

抱っこされる犬
犬の肉球は何のためにあるの?役割と構造は?弱点もあるよ

犬の肉球って、ぷにぷにしていて可愛くて、ちょっと香ばしかったりして、

枝垂桜と犬
犬連れ桜の飯綱山公園歴史の広場(富士見城跡)優美な小諸八重紅枝垂を楽しもう

ウェルシーだよ♪ 長野県の「飯綱山公園歴史の広場」に連れて行ってもら

大手門
犬連れ小諸城址「懐古園」城下町より低い場所に築かれた穴城

ウェルシーだよ♪ 長野県にある「小諸城址懐古園」に連れて行ってもらっ

ドッグフードが気になる子犬
ドッグフードの選び方|正しい知識を身に着けてドッグフードを選ぼう

私たちの場合は、盲導犬協会の犬なのでフードは協会から指定されたものを

→もっと見る

  • follow us in feedly


    PAGE TOP ↑