生後5か月の子犬|反抗期に入ってきたかな?

公開日: : 第四話 ウェルシー, 犬育て

反抗期って一般的に使われる言葉ですが、上から目線ですよね。

わんこにも人間の子供と同じように、自我に目覚めるような時期があります。

症状は無視と抗議

さてウェルシーさんですが、5か月を過ぎてきた頃からかなり自己主張してきます。

コマンドも聞こえないふり。

無視

いつの頃から、分かっているのにコマンドを明らかに無視することが出てきました。

ウェルシー

sit

座らない。

だって、外で何か音が聞こえるんだも~ん。

耳だけ動いてこちらをチラっとさえ見ません。

ごはんにしよう。

これは、小さい声で言っても聞こえていて

ごはん?

今、ごはんって言ったよね?

とテンションが上がり、さっさとケージに入ります。

自分にとって得になることは反応が早いですが、得にもならないと思うと知らん顔とか、平気でしますからね。

かわいくね~っ!

気に入らないと抗議する

そして、もう一つが抗議です。

例えば「Houseと」言われてもケージに入りたくないとき。

今までは

入りたくないな~。

と動かないだけだったのに、最近は私の後ろに回って踵に歯を当てたり、顔の前で噛むフリをしたりします。

今度そんなことを言ったら噛むからね!!

って強く抗議しているのでしょうね。

CIMG7573

対策は

こんな時期の頃は、とりあえず同じ土俵に登らないようにすると疲れないですね。

無理に言うことを聞かせようと思っても、ウェルシーも嫌だと思うと本気で言うことを聞かなくなってしまいますからね。

避けたいのは、何度も「sit」「sit」と言ってしまって、結局言うことを聞かない。

またはやっと座る。

みたいなことですね。

人のいうことは聞かなくてもいいんだな。

という学習に繋がったり

何度も言われてから言うことをきけばいいや。

という学習に繋がってしまいますよね。

なかなか1回でコマンドを聞いてくれないことは多々ありますが、できそうな違うコマンドに変えてみたり、気持ちを切り替えて犬が聞いてくれそうな雰囲気に持っていけるようにしたいです。

CIMG7685

まとめのようなもの

反抗期(自我に目覚める時期)もその仔によって表現はそれぞれです。

うちに来た仔はみなそれなりにありましたが、反抗期なんてなかったと聞く仔もいますしね。

ちょっと扱いづらさはありますが、心が成長しているということなので、前向きに捉えていきます。

こんな時期はコマンドは最小限にして、できることをたくさん褒めて、たくさん一緒に遊んであげてのんびりお散歩にいくことにします。

ウェルシーが「ちょっと不満」と思う時間よりも「楽しい」と思える時間を意識していくうちに、可愛い嵐は去っていくと思います。

そんなウェルシーですが、一時期おもちゃを独占したい時期がありました。

関連記事→おもちゃへの所有欲が出てきたのかな?

最近は、また人と一緒に遊ぶ方が楽しくなっているみたいです。

CIMG7634

言うこと聞きたくないときだってあるけれど、やっぱり人と一緒に過ごすのが楽しいよね。

【パピーウォーカー実践日記まとめ】子犬の委託から涙のお別れまで

スポンサードリンク

スポンサードリンク

PREV
お父さんは子ども(犬だけど)に甘い
NEXT
W-15胎 4回目のパピーレクチャー

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Comment

  1. Lママ より:

    ウェルシーちゃん、エル夫も同じです(笑)
    絶対に聞こえてるのに、知ら〜〜ん顔します(笑)
    成長の過程なんでしょうね〜。

  2. サナ父ちゃん より:

    本気になったカミさん(笑)には逆らいませんでしたが、サナも人の顔を窺いながらもサナなりに自己主張をしてました。

    カミさんには「遊びたいおもちゃ、それじゃない!」
    私には「サナが歩きたいのはそっちの道じゃない!」

    とか(笑)。

    そして、いつの間にか自分で考え、判断出来るようになり、やがて人との関りの中で自分がどうすればいいのか、考えて行動するように…なったかな?(笑)。

    ワンコ達って、スゴいですね♪

    • gd.vol より:

      サナ父ちゃんさん
      訓練士さんによると、この頃は人間で言うと8~10歳くらいなのだそうです。
      自分を取り巻く世界に慣れてきて、楽しくて仕方がないですよね。

      この時期に伸び伸び過ごさないと、自分で考えて判断する力はつきませんよね。
      「伸び伸び」と「自分勝手」は違うので、さじ加減が難しいですが、協会からお願いされているルールの中で、犬の主張も受け止めていくようにしていきます。

      犬達は、自分がどうすれば人に可愛がられて楽しく暮らしていけるのか、学習していく力を持っていますよね。
      ほんと、わんこってスゴイです♪

  3. ツムギ母 より:

    自我に目覚めたウェルシーちゃん。
    成長の過程では大なり小なりあることなんでしょうが、さじ加減が難しいですよね。
    ほとんどの時間を一緒に過ごされているママさんは大変ですね〜(T-T)

    ツムギはお父さんに可愛がられ過ぎて反抗期ではないですが、時間をかけて少しずつ自我に目覚めて来ています。
    私の言うことなんて聞こえないフリ。『ごはん』と『お散歩』、そして『オモチャで遊ぶ?』には即反応(・_・; 『ワン・ツーしよっか?』の時の態度ときたら…嫌そうに、本当に嫌そうにノソノソ。何でもハイハイ!と言うことを聞いてくれたらベストかも知れませんが、ちょっとワガママを言ってくれるようになった事を嬉しく思う自分もいます。やっぱり親バカ(^^)

    • gd.vol より:

      ツムギ母さん
      犬ですが、人間の子育てに近いところがありますね。
      いろいろと大変なことがあっても
      愛情は必ず伝わる
      というところもまた同じですね。

      なんでも言うことを聞いてくれたらロボットみたいですよね。
      家族が困ったり、他人に迷惑をかけない範囲であれば、犬のワガママ(?)も聞いてあげたり、歩み寄ってあげていいのかな、と私は思います。
      家族なのに自分の気持ちも表現できなかったら、犬も辛いですものね。

関連記事

ママおしっこ!と訴える子犬

盲導犬パピートイレトレーニング WAIT ONE TWO

ウェルシーは、今月の14日で生後4か月になります。 委託から生後2か月齢の間に サークル=トイレ

記事を読む

パピーらしくなってきた!

えっ? つむたん、もうすぐ8か月齢でしょ? お姉さんになってきた! じゃないの?

記事を読む

生後12か月のウェルシーへ

ウェルシーは明日、4月14日で1歳になります。 1日早いのですが、W‐15胎のみんな お

記事を読む

犬の言葉「やめて」が聞こえた日

ツムギは穏やかな性格で、自分の気持ちを表現するときに噛む、吠えるなど、人にとっては厳しい、しかしある

記事を読む

最後のシャンプー 抜け毛も集めてみました

入所の準備が進んでいます。 ワクチン接種も終わって、次は最後のシャンプーです。 ウェルシ

記事を読む

ワンツーベルト練習中|実際に使ってみる

生後7か月を迎え そろそろ練習してみてください(無理のない範囲で) と訓練士さんに促され、ワンツ

記事を読む

生後51日目の子犬がやってきた

わが家の4頭目のパピー、ウェルシー。 生後51日でやってきました。 生後54日でやってき

記事を読む

犬にとって家は休む場所

3月2日付の日本盲導犬協会の協会ブログに、仙台訓練センターでの預かり訓練の様子の第二弾の記事がUPさ

記事を読む

W-15胎 1回目のパピーレクチャー

6月24日は、1回目のパピーレクチャーでした。 この日は、母犬のココアちゃんと繁殖犬ウォーカーさん

記事を読む

犬への指示語は日本語?英語?結論はこうだ!

愛犬に指示を出す時は日本語ですか? それとも英語ですか? 犬にとってはどちらが良いのでしょう?

記事を読む

おもちゃを咥えて歩く子犬
子犬が人の足を噛んでくるのはなぜ?私は普通に歩いているだけなのに

普通に部屋の中を歩いているだけなのに、あるいは普通にお散歩をしている

抱っこされる犬
犬の肉球は何のためにあるの?役割と構造は?弱点もあるよ

犬の肉球って、ぷにぷにしていて可愛くて、ちょっと香ばしかったりして、

枝垂桜と犬
犬連れ桜の飯綱山公園歴史の広場(富士見城跡)優美な小諸八重紅枝垂を楽しもう

ウェルシーだよ♪ 長野県の「飯綱山公園歴史の広場」に連れて行ってもら

大手門
犬連れ小諸城址「懐古園」城下町より低い場所に築かれた穴城

ウェルシーだよ♪ 長野県にある「小諸城址懐古園」に連れて行ってもらっ

ドッグフードが気になる子犬
ドッグフードの選び方|正しい知識を身に着けてドッグフードを選ぼう

私たちの場合は、盲導犬協会の犬なのでフードは協会から指定されたものを

→もっと見る

  • follow us in feedly


    PAGE TOP ↑