飛びつく手も出る口も出る子犬をしつけられないのは甘やかすから!対策も考えたよ

公開日: : 第四話 ウェルシー, 甘噛み 噛み

あけましておめでとうございます。

まだ協会からの連絡はありませんが、ウェルシーは4月14日生まれなので、入所は4月か5月になるのではないかと予想しています。

ウェルシーは今月生後9か月齢になりますが、相変わらず「遊んで~♪」の飛びつきや甘噛みが直りません。

改善方法を考えていきます。

飛びつきと甘噛みの様子

ねえねえ、遊んで遊んで

遊んでよ~。

ウェルシー

飛びつかないで。

だってぇ~!!

遊んで欲しいんだもん~!!

あ!!

噛んだ

噛んだから遊んであげない!!

ごめんなさい。

座りましゅ。

ねえねえ

あたし、いいこでしょ?

だから遊んでよぉ。

手を出してもだ~め!

悪い仔は遊んであげないよ~だ。

あ~ん

行かないで。

遊んで欲しいの~。

あれぇ~?

飛びついていいんだっけ?

だめでしゅ。

しっとでしゅ。

さて、この場面、何が問題なのでしょう?

犬は分かっているが人が許している

ウェルシーは人に飛びついたり、歯を当てるのは人に好まれないことなんだな。

というのは、分かってきています。

なので一生懸命座るのですが、なかなか待ちきれなかったり、人に触られると気持ちを抑えきれなくなって

嬉しいぴょん!

嬉しいカミカミ(歯を当てるだけですが)

が出てしまうんですよね。

ウェルシーは頑張っているのですが

でも

あ~ん!

我慢できない~!!

ってなるのが可愛くて、人がかまって楽しんでいるところがありますよね。

しつけが入らない子犬

ではなく

本当はダメだけど、これが可愛いんだな~♪

と思ってしまって、人が許しちゃっているだけですよね。

しかも、ウェルシーは

ここまでなら「可愛い範囲」って言ってもらえるよね。

というラインをちゃ~んと分かってやっていますしね。

犬って人間の子どもなみに頭を使いますよね。

人の方も、可愛さに負けてしまうのが犬育ての難しさかな?

対策

飛びかかる。

とか

ガブガブ噛んでくる。

というのであれば、人の方も

本腰を入れなくちゃ!

と思うのですが、ウェルシーの場合は

飛びつくと言ってもふわっと手をかけてくるだけ。

噛むと言っても歯を当てる程度。

なので人の方も、ついつい可愛いと思って許容しちゃうんですよね。

こういうのを世間では甘やかすと言います(苦笑)

ここで大切なのは、ウェルシーの飛びつきや甘噛みに反応しないことです。

犬を見ない。

飛びついても噛んでも「ダメ」などと声をかけない。

この場合、座ったままおもむろにスマホを弄るとか、いいかもですね。

相手にしてもらえないことを十分理解させたうえで、座ってもまだ期待があるうちは犬を見ず、落ち着いてからそっと褒めて、それから遊んであげる。

落ち着いていることがいいことなんだよね~♪

と伝えることで改善されていくはずです。

しかし、こやつ、憎らしいほど仕草が可愛く、人の心をとろけさせます。

人の決心が鈍る小悪魔女子犬なんです。

まとめのようなもの

ウェルシーは、子犬らしい天真爛漫な一面を持っています。

頭では人に飛びついたり、歯を当ててはいけないことは分かっているのですが、人の方が

このくらいなら可愛いよね。

と許容しているのがしつけられない理由です。

叱る必要はありませんが

どうすることが正しい行動なの?

座って落ち着くことだよね。

と教えていきたいです。

そして、ウェルシーが「遊んで欲しい」とコミュニケーションを求めてくること自体は良いことなので、飛びついたり甘噛みをする前にウェルシーの気持ちを満たしてあげるという、人の努力も大切なのでしょうね。

入所までに進歩するといいなあ。

***

うちではシオンが

遊んで~♪

の甘噛みではなく

これ放ってくと本気噛みになるかも?

と思うようなな噛み方をしました。

シリーズになっているので、興味のある方は過去記事をご覧ください。

対策の結果、入所までに人を噛むことは改善し、落ち着いた生活を送れるようになりました。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

PREV
しつけは「押し付け」ではなく犬の気持ちに寄添って
NEXT
盲導犬は可哀想な犬なのか?キャリアチェンジ犬ツムギのひとり言

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Comment

  1. ツムギ母 より:

    明けましておめでとうございます。
    ウェルシーさんの
    『あ〜ん、我慢できない〜〜〜!』
    の飛びつきやカミカミ、手を出しちゃう…。
    ちゃんと『ここまでなら許して貰える』のを知っていてやっている!ある意味、知能犯(^^)
    親としては『可愛い』と『躾』の中間で、受け入れたい気持ちと、やってはダメだよの狭間で心が揺れますね〜。
    でも最初から飛びつきやらカミカミをせず『我慢する』を理解出来ていることはウェルシーさんの成長♪喜ばなくちゃ♪(^^)
    それに『人が好き』って事で、そんな行動になっているのだから、『人間は安心して信頼できる』という目標はクリアしている〜♡
    入所時期がザックリと見えて来ちゃったウェルシー家。
    たーくさん、パパ&ママに甘えてね、ウェルシーさん!
    今年も宜しくお願いします♪

    • gd.vol より:

      ツムギ母さん
      明けましておめでとうございます。

      「遊んで」や「嬉しい」の飛びつき、悩ましいですね。
      犬としては悪気は無いし、最近のウェルシーは飛びつくというより、立ち上がって人の体に手をかける感じです。
      人の顔の側に近づきたい気持ちが伝わって
      可愛い♪
      と思ってしまうんですよね。
      やめさせないと・・・と思いつつ
      うちの犬なら、この程度全然OKだわ。
      と思っているところをウェルシーに読まれています(苦笑)

      あとは訓練士さんに丸投げでいっか?

  2. サナ父ちゃん より:

    あけましておめでとうございます♪
    今年もよろしくお願い申し上げます♪
    確かに…
    飛びつくとか、歯を当てるとか…
    望ましくはありませんが、
    「NO!」とか強い口調で戒めるばかりではいけないと思います。

    今、やってらっしゃるように望ましくないことやっちゃったら一瞬無視、治ったらすぐ「good~♪」が一番いいように思います。

    春頃にはそんなことあったっけ?
    みたいになっているような気がします♪

    • gd.vol より:

      サナ父ちゃんさん
      明けましておめでとうございます。

      初飛びつきや、初カミカミや、散歩のストライキも早速しましたし、相変わらず女番長ぶりを発揮しているウェルシーさんです。

      「無視」が今のウェルシーには一番いいと思うのですが、無視できないんですよね。
      だって犬を見てるもん。
      無視ってのはだな
      見ない
      触らない
      声をかけない
      三拍子揃えないと意味ないんだじょ。
      本気でやめさせようと思ってないよね~♪
      とウェルシーに見透かされているダメパピですね。

      もう、大好物の
      訓練士さんに丸投げ
      でいきたいです。

      今年は前半ウェルシー。
      後半は次の仔が来ると思いますが、またイベントなどでお会いしたいですね。
      今年もよろしくお願いします♪

  3. ケインママ より:

    あけましておめでとうございます♪
    今年もよろしくお願いいたします。

    子犬育てって楽しいんだけど悩ましいですよね。
    気付けば、ウェルシーちゃんのパピーウォーキングも後半戦。
    PW中の一年は本当に早く感じられますね。。
    賢くて可愛いウェルシーちゃん相手に、今年もパパさんママさん力を合わせてがんばってください。
    今年もブログ楽しみにしています(^^)

    • gd.vol より:

      ケインママさん
      あけましておめでとうございます。

      1年が本当に早いですね。
      パピーウォーカーも回数を重ねるごとにさらに早く感じます。
      あっという間に過ぎていく時間の中で、ウェルシーにも楽しい思い出をたくさん持たせてあげたいです。

      今年もよろしくお願いします。

関連記事

散歩する子犬

苦手な階段の昇降を克服

イケイケタイプのウェルシーですが、階段の昇降が苦手でした。 階段の練習のやり方と現在の様子を見ていき

記事を読む

おもちゃへの所有欲が出てきたのかな?

ウェルシーは委託当初から遊ぶのが大好きでした。 おもちゃを動かすとすぐに乗ってくれます。 お

記事を読む

伏せておもちゃを噛む子犬

生後5か月の子犬|反抗期に入ってきたかな?

反抗期って一般的に使われる言葉ですが、上から目線ですよね。 わんこにも人間の子供と同じように、自我

記事を読む

100%間違っていた子犬の甘噛み対策

犬を飼ったことがなかった私は、仔犬が甘噛みをするという知識はありましたが、実際にどんなものなのか全く

記事を読む

W-15胎 7回目のパピーレクチャー

1月21日はW-15胎とD-16胎の合同レクチャーでした。 W‐15胎は4月14日生まれ。

記事を読む

散歩で歩かないわがままな犬だと思うときもあるけれど

朝から冷たい雨が降り、ウェルシーは朝の散歩に行けませんでした。 そんな日はまったり過ごすことが多く

記事を読む

盲導犬のトイレってどうするの?ワンツーベルトに挑戦開始

盲導犬は、目の見えない、見えにくい人と一緒にお出かけをするので、家庭犬と同じように外で自由に排泄をし

記事を読む

甘えん坊で焼きもちやきの犬

わが家でお預かりしたパピーたち みんなパパっ仔になるのですが、ウェルシーもパパが大好きです。

記事を読む

すやすや眠る子犬

甘噛みが少ない子犬は育てやすいが問題は無いの?

子犬だったら(多分)絶対通る道「甘噛み」ですが、今のところツムギはそれほどでもありません。 1頭目

記事を読む

アイコンタクトで「ごはん食べていい?」と聞く犬

毎日の楽しみ ごはん 現在、日本盲導犬協会では フードを食べることは犬の当然の権利 という考

記事を読む

ロープで遊ぶ子犬
犬と楽しく遊ぶ方法!犬とは全力で向き合おう

ウェルシーは5歳ですが、遊ぶのはパピーの頃から大好きです。 お散歩の

伏せる犬
犬のしつけ「無視」はイジメ?無視の方法と犬を無視することが効果的な場面

犬のしつけの方法の中で「犬を無視する」というものがあります。 好まし

散歩する犬
犬を吠えさせる飼い主は犬が可哀想だと思わないのかな?

犬は吠える生き物です。 なので、犬が吠えるのは自然なことで問題行動で

座る犬
犬がよだれをポタポタ垂らしているけど大丈夫?病気の心配は?

ある日、これといった理由も見当たらないのに、ウェルシーがよだれをポタ

横顔ラブラドールレトリバー
犬の飼い主あるある?うちの犬は自分のことを人間だと思っている!それって問題なの?

昭和の頃の犬は外飼いで、その役割は番犬でした。 知らない人が来ても吠

→もっと見る

  • follow us in feedly


    PAGE TOP ↑