W-15胎 8回目のパピーレクチャー

2月18日

W-15胎、10か月齢のパピーレクチャーでした。

この日は空気が冷たかったのですが、よく晴れて富士山も一段と綺麗でした。

この日は、午前中にK‐16胎のレクチャーがあり、母犬のヒラリちゃんとご家族が見学にいらしていたので、ラウンジで一緒に昼食をいただきました。

短い時間でしたが、お話もできて楽しかったです。

そしてこの日のレクチャーは、W‐15胎の母犬ココアちゃんとご家族も見学に来てくださいました。

ココアちゃん、色白です。

レクチャーの内容

  • 夢中作り(おもちゃなしでも集中させる)
  • 車の乗降り
  • 足元待機

です。

夢中作り

W‐15胎の仔たちは、みんなパピーウォーカーさんに集中して上手に遊びます。

そこで、おもちゃが無くても人に集中して遊べるようにステップアップをします。

おうちでたくさん遊んでいるようで、みんな上手でした。

ウェルシーも、おもちゃを後ろに隠してみました。

Sitで待てるかな?

おもちゃを置いたけれど、まだWaitだよ。

OKというまで待ちました。

他の仔の番のときは待機の練習になります。

ウェルシーは、他の仔が遊んでいるとじっとしているのが苦痛です。

遊びたいので、おもちゃを取りに行こうとしてしまいます。

訓練士さんに、パパの足の間に入り頭を前に向けた形で伏せるように指示されました。

(この写真と逆向きになります)

訓練士さんは決して叱ったり威圧的な態度で指示をするわけではなく

ウェルシーwaitだよ。

と言い、できている時を

Goodだね。

と優しく褒めて、ウェルシーが動こうとすると、頭を人差し指でチョンチョンとして

waitだよ、今はwaitしてて欲しいからね。

と言い聞かせていました。

ウェルシーが指示に従うと、また優しく褒めます。

次第にウェルシーは他の仔が遊んでいる中で、落ち着いて待つようになりました。

ウェルシーは頭の中では

今はおとなしく待っていなければいけない。

ということは分かっているんですよね。

でも、遊びたい。

やらなくてはいけないことと、やりたいことが心の中でせめぎ合い、やりたいことを優先したくなっちゃうんですよね。

そこを「どうして欲しいのか」丁寧に伝えていくことで、犬も遊びたい気持ちより人に認められて褒めてもらえる方を選択していくのですね。

ものすごく勉強になりました。

定着させるためには根気が必要ですが、丁寧に伝えていこうと思いました。

車の乗降り

訓練車両に乗降りするのを練習しました。

ルールは

「House」の指示で車に飛び乗り「Come」の指示で飛び降りる

です。

まずは、一番高さの低い車です。

こんなの簡単よ♪

では、ちょっと高さのある車。

最初は階段を使って乗降りしましたが

あたし、できるも~ん。

階段無しで飛び乗り、飛び降りました。

では、最上級!

同じ車ですが、横から乗るともっと高さがあります。

へっちゃらだ~い!

飛び乗る、飛び降りるはウェルシーの得意分野ですね。

他の兄弟犬たち、飛び乗ってから車の床のにおいをクンクン嗅いでいました。

自分の家の車じゃないし、何だろう?

と確認する慎重さがあります。

ウェルシーは全くにおいを気にせず、淡々と指示で車の乗降りをしました。

足場がアスファルトから芝生に変わるだけで

なんだなんだ?

と興奮し、階段をあんなに怖がり(もうだいぶ慣れましたが)、初めての場所ではソワソワし、道路のにおいをクンクン嗅ぎながら歩く仔なのに、得意分野だと初めて乗る車にもかかわらず別犬のようです。

でも、どっちもウェルシーなんですよね。

足元待機

盲導犬になると電車の中などでは、ユーザーさんの足の下で待機することが多いです。

場所をとらず、ユーザーさんも犬が手の届くところにいてくれるのは安心ですね。

お見本を見せるかのように母犬のココアちゃんがいいこに待機していましたね。

練習する時間がなくなり説明だけになってしまいましたが、おもちゃを使って誘導するとやりやすいですね。

シオンのパピーウォーキング中に、レクチャーでショアが「得意技披露」でやっていたので写真をご紹介します。

ショア、ごめんね。

お尻しか写ってなかった。

向きが逆なので分かりづらいのですが、パパさん、ショアを自分の右側に来させて、右手でリードを持ち、左手に持ったおもちゃでショアを誘導して足の下に入れています。

ショアが入ったところで

Down

と言って伏せさせます。

犬が入りにくそうにしていたら、自分のお尻を椅子から浮かして空間を広くしてあげると入りやすいそうです。

犬連れOKのカフェなどに行くときもこうして待機できると便利なので、家でも練習してみたいと思います。

頭も身体も使い心地よい疲れ。

帰りの車はいつも爆睡のウェルシーです。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

PREV
盲導犬パピー ショッピングモールを闊歩する?
NEXT
えぇ~!座布団が怖いの?足裏敏感な犬

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Comment

  1. サナ父ちゃん より:

    もう、立派なものです。
    本当に今までお疲れさまでした♪
    あとはウェルシーちゃんと楽しい時間を過ごしていければ、ですね…

    本格的なレクチャーは最後ですか?
    本当に早いですね…

    • gd.vol より:

      サナちゃん
      なんとかここまで来ました。
      もう少しウェルシーに伝えたいこともあるので、伝えてあげることができたらいいなと思っています。
      そして、楽しい時間を過ごしていきたいです。

      3月のカレンダーをいただきましたが、3月はレクチャーの予定があります。
      入所の日程はまだ発表になっていませんが、島根のU胎が4月、神奈川のY胎までが5月とパピーウォーカーさんに聞いているので、W胎も4月か5月になるだろうな~と心づもりをしています。

関連記事

犬に「言い聞かせ」を続けてみます

以前、なかなかお留守番ができるようにならないウェルシーに「言い聞かせる」という方法をとってみようかな

記事を読む

夏の終りの冒険

今年のウェルシー地方の夏は、梅雨の間は晴れて梅雨が明けたら雨の多い日が続きました。 まるで、梅

記事を読む

音に敏感な犬への対処法

ウェルシーは、音に敏感です。 そうは言っても、掃除機に過剰な反応もしませんでしたし、トイレの水

記事を読む

テリトリー意識からの警戒吠え

ウェルシーには「吠える」という傾向があります。 そのうち要求や主張の吠えは(生後5か月現在)聞

記事を読む

子犬のお留守番トレーニング 一進一退が続く

お留守番の練習ですが、一進一退の状況です。 先日、ウェルシーが起きていても、ケージに入れて「留

記事を読む

換毛期を乗り切る3つの対策

3月に入った頃からウェルシーの抜け毛が増えてきました。 ここのところ急に暖かくなり、ちょっとブ

記事を読む

1頭の犬が人の心を繋いでいくんだね パピーウォーカーの喜び

ウェルシーの父犬のユオン君と、母犬のココアちゃんの繁殖犬ウォーカーさん宛てに、ウェルシーの委託直後か

記事を読む

最後のシャンプー 抜け毛も集めてみました

入所の準備が進んでいます。 ワクチン接種も終わって、次は最後のシャンプーです。 ウェルシ

記事を読む

落ち着いた犬に育てたい

ただいま~。 と帰ってきて犬が お帰り~!お帰り~!! と尻尾をブンブン振って、嬉

記事を読む

就寝前のひととき

わが家で約10か月間、家族の一員として生活を共にする盲導犬候補パピーたち。 性格はそれぞれなの

記事を読む

犬は幸せだと胴が長くなるらしい

先日、飼い主の女性が16歳のラブラドールのお腹を蹴るというニュースがあ

犬との関係づくりを考える 自己主張の強い犬が聞きわけが良くなった

ウェルシーは2月14日で、1歳10か月になります。 ウェルシーが

犬育て初心者が迎えたばかりの子犬の育て方で心掛けたいこと

日本盲導犬協会では、盲導犬の候補犬は概ね56日前後で、パピーウォーカー

うっすら雪が積もった日に雪に慣れていない犬とお散歩に行ったよ

ウェルシーだよ♪ 強い寒気が流れ込んだ2月の第2週の週末。

犬が散歩で引っ張る理由と引っ張りを直すしつけ2つの方法

ウェルシーだよ♪ ママと一緒にお散歩に行ったよ。 この日は

→もっと見る

  • follow us in feedly
  • 2019年2月
    « 1月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728  
PAGE TOP ↑