9回目のパピーレクチャー

公開日: : 第三話 シオン, パピーレクチャー

12月11日

生後10か月齢になったS‐14胎の9回目のパピーレクチャーでした。

今回のレクチャーの内容は

  1. 得意技を教えよう
  2. 犬同士のすれ違い
  3. グルーミング

でした。

1.得意技を教えよう

みなさん、得意技はありますか?

という訓練士さんからの質問に

シオンはお手くらいはできるけどな~。

と思っていたら、そんなちょっとした芸のようなものでもいいそうです。

新しいことを教えるためには、犬とコミュニケーションを取らなければできないことですし、何かができるようになって褒められると犬も褒めている人も嬉しい気持ちになります。

犬もできることが増えると自信につながるということでした。

レクチャーでは

カラーの指示で犬が自分からカラーやイージーウォークハーネスに頭を入れる練習をしました。

シオン

カラー♪

DSCF1817

DSCF1818

おもちゃで誘導しながら上手に頭を入れられたら遊んであげるのですが、一人でリードを持ってイージーウォークハーネスも持ったら、イージーウォークハーネスがうまく広がらなくて難しかったです。

一通り各家庭で練習した後、ソレイユ家が模範演技を見せてくれました。

ソレイユ

Sit

DSCF1819

ポチたまの取材が入っています。

このシーン、放送されるかな?

楽しみですね。

DSCF1820

上手にイージーウォークハーネスに頭を通し

Good~♪

と褒められ、ごほうびにおもちゃをカミカミです。

うん。

パパさんにリードを持ってもらうのが正解だった!

ツムギの時にもレクチャーで練習したので動画が張ってあります。

興味のある方はご覧になってくださいね。

動画は記事の後半の方です。

ツムギのときはリードなんか持っていなかったですね。

にもかかわらず、うまくできていないという・・・。

こちら→8回目 最後のパピーレクチャー

各家庭でパピーに何か得意技を身に着けてもらって、次のレクチャーで発表する!

という宿題が出ました。

シオン、何ができるかな?

いいアイディアがあったら教えてくださいね☆

2.犬同士のすれ違い

わが家では2頭目パピーのツムギが、他犬に対する興奮がハンパなかったので、シオンなんか可愛いものだわ。

と思ってしまいがちなのですが、シオンもかなり他のわんこが大好きです。

お散歩中も、なかなか他のわんこに知らん顔で歩けませんね。

訓練士さんからは

他犬を見たり、行きたがるのは仕方ありません。

行かせないようにするのではなく、行こうとしたら

Come

と呼んで、呼ばれたら人の方へ行くんだよ。

ということを教えてくださいというご指導でした。

DSCF1822

サクラとショア

上手にすれ違えました。

3.グルーミング

ただの犬のお手入れではありませんでした。

なんと!

アイマスクを着けて犬の身体を濡れたタオルで拭き、ブラッシングをして、もう一度濡れタオルで犬の身体を綺麗に拭くというもの。

後ろ足を拭き拭きしています。

DSCF1825

アイマスクを着けてしまうと、犬の表情もわかりませんし、嫌がっているのか心地いいと思っているのかもわかりにくいですね。

盲導犬のユーザーさんは、パートナーの微妙な身体の硬さや動きで判断するのでしょうか?

ブラッシングのときも毛がどこにどのくらい落ちたのか、さっぱりわかりませんでした。

シオンがおとなしくやらせてくれたので助かりました。

動かれてしまうと

あれ?

頭はどこ?

みたいな感じになります。

最後に爪切り、耳掃除など、通常の犬のケアをしてレクチャーは終わりです。

1週間のお泊りも終わり、シオンも一緒に帰宅しました。

やっぱりパパのお膝がいいな~♪

疲れたのか爆睡のシオンです。

CIMG4086

お泊り会は3頭ずつ分けて行うようでレクチャーの後、後半組の3頭がそのまま訓練センターへ預かりになりました。

関連記事→8回目のレクチャー

スポンサードリンク

スポンサードリンク

PREV
1週間のお泊り会
NEXT
体感受性が強い犬

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Comment

  1. miko より:

    シオンくんお帰りなさい。
    ママさんもパパさんもしばしの休息でしたね〜。

    そしてレクチャーお疲れ様でした。
    得意技って聞くとすごい技って感じに思いますね〜。
    ライリーは股の間をくぐるトンネルかな?
    ライリーの弟は芸達者で色んな技ができます。
    フードの時に食器を咥えて持ってきたり、
    トンネルの早いバージョンで大股で歩く間を通ったり、
    左右のどちらかに持ってるおもちゃを当てたり
    次何教えようかな〜っておっしゃってました。
    カラーはライリーにもやってみようかな〜って思いました^^

    犬とのすれ違いみんな上手ですね。
    ライリーはまだまだ犬大好きでロックオンしちゃうからカムとかシットをさせられて不満のご様子です^^;

    アイマスクしながらのグルーミングは動かれると本当にどこにいるの?ってなっちゃいますよね〜。
    私は歯磨きと耳掃除を経験しましたが、
    耳掃除はどうやって綺麗になったか判断するんだろ?って
    思いました。

    お泊まりからのレクチャーで疲れたことでしょうね〜。
    シオンくんもパパさんのお膝でぐっすりですね〜。
    ゆっくり休んでまた楽しい日々を過ごしてね〜。シオンくん〜♪

    • gd.vol より:

      mikoさん
      他犬とのすれ違いはComeで人の方に来られればいいみたいですよ。
      シオンもロックオン(できればしないうちに人に気を向けさせたいですが)してしまうので、リードをチョンとひいてComeで来てもらえるように練習しています。
      レクチャーでは同じメンバーのせいなのか、何回かComeで来させているうちに、他の兄弟犬の方に行かなくなってきました。

      普段視覚に情報のほとんどを頼っている身としては、視覚が使えないということはなかなか想像できないですね。
      こういった体験で、ユーザーさんの気持ちを理解していくきっかけができて良かったです。

      ライリーくんのお泊りは来年ですね?
      犬も人も離れてみて、お互いの絆を感じるかもですよね・・・☆

      ライリー君の弟君のワザ、すごいですね~。
      ジミなことですが、シオンもできそうなことがあるので、宿題を頑張ってみます。
      次回のレクチャーの報告をお楽しみに~(笑)

  2. サナ父ちゃん より:

    サナの得意技…何だろう?(笑)。
    それにしても、レクチャーの内容が凄いですね…
    レベル高過ぎ、かな。
    私じゃ付いていけないかも(汗)

    • gd.vol より:

      サナ父ちゃん
      得意技なんて言われちゃうと考えてしまいますよね。
      でも、普段遊びの中でやっていることで、できそうなことがあると思います。
      難しいことができなくても、シオンと楽しくコミュニケーションをとって練習してみます。

      レクチャーの内容、濃いですよね。
      私もイズモのときは、夢中作りばっかりやっていたような気がします。

関連記事

抱っこでお散歩 屋外の雰囲気に慣れよう

子犬が生まれると混合ワクチンを接種しますが、日本盲導犬協会では1回目のワクチンは委託の前に協会で接種

記事を読む

2016 キャンドルナイト 富士ハーネス

12月17日、18日に富士ハーネスで開催された「キャンドルナイト」に行ってきました。 1時過ぎ

記事を読む

わんこマッサージ

7月18日に神奈川訓練センターで、盲導犬ユーザーさんによる犬のマッサージの講習がありました。

記事を読む

W-15胎 2回目のパピーレクチャー

7月30日 2回目のレクチャーでした。 今日はどこに行くんですか? クレートの中で

記事を読む

犬とおでかけ 田貫湖

いつの間にかツクツクボーシの声を聞くようになりました。 気付けばお盆も過ぎました。 夏休

記事を読む

9回目のレクチャー

2014年5月17日 9回目のレクチャーでした。 この日のレクチャーは静岡駅周辺での募金

記事を読む

犬の温もりが人の心も優しくしてくれる

北海道盲導犬協会の2017年「スマイルカレンダー」をお持ちの方は、今月(2月)のページをご覧ください

記事を読む

お散歩の課題 引っ張らないで歩く

シオンがお散歩デビューをして1か月ちょっとが経ちました。 だんだんと外が楽しいと思えるようにな

記事を読む

盲導犬ふれあいキャンペーンに参加しました

10月10日 所沢西武での「盲導犬ふれあいキャンペーン」に参加しました。 この日

記事を読む

子犬 不安な気持ちの表現それぞれ

お散歩デビューしたばかりのシオンは、人の足元にまとわりつき、靴ひもを引っ張ったり リー

記事を読む

言うことを聞かない犬に苛立つ自分が恥ずかしくなった日

ここのところ寒いのですが、お天気に恵まれているので毎日ウェルシーとお散

ボールの持ってこい遊びにもマイブームがあるらしい?

お昼寝から目覚めたウェルシーに寝起きの排泄をさせると ねえねえマ

犬の身体にとって階段の昇降は負担 階段を怖がるのは当然かも

好奇心旺盛でイケイケタイプのウェルシーですが、一方で怖がりな一面もあり

刺激に敏感だけど散歩は好きなので

わが家の周辺は住宅街なので、わりと静かな環境です。 パピー達のお

犬は人の気持ちがわかっている?家族に寄添う犬

ここのところ、めっきり寒くなってきました。 暦の上でも二十四節気

→もっと見る

  • follow us in feedly
  • 2017年12月
    « 11月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
PAGE TOP ↑