お散歩 リーダーウォークとカム

公開日: : 第三話 シオン, 散歩

犬が飼い主から付かず離れず寄添って歩くことを「リーダーウォーク」と言います。

リードは張らず、軽くたるんでいる状態で犬が飼い主の横で歩けるのが理想です。

ちなみに本来の英語では「Loose leash Walking」と言い「引き綱が緩んだ状態での歩行」を意味するそうです。

最近のシオンはこの「リーダーウォーク」の状態で歩ける時間が増えてきました。

落ち着いて歩ける時間が増えていることを意味すると思うので、大きな進歩だと思います。

もちろん、クンクンもパクリンチョもしますし、興味のある方に引っ張って行ったりもするので、お散歩の時間ずっとリーダーウォークで歩けるわけではありません。

しかも、こんな感じで人からちょっと離れて歩くことが多いですしね。

IMG_3155

だんだん良い状態になってきたというところで、そのあとは訓練士さんに丸投げということにしたいです。

おじさんに遭遇

ある日のお散歩、シオンが上の写真のような状態でわりと長い時間歩いてくれました。

ゆっくり歩いていたので、後を歩いていた男性との距離が10m位まで詰まりました。

後から人が来るので気になるシオンは、時々振り向きます。

多分ですが

えへっ♪

という顔で見るんだと思うんですよね。

駅などでは女子高生が

可愛い~♪

可愛い~♪

と言いますし、かまってくれることもあります。

なので、シオンは

もしかしたらこのおじさん、遊んでくれるかもしれない。

という期待もあったかもしれません。

シオンが振り向くので、そのたびに太ももをパンパンと叩いて「Come」と呼びました。

呼ばれるとシオンは大急ぎでトットットっとやってきて私の足元につきます。

しかし、少し歩くとまた振り向いちゃうんですよね。

そのたびに呼んでいたのですが、一本道で曲がるところも無いし男性に先に行ってもらおうと思い、左側の民家の駐車場に入りました。

ママ、ここクンクンしてもいいでしゅか?

KIMG0304

クンクンクン

KIMG0305

まだ良いとは言っていませんけど~。

男性も、自分を気にしながらも飼い主に呼ばれて大急ぎで飼い主のそばへ行く犬が、可愛く(面白くかもしれませんが)見えたのでしょうね。

追い抜いて行くときに、シオンに向かって

いいこに歩かないと叱られちゃうよ~。

と声をかけました。

(叱っていませんけどぉ)

そして何を思ったのか、4~5m歩いてまた振り向いて両手を広げて

おいで~!!

と言いました。

そりゃあね、シオンにとってはさっきから気になる人でしたからね。

その人に

おいで~!!

なんて言われて両手を広げられたら

ダ~~~!!

ですよ。

若いラブのオス犬ですよ。

かなり力があります。

当然私は引っ張られます。

そういうことも考えてくれ~!!

と思いますよね。

迷惑なんだな、こういう人(おっと愚痴になった)

ここでカムだ~!

シオンが男性に向かってダッシュしてリードが張れた瞬間、自分の上体を屈めてリードに緩みをつくり、そして

えいっ!

とリードを引いて

シオン、Come!

と呼びました。

わ~い!

と男性に突進しかけたシオンですが「Come」という声の瞬間(リードをひいたので)身体がクルッとこちらを向かされてしまいました。

次にシオンの視界に入ったのは私。

あ!ママが呼んでいる!!

そのままタタタっとこちらへ来たので、Good~♪と褒めました。

おじさんのお蔭で、レクチャーで習った「Come」の実践ができたよ(笑)

シオンも一瞬にしてこちらを向かされてしまったので

わ~~い!おじさんに遊んでもらえるかも~!

の興奮がどこかへすっ飛んで

ママに褒められた~♪

という記憶しか残らなかったようでニッコニコでした。

シオン。

おまえ、意外と単純な男だな♪

スポンサードリンク

スポンサードリンク

PREV
お別れが近付いた時期のパピーウォーカーの気持ちってどうなの?
NEXT
犬が損得で動いている!と露骨に感じるとき

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Comment

  1. サナ父ちゃん より:

    落ち着いて歩けるようになったり、興奮してテンションMAXになっても呼べば我に帰って戻ってくるようになったりとか、本当にシオぴ~、good~♪ですね♪

    胸を張って、送り出せますね。

    • gd.vol より:

      サナ父ちゃんさん
      良い時ばかりではないにしても
      落ち着きがでてきたな~。
      と感じるようになったところが、やはり心の成長なのでしょうね。

      ええ!
      もう、胸を張って送り出しますよ。
      だって、お婿に行けるかどうかさえ心配だと思った仔でしたから。
      今なら「一緒に暮らして楽しい犬だよ」と言えます。

関連記事

頑張らなくていいよ CCボランティアさんからのお便り

シオンを迎えてくださったCCボランティアさんから、お手紙と写真が届きました。 シオンの新しいご

記事を読む

待機の練習をしてみました

花園フォレスト(埼玉県)に行ってみました。 ここのバームクーヘンがお気に入りです。 オン

記事を読む

6回目のパピーレクチャー~シオンの片思い~

9月11日、6回目のパピーレクチャーでした。 初めに、それぞれのパピーウォーカーさんがお散歩の

記事を読む

気を引きたいの!

最初 大変かな? と思ったシオンのトイレトレーニングですが、まずまず順調に進んでいます。

記事を読む

梅雨の晴れ間と雨の日と

ぼくの住む街も梅雨入りしたらしい。 梅雨入りして1週間くらい経つけど、毎日雨降りというわけでも

記事を読む

他の動物に反応する犬 ここまで成長しました

小さい頃のシオンは、犬でも猫でも鳥でも、もちろん風に舞う葉っぱやゴミでも、動くものに対して条件反射の

記事を読む

盲導犬パピー 排泄の悩みそれぞれ

5回目のレクチャーの日、ゲームの後に「排泄のお悩み」座談会をしました。 パピーを迎えた日から毎

記事を読む

お散歩 上手に歩けている時を褒めてあげよう

雲場池と旧軽井沢銀座を散策しました。 こちら→犬連れ軽井沢 紅葉の雲場池と旧軽井沢銀座

記事を読む

飛びつきとお出迎え

パパが帰宅すると玄関へお出迎え。 これもわが家のパピーたちの日課です。 小さい頃は

記事を読む

花火や雷を怖がる犬 対策を考えてみた

先日、地元の夏祭りがありました。 小さなお祭りですが、夜店が出たり打ち上げ花火も上がります。

記事を読む

タイムが咲く庭で日向ぼっこを楽しむ犬

これから5月にかけて、わが家の庭が一番綺麗な季節になります。 小

聴導犬に向いているかも?

ある日、自分のマットでくつろいでいたウェルシーが突然立ち上がり、部屋の

犬の下痢の症状と受診のタイミングを調べてみました

4月16日の午後、ウェルシーは下痢(泥状の便)をしてしまいました。

ポチたま サンディその後

私達は、BSジャパンの「ポチたまペット大集合!」で密着取材をしていた盲

W-15胎 10回目 最後のパピーレクチャー

4月15日はW-15胎の最後のパピーレクチャーでした。 天気予報

→もっと見る

  • follow us in feedly
PAGE TOP ↑