主従関係は間違い?犬は損得で動いている!

公開日: : 第三話 シオン

一般的に

  • 犬とは主従関係を築かなくてはいけない。
  • 上下関係をはっきりさせないといけない。

と言われているのは多くの人が聞いたことがあると思います。

最近は

家庭犬には上下関係よりも信頼関係が大切。

という説が主流みたいですね。

家庭犬には主従関係より信頼関係

私には専門的なことは分かりませんが、3頭のパピーを育てた経験からは、犬は人に対して上下の区別はしていないように感じています(個人的な感想です)

犬は、自分に嫌なことをする人は嫌いですし、自分に優しく接してくれて、毎日快適で楽しい暮らしを提供してくれる人が好きです。

人に対して上か下かというより、安全で安心できる人かどうかを基準にしているのではないかと感じています。

犬は自分に正直!損得で動く?

パパの言うことは聞くのにママの言うことは聞かない。

ママは犬になめられているのかしら?

ということはよくありますよね。

一見すると犬が家族に順位をつけているように感じますが、犬にとってはママの指示は分かりにくく伝わらないので、言うことを聞かないだけだと思います。

ママが下に見られているのではなく、犬にわかりやすい指示の出し方を工夫する必要があります。

そして、犬たちは上とか下とかではなく

  • この人にはどんな態度を取ったらお得か
  • この人にはどう振る舞ったらは自分の気持ちがうまく伝わるのか

家族の性格を見て、常に考えて行動しているように感じます。

この人にはこう振舞うとお得だ!

わが家のある朝のお話です。

パパ~。

おっはよ~。

ぼく、待ってたんだよ!

ねえねえ、早く散歩に行こうよ~。

ぴょ~ん!

CIMG4928

ちょっと待ってよシオン。

パパは上着を着ないと行かれないよ。

ぼくはいつでも行けるぜ。

人間って面倒くさいなあ。

早く支度してよねっ!

しばらく飛びついたりしなかったのですが、最近また興奮や要求で飛びついたり、服や手をちょっと噛んだりするようなときがあります。

悩んでいた3~5か月齢頃のようにガブガブ噛むわけではないのですけどね。

ねえ!ねえ!

という催促したい気持ちを、力技で訴えてきます。

毎度毎度というわけではありませんが、シオンの中で催促したい気持ちがMAXになった時などに出るのだと思います。

そして、毎度のことですがパパにだけします。

パパは

ちょっと飛びついてくれた方が可愛いよね。

とか

歯を当てるくらいならそれも可愛いよね。

と「身体を使って感情表現をしてくれる犬が好き」というタイプなので、それをシオンも分かっています。

そして、シオンの方も加減を心得ています。

叱られない範囲でうまくやるんですよね~。

いいコンビなのかなあ?

シオンに仕切られているような気がするのは私だけ?

CIMG4768

一方、私は犬に飛びつかれるのは嫌なので、シオンは私には飛びつかないのです。

得にならないので動きません?

お散歩から帰ってくると

もう眠そうですね。

CIMG4942

パパは仕事に行きますが、見送りにも行きません。

自分が出かけられると思うときは、ストーカーのようにパパにまとわりつきますし、飛びついたり、歯を当てたりして催促するのに、なんて薄情なことでしょう。

もう、パパのそばに行ったところで、自分にはメリットが無いことをよ~く理解していますよね。

CIMG4943

今日は曇りで日が当たらないので、窓辺には行きません。

ちょっと寒いのか丸くなって、自分のマットの上ですやすや眠るシオンでした。

まとめのようなもの

犬が自分の気持ちを表現するときに

家族のどの人には、どう表現したら可愛がられるか?

考えて行動しているのは可愛いと思います。

これを上手に生活に生かしていくのであれば

パパやママの言うことを聞くと、褒められて楽しい(お得)ね。

と犬に学習させて、犬が

人の言うことを聞くのは楽しい♪

と思ってくれるように持っていくことが大切ですよね。

そのために必要なのが

飼い主さんは、嫌なことや怖いことをしない絶対安心安全な人。

という安心感で、上下関係ではないと(個人の経験上は)思っています。

盲導犬は「お仕事をする犬」なので、ユーザーさんにとっては家族の一員であっても「上下」の部分も必要なのかもしれません。

そこは訓練士さんにお任せして、パピーウォーカーの私たちは「家族」の安心感と楽しさをパピーに伝えられたらいいなと思います。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

PREV
子犬1歳現在のリーダーウォークの状況と散歩中のカムの練習
NEXT
リーダーウォークができない理由は子犬に負けているから?

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Comment

  1. miko より:

    シオンくん。。。パパさん泣いちゃうよ〜^^;
    思わず笑ってしまいました。
    (パパさんごめんなさい)
    この差がパパさんをメロメロにしてることわかってやってるシオンくんですね。
    我が家にも同じようにしてる子がいますよ〜^^;

    • gd.vol より:

      mikoさん
      思い切り犬らしい素直さ(笑)
      シオンの肉球の上で転がされている私達です・・・。

  2. サナ父ちゃん より:

    かわいいから、許しちゃいますよね…
    ホントにワンコは人見て態度変えますよね…(笑)。

    賢いです。

    この賢さがいつか、どなたかの為になってくれたら、ですね♪

    • gd.vol より:

      サナ父ちゃんさん
      人の弱みのツボを心得ていますよね、わんこって!
      賢さを良い方に伸ばせたらいいなと思って育ててきました。
      誰かを幸せにするために、この賢さを使ってくれたらいいなと願っています。

関連記事

他の動物に反応する犬 ここまで成長しました

小さい頃のシオンは、犬でも猫でも鳥でも、もちろん風に舞う葉っぱやゴミでも、動くものに対して条件反射の

記事を読む

生後13か月のシオンへ

シオンは3月1日で1歳1か月になりました。 体重は う~~~ん・・・。

記事を読む

ごはんだよ。OKと言われるのを待つ子犬

ハウスが嫌いな子犬はごはんでも釣れない!ハウストレーニング苦戦中

日本盲導犬協会では、夜間や留守番時など、人が目を離すときは犬をケージに入れるように指導しています。

記事を読む

子犬の初雪体験

11月24日、シオン地方に初雪が降りました。 首都圏で11月に降雪を観測するのは54年ぶりのこ

記事を読む

気が小さいけど適応能力は高いかも?

シオンは車酔いをしなかったので、車でのお出かけは最初から楽で助かりました。 車酔いはしませんで

記事を読む

1週間のお泊り会

シオンは12月4日から1週間「お泊り会」ということで訓練センターにお泊りになりました。 帰って

記事を読む

犬の散歩 寄り道も大切かもね

ここのところ寒いです。 冬晴れ、乾燥した北風。 シオン地方の冬の特徴なのですが、風が冷た

記事を読む

S-14胎5回目のパピーレクチャー

8月20日は5回目のパピーレクチャーでした。 シオン家は4回目のパピーレクチャーを欠席したので

記事を読む

犬連れいせさき市民の森公園 河津桜でお花見

先週、河津桜が咲いている川沿いの遊歩道を散策しました。 関連記事→河津桜の散歩道 そのときはまだ

記事を読む

やんちゃなラブラドールレトリバーの子犬|お散歩デビューは遊びになっちゃった

わが家の家庭の事情により、シオンは現在ステイウォーカーさんのおうちで預かっていただいています。 預

記事を読む

子犬たち
出産後の母犬のケアと母犬の様子

ウェルシーは富士ハーネスにて、2021年12月6日に2回目の出産をし

ウェルシー仔CC犬
盲導犬とパピーウォーカー

日本盲導犬協会のボランティアや賛助会員に向けて、年4回発行されている

子犬生後約1か月
繁殖犬=嫌な言葉だ!可哀想?盲導犬繁殖犬の実態

ウェルシーは、2021年12月に富士ハーネスで2年振り、2回目の出産

眠る子犬たち
叱らない子育ては難しい!犬への接し方を子どもに応用してみた

明けましておめでとうございます。 わが家のウェルシーさん、子育て中の

眠る子犬
子犬生後3週間|世界がどんどん広がるよ

ウェルシーとトーマス君の子犬たちが生まれて3週間をちょっと過ぎた頃、

→もっと見る

  • follow us in feedly


    PAGE TOP ↑