犬が顎を乗せてくるのはなぜ?犬の気持ちを考えてみた

今までにわが家でお預かりしたパピーたち。

気持ちの表現方法はそれぞれなのですが、シオンとウェルシーは顎を乗せてくることが多いです。

上から撮っているので分かりにくいですが、テーブルの下に入って私の膝の上に顎を乗せるウェルシーです。

服の裾に鼻先を突っ込んでいます。

犬が顎を乗せるとき気持ちを考えてみました。

  1. 甘えたい
  2. かまって欲しい
  3. ごはんが欲しい
  4. 信頼している
  5. 飼い主を下に見ている

犬が顎を乗せるしぐさは可愛いですよね。

順番に見ていきましょう

甘えたい

わかりやすいですよね。

顎を乗せて、じっと見つめてきたりします。

ママ一緒にいたいの~。

できれば抱っこがいいよ~。

安心して甘えられるということは、信頼関係ができていることですし、優しくなでてあげたり、抱っこしてあげたりしてさらに絆を強めていきたいですね。

関連記事→抱っこの数だけ絆が強くなるらしい?

なので、手が空くと抱っこしてあげちゃいますね。

かまって欲しい

かまって欲しい時に顎を乗せて来る仔もいます。

わが家に来た仔の中には、手を出して来る仔もいました。

関連記事→要求お手

要求して吠えるのは生活の上で(人が)好ましくないので「吠えないでね」とお願いします。

すると犬は頭がいいので、どうすれば家族の気を引けるかと考えるんですよね。

顎を乗せたり、手を乗せたりすることで要求が叶えられると

こうすればいいんだ~!!

という学習になります。

犬の要求なんて、日頃私達が犬に要求していることに比べればささやかなものです。

私は可能な限り犬の要求には応えてあげるようにしています。

わがままにならない?

と言われることがありますが、今のところ問題行動に繋がった仔はいません。

むしろ心が満たされる方が聞きわけが良くなる感じで、手が離せないときなどには

ちょっと待っててね。

などと言うと、ちゃんと待ってくれるので、今のところ困ることはありません。

ごはんが欲しい

犬の腹時計はかなり正確なようで、だいたい同じくらいの時間にごはんをあげているせいなのでしょうが、ごはんの時間が近くなると顎を乗せてじっと見つめて

ねえねえ、ママちゃん。

あたしのごはん、まだですか?

と言ってくることもあります。

ケージでごはんを食べさせているので、ケージに入ってちょこんとお座りして

ごはんまだですか?

と言ってくることもあります。

やはり、手が離せないときは待ってもらいますが、だいたいごはんの時間になっていて、手も空いていればそのままごはんにしています。

もちろん決められた回数のごはんの他には与えていないので、それ以外に欲しがることはありません。

家庭犬のみなさんは、おやつをあげていることも多いと思いますので、欲しがる度に与えない方がしつけの上でも健康の上でもいいですよね。

信頼している

犬は体の一部を何かにくっつけていると落ち着くと聞いたことがあります。

犬にとって顎というのは、物の振動をいち早く察知する骨伝導の機能感覚のあるとても敏感な部分です。

その、大切な顎を人にゆだねて安心できるということは、信頼しているということに繋がると思います。

飼い主を下に見ている

犬が顎を乗せてくるのはカーミングシグナル(自分の意思を伝えるための体を使った表現)のひとつで「私の方が優位」という意味があるのだそうです。

しぐさが可愛いからと、なんでも犬の言いなりになってしまうと

家族はみんな自分の言うことを聞いてくれる。

という学習に繋がり、犬の言うことを聞いてあげられないときに、犬はそれをストレスに感じて

なんだよ~!

ごはん食べたいって言ってるじゃん!!

遊んでって言ってるじゃん!!

と吠える、噛む、など人にとって好ましくない強い表現をするようになるのかもしれませんね。

まとめのようなもの

人の言葉を話さない犬だからこそ、何気ないしぐさの中から気持ちを読み取ってあげたいですよね。

犬は人との暮らしの中で、人の要求をたくさん聞いてくれていると思うので、ささやかな犬の要求には応えてあげたいと思っています。

しかし、応えてあげられないときは

ちょっと待っててね。

とか

それはできないよ。

と伝えることも必要だと思っています。

犬の心を満たしてあげることを大切にしながら

あなたは家族の中心ではなく、家族の一員だよ。

と伝え、お互いに尊重し合って暮らしていきたいなと思っています。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

PREV
犬と暮らす小さな幸せ
NEXT
犬は人の気持ちがわかっている?家族に寄添う犬

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Comment

  1. サナ父ちゃん より:

    サナは「抱っこ~♪」のおねだりでしたね…
    もう、即、「OK♪おいで~♪」でした。

    「come」じゃないんですね(笑)。
    使い分け(笑)。

    いいのか悪いのかはわかりませんが、嬉しかったですね…

    • gd.vol より:

      サナ父ちゃんさん
      「come」と「おいで」の使い分けですか。
      なるほど~。
      訓練士さんも
      子犬なのでたくさん甘えさせてあげてください。
      と言っていましたから、わが家も抱っこOKです。

      おかあさんは、家も職場という部分があるので、全てのおねだりに応えてもいられませんが、おとうさんは、家はくつろぐ場所になるので、おねだりはみんな聞いてあげちゃいますよね。
      おとうさんとは一緒にいられる時間が少ないので、犬にとってはそれも喜びだと思います。

  2. ツムギ母 より:

    ツムギも甘える時、眠たい時に顎を乗せてきますね。冬限定では脇の下に鼻を入れて来て、そのまま寝ちゃう…苦しくないのか⁈(^^)
    パパさんとママさんに大切にされ成長したツムギは
    『今はダメよ、ちょっと待ってて。後で必ずね!』をちゃんと理解してくれます♪
    たまに『ブ〜ッ』って言いますが(^^)
    ウェルシーさんもパパさんママさんからの、たくさん愛情を感じて、人を信用していますね(^^)
    ウェルシーさん、た〜くさん甘えてね(^^)

    • gd.vol より:

      ツムギ母さん
      そうそう!わきの下に鼻を突っ込んできましたね~。

      ちょっと頑固なところもあり、拗ねるとなかなか面倒くさいツムギですが、聞き分けてくれているようで安心しました。
      つむたんも、おとうさんとおかあさんにたくさん甘えてね。

関連記事

嬉しいとき遊んでの飛びつき どう対処する?

ウェルシーは生後5か月半くらいになりました。 大部分の歯が生え変わり、永久歯になりました。

記事を読む

犬に「言い聞かせ」を続けてみます

以前、なかなかお留守番ができるようにならないウェルシーに「言い聞かせる」という方法をとってみようかな

記事を読む

ちょっと怖いな 激しい雨と風の音

シオぴ~地方に台風がやってきました。 何しろ、8月の平均雨量以上の雨の量が1日で降りましたから

記事を読む

犬がアイコンタクトをしない お散歩でのアイコンタクトの教え方

昨日、ウェルシーが初めて人を見上げるようなアイコンタクトをしてくれたことを記事にしました。 見

記事を読む

子犬がハウスに入るのを嫌がるようになってしまいました

今まで ハウスが好きで、眠くなると自らケージに入るし助かるわ♪ と思っていたウェルシーで

記事を読む

お散歩デビューから4日目の様子

お散歩デビューから4日目 6月27日のウェルシーの様子です。 道路に降ろすとまずくんくん

記事を読む

夏の終りの冒険

今年のウェルシー地方の夏は、梅雨の間は晴れて梅雨が明けたら雨の多い日が続きました。 まるで、梅

記事を読む

子犬のお留守番トレーニング 一進一退が続く

お留守番の練習ですが、一進一退の状況です。 先日、ウェルシーが起きていても、ケージに入れて「留

記事を読む

拾い食い改善中 いろいろ体験中

あと1週間くらいで生後6か月になるウェルシーですが、まだまだお散歩は大変です。 人の横で歩ける

記事を読む

オレ様は寂しがり屋だぜ! 文句あっか?

あるよ。 シオンがなかなか一人でハウスに居られないから、ママはなんにもできないじゃん。

記事を読む

犬が疲れた心を癒してくれる理由

夜寝るまでのくつろぎタイム。 人ものんびりしたり、お茶を飲んだり

どうすれば願いが叶うのだろう?要求吠えの代わりに

ウェルシーは家に来た頃、わりと吠える印象がありました。 たくさん

犬にごはんをあげる前に「待て」は必要か?「待て」の役割とは?

犬の基本的なしつけで「待て」がありますね。 私は個人的には、ごは

ボール遊び 好き?

ある日、ウェルシーの弟のウッディPWさんから 今〇〇公園にいるん

生後9か月のウェルシーへ

ウェルシーは1月14日で生後9か月になりました。 体重は

→もっと見る

  • follow us in feedly
  • 2018年1月
    « 12月    
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031  
PAGE TOP ↑