言うことを聞かない犬に苛立つ自分が恥ずかしくなった日

公開日: : 第四話 ウェルシー, 散歩

ここのところ寒いのですが、お天気に恵まれているので毎日ウェルシーとお散歩に行っています。

この日の散歩は、川沿いの土手を歩いて住宅地を抜けて帰りました。

枯れ草の上をタカタカ歩くウェルシー。

くんくんも許して進ぜよう~。

日陰と日向ではずいぶん雰囲気が違いますね。

やっぱり土の場所はいいよね~。

と満喫して、住宅街に入ろうとしました。

あたしね、歩道橋に行きたいよ

分かれ道で右に行くと住宅街、左に行くと歩道橋というところで、ウェルシーが立ち止まりました。

私は

今日は歩道橋はやめて、住宅街を抜けて帰ろう。

と思っていたので、右に行こうと身体を向けたのですが、ウェルシーは

歩道橋に行く。

と言いました。

左に行き、歩道橋の方へ身体を向けて歩き出したので

行く方向は人が決める。

という協会とのお約束を破って、歩道橋に挑戦しました。

階段が苦手なウェルシーが、自ら挑戦する気になったことを大事にしてあげたかったからです。

少し早足ですが、トコトコ昇り

踊り場でペタンと座りました。

ママ、息切れしてる?

って気遣ってくれた?

ウェルシー

上手に昇ったね。

Good~♪

と褒めて、また昇り始めました。

途中で私を見上げたり、橋を渡るときも、チラっと見たりしました。

ちょっと不安なのかな~?

降りはちょっと怖かったらしく、途中からタタタっと一気に踊り場まで降りてしまいました。

踊り場で、下を走る車を眺めるウェルシー。

歩道橋は車の音が響くので、犬にとっての難易度はやや高めかもしれませんね。

この高さから下を見ると、やっぱり怖いでしょうしね。

また頑張ってゆっくり降りてくれて、最後の数段をタタタっと走って降りました。

でも、そのあとは落ち着いて歩いてくれました。

Goodです♪

ウェルシーは、あまり好きではない歩道橋を「褒められたい」ので、自分から選択して頑張って昇降したのでしょうか?

それとも「できるもん!」と自慢したかったのでしょうか?

擬人化しすぎ?

ちょっと怖いけど、自ら歩道橋を選び、一生懸命歩いてくれたウェルシーが愛おしいと思いました。

うまくいかないと犬を叱りたくなるけれど

ウェルシーは、まだ拾い食いがゼロにはなりません。

あまり拾わない日もありますが、枯葉や小枝や枯草を次々と拾うこともあります。

OUT!

と言っても出さないどころか

なによ!

いいじゃないのよ、このくらい!!

というような態度を取ることもあって、ついイラッとして

あーっ!!

とか

NO!!

と強く言ってしまうことがあるんですよね。

ウェルシーは、人が望むことを一生懸命やろうとしてくれています。

それなのに

犬が自分の言うことを聞かないからといって

犬が自分の思うようにならないからといって

苛立ちを感じてしまう自分が恥ずかしくなりました。

ごめんね。

ウェルシー。

ゆっくり、一緒に成長していこうね。

子犬だもん、いろいろ体験しなくちゃね

歩道橋を降りて住宅街に行くと、ビニール袋が風に舞っていました。

青丸の中です。

ウェルシーは、進行方向と正反対を向いて立ち止まってしまいましたが

なんだろう?

という感じで一生懸命見ているので、しばらく待ってあげました。

少しして

ウェルシー、行こうか。

と言ったらトットットと私の横に来て、一緒に歩いてくれました。

ウェルシーは怖がりなところもあるので、音や見慣れないものに立ち止まったり、においを嗅いだりして確かめたいんですよね。

自分の中で噛み砕く

という工程が必要みたいで、それが蓄積されてくれば

よしっ!!

という感じで、お散歩が劇的に良くなるかもしれません。

入所までには見られないかもしれませんけどね。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

PREV
ボールの持ってこい遊びにもマイブームがあるらしい?
NEXT
生後8か月のウェルシーへ

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Comment

  1. サナ父ちゃん より:

    つい、強く言ってしまうのはそれだけ一生懸命の証し…とも言えるかと。
    次、気をつければ…かと。

    ウチは預かってすぐ「NO」は連発してました(笑)。
    サナがそこは動じないヤツでしたので影響なくて良かったです…

    キャンドルナイトではウェルシーちゃんと散歩させて頂き、ありがとうございました♪

    確かに、力は強いし、落ち葉に興味持つと確かに頻繁に口にくわえますね…

    ここは時間かかるかも知れませんが、テンション上がってても言うことは聞いてくれてたのでいつかこちらの希望とか理解してくれるようになるかな、と思いました♪

    • gd.vol より:

      サナ父ちゃんさん
      ありがとうございます。
      一生懸命になるのは悪いことではないのですが、苛立つのはマズイですよね。
      冷静に対応できるように、深呼吸していこうと思います。

      キャンドルナイトでは、ウェルシーと歩いていただき、ありがとうございました。
      ウェルシーは人への興奮が強いので、他の人と歩いたらどんな感じかなと思っていました。
      引っ張ったり、拾い食いもしていましたが、私が予想したよりもハイテンションにならずに歩けていました。
      サナママさんのお散歩が上手だったことも良かったのだと思います。
      そして、落ち着いて歩くようにウェルシーに伝えながら心の成長を待っていけば、もう少しは改善できるような気がしました。
      ゆっくり頑張っていきますね♪

  2. やまと姉 より:

    色々なことに興味があることはいいことですね。人と暮らすことが楽しいんだって感じてるのが写真を見てすごく伝わります!

    • gd.vol より:

      やまと姉さん
      周りのことに興味があるのはポジティブな感じで子犬らしいと思います。
      人と一緒に暮らすことは楽しい。
      とパピーに教えること。
      パピーウォーカーの役割はこれに尽きますよね~。

関連記事

散歩する犬

雨上がりの犬の散歩で気をつけたいこと

久し振りに一日中雨になりました。 ウェルシーは、小雨くらいなら気にせずお散歩に行きますが、しとしと降

記事を読む

W-15胎 10回目 最後のパピーレクチャー

4月15日はW-15胎の最後のパピーレクチャーでした。 天気予報では暴風雨の予想だったので、お

記事を読む

お散歩中の不可解な行動

いつごろからでしょう? ツムギがお散歩中に不可解な行動をとることがあります。 例えば、横

記事を読む

感動!現役盲導犬パピーウォーカー宅へ半日の里帰り

以前、知り合いの盲導犬ユーザーの井出さんの講演 「盲導犬の一生」に参加したことがあります。

記事を読む

メス犬は要領がいい?おとうさんが帰宅すると大喜びする小悪魔女子犬

ウェルシーがやって来て、もうすぐ1か月になります。 生後3か月にも満たないお子ちゃまですが、この仔

記事を読む

W-15胎 7回目のパピーレクチャー

1月21日はW-15胎とD-16胎の合同レクチャーでした。 W‐15胎は4月14日生まれ。

記事を読む

シャンプー後に暴れる犬 苦手なタオルドライを克服

ウェルシーを洗濯・・・じゃなくてシャンプーしました。 シャンプーの頻度は、概ね月に一度にしています

記事を読む

テリトリー意識からの警戒吠え

ウェルシーには「吠える」という傾向があります。 そのうち要求や主張の吠えは(生後5か月現在)聞かな

記事を読む

補助犬用トイレとワンツーベルト 

ウェルシーだよ~。 ママがね お散歩に行くからワンツーしておいでって言ったの。 い

記事を読む

生後9か月のウェルシーへ

ウェルシーは1月14日で生後9か月になりました。 体重は 前足が掛かってしまい見

記事を読む

ぬいぐるみと犬
愛犬のかかりつけ動物病院の選び方 見るべきポイントは?

獣医さんは、犬の健康面でのアドバイス、診療、治療などを行ってくれる頼

すねる犬
甘え?わがまま?犬のトイレのしつけをやり直しています

盲導犬候補犬は、パピー時代は部屋でも外でもコールで排泄ができるように

立ち止まる犬
犬の毛艶が悪いのはなぜ?愛犬の毛艶を良くするためには?

ウェルシーは、周りの人に 綺麗な犬だね。 毛がツヤツヤしているね。

見送りする犬
犬を飼いたい!犬なんて簡単に飼ってはいけない!

先日、ウェルシーと公園に出かけました。 30代後半くらいの女性に 犬

おもちゃで遊ぶ犬
出産後の母犬は体の回復に3か月はかかるらしい

ウェルシーは2019年12月15日に初めての出産をしました。 もうす

→もっと見る

  • follow us in feedly
  • 2020年4月
    « 3月    
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031  
PAGE TOP ↑