犬をノーリードにすると思わぬ事故になるかも

公開日: : 繁殖犬ウェルシー, 散歩

ウェルシーだよ♪

お散歩に行ったよ。

暖かくなってきて、ちらほら梅が咲き始めていたよ。

住宅地の一本道を歩いていたら、後ろからおじちゃんがあたしたちを追い抜いて行ったの。

前の方を見ると、右側のおうちの玄関先にミニチュアダックスちゃんを抱っこした女の人がしゃがんでいたよ。

ダックスちゃんはノーリードだったよ。

この家の前を通らないとおうちに帰れないしな~。

引き返すと、ぐるっと大回りだしな~。

どうしようかな?

と思いながら、ダックスちゃんをチラっと見たら、ダックスちゃんもあたしに気付いていたよ。

ノーリードだけど、おばちゃんが抱っこしているから、きっと大丈夫。

ママはダックスちゃんとなるべく距離を取ろうとして、道の左の端の方に寄って行ったよ。

道を斜めに歩き始めたとき、前を歩くおじちゃんとの距離が1mくらいだったよ。

そのとき

○○!

おじちゃんがダックスちゃんの名前を呼んだの。

この人たち家族だったのね。

おかあさんと一緒に、おとうさんのお出迎えをしているダックスちゃん。

名前を呼ばれたら、タタタ~っと走っておとうさんの胸に飛び込みむのかな?

想像すると可愛いよね~。

でも

次の瞬間ママが

呼ばないで!!

って叫んだよ。

おじちゃんはびっくりして振り向いた。

ママは

すみません、通ります。

待ってください。

って言ったの。

そうしたら、おじちゃん

大丈夫だよ!

って言った。

ママは

こっちが大丈夫じゃないんです!

って言ったよ。

でも、おばちゃんがダックスちゃんをしっかり抱っこしてくれていたから、あたしたちが通ってもダックスちゃんは動かなかった(動けなかった?)よ。

その代り

ママがおばちゃんに会釈をして、あたしたちが通り過ぎる瞬間に

わんわん!!

って吠えちゃった。

おじちゃん

コラ!

犬が通ったくらいで吠えるな!!

ってダックスちゃんを叱ったよ。

バツが悪かったのかしら?

あたしには、八つ当たりに見えちゃったよ。

ダックスちゃん、可哀想に・・・。

お散歩しているといろんなことがあるね。

犬って、人間の小さい子どもと同じ。

小さい子が、ボールを追いかけて道路に飛び出したり、道の向こうにおかあさんを見つけて飛び出しちゃうってことがあるじゃない?

犬も

どんなにしつけが行き届いていたとしても

どんなに落ち着いていたとしても

びっくりしたり、何かに気を取られると、反射的に思いがけない行動をとる可能性はゼロではない。

って、飼い主のみなさんは思ってあげてね。

今回みたいに他犬がそばにいるときは、自分の犬は大丈夫でも、もしかしたら相手の犬が反応しちゃうかもしれないでしょ?

もしあたしが、おとうさんめがけて走ってくるダックスちゃんに反応して、悪気はなくても

わ~い!遊ぼ♪

って突進したら、ママは突然あたしに引っ張られて転んじゃうかもしれないじゃない?

そうなった場合は、あたしとうちのママが100%悪いの?

どんなにいいこでも、絶対にノーリードで道路におろさないでね。

それが愛情だよ♪

99%大丈夫でも何があるかわからないし、犬が苦手な人もいるものね。

ママは

ウェルシーGood♪

ってあたしのほっぺをポンポンしてくれたよ。

犬に吠えられて、あたしが嫌な気分になったんじゃないかなって気遣ってくれた。

ありがとう、ママ。

ママと一緒だから大丈夫だよ。

わ~い。

おうちに帰ろう♪

スポンサードリンク

スポンサードリンク

PREV
人が大好き興奮しやすい犬 興奮をコントロールする練習中
NEXT
犬を健康的に太らせる!ウェルシー体重UP計画

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Comment

  1. サナ父ちゃん より:

    確かに…
    お互いに安心出来るように、リードは必ずして欲しいですね…

    地元の海岸の浜辺は毎朝毎夕、無料の天然ドッグラン(笑)となりますが、やはりノーリードのワンコが多く、ごく一部のワンコはサナにダッシュで駆け寄って来てインネン(笑)つけてきたりしてましたのでね…

    お願いしたいですね…

    • gd.vol より:

      サナ父ちゃんさん
      道路や、公園などではリードは必ず付けてほしいです。
      海岸などは、条例などの「リード着用」の義務はないかと思いますが、おたがいにわんこから目を離さずトラブルや犬の安全に気を付けてあげたいですね。

  2. すず より:

    本当に本当に、ノーリードは辞めてもらいたいです。
    全く仰る通りで、何があるか分からない。

    普段は落ち着いている子でも
    何かに驚いて走り出してしまうかもしれない。

    予測しない場所にワンちゃんを見つけて
    自転車やバイクの人が転んでしまうかもしれない。

    ノーリードの子が人懐こくて、
    こんにちは~と近づいていった先の犬は
    犬が苦手な子かもしれない。

    こちらがどれだけ端っこによせて
    リードを短く持とうとも
    ノーリードの子が鼻先まで近づいてきたら
    どうにもならないのです。

    ノーリードでお散歩させて、そのワンちゃんが排泄しても
    飼い主さんは気づかず(わざと?)さっさと歩いている。

    ノーリードで歩かせるメリットが本当に分かりません。
    何しろ、何があるか分からない。
    何か起こってからでは取り返しがつきませんものね。

    ウェルシーちゃん、ママと一緒で大丈夫だったね。
    お利口さんだったね♪
    みんなで楽しく気持ちよくお散歩しようね。

    • gd.vol より:

      すずさん
      うちの周り、ノーリードにする人がけっこういます。
      全て小型犬で、飼い主さんは高齢の方が多いです。

      その世代は、犬なんて放し飼いみたいなものだったのでしょうかね?
      自由にしてあげたいのかもしれませんけどね。
      他者に迷惑をかけることも、愛犬が危険な目に合うこともあるかもしれないとは思わないのでしょうね。

      リードをつけてもらえるようにお願いしても、みんなその時だけ。
      1回迷子になっちゃえばいいのに。
      なんて思ってしまいます。

  3. 雪朱鷺 より:

    なんというか…少しクレーマー気質になっていませんか?
    記事を読んだ限りでは力の強い大型犬の躾を怠り、他人や犬に突進するような犬にしたあなたが100%悪いと思います…。それと無駄吠えを叱るのは犬飼いとして当たり前のことですよ。
    海外ではノーリードが基本の国が少なくありませんし、盲導犬はユーザーに付き添って海外に行くこともあります。
    繁殖犬には関係ないと思われるかもしれませんが、そもそも他犬に過敏に反応する大型犬なんてノーリード以上に危ない上に迷惑です。犬について知識が無い人はあなたのブログを見て「問題行動が直らない繁殖犬って大丈夫なの?」と思ってしまうかもしれません。
    盲導犬ボラを続けるなら、その辺りのことも踏まえて考えていくべきではないでしょうか?
    (※ノーリードが事故の元になるかもという意見には同意します)

    • gd.vol より:

      雪朱鷺さん
      コメントありがとうございます。

      そうですね。
      大型犬でも小型犬でも適切なしつけは絶対に必要ですね。

      ブログでは他人様の犬を例としてあげるのは難しいので
      もし、あたしが突進したら・・・。
      というようにウェルシーを例にあげましたが、ウェルシーに限って言えば
      他犬に吠えられるのはちょっと嫌だなという顔をしますが、他犬に突進したり吠え返したりはしません。
      チラ見してスルーします。
      これは、このブログのほかの記事の中に、何度か書いています。
      ブログだと、毎回同じことを書くとしつこくなるかなと思い、端折ってしまっているところもあります。
      「こっちが大丈夫じゃないんです。」
      というセリフについては、相手を非難すると角が立ちますのでこちらの犬を悪く言うようにしたというところです。
      伝わらなくて申し訳ありませんでした。
      ブログは、継続的に読んでくださっている方だけではなく、検索で来てくださってその記事だけ読む方もいらっしゃるので、文章に気を付けていこうと思います。
      「問題行動が治らない繁殖犬」と読み手の方に思われたら協会にご迷惑をかけてしまいますしね。
      ご指摘ありがとうございました。

      この記事で言いたかったのは
      仮に自分の犬が他犬に反応することが無いとしても、相手の犬は他犬が苦手な仔かもしれない。
      同じ道を歩いている人は犬が苦手な人かもしれない。
      ということもあるので
      自分の犬が大丈夫だからノーリードでもいいよね。
      ではなく、事故につながることもあるので、道路など公共の場所でノーリードにするのはやめてほしいです。
      というところです。

関連記事

石門

犬連れ昇仙峡 紅葉の秘境を楽しもう

ウェルシーだよ♪ 昇仙峡(山梨県)に連れて行ってもらったよ。 昇仙峡は、山梨県の甲府盆地の北側、

記事を読む

犬の吠えをやめさせる しつけ以外のヒント

最近、ウェルシーが小さかった頃の記事を読み返してみましたが、ウェルシーには「吠える」という傾向があり

記事を読む

うっすら雪が積もった日に雪に慣れていない犬とお散歩に行ったよ

ウェルシーだよ♪ 強い寒気が流れ込んだ2月の第2週の週末。 あたしのおうちの周りも、少し

記事を読む

子犬と散歩 におい嗅ぎばかりで歩かないよ

ゴールデンウィークにお散歩デビューしたツムギ。 慎重な性格からか、地面のにおいをクンクン嗅いでいま

記事を読む

山中湖周辺観光その2 犬連れPICA山中湖ヴィレッジ

ウェルシーだよ♪ トライアル期間中の夏の思い出。 まだ続くよ。 山中湖周辺、2回目

記事を読む

桜と犬

犬連れ桜と諏訪高島城

ウェルシーだよ♪ 4月21日 長野県、諏訪市にある高島城(城址公園)に行ってきたよ。 諏訪の浮城

記事を読む

座る犬

犬は可愛いけどお散歩は面倒?犬との散歩を楽しむ工夫

今年はお彼岸を過ぎても残暑が続いているのですが、10月に入り日差しは強くても湿度が少なくなってきまし

記事を読む

犬にネックウォーマーを着用させてみました

ウェルシーだよ♪ 12月の上旬はまだまだ暖かかったけど、かなり寒くなってきたよ。 年末寒

記事を読む

要求吠えは人に嫌われない方法に直そう

ウェルシーだよ♪ よい仔のみんな、おうちの人にお願いがあるとき、どんな方法でお願いする?

記事を読む

クレートで眠る犬

犬にも個性がある!性格や行動を理解して仲良く暮らそう

富士ハーネスに遊びに行ってきました。 富士ハーネスは、ウェルシーが生まれて生後約2か月までを過ごし、

記事を読む

伏せる犬
犬の名前はどう付ける?名は体を表すかも?

名前は愛犬への最初のプレゼントになります。 これから犬を家族に迎える

立ってお乳を飲む子犬
母犬の子育ては合理的!お乳を立ち飲みさせる母犬

私たちは犬を飼育する経験すらパピーウォーカーが初めての経験でした。

眠る子犬
子犬生後1か月・生きていく知恵を学んでいく時期(備忘録)

ウェルシーは昨年(2019年)12月15日に初出産をしました。 子犬

無心に母乳を飲む子犬たち
子犬の出産から生後2週間の子育て(備忘録)

新年おめでとうございます。 ウェルシーは昨年(2019年)12月15

アリス、イズモ母子
ラブラドールレトリバーの毛色の遺伝 ブラック・チョコ・イエローはどう決まるの?

ウェルシーは、12月15日に子犬を出産しました。 父犬もイエローなの

→もっと見る

  • follow us in feedly
  • 2019年1月
    « 12月    
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031  
PAGE TOP ↑