他人の犬を蹴り殺した疑い?ランニング中の男を逮捕

公開日: : 雑感

埼玉県で、ランニング中の男性が他人の飼い犬を蹴って殺したとして逮捕されるという事件が起きました。

警察の調べに対し、男性は

犬がぶつかってきただけ。

と容疑を否認しているということです。

飼主と犬

事件概要

  • 河川敷をランニングしていた男性が、散歩中のパピヨン(メス12歳)を複数回蹴るなどして殺した疑い。
  • パピヨンは頭の骨が折れるなどしていた。
  • パピヨンはリードを着けておらず、飼い主の手から離れていた。
  • 動物愛護法の今年(2020年)6月施行の改正法を適用しての逮捕は、埼玉県内で初。

(内容は2020年12月12日現在のものです)

事件について感想

ニュースはこれだけなので、詳しい状況は分かりませんが、個人的な感想です。

たとえ犬がノーリードで歩いていたとしても、犬が落ち着いて歩いている状態なのに「蹴る」という行為をしたのだとしたら、絶対に許せない行動です。

しかし、男性はランニング中だったということなので、走る人などに吠えかかったり追いかける犬もいます。

もし、そのパピヨンが男性が言うように自分にぶつかってくるような行動を取って、びっくりして、あるいは恐怖から犬を蹴ったとしたら、良い・悪いで言えば「悪い」ですが、正当防衛だと思います。

ノーリードの怖さ

犬が好きな人は、犬は「可愛い生き物」だと思っていますが、世の中には犬が嫌いな人もいますし、犬そのものを「怖い」と感じる人もいます。

記事の趣旨は違いますが

こちら→知らない人に許可なく愛犬を触られるのは有り?無し?

に子どもにおもちゃの刀を突きつけられて、恐怖から攻撃的になりおもちゃの刀にかみついた犬の話を書きましたが、犬でも人でも強い恐怖を感じると反撃に出るというのは動物としての防衛本能で理屈ではありません。

そして、恐怖の感じ方には個人差(個体差)があります。

私の義母は、生前チラシ配りのアルバイトをしていたことがありますが、お仕事中に飼い主が連れていたノーリードの犬が、後ろから吠えながら走ってきて、太ももの裏を咬みつかれ大けがをしたことがあります。

義母は「チラシを入れるために歩いていただけ」と言いましたが、犬嫌いでしたから、もしかしたら犬を刺激するような態度を無意識に取ってしまったのかもしれません。

しかし、飼い主がリードをつけて犬を管理していれば咬まれることは無かったはずです。

もしかしたら、今回の事件の男性も

咬みつかれるかも!

という恐怖を感じたのかもしれません。

私はシオンを育てていたとき、シオンに排泄をさせようとワンツーコールをしていたところに、ノーリードの小型犬が吠えながら走ってきたときは、小型犬でも怖かったです。

こちら→ノーリードの犬に襲われるかと思ったよ

もちろん、複数回蹴ったのが事実なら過剰防衛だと思うので「逮捕」は当然だと思います。

飼い主様、犬は可愛くても捕食動物です

犬を飼っている人は、犬は自分の子どものように可愛いものですが、犬は立派な犬歯を持つ捕食動物であることは忘れてはいけないと思います。

ツムギのパピーウォーキングのとき、観光地で狭い道をすれ違うときに10代くらいの女性が犬が怖かったらしく、すれ違いざまにキャーキャー叫びました。

後ろから人も来てしまうし、道は狭いしで、その女性にとってはすれ違うしかなかった状況ですが、私はツムギと女性の間に入り、カラーを持ってツムギの動きを制御し、女性に

叫ぶと犬が興奮するので、声を出さず止まって後ろを向いていてください。

大丈夫ですから、怖かったら目を瞑ってじっとしていて。

とお願いしました。

そんなに?

と思うかもしれませんが、犬を怖いと思う人は至近距離に来られるとパニックになるほど怖いものなのです。

犬の飼い主は、極端に犬を怖いと感じる人もいることを忘れてはいけないと思います。

まとめのようなもの

今回の事件で、もし、恐怖を感じたとしても犬を複数回蹴ったのが事実であればやりすぎです。

しかし、散歩中にリードさえつけていれば、パピヨンなら犬を手元に寄せ抱きかかえることもできたはずです。

可愛い愛犬の命は戻って来ません。

被害者にとっても加害者にとっても不幸な事件になってしまいました。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

PREV
犬の拾い食いは叱っても取り上げても直らない!しつけのポイントは?
NEXT
盲導犬パピーママ犬に会う!母子はお互いを覚えているのかな?

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Comment

関連記事

タイムの花

新型コロナウィルス禍の外出自粛で気付いた犬の不自由さと優しさ

2019年11月に、中国の武漢で発生が確認された新型コロナウィルス(COVID-19)は、瞬く間に

記事を読む

多和田訓練士が語る「盲導犬の訓練って?」

日本盲導犬協会のホームページに、多和田訓練士が語る盲導犬の訓練についてのコーナーが誕生しました。

記事を読む

犬を可愛がり過ぎる飼い主は精神が崩壊する

犬の飼い主のみなさん。 わんこって可愛いですよね。 メロメロ♪ 溺愛しちゃう? でもね こんな話もあ

記事を読む

座る子犬

愛犬の名前を呼ぶときに注意したいこと

犬を家族に迎えることが決まると、名前を考えますよね。 家族から愛犬への初めてのプレゼントになります

記事を読む

ハードルを飛ぶ犬

ラブラドールレトリバーってどんな犬?性格と飼い方のポイント

ラブラドールレトリバーは、盲導犬に一番多く使われている犬種です。 警察犬もいますね。 なので「人

記事を読む

眠る犬

「工藤静香さん盲導犬引退の老犬に寄付」のニュースに思うこと

10月6日付のヤフーニュースに、歌手の工藤静香さんが、ライブグッズの収益の一部を補助犬協会に寄付し

記事を読む

犬の黄色いリボン「イエロードッグプロジェクト」

ウェルシーだよ♪ みなさんは犬の黄色いリボン「イエロードッグプロジェクト」を知ってる?

記事を読む

アルミプレートの上で寝る子犬

犬を飼う私がクローゼット管理アプリ「JUSCLO(無料)」で服を見える化してみた

わんこの飼い主の皆さん! というか、女性の皆さん! 手持ちの服の管理ってどうしていますか? 最近私

記事を読む

父親を亡くしました

犬とは関係のない話題です。 実父が亡くなり、17日に見送ってきました。 実は4月

記事を読む

座る犬

Go Toキャンペーン恐るべし!ぴ~ひゃらぴ~ひゃら踊らされる日本人

ウェルシーだよ♪ 今年2020年は、特筆すべき年になったね。 何しろ、新型コロナウィルスの世界的大

記事を読む

カークランドシグネチャードッグフードパッケージ
カークランドシグネチャー(コストコ)ドッグフードをわが家なりに評価してみました

*記事には広告が含まれていることがあります。 夫の親戚の人にカークラ

日向ぼっこする犬
健康な犬のダイエットとドッグフードについて獣医さんに聞きました

*記事には広告が含まれている場合があります。   ウェルシーは避妊手

ハロウィーン飾りと犬
うちの犬は鶏手羽先が好き!鶏手羽先のメリットと与えるときの注意点

わが家のウェルシー、今年(2023年)の8月に盲導犬繁殖犬を引退して

三階櫓
犬連れ白石城と情緒あふれる城下町

ウェルシーだよ♪ 宮城県白石市のお城「白石城」と、情緒あふれる城下町

伏せる犬
犬の避妊手術後にトラブル発生!お腹の中にしこりができちゃいました

*記事には広告が含まれている場合があります。   ウェルシーは、20

→もっと見る

  • follow us in feedly


    PAGE TOP ↑