犬の拾い食いは叱っても取り上げても直らない!しつけのポイントは?

公開日: : 繁殖犬ウェルシー, 拾い食い

子犬なら多かれ少なかれ拾い食いをすると思いますが、ラブラドールレトリバーは元来の食いしん坊な気質もあって、他犬種より多いかもしれませんね。

ウェルシーもパピーの頃から拾い食いが悩みでしたが、年齢と共に落ち着いてきました。

しかし、なぜか最近また増えてきました。

3歳半を過ぎ、立派な成犬なのに困っています。

落ち葉の道を歩く犬

真剣に下を見て何か拾おうとしていない?

犬が拾い食いをする理由とやめさせるには

私たちは、ウェルシーの拾い食いにはパピーの頃から悩んでいるので、犬が拾い食いをする主な理由と、やめさせる方法を過去にも調べました。

こちら→犬が拾い食いをする理由と拾い食いをやめさせる方法

興味のある方は記事をご覧になっていただければと思いますが、ざっくり書くと

拾い食いの理由

  • 拾い食いは犬としての本能。
  • 飼主さんのリアクションで拾い食いが楽しいものになってしまう。
  • お散歩中に不安やストレスを感じたときに、八つ当たりのようについ拾ってしまう。

拾い食いの対策

  • 食べ物は人からもらうことを徹底する。
  • 口に入れたものは「OUT」の指示で出すことを教える。

などとしてあります。

そして

そうは言っても教科書通りにいかないんだよなあ~。

とボヤいています(笑)

拾う前から「OUT(出してね)」と言う

対策の一つとして、ウェルシーが

あれ拾おうかな~?

と考えたときに(拾いそうと思ったときに)

名前を呼んで人に注意を向ける。

「OUT」と言って拾わなかったら褒める。

という方法を訓練士さんに習い、ゼロにはなりませんでしたが、そこそこ拾い食いをしなくなってきました。

こちら→拾い食い対策で犬に出すコマンドは「NO」ではなく「OUT」

成犬の拾い食い

しかしですよ!

ここへきてウェルシーの拾い食いが目立つようになってきました。

現在3歳8か月。

えぇ~!!

ですよね。

成長と共に問題は無くなっていくと思いきや、なかなかそうはいかないものなのでしょうか。

ウェルシーの現在のブームは、何かの種です。

道に落ちている種

1㎝にも満たない小さなものなのですが、目ざとく見つけて

パクリンチョ!

出すときもありますが、カリカリっと食べちゃったりもします。

叱っても取り上げても直らない

その仔の性格にもよるのでしょうが、ウェルシーの場合は拾い食いを「叱る」はNGです。

彼女の場合、叱るとイライラして余計に拾う展開になりがちです。

拾わせないように、と思ってリードを引き上げるのもNGです。

リードをグイッと引かれるのはストレスになるらしく、興奮散歩になったり、その後余計に拾う展開になりがちです。

口に手を入れて取り上げるのも、さらに拾おうとしたり、出したくないと思うと食べてしまうので下策です。

要するに、ウェルシーの場合

叱っても取り上げても拾い食いは直らない。

のです。

そういう仔なのは分かっているのに

もう3歳過ぎているのに、拾い食いなんて困る~!

という気持ちもあって、最近つい叱ったり取り上げようとしていたことに気付きました。

今のところはプラスチックなど、明らかに食べられないものは拾っても自分で出します。(出したときに褒めています)

小枝や種は出すこともあるし、食べてしまうこともあるという感じです。

叱ったり取り上げていると、拾ったものへの執着を強め、何でも食べてしまうということにもなりかねません。

散歩する犬

ここは、呼吸を整えて仕切り直しですね。

こんな仔の拾い食い対策のポイント

  1. まず、拾いそうなものから離れたり、靴で踏んで隠したり、ウェルシーと落ちているものの間に自分が入るなどして、拾いそうなものを回避していきます。
  2. そして、今まで通り拾う前に「OUT」と言って拾わないように伝えて歩きます。
  3. 拾ってしまったときは、何を拾ったかだけは確認して、少しくらい食べてもお腹を壊したりしないだろう。というものには、人は反応しないことにします。

自分の中に

人が与えるフード以外のもの(種とか小枝)を拾って食べるなんて嫌だなあ。

という気持ちがあるので、私自身の忍耐が必要です。

「NO!(ダメ!)」

と言ったら拾わないようになってくれればどんなに楽なことか。

しかし、人が反応することがウェルシーにとって落ちているものへの執着を強めているようなので、ここは我慢のしどころです。

まとめのようなもの

拾い食いは、好奇心の強い子犬にはあるあるですが、成犬になってまた拾い食いが増えることもあるのですね。

叱ったり、拾わせないようにリードを引き上げたりしているうちに収まる仔もいるのでしょうが、ウェルシーの場合は上手くいきません。

拾ってしまったときに、人が反応すると拾うことを強化してしまうようなので、知らん顔をする方が改善につながりそうな気がします。

拾い食いも、犬としては本能的なものなので、拾い食いをしがちな仔は「ゼロにしよう」などと思わない方がいいのかもですね。

危険な物や、落ちているものを手当たり次第に拾って食べてしまう。

ということでなければ

OUT、それ拾わないよね~。

と言うくらいで、許容するというのも犬との暮らしでは必要なのかもしれません。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

PREV
子犬の1歳の誕生日はパピーウォーカーにとって特別なもの
NEXT
他人の犬を蹴り殺した疑い?ランニング中の男を逮捕

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Comment

関連記事

犬と猫もコミュニケーションがとれるよ

ウェルシーだよ♪ ママとお散歩に出かけたよ。 この日は北風の強い日で、すっごく寒かったの

記事を読む

散歩する犬

犬が毛を逆立てる理由 威嚇だけじゃない恐怖でも毛を逆立てる

ウェルシーだよ♪ よいこのみんなは毛を逆立てるっていうことはある? この前、あたしはママのお膝で

記事を読む

窓辺に立つ犬

子どもと犬は仲良し?子どもと犬が一緒に過ごすメリットとデメリット

先日、ご両親と3歳の男の子が遊びに来ました。 大きな犬は子どもにとっては怖いかも? 子どもとウェ

記事を読む

玄関に立つ犬

犬は自分に都合よく解釈する習性を持っている?

春頃からだと思うので、ここ2~3か月ですが、ウェルシーはチャイムが鳴ると吠えるようになりました。

記事を読む

伏せる犬

人懐っこい!多和田悟氏をもメロメロにする人たらし犬

ウェルシーは人が大好き。 明るくて素直な性格なので、誰にでも近づいて愛嬌を振りまきます。 嬉しさ

記事を読む

散歩する犬

雨上がりの犬の散歩で気をつけたいこと

久し振りに一日中雨になりました。 ウェルシーは、小雨くらいなら気にせずお散歩に行きますが、しとしと降

記事を読む

散歩する犬

犬も夏太りする

夏になると食欲減退で夏痩せする人もいれば、冷たくて甘いおやつをつい食べて?夏太りするという人もいます

記事を読む

ロングリードで散歩する犬

母犬の出産後のケアと体調管理

ウェルシーは2019年12月15日に初めての出産をしました。 子犬たちはすくすく成長し、2020年

記事を読む

愛犬が他犬に吠えられたときの対処と吠えられないために

ウェルシーだよ♪ ママとお散歩に行ったよ。 トコトコ歩いて、あるおうちの前に差し

記事を読む

撫でると人の手を甘噛みしちゃう犬にはおもちゃを噛んでもらう

ウェルシーを連れて埼玉県の智光山公園(ちこうざんこうえん)に行きました。 昨年のゴールデンウィーク

記事を読む

カートに乗る子犬
犬や猫の飼育に掛かる費用を調べてみた 意外!中型犬より小型犬の方が高額?

コロナ禍でおうち時間が増える中、犬や猫の飼育頭数は増えていますが、そ

飼主と並ぶ犬
ラブラドールレトリバーの4歳は良きパートナーに成長する頃だね

本日、2021年4月14日にウェルシーは4歳になりました。 ユオン君

河口湖
犬連れ富士山と桜旅|奥河口湖さくらの里公園&お洒落なイタリアンRistorante Provence

ウェルシーだよ♪ 富士山の周りでお花見を楽しんできたよ。 今回は、奥

新倉山浅間公園
犬連れ富士山と桜旅|新倉山浅間公園

ウェルシーだよ。 富士山の周りでお花見を楽しんできたよ。 今回は、新

伏せる犬
犬の散歩は毎日行くべき?行きたくない日は休んでもいい?

犬にとってお散歩は大切ですが、お散歩には毎日行かなければならないもの

→もっと見る

  • follow us in feedly


    PAGE TOP ↑