おうち時間が増えてペットを飼いたいと思っているあなたへ

公開日: : 雑感

新型コロナウィルス感染症の影響により、おうち時間が増え「寂しい」とか「癒されたい」という理由でペットを飼う人が増えているそうです。

一般社団法人ペットフード協会の全国犬猫飼育実態調査によると、2020年の犬猫飼育者の数は、過去5年間の中で「伸び率」「飼育者数」ともに最も多い結果になっています。

抱っこされる犬

ペットを家族に迎える人が増えている一方で、飼育放棄されてしまうペットも増えているのだそうです。

飼育放棄される理由

ペットが飼育放棄される理由は、飼い主の高齢化で飼えなくなった、引っ越し先がペット不可、家族のアレルギー、経済的理由、イメージと違った、などさまざまです。

コロナ禍の昨今「イメージと違った」という理由が増えてきているということです。

飼う前に「大変」を認識する機会が少ない?

犬や猫を迎えるのは、ペットショップが一番多くなっています。

ペットショップを悪く言うつもりはありませんが、ショップというのはお金さえ出せば誰でもペットを迎えることができるので、飼い主さんの知識と意識が高くないと

こんなはずじゃなかった!

ということになりがちです。

ペットは可愛いですが、一緒に生活するとなると大変な部分もあるのは当たり前のことなので、売る側も

可愛いですよ~♪

癒されますよ~♪

だけではなく、大変と思われる部分も説明して欲しいと思います。

しかし、冷静に考えてみれば「売る側」というのは、お客さんに聞かれない限りデメリットは言わないものですよね。

日用品から、車や家、保険など大きな金額の物さえ、デメリットを業者の方から言うことはありません。

言うのはいつもいいことばかり。

そうは言っても扱うのは「命」なんだから、売れればその後のことはどうでもいい(良心的な業者もあります)という姿勢は違うでしょ!

と私も思いますが、まずはペットを迎えたいと思う側が、その動物についての知識を深めることが悲劇を少なくすることにつながります。

何事も「知識武装」というのは大切なのですね。

そして、人の心というのは「自分に都合の悪いことは見ようとしない」というバイアスがかかります。

ペットを迎えたい人は「楽しい絵しか頭に浮かばない病」に罹っていると自覚しましょうね。

ペットショップで子犬や子猫と目が合って、抱っこさせてもらって

運命の仔!

と思ってしまうかもしれませんが、ここで呼吸を整え衝動買いせず、考える時間を持つことが必要です。

ブログやSNSも鵜呑みにしないで

ペットを迎えたい。

と思っている人が、ペットを飼っている人のブログやSNSを見て

可愛い。

毎日楽しそう。

と思ってペットを飼うと失敗します。

なぜなら、ブログやSNSはペットとの生活の一部を切り取っているだけで、多くの場合良い部分しか掲載していないからです。

芝生に伏せる犬

以前、私のブログを読んでくださった方で

ブログを読んで、ラブラドールを飼うことにしました。

とメッセージを下さり、ラブラドールの女の子を迎えた方がいました。

迎えた仔はかなりのいたずらっ子で、家具やソファを破壊され、子犬の頃は怪獣みたいだったと言います。

それでも、飼い主さんはおおらかな愛情で育て、成犬になった今はお子さんとも仲良しですっかり家族の一員になっています。

私の駄ブログでも、読んで

パピーウォーカーをやってみたい。

とか

犬を飼ってみたい。

と思う人が多少はいらっしゃるので、ブログには楽しいことばかりではなく、苦労したことや、うまくいかなかったことも書くようにしています。

至らない自分の恥をさらすような気分のときもありますが、犬育てを検討している人が

こんな失敗はしないようにしよう!

と思ってくだされば意味がありますから。

まとめのようなもの

ペットの飼育放棄は新型コロナウィルスの影響で、ペットを飼う人の増加と共に増加傾向にあるのだそうです。

私のブログに於いては

こちら→犬を飼うのが辛い 犬を迎えたことを後悔しているあなたへ

へのアクセスが地味にじわじわ伸びていて、とても気になっています。

ペットは「癒されたい」とか「寂しさを埋めたい」とか「可愛がりたい」という人の欲望を満たすための道具ではありませんよね。

ペットを迎えると、この先の十数年を一緒に暮らすことになります。

「今」だけではなく、長い目で考えていく必要があります。

十数年も大丈夫かな?

という人は、条件はありますが私たちのように「パピーウォーカー」という選択もありますし、保護団体の「お預かりボランティア」という選択もあります。

自分の犬(ペット)ではなくてもいい!

という選択もありますよね。

以前、ウェルシーのお散歩中にお会いした人に

犬を飼いたいと思っているのですが、一緒に暮らしてみてどうですか?

と聞かれたときの私の回答が

こちら→犬を飼いたい!犬なんて簡単に飼ってはいけない!それでも犬のいる暮らしは楽しい

です。

ペットは誰でも簡単にお金で買うことができますが、飼育すると自分の生活がガラリと変わる場合もあります。

飼育放棄のニュースを聞くのは「犬と暮らす人」として大変辛いことです。

ペットとの暮らしを考えている人が、楽しく幸せなペットライフを送れることを願っています。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

PREV
犬にとって適度な運動ってどのくらい?筋肉を鍛えて老化を遅らせたい
NEXT
犬の体にできものを発見!良性?悪性?様子見していい?

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Comment

関連記事

ハードルを飛ぶ犬

ラブラドールレトリバーってどんな犬?性格と飼い方のポイント

ラブラドールレトリバーは、盲導犬に一番多く使われている犬種です。 警察犬もいますね。 なので「人

記事を読む

遊ぶ子犬たち

子犬の選び方は性格を重要視しよう

先日、日本盲導犬協会のボランティアや賛助会員に向けて発行されている会報「盲導犬くらぶ」が届きました。

記事を読む

アリス、イズモ母子

ラブラドールレトリバーの毛色の遺伝 ブラック・チョコ・イエローはどう決まるの?

ウェルシーは、12月15日に子犬を出産しました。 父犬もイエローなので、産まれた子犬は全てイエロー

記事を読む

多和田訓練士が語る「盲導犬の訓練って?」

日本盲導犬協会のホームページに、多和田訓練士が語る盲導犬の訓練についてのコーナーが誕生しました。

記事を読む

散歩する犬

犬のフンを家の前に放置されて大迷惑!効果的な撃退法は?

私が住む地域の犬の飼い主さんは、一部の人がマナーが悪いのではなく、マナーが悪い人の中に一部マナーが

記事を読む

犬の黄色いリボン「イエロードッグプロジェクト」

ウェルシーだよ♪ みなさんは犬の黄色いリボン「イエロードッグプロジェクト」を知ってる?

記事を読む

犬に嫌われる人は男性に多い?

うちの仔、男の人が苦手なんだよね~。 という話を時々聞きます。 わが家にやってきたパピー

記事を読む

座る犬

愛犬を褒められると嬉しい!最高に嬉しい言葉は?

わんこの飼い主の皆さん。 愛犬を褒められると嬉しいですよね? どんなことを、どんな言葉で褒められる

記事を読む

子どもと犬

知らない人に許可なく愛犬を触られるのは有り?無し?

私の周囲にはいろいろなタイプの「犬好きさん」がいます。 犬を連れてお散歩をしていると、いろいろな人

記事を読む

伏せる犬

大きな声では言えないけれど私は犬が嫌いなんです

わが家では置き薬を利用しています。 置き薬というのは、販売業者が直接消費者の家庭を訪問して薬を消費

記事を読む

ラベンダーと犬
犬連れたんばらラベンダーパーク|高原のお花畑をお散歩

ウェルシーだよ♪ 群馬県にある「たんばらラベンダーパーク」に連れて行

ひまわり畑
夏の絶景を楽しもう!日照時間日本一!犬連れ明野のひまわり畑

ウェルシーだよ♪ 夏の花と言えばひまわりを思い浮かべる人も多いかな?

車内に座る犬
犬の老化の始まりを感じるのはいつ?

私たちはパピーウォーカーだったので、いつも家にいるのは子犬で おとな

犬に食器台が必要な理由と正しい食器台の高さや選び方

「犬食い」という言葉がありますね。 これはテーブルに顔を近づけて、食

犬のブラッシング
爪切りや耳掃除が苦手な犬を叱ってまでお手入れをやるべき?

犬との生活の中では、シャンプー、爪切り、耳掃除、歯磨き、肛門腺絞りな

→もっと見る

  • follow us in feedly


    PAGE TOP ↑