ドッグランは犬の社会化の役に立つ?ドッグランのメリットとデメリット

ドッグランは犬をノーリードで思う存分走らせたり、日向ぼっこをしたり、探索したり、他のわんこと仲良く遊んだり、犬を楽しませてあげることができますね。

ドッグランにはどんなメリットがあり、犬の社会化に役立つのでしょうか?

また、デメリットは無いのでしょうか?

ドッグランを歩く犬

ドッグランは社会化に役立つ?

ドッグランには様々な犬がいるため、いろいろな犬と触れ合って犬同士の付き合い方を学べる気がしますね。

ドッグランは、いる犬たちによって雰囲気が変わります。

元気に走り回る仔や、ワンプロが大好きな仔がいればその中に巻き込まれますし、のんびりしている仔が来ていれば、ゆったりした空間になります。

犬の出入りがあり、雰囲気が変わりやすいのも特徴ですね。

ドッグランは社会化ができている犬が行く場所

愛犬が何にも動じないような逞しい子なら大丈夫でしょうが、緊張したり怖い思いをしてしまうこともあります。

扉を開けて入場したら、先に来ている犬たちが寄って来てにおいを嗅がれて、びっくりして逃げれば追いまわされて、愛犬の社会化どころか他犬は怖いと学習して帰ることになる場合もあります。

飼い主さんの指示を聞けて、ある程度社会化ができている犬なら、他犬との遊び方を学んだり、先輩犬に叱られることも良い経験になりますが、ドッグランで一から他犬との付き合い方を学ぼうというのは難しいでしょう。

お互いの犬が嫌な思いをしたり、トラブルになる可能性があります。

日本盲導犬協会では、お預かり犬が他犬と遊ぶことは禁止なので、私たちは誰もいないドッグランを利用します。

先日、ウェルシーとドッグランに出かけました。

遊んでいると、可愛い仔が入ってきました。

写真を撮らせてね。

と言ったら、バッチリなカメラ目線をいただきました。

名前はナナちゃん。

可愛い小型犬

ウェルシーパパのそばに行って、撫で撫でされています。

人懐こいなあ~♪

その人、あたしのパパだよ。

と言うウェルシーも穏やかにご挨拶できました。

こんにちは~♪

いつも他犬が入ってくると出ることにしているのですが、この仔たちは追いかけっこになったり、じゃれあいにならなかったので、少し様子を見ることにしました。

一緒にドッグランを歩く犬たち

2頭は付かず離れずの距離を取りながら、なんとなくそばにいる感じで過ごしていました。

ゴロスリするウェルシーを見守る小型犬

ウェルシーはわが家に来てからずっと、他犬とは穏やかな仔とあいさつをするくらいで、犬同士で遊ぶという体験はしていませんが、犬マナーはできています。

(入所後と出産で里帰りしたときは、スタッフさんの立会いのもとで協会のわんことフリーランなどはしています)

他犬とあまり触れ合っていないのに犬マナーができている理由は、スタッフさんが言うには

  • 委託までの間に母犬から教育を受け、兄弟姉妹の中で学んでいる。
  • マナーを知らない犬と遊んでいないので、他犬にガウるとか激しく突進するなど悪い接し方が身についていない。

ということでした。

母犬から教育を受けていても、他犬と良くない接し方を続けてしまうと悪い接し方が上書きされてしまうのだそうです。

家庭犬を飼育しているみなさんが、愛犬に犬マナーを学ばせたいと思うのであれば、マナーのできている犬と接するようにすることが大切ですね。

ドッグランのメリット

ノーリードにできることが最大のメリットですね。

普段のお散歩と違って思い切り走ったり、自分のペースで探索をするのは開放感があり、気分転換になるようです。

アジリティなどがあれば、普段できない遊びを楽しむこともできますね。

ハードルを飛ぶ犬

家庭犬の皆さんは、他犬と楽しく遊ぶのも愛犬の喜びになりますね。

ドッグランのデメリット

感染症の可能性

ドッグランはいろいろな犬が利用します。

ワクチン接種の証明書の提示を求められるところもありますが、自由に出入りできるところもあります。

病原菌を持っている犬が出入りしている可能性もあります。

マナーの悪い飼い主もいる

犬友さん同士のおしゃべりに夢中で、自分の犬に目を配っていない人もいます。

「うちのこはいいこ」だと思っていても、何が起こるかわからないのがドッグランですよね。

ワンプロが高じて咬傷事故ということもあります。

まとめのようなもの

ドッグランは犬をノーリードにできるので、開放感の中で思い切り楽しめます。

しかし、デメリットの部分も理解して利用しましょう。

飼い主さんの言うことが聞けて(特に呼び戻しは重要です)、社会化がある程度できている犬が利用するところで、ドッグランで一から学ばせようというのは難しいと思います。

いろいろな人と犬が来る場所なので、自分と愛犬に雰囲気が合わないと思ったら出る勇気も必要ですね。

日本盲導犬協会では、お預かり犬を他犬と遊ばせるのは禁止です。

今回、犬同士はあいさつした後は付かず離れずの距離を保っていて、同じ空間にいましたが遊んではいません。

他犬=遊ぶ

だけが他犬との付き合い方というわけではなく、お互いに「一緒にいるだけ」というのも「犬同士の付き合い方」という意味で写真を載せました。

ご理解よろしくお願いいたします。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

PREV
大型犬にできやすい「肘タコ」の治し方と予防法
NEXT
犬連れ夏の巾着田|高麗川でBBQや川遊びを楽しもう

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Comment

関連記事

ペンギンの置物に興味を示す犬

フレンドリー過ぎる犬の気質を長所だと思うことにした

一般にラブラドールやゴールデンなどは、人懐こい仔が多いと思います。 ただでさえ人懐こい犬種なのに、

記事を読む

上目づかいで何か言いたそうな犬

チャイムが鳴ると吠える犬が吠えなくなりました

ウェルシーはパピーの頃から音に敏感で、家の中にいるときに外の物音に反応して一声吠えることがありまし

記事を読む

部屋でくつろぐ犬

ラブラドールレトリバーは3歳になると落ち着くって本当?

本日2020年4月14日は、ウェルシーの3歳の誕生日です。 W-15胎のみんな、お誕生日おめでとう

記事を読む

床で眠る犬

【体験談】犬のよだれ焼け(髭焼け)今年はバッチリ!中性電解水で予防に成功しました

ウェルシーは、暑さでハアハアとパンティングすることが多くなるためか、毎年夏になると口の周りの毛がよ

記事を読む

子犬の社会化 他犬と一緒に穏やかに過ごす

ブログを通じて交流させていただいている、黒ラブ兄弟のロッキー君とランボー君のご家族にお会いしてきまし

記事を読む

散歩する犬

うちに来てくれてありがとう「うちの子記念日」

可愛いわんこと暮らすみなさんの中には、愛犬の誕生日が分かる人もいますが、保護犬や迷子になった仔を迎え

記事を読む

ロングリードで散歩する犬

母犬の出産後のケアと体調管理

ウェルシーは2019年12月15日に初めての出産をしました。 子犬たちはすくすく成長し、2020年

記事を読む

甘える犬

メス犬が発情出血の後に少量の出血!考えられる病気と対策は?

ウェルシーは、6月中旬から7月上旬にかけてシーズンが来ていました。 日本盲導犬協会ではメス犬のシー

記事を読む

見上げる犬

盲導犬御用達ワンツーベルトを使うことにしました

今さら感がありますが、ウェルシーの屋外での排泄に盲導犬が使うワンツーベルトを使ってみようと思いました

記事を読む

散歩する犬

犬も夏太りする

夏になると食欲減退で夏痩せする人もいれば、冷たくて甘いおやつをつい食べて?夏太りするという人もいます

記事を読む

ロープで遊ぶ子犬
犬と楽しく遊ぶ方法!犬とは全力で向き合おう

ウェルシーは5歳ですが、遊ぶのはパピーの頃から大好きです。 お散歩の

伏せる犬
犬のしつけ「無視」はイジメ?無視の方法と犬を無視することが効果的な場面

犬のしつけの方法の中で「犬を無視する」というものがあります。 好まし

散歩する犬
犬を吠えさせる飼い主は犬が可哀想だと思わないのかな?

犬は吠える生き物です。 なので、犬が吠えるのは自然なことで問題行動で

座る犬
犬がよだれをポタポタ垂らしているけど大丈夫?病気の心配は?

ある日、これといった理由も見当たらないのに、ウェルシーがよだれをポタ

横顔ラブラドールレトリバー
犬の飼い主あるある?うちの犬は自分のことを人間だと思っている!それって問題なの?

昭和の頃の犬は外飼いで、その役割は番犬でした。 知らない人が来ても吠

→もっと見る

  • follow us in feedly


    PAGE TOP ↑