【繁殖犬飼育ボランティア】子犬を産む母犬との暮らし 喜びや楽しさをこれから

暮れの大掃除も、お正月の準備も、何も進んでいないウェルシーママです。

もう、寒くて何もしたくない。

そんな中、わんこは元気ですね。

繁殖犬飼育ボランティアになりました

2018年は、4頭目パピーのウェルシーの入所、そして進路決定。

まさかの「繁殖犬認定」という事態になり、次のパピーを迎える気満々だったわが家は予定を変更し、パピーウォーカーから繁殖犬飼育ボランティアへと転身しました。

ウェルシーが繁殖犬になることは全く考えていなかったので、寝耳に水という感覚は大きかったのですが

育てたパピーが繁殖犬になった場合は、繁殖犬飼育ボランティアとして活動する。

という約束が、夫との間にあったので迷いはありませんでした。

パピーウォーカーに、心残りはありますけどね(笑)

そんなわけで2018年は、わが家にとっては思い出深い1年となりました。

繁殖犬ママ犬は、お仕事が入ると

シーズン→交配→妊娠出産→子育て→身体の回復待ち

ここまでで、約半年。

一息つくと、すぐ次のシーズン。

なので、今のうちにウェルシーとお出かけしたり、思い出を作った方がいいよ。

という、先輩繁殖犬ウォーカーさんのアドバイスもあり、今年は思い出作りに励みました。

子犬を産む母犬との暮らし

ウェルシーはまだ、2回目のシーズンも来ていませんし、交配などの予定については何も知らされていません。

しかし、2019年は交配があるという心積りでいます。

協会から要請があったら、心身ともに健康な状態のウェルシーと共に出動するのが当面の目標です。

なので、今のところは、ややおとなになったパピーが家にいるのとあまり変わらない生活を送っています。

  • 人の食べ物は与えない
  • ソファー、ベッド、車の座席などに乗せない
  • 人と一緒の布団に寝ない
  • 夜間や留守番時はケージに入れる

などの約束もパピーの頃と同じです。

パピーウォーカーだった頃は、犬との暮らしは1年弱なので、うちにいる間に

  • 良いところを伸ばしてあげたい。
  • 苦手を小さくしてあげたい。
  • 指示で排泄ができるように。
  • 人の指示を聞く姿勢(確実に聞けなくても)ができるように。
  • 褒められることを「嬉しい」と感じてもらう。
  • お散歩は楽しいものだと感じてもらう。

などの自分なりの目標があって、パピーの性格を見ながら

この仔だったらここまで伸びるかな?

などと考えながら、約1年の日々を走ってきました。

今は、引退まで、あるいは生涯一緒に暮らすことになるので、犬も人もストレスなく暮らすことに重きを置いています。

犬のダメなところも、人のダメなところも

お互い様だよね~。

それも個性だよね~。

みたいな感じで、他人に迷惑がかかったり、自分たちが困ったり、ウェルシーが辛くなければ、おおらかに考えようという感じです。

こちらの記事→犬をいいこに育てるには

にも書きましたが、パピーウォーカーだったとき以上に、毎日をご機嫌な犬で暮らしてほしい気持ちが大きいです。

喜びや楽しみをこれから

自分の人生で、犬と一緒に暮らすということを考えたことも無かった私が、子犬を4頭育ててしまいました。

そして犬との暮らしが、犬の妊娠出産を経験することが前提になるとは、思いもしないことでした。

家庭犬の飼い主さんであっても、なかなか経験することは少ないと思うので、貴重な経験になりそうですよね。

ご縁とは本当に不思議なものですね。

パピーウォーカーには、パピーウォーカーの喜びと楽しみがあります。

家庭犬と一生涯暮らすことは、家庭犬ならではの喜びと楽しみがあります。

でも、なかなか父犬や母犬のことって考えませんよね?

うちのこにも、お父さんやお母さんがいて、お父さん犬やお母さん犬を大切に育て一緒に暮らしている人もいる。

ブログには、そんな繁殖犬と暮らすことの喜びと楽しみなどを綴っていけたらいいなと思っています。

今後の抱負とともに2018年を締めたいと思います。

みなさま、良いお年をお迎えくださいね。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

PREV
寒さ対策になるかな?犬にネックウォーマーを着用させてみました
NEXT
ゴープロで走りまわる犬を撮ってみました

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Comment

  1. ツムギ母 より:

    今年はウェルシーさんとお別れをし幸せになるんよ!と送り出したら、まさかの(良い意味で)繁殖犬という進路!
    来年、多分あるであろうウェルシーさんの出産。出産に向けセンターへ行ったり、もしもご懐妊となれば普通のワンコ以上に体調管理、出産後のケアなど、大変だとは思いますが、無理をなさらずに!!!一般人はほとんど経験出来ないこと。少し羨ましかったりして(^^)
    ウェルシーさん、パパさんママさんにとって、来る年も良い年でありますように🎵

    • gd.vol より:

      ツムギ母さん
      幸せになるんだよ♪
      とツムギを送り出したのが、この前のことのようなのに、大切にしていただいて、ツムギの幸せな様子をたくさんお知らせしてくださって、その後のわが家のパピーたちも応援していただいて、本当にありがとうございます。
      いつも心強く感じています。

      繁殖犬という立場、先輩に伺うと大変なこともいろいろあるようですが、それ以上の楽しみもたくさんあるらしいので、これからを楽しみにしたいと思います。

      皆様にとって来年も良いお年になりますように。

  2. サナ父ちゃん より:

    ウェルシーちゃんがお家の中心になった一年でしたね~♪

    見送った…と思ったら帰って来た!(笑)と忙しい一年だったのでは、と思います。

    「ウチのコ」には最後、帰って来て欲しい派(笑)の私としてはめっちゃ羨ましいです♪

    ウェルシーちゃんももしかしたら始めてママになるかもしれませんし、大変かと思いますが、新しい年がウェルシーちゃん、そしてパパさんママさんにとって最高のものになったらなぁ…と思います。
    頑張ってください♪

    • gd.vol より:

      サナ父ちゃんさん
      ある意味、忙しい1年になりましたね。
      訓練士さんに丸投げ~♪
      を後悔しています。

      パピーウォーカーとは違う大変さもありますが、楽しんで頑張っていきます。

      2019年もサナちゃんが、元気に楽しく歩けますように♪

関連記事

散歩中に立ち止まる犬

犬をノーリードにすると思わぬ事故になるかも

ウェルシーだよ♪ お散歩に行ったよ。 暖かくなってきて、ちらほら梅が咲き始めていたよ。 ノー

記事を読む

犬と猫もコミュニケーションがとれるよ

ウェルシーだよ♪ ママとお散歩に出かけたよ。 この日は北風の強い日で、すっごく寒かったの。 も

記事を読む

玄関に座る犬

【ラブラドール1歳6か月】人が大好きで人に興奮しやすい犬の対処法

ウェルシーは、人が大好きでとってもフレンドリーです。 長所ではありますが、それが困ったところでもあ

記事を読む

温泉に入る犬

犬用温泉「スパ・ドッグズラン秩父」日帰り温泉「梵の湯」とオートキャンプも楽しめるよ

ウェルシーだよ♪ 埼玉県秩父市に、わんこがドッグランと温泉を楽しめる施設「スパ・ドッグズラン秩父」

記事を読む

怖がりで刺激に敏感な犬には納得して受け入れるのを待つ

ウェルシーだよ♪ 朝起きたら、2階のベランダから見える遠くの山に雪がかかっていたよ。 近郊で

記事を読む

床で眠る犬

【体験談】犬のよだれ焼け(髭焼け)今年はバッチリ!中性電解水で予防に成功しました

ウェルシーは、暑さでハアハアとパンティングすることが多くなるためか、毎年夏になると口の周りの毛がよ

記事を読む

おもちゃで遊ぶ犬

出産後の母犬は体の回復に3か月はかかるらしい

ウェルシーは2019年12月15日に初めての出産をしました。 もうすぐ出産から3か月が経ちます。

記事を読む

伏せる犬

犬の妊娠時のおりものについて獣医さんに聞きました

ウェルシーの交配から2週間が経った頃、室内でペットシーツの上でワンをしたとき、少量の半透明のとろみの

記事を読む

先輩繁殖犬飼育ボランティアさんのお宅にお邪魔しました

ウェルシーだよ♪ 先輩繁殖犬のクウちゃんのおうちに遊びに行ったよ。 クウちゃんは、今年(

記事を読む

撫でて褒めてもらう犬

犬が飼い主にマウンティングする理由は愛情表現?

暑い時期になってからだと思うので、1か月くらい前からだと思うのですが、ウェルシーが夫の手や足をペロ

記事を読む

ロープで遊ぶ子犬
犬と楽しく遊ぶ方法!犬とは全力で向き合おう

ウェルシーは5歳ですが、遊ぶのはパピーの頃から大好きです。 お散歩の

伏せる犬
犬のしつけ「無視」はイジメ?無視の方法と犬を無視することが効果的な場面

犬のしつけの方法の中で「犬を無視する」というものがあります。 好まし

散歩する犬
犬を吠えさせる飼い主は犬が可哀想だと思わないのかな?

犬は吠える生き物です。 なので、犬が吠えるのは自然なことで問題行動で

座る犬
犬がよだれをポタポタ垂らしているけど大丈夫?病気の心配は?

ある日、これといった理由も見当たらないのに、ウェルシーがよだれをポタ

横顔ラブラドールレトリバー
犬の飼い主あるある?うちの犬は自分のことを人間だと思っている!それって問題なの?

昭和の頃の犬は外飼いで、その役割は番犬でした。 知らない人が来ても吠

→もっと見る

  • follow us in feedly


    PAGE TOP ↑