子犬の成長|自己主張を引っ込めることを覚えた甘えん坊な犬

公開日: : 第四話 ウェルシー

月齢の低い子犬は、自分の気持ちを表現するのに吠える、甘噛みする、などの方法しか知りません。

犬社会ではそれでコミュニケーションが取れるのですが、人の社会では嫌がられるので、だんだんと子犬も自分の気持ちを表現する方法を考えるようになりますね。

自己主張する子犬

ねえねえ、ママちゃん、抱っこ。

窓辺でくつろいでいたウェルシーが、私の膝に顎をのせて抱っこのおねだり。

ひとりでのんびりしていたけれど、寂しくなってきちゃったかな?

膝に顎を乗せる子犬

今のウェルシーは

  • じっと見つめてくる。
  • 膝に顎を乗せる。
  • 前足でチョンチョンする、前足を乗せてくる。

など、人に嫌がられない方法で「お願い」を主張してきます。

いつも「お願い」を聞いて上げられればいいのですが、待っていて欲しいときもありますね。

主張を引っ込めた?

ママは今お仕事中。

ちょっと待っててね。

と言ったらしばらく座って待っていましたが、そのうち寝ちゃいました。

眠る子犬

ふて寝ではなく

まいっか。

という感じで、座った姿勢からゆったり身体を崩して横になり、コテッという感じで寝息を立てています。

甘えん坊だったり、焼きもちをやいたり、自分の気持ちを精一杯表現するウェルシーですが。思うようにならなくても

まいっか。

と思えるような一面もでてきましたね。

人もその仔の性格を観察しながら、犬との付き合い方を模索していきますが、犬は犬でどこまで許されるのか試してみたり、主張をひっこめてみたりしながら、人との付き合い方を考えているのでしょうね。

こども(人間も動物も)の成長する力ってすごいなと思います。

まとめのようなもの

ウェルシーは1歳を過ぎました。

子犬だと思っていましたが、少しずつお姉さんになってきました。

小さい子(人間の)イヤイヤ期みたいな時期もありましたし、自分の主張がどこまで通るのか試すような時期もありました。

そして、主張を引っ込めることも覚えたのですね。

今甘えられなくても

また甘えさせてくれるよね♪

と信頼しているのだろうと思います。

人っていいな。

人と一緒に暮らすのは楽しいな。

と犬に思ってもらえたら、パピーウォーカーとしては「成功」ですよね。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

PREV
みごとな脱ぎっぷり 換毛期真最中
NEXT
最後のシャンプー 抜け毛も集めてみました

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Comment

  1. サナ父ちゃん より:

    甘えん坊なワンコはかわいいですよね~♪
    つい、甘えられると言いなり(笑)になっちゃうんですが、どうしてもしてあげれない時には気持ち切り替えて大人しくしてくれると助かりますよね…

    たぶん、ワンコの心が大人になるってこういう事なんでしょうね…

    パピーウォーカーとして、育ててきたワンコが教えてきた事が出来るようになったのを最後見届けられるのは一番の喜びかも知れませんね…

    • gd.vol より:

      サナ父ちゃんさん
      可愛いので、お願いはなんでも聞いてあげたいと思うのですが、犬中心に暮らせるはずもなく、我慢してもらいたい場面もありますね。

      聞きわけが出てくると、さらに可愛くなりますね。
      犬と暮らす前は、飼い主さん達が「うちのこ」と言うのを「犬じゃん」と思っていましたが、今は理解出来ます。
      犬だけど、まるで自分の子どものように感じるのは、人に心を寄せてくれるからなのでしょうね。

      ウェルシーも、人と一緒に楽しく暮らせる犬に成長したという点では、安心して送り出せますね。

  2. ツムギ母 より:

    しっかり人を観察して空気を読んで、
    『今はママ、忙しそう。まっいいか』
    ウェルシーさん、すっかりお姉さんに成長しましたね。
    出来るだけワンちゃんを優先して接していても、どうしても構ってあげれない時ってありますよね。そんな時にお利口さんにしていてくれると助かりますね。
    『パパ・ママが今は忙しくても、待っていたら必ず構ってくれる』と理解しているから、安心して待てるのでしょう。信頼関係って大事ですね。

    • gd.vol より:

      ツムギ母さん
      どうしても人間の生活が優先なので「待っててね」が多くなってしまいますが、成長と共に自分がどうしたらいいのか理解するようになりますね。
      ふんっ!
      何よ!!
      みたいなところもある仔でしたが、いろいろな場面で聞きわけの良さがでてきました。
      ちょっと気持ち悪い(笑)

関連記事

子犬生後4か月|散歩好きな犬に育ちそう?自然の中で冒険してみた

今年のウェルシー地方の夏は、梅雨の間は晴れて梅雨が明けたら雨の多い日が続きました。 まるで、梅雨と

記事を読む

お散歩中のアイコンタクト 人と一緒に歩くって楽しいね

お散歩デビューをした当初のパピーの歩き方は、その仔その仔で本当に個性があります。 ウェルシーの

記事を読む

これって警戒吠え?

吠えネタが続きます。 ウェルシーをケージに入れて留守番させて、原付で出かけて約1時間で帰宅しま

記事を読む

W-15胎 1回目のパピーレクチャー

6月24日は、1回目のパピーレクチャーでした。 この日は、母犬のココアちゃんと繁殖犬ウォーカーさん

記事を読む

隙間に入る子犬

委託6日目のお部屋探検

委託された日と翌日のウェルシーは、ケージが置いてある部屋から一歩も出られませんでした。 廊下の

記事を読む

テリトリー意識からの警戒吠え

ウェルシーには「吠える」という傾向があります。 そのうち要求や主張の吠えは(生後5か月現在)聞かな

記事を読む

犬は汎化が苦手 同じ用途のものを別物と認識?

9月24日のレクチャーのときにW‐15胎のパピーたちは、クレートが大きいサイズのものに交換になりまし

記事を読む

散歩中に他犬を伏せ状態で待つ犬の気持ち

いつ頃からでしょうか? 夫がウェルシーと散歩中に、他犬が前から来ると伏せて動かなくなる。 と言っ

記事を読む

犬の身体にとって階段の昇降は負担|階段を怖がるのは当然かも

好奇心旺盛でイケイケタイプのウェルシーですが、一方で怖がりな一面もあります。 今、苦戦しているのが

記事を読む

W-15胎 2回目のパピーレクチャー

7月30日 2回目のレクチャーでした。 今日はどこに行くんですか? クレートの中で

記事を読む

おもちゃを咥えて歩く子犬
子犬が人の足を噛んでくるのはなぜ?私は普通に歩いているだけなのに

普通に部屋の中を歩いているだけなのに、あるいは普通にお散歩をしている

抱っこされる犬
犬の肉球は何のためにあるの?役割と構造は?弱点もあるよ

犬の肉球って、ぷにぷにしていて可愛くて、ちょっと香ばしかったりして、

枝垂桜と犬
犬連れ桜の飯綱山公園歴史の広場(富士見城跡)優美な小諸八重紅枝垂を楽しもう

ウェルシーだよ♪ 長野県の「飯綱山公園歴史の広場」に連れて行ってもら

大手門
犬連れ小諸城址「懐古園」城下町より低い場所に築かれた穴城

ウェルシーだよ♪ 長野県にある「小諸城址懐古園」に連れて行ってもらっ

ドッグフードが気になる子犬
ドッグフードの選び方|正しい知識を身に着けてドッグフードを選ぼう

私たちの場合は、盲導犬協会の犬なのでフードは協会から指定されたものを

→もっと見る

  • follow us in feedly


    PAGE TOP ↑