子犬のお留守番トレーニング 失敗からの仕切り直し

私達の場合ですが、今までパピーの委託は全て土曜日でした。

土日は家族が揃う家庭が多いので、2日間家族でパピーと一緒に過ごし、週明けから仕事や学校などが始まり、日中はパピーとおかあさんが一緒に過ごす。

というパターンになるご家庭が多いのではないかと思います。

お留守番はすぐに始まる

パピーを迎えるまでにいろいろな用事を済ませておくようにしておきますが、それでも早々に家を空けなければならないこともあります。

わが家は夫婦二人での生活なので、早期からパピーのお留守番はどうしても避けられないんですよね。

寝ている時に

出掛ける日は、たくさん遊んで疲れて排泄もすませて、パピーをケージに入れて寝入ってから出かけます。

その前にハウスでくつろいで寝られるように練習するのは必修です。

関連記事→ハウストレーニング

生後2か月半頃の家庭訪問で、訓練士さんに

今まではウェルシーが寝てから出かけていたと思いますが、そろそろウェルシーをケージに入れてそのまま出かける(意識的な)お留守番を練習してください。

とご指導をいただきました。

まだレベルが高かった

その1

少しずつ練習して、1時間くらいのお留守番は吠えずに待っていられるようになってきました。

ある日出かけて帰ってくると、ご近所さんがいたので

あいさつをして少し話をしていたら、ウェルシーが

わん!

わんわんわん!

私の声が聞こえたのか、すでに戻ってきた気配を感じていたのか

ママー!!

帰ってきたんなら来てよー!!

という感じで吠えました。

暑い日で、冷凍食品や生ものを買って帰ってきたので、一瞬吠えが止んだときに家に入り、そのまま冷蔵庫へ直行しました。

ウェルシーには一切構いませんでしたが、もう吠えません。

その後、1時間くらいケージの中で眠りました。

家に人がいればいいんだな~・・・。

その2

訓練士さんからは

吠えた場合は、吠えやむまで放っておいて「諦める」という経験をさせてください。

というご指導もいただいています。

別の日、出かけて帰ってくるとウェルシーがたくさん吠えていました。

どのくらい吠えるのかな~?

と思って家の前で待機していました。

2時間くらい経ったら雨が降ってきましたし、蚊に刺されて辛かったので、私の方が根負けして家に入りました。

(諦める経験はさせられませんでした)

やはり、家に入ると吠えるのをやめ、ケージから出さなくても別の部屋にいても、もう吠えないんですよね。

2時間吠えて疲れたらしく、しばらく眠りました。

やっぱり、家に人がいればいいんだな~。

留守番不安症に・・・

その2つのことがあってから、ウェルシーは玄関の開閉だけで不安になったり、家の鍵を持つだけでピーピー言うようになってしまいました。

人がでかける(かもしれない)ということに過敏になり

置いて行かれる!

そう思った瞬間に不安になるのでしょうね。

CIMG6767

ウェルシーは、訓練士さんが思う程(?)できた仔ではなく

ケージに入れて、そのまま出かける。

というのは、まだレベルが高かったようです。

レベルを下げる

訓練士さんに相談したところ

鍵は持つけど、出かけない。

玄関を開けて出るけど、すぐに戻ってくる。

1分外にいて戻ってくる。

5分で戻ってくる。

などをして、別に鍵を持ったり、玄関の開閉の音が聞こえても何も変わらないんだなあ。

と思わせてください。

そして、またレベルを下げて寝ている時に出かけましょう。

ということになりました。

CIMG6769

仕切り直しですね

現在は、ケージの中で寝ている時に出かけています。

寝ている時に出かけるのが全く平気になれば、途中で目覚めてもまた寝てしまい

ケージに入る=誰にも邪魔されずのんびり寝られる時間

と思うようになるので、やがて「House」の指示でケージに入れてそのまま出かけてしまっても、のんびり寝て待っていられるようになるはずです。

今までの仔と同様に、寝ている時に出かけながら、少しずつお留守番に慣れてもらうことにします。

私は日頃テレビをつけないので、出かけるときにつけると怪しいですが、テレビやラジオをつけているおうちであれば、あえてつけっぱなしにして出かけると、誤魔化せるかもしれませんね~。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

PREV
生後4か月のウェルシーへ
NEXT
夏のお楽しみ 氷を体験 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Comment

  1. サナ父ちゃん より:

    サナも吠えるまではなかった…と思いますが、お留守番させて帰ってきてからケージから出してあげると、めっちゃ熱烈歓迎されました(笑)。

    嬉しさは「寂しかったよ~。」の裏返しだったんでしょうね…
    お留守番は得意とは言えなかったかと…
    そもそも、ハウスが好きな仔じゃなかったので(笑)。

    こういう事にも個体差はあると思いますし、もっと先でもいいかも知れませんね…本格的なお留守番の訓練は。

    焦らずゆっくり、ウェルシーちゃんのペースで♪

    • gd.vol より:

      サナ父ちゃんさん
      わんこって、ちょっと留守にすると何十年ぶりの再会かのように、全身で喜びを表現しますね。
      そこが可愛いところですよね。

      訓練士さんは「できる」と踏んだのでしょうが、ウェルシーにはまだレベルが高かったようです。
      そして、訓練士さんも
      レベルを下げましょう。
      と言ってくださったので、ゆっくり練習していきますね。

      叱られても堪えないウェルシーですが、寂しさは堪えたみたいです(笑)

  2. Lママ より:

    ウェルシーちゃん、うちのエル夫と同じです(笑)
    私も最初は寝ている間に、1時間以内で帰って来るように出掛けていました。
    先日、どうしても外せない用事があり、起きている時間にケージに入れて出掛けました。
    出掛ける時はもちろん、ワンワン(泣)
    1時間後、夫が帰って来た時も鳴いていて、ケージの中がヨダレだらけだったそうです。
    起きている時のお留守番は、エル夫の課題です。
    うちもちょっとずつ時間を延ばして行って、慣れてもらおうと思います。

    ウェルシーちゃん、一緒にがんばろな〜 byエル夫

    • gd.vol より:

      Lママさん
      生後3~4か月の子犬って、人間で言ったら4~5歳くらいですよね?
      人間だったら、4~5歳の子どもを一人で留守番させるのは、やはり難しいと思いますよね?
      犬と人は感じ方が違うのかもしれませんが、心の成長を待つ必要はあると思うので、少しずつ練習ですね。
      ゆっくりやっていこうと思います。

      エル夫くん
      あたしも寂しくていっぱい吠えちゃったの。
      大きくなったらお留守番もできるようになるよね?
      一緒に少しずつ頑張っていこうね~。
      byウェルシー

関連記事

警戒心が強い犬の警戒を解く方法

わが家にお客さんが来ることになったので、滅多に使わない座布団を出しました。 ウェルシーは初めて

記事を読む

テリトリー意識からの警戒吠え

ウェルシーには「吠える」という傾向があります。 そのうち要求や主張の吠えは(生後5か月現在)聞

記事を読む

くんくん ぴょんこぴょんこ お散歩デビュー

委託から3週間、生後2か月と11日目の6月24日にウェルシーはお散歩デビューをしました。 道路

記事を読む

お姫様ベッド?で日向ぼっこする犬

2月も半ばを過ぎ、外は寒くても日差しが力強くなってきました。 晴れると窓際はポカポカです。

記事を読む

W-15胎 7回目のパピーレクチャー

1月21日はW-15胎とD-16胎の合同レクチャーでした。 W‐15胎は4月14日生まれ。

記事を読む

ワンツーベルト練習中 実際に使ってみる

生後7か月を迎え そろそろ練習してみてください(無理のない範囲で) と訓練士さんに促され

記事を読む

W-15胎 4回目のパピーレクチャー

9月24日は4回目のパピーレクチャーでした。 今回は、3家族でのレクチャーでした。 それ

記事を読む

はじめてのお留守番

ケージに一人でいられなかったツムギですが、数日間で進歩しましたよ。 昼間も時々ケージで寝るよう

記事を読む

委託4日目に掃除機を体験してみました

掃除機を怖がる仔は多いようなので、少し家に慣れてきた委託から4日目に掃除機を体験させてみました。

記事を読む

2回目の家庭訪問

7月6日は2回目の家庭訪問でした。 この日は夫も仕事を都合して参加してくれました。 訓練士さ

記事を読む

子犬にComeを教えるちょっとしたコツ

12月16日、キャンドルナイトの翌日の富士ハーネスでは、パピーレクチャ

2018 キャンドルナイト 富士ハーネス

ウェルシーだよ♪ 12月15日に富士ハーネスで開催された、キャン

犬連れ冬の伊豆 道の駅伊東マリンタウン

ウェルシーだよ♪ パパとママに伊豆に連れて行ってもらったよ。

犬連れ冬の伊豆 小室山公園

ウェルシーだよ♪ パパとママに伊豆に連れて行ってもらったよ。

犬連れ冬の伊豆 隠れ家カフェでのんびり

ウェルシーだよ♪ パパとママに伊豆に連れて行ってもらったよ。

→もっと見る

  • follow us in feedly
PAGE TOP ↑