犬の散歩の時間と回数 どのくらいがいいの?

公開日: : 第四話 ウェルシー, 散歩

生後7か月齢のウェルシーは、身体は成犬に近づいています。

1回の散歩は40分~60分くらいで、1日2回です。

しかし、特に決めているわけではなく、その日のお天気や犬の状態で、たまには多い日も少ない日もあります。

散歩の時間や回数はどのくらいが適当なの?

以前読んだ本によると

犬のサイズ別の1回分の散歩時間

  • 超小型犬:20分
  • 小型犬:30分
  • 中型犬:40分
  • 大型犬:50分
  • 超大型犬:60分

回数は1日2回となっていました。

しかし

犬に合った散歩の時間や運動量は個体差があって、これでOK!という確かな数値はありません。

ということです。

なので、愛犬を観察してその仔に合った時間や回数を、見つけてあげるのが良いと思います。

訓練士さんによると、目安は

家に戻ったら犬が自ら伏せてくつろぐ、あるいは寝てしまう。

という状態が、適度な散歩時間だそうです。

散歩は量より質が大切

しかし、お散歩が楽しくないと犬の散歩の質は下がりますよね。

散歩の目的は

  • 運動
  • 筋肉や骨を育て丈夫な身体をつくる

などの他にも

  • 気分転換
  • 飼い主さんと犬とのコミュニケーション
  • 社会化

などがあります。

なので、運動量が少ないとされる小型犬であっても、お散歩は大切です。

この日のウェルシーは突然の

ピンポンパンポ~ン!

という音にびっくりして座り込みました。

イケイケのくせにビビリなんですよね。

80代の女性が行方不明で、心当たりの方はご連絡ください。

という市のお知らせの放送でした。

広報塔のスピーカーが近かったので、びっくりしたみたいです。

ウェルシーは

なんだなんだ?

という顔をしていましたが、放送が終わってから

行こっか。

と声をかけると、何事も無かったかのようにトットットっと歩いてくれました。

これも社会化ですね~。

犬にとって質の良い散歩とは?

人の散歩も、ゆっくり歩きながら景色を見たり風を感じたり、五感を使って歩いていると思います。

犬も同じで、主に鼻ですが耳や目など五感を使って、自分の周りの世界を感じながらゆったり歩くのが、楽しい散歩になると思います。

たまには安全なところでにおいを嗅いだり、休息してのんびりしたりもいいですね。

しかし、人と一緒に歩くことの楽しさも教えたいですよね。

訓練士さんに教えていただいたのですが、短い距離を走ったり、止まったり、ゆっくり歩いたり、早歩きをしたり、ヒールをしたり・・・。

そういったことを、散歩の中に入れています。

遊びながら人に注目する楽しさを教えていく感じでしょうか?

ちょっとした変化をつけると、ウェルシーも

ママ、何?

今度どうするの?

と楽しんでくれるみたいです。

まだパクリンチョもするのですが、ゆったりした散歩の中で、頭を使いながら楽しく散歩の質を高められたらいいなと思います。

犬にとっては日光浴も大切なので、日差しのある時間に散歩に行ったり、難しければ部屋で日光浴ができる場所を確保してあげるといいですね。

関連記事→犬が日向ぼっこが好きな理由と日向ぼっこの効果

まとめのようなもの

散歩の時間や回数は、一応の目安はあっても生活や犬の状態に合わせればOK。

散歩は質が大切。

楽しい散歩を心掛けたいです。

おまけ「排泄と散歩は別」のメリット

わが家は盲導犬パピーなので

排泄を部屋のトイレや庭などでさせてから散歩に行く。

ということになっています。

散歩=排泄

になっていると雨の日の雪の日も、自分が体調が悪くても散歩に行かなければならず、負担に感じてしまいそうです。

ワンツーコール=排泄

が身についてくると、排泄と散歩を別に考えられるので、犬との散歩の時間を思い切り楽しめるのが嬉しいです。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

PREV
わがままな犬だと思うときもあるけれど
NEXT
3回目の家庭訪問

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Comment

  1. サナ父ちゃん より:

    サナは海までの4~5分歩いてから浜辺で30分遊んで、そこから1時間、途中公園で自由時間10分挟んで家まで歩きましたね~♪

    私とカミさんではお散歩パターンが全く違ってました。
    今となっては良かったのかどうか…(汗)

    でも、サナはカミさんの言うことはちゃんと言うこと聞いていい子にしてたみたいですが、私の言うことは聞かず、ワガママ放題でした…

    まぁ、楽しんでくれたし、カミさん締めてくれたから今となっては良かったかな、と思います♪

    • gd.vol より:

      サナ父ちゃんさん
      サナちゃん、結構体力ありますね~。
      遊ぶというのは、コミュニケーションになりますし運動にもなるのでとってもいいですよね。
      うちも、パパさんとのお散歩の方が「途中で遊ぶ」は多いですね。
      私は休憩を入れることが多いかも?
      人によってパターンが違っても、わんこがどっちも楽しんでくれればOKですよね。

  2. ツムギ母 より:

    突然のピンポンパンポ〜ン♪にビビるウェルシーさん、顔が強張ってますね〜。相当ビックリしたのかな?(^^)
    ピンポンパンポ〜ン♪はそうそうお目にかかれない社会体験。ビビったけど、大人になってからの引出しが1つ増えましたね(^^)
    我が家も散歩は1時間を目安にしています。が、家庭犬満喫のツムギさんは『ヒール!』なんて言うと『んもー!私、今、クン活で忙しいんですよ、お母さん!』とブータレをします(T-T) 甘甘お母さんは許してしまいます(;´д`) お父さんの時は大丈夫みたいですが…。

    • gd.vol より:

      ツムギ母さん
      突然の音は人でもびっくりしますよね。
      音の正体を知っているので
      な~んだこれか。
      ということになりますが、犬にしてみれば
      なんだなんだ??
      とびっくりするでしょうね。

      クン活もいいと思いますよ。
      だって、犬だもん。
      犬のしたいことを許してあげたってわがままになるとは思いません。
      だって、信頼関係ができていますから。

      そして
      つむたん、車が来てるからこっちに来てね。
      など、ツムギにも人のお願いを聞いてもらって
      仲よく楽しい散歩の時間を過ごしてくださいね。

関連記事

おもちゃへの所有欲が出てきたのかな?

ウェルシーは委託当初から遊ぶのが大好きでした。 おもちゃを動かすとすぐに乗ってくれます。 お

記事を読む

フードの切り替え 3回食から2回食へ

ウェルシーは、7か月齢から少しずつ子犬用のフードから成犬用のフードに切り替えていました。 そし

記事を読む

音に敏感な犬への対処法

ウェルシーは、音に敏感です。 そうは言っても、掃除機に過剰な反応もしませんでしたし、トイレの水

記事を読む

2018 ボランティアミーティング(勉強会&懇親会)に参加しました

3月4日、神奈川訓練センターで開催されたボランティアミーティングに参加しました。 毎年このミー

記事を読む

お砂場でのハプニング

ウェルシーは、刺激に敏感です。 環境の変化もそうですし、身体に受ける刺激にも敏感です。

記事を読む

夏のお楽しみ 氷を体験 

初めての氷も、子犬の反応はさまざまです。 ウェルシーはどんな反応を示したのでしょうか?

記事を読む

うちの犬はかまってちゃん?

ある日の朝、ウェルシーと一緒にお散歩に行きました。 ウェルシーは、トコトコトコとしばらく人の横

記事を読む

生後12か月のウェルシーへ

ウェルシーは明日、4月14日で1歳になります。 1日早いのですが、W‐15胎のみんな お

記事を読む

日向ぼっこ 顔が暖かいのが好きなの?

今週はお天気がいまいちの予報が出ているウェルシー地方ですが、今日はお日様が出てくれました。 し

記事を読む

犬連れ軽井沢 1日目 鬼押出し園とタリアセン

9月2日と3日、ウェルシーを連れて初めての1泊旅行に行きました。 2日は、朝方まで雨が降ってい

記事を読む

犬は幸せだと胴が長くなるらしい

先日、飼い主の女性が16歳のラブラドールのお腹を蹴るというニュースがあ

犬との関係づくりを考える 自己主張の強い犬が聞きわけが良くなった

ウェルシーは2月14日で、1歳10か月になります。 ウェルシーが

犬育て初心者が迎えたばかりの子犬の育て方で心掛けたいこと

日本盲導犬協会では、盲導犬の候補犬は概ね56日前後で、パピーウォーカー

うっすら雪が積もった日に雪に慣れていない犬とお散歩に行ったよ

ウェルシーだよ♪ 強い寒気が流れ込んだ2月の第2週の週末。

犬が散歩で引っ張る理由と引っ張りを直すしつけ2つの方法

ウェルシーだよ♪ ママと一緒にお散歩に行ったよ。 この日は

→もっと見る

  • follow us in feedly
  • 2019年2月
    « 1月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728  
PAGE TOP ↑