訓練センターでの預かり訓練から帰ってきました

公開日: : 第四話 ウェルシー

ウェルシーは21日から預かり訓練でした。

27日に迎えに行ってきましたよ。

最初に訓練士さんから、訓練センターでの様子をお伺いしました。

1~2日は寂しさからか、犬舎でピーピー言ったり人が見えなくなると吠えたりしたそうですが、次第に慣れて落ち着いて生活ができたようです。

訓練士さんから、1日ごとの

  • 犬舎生活
  • 散歩
  • 遊び
  • 排泄

それぞれの項目について、細やかにびっしり書かれた報告書をいただきました。

犬舎の中にケージを入れてあったようなのですが「House」の指示で犬舎に入れると必ずケージに入っていたようで、報告書に

真面目な性格?

と書いてあったのが笑えました。

預かりの間に雪が降ったので、雪を体験したり、芝生や砂を体験したり、駅に行ったり、ミルクランドで牛やヤギなどに会う体験もしたようです。

今後の生活の課題

お話の後、訓練士さんがウェルシーを連れて来ました。

実際にウェルシーを動かして、今後の生活で取組んでいきたい点などのご指導をいただきました。

遊び

おもちゃが無くても、人と遊べるように。

ということで見本を見せてもらいました。

おもちゃがなくても、訓練士さんに集中して待ちます。

「Come」と呼ばれたら走って行きました。

また

おもちゃを見える場所に置いておき、おもちゃではなく「Come」で人の方に来られるようにレベルを上げましょう。

という課題もいただきました。

散歩

気になる犬や人がいると全力で向かってしまい、リードを持っている人のことを忘れてしまうので、パパさんと交代で

  • ウェルシーを誘惑する人
  • ウェルシーのリードを持つ人

の役をやり、ウェルシーが誘惑に負けて向かってしまう前に「Sit」や「Come」の指示を出し、リードを持つ人に意識を向ける。

という練習をしました。

パパさんは上手でしたね。

私はシオンのときに

対象に向かわせないのではなく、向かって行ったところを「Come」で呼び戻す。

というように、シオンの担当訓練士さんから習ったので、どうしてもそのクセが出てしまい「Come」が遅れてしまいました。

ウェルシーの場合は

行こうかな?

と考えたところで(行動を始める前)に「Come」などの指示を出した方がいいので、早めに指示が出せるようにしたいと思いました。

その仔の性格や行動のパターンによって、指示を出すタイミングなども違ってくるのでしょうね。

訓練士さんは、その仔に合った方法を考えてくださるのでありがたいです。

感想

預かり訓練の間に訓練士さんが感じたウェルシーの性格は、家で感じているものとほぼ同じでした。

コマンドや名前への反応が良いところは、このまま伸ばしてあげたいと思いました。

好奇心と不安でいろいろなことに反応し、興奮が上がってしまうところがあります。

受け入れていくキャパが小さいところもあります。

うまく係わってあげて

過剰に興奮しなくていいんだよ。

と伝えてあげたいです。

腰回りなどを触られるのが苦手なので、人に触られることが心地いいことになるよう、引き続き身体を触っていく練習をしていこうと思います。

おまけ

訓練士さんによるご指導が終わった後、雪の残るプロムナードで少し遊びました。

Waitだよ。

ボールを取りに行ったら、わざわざ雪の上を行くウェルシー。

パパ~。

持ってきたよ~。

帰りの車はぐっすりです。

お帰り、ウェルシー。

残りの時間をまた3人で楽しく過ごそうね。

ウェルシーの心の幅が広がっていけるように、パパとママも協力するからね。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

PREV
盲導犬キャリアチェンジ犬 それぞれの幸せ
NEXT
室内犬の足ふきは乾いたタオル!カサカサにならない美肉球の秘密

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Comment

  1. サナ父ちゃん より:

    待ちに待ったこの日!ですね~♪
    一週間ぶりの再会、ウェルシーちゃんもいっぱい甘えている頃と思います。
    でも、こうして途中でチェックしてもらえると現状が確認出来て、これからやるべき事が明確になるので、方策としては凄くイイですよね~♪

    でも、一週間もいないのは、ちょっと寂しすぎるかも(笑)。
    あと、訓練士さんからのリクエストのハードルもどんどん高くなっているような…

    私みたいな不良パピーウォーカーはもう付いて行けないッス(笑)。

    • gd.vol より:

      サナ父ちゃんさん
      一週間ぶりにしっかり甘えていますね。

      訓練士さんもパピーの気質や、その仔に合ったアプローチを考えたり、パピーウォーカーも、その仔の良いところや、今後の係わり方を教えていただけるので双方にとっていいですよね。

      そうなんですよ。
      こうしましょう~。
      と言われて、意気揚々と
      できたよ~。
      と言うと
      では、これも挑戦してみましょう~。
      とニコニコしながら言うので、どんどんハードルが上がります(汗)
      パピーが苦手なところはゆっくりやって行こうと思っていますが、犬の扱い方が少しずつ上達しているのが感じられて、それが報酬になってしまっています。
      訓練士さんは、パピーウォーカーのやる気を引き出すのも上手ですね。
      思うつぼだな~(笑)

関連記事

足元ダウンする犬

W-15胎 8回目のパピーレクチャー

2月18日 W-15胎、10か月齢のパピーレクチャーでした。 この日は空気が冷たかったの

記事を読む

犬が拾い食いをする理由と拾い食いをやめさせる方法

ウェルシーの場合、拾い食いの主な理由は好奇心ですが、なかなか拾い食いが無くならないんですよね。 そ

記事を読む

繊細な仔育て専門のパピーウォーカー?

先日、訓練士さんとウェルシーのことをお話しする機会がありました。 ウェルシーは、遊ぶのが好きで

記事を読む

2017 キャンドルナイト 富士ハーネス

12月16日 個別レクチャーをしていただいた後、キャンドルナイトに参加しました。 私達はレクチャ

記事を読む

甘えん坊で焼きもちやきの犬

わが家でお預かりしたパピーたち みんなパパっ仔になるのですが、ウェルシーもパパが大好きです。

記事を読む

カートに乗る子犬

車でお出かけとホームセンターでカートを体験

盲導犬候補パピーは「車に乗るのが苦にならない」こともお勉強のひとつです。 月に一度のレクチャー

記事を読む

犬の一番のお仕事はそこにいてくれること

パパちゃん、早く帰ってこないかな~。 パパから「帰るよコール」があると、電話の音にすぐ反応する

記事を読む

子犬のお留守番トレーニング 一進一退が続く

お留守番の練習ですが、一進一退の状況です。 先日、ウェルシーが起きていても、ケージに入れて「留

記事を読む

ハウストレーニング

協会からは、犬から目を離すときやお留守番のときは、パピーをケージやクレートに入れるようにお願いされて

記事を読む

吠えをなんとかしたいその1 興奮吠え

ウェルシーには小さい頃から「吠える」という傾向があります。 最近のウェルシーが吠えるのは主に「興奮

記事を読む

パピーウォーキング終了式
委託終了式|盲導犬パピー2回目の別れ

2021年1月17日に、富士ハーネスと仙台訓練センターにて、ウェルシ

ボールを持って走る犬
【動画】犬の「持ってこい」の教え方は?犬と楽しく遊ぼう

持って来い遊びは、飼主さんがボールなどを投げて持ってきてもらう遊びで

伏せる犬
大きな声では言えないけれど私は犬が嫌いなんです

わが家では置き薬を利用しています。 置き薬というのは、販売業者が直接

ボール遊びをする犬
ラブラドールレトリバー3歳9か月|もう若いって言えないわ!

2021年を迎えました。 明けましておめでとうございます。 ウェルシ

ホームセンターのカートに乗る犬
犬の飼い主はなぜホームセンターに犬を連れて行きたがるの?

タイトルは、私の友人の疑問です。 これは、非難しているわけではなく

→もっと見る

  • follow us in feedly


PAGE TOP ↑