公園でボール遊びと自由散策

公開日: : 第四話 ウェルシー, 犬育て

ウェルシーと一緒に大きな公園に行ってみました。

残暑の厳しい日でしたが、木が多く日陰があり、芝生に犬も入れられます。

広々した場所で思い切り遊ぼう

普段のお散歩は住宅街がメインです。

この公園は犬連れの人も多いのですが、道の幅が広いのですれ違いもしやすいです。

また、家族連れも多くいろいろな人を見ることができるので、ウェルシーにとっていいお勉強になります。

ボール遊び

芝生に犬を入れることができるので、ロングリードに付け替えてボール遊びをしました。

CIMG7596

OK

CIMG7597

CIMG7604

CIMG7605

OUT

CIMG7600

楽しそうですね。

家の中だと思い切り走れませんから、たまには広い場所で思い切り走るのも気分転換になるのでしょうね。

自由散策

ひと休みしたらお散歩です。

せっかく広い場所に来たので「自由散策」を少ししてみました。

ロングリードの範囲なら、ウェルシーが好きなように歩いてOKです。

CIMG7616a

くんくんも、草むしりもOK。

危ないこと以外は大目に見ます。

CIMG7609

休みたいよ~。

と座ったり伏せたりしたら、人ものんびり付き合ってあげます。

ウェルシーの自由時間ですからね♪

CIMG7621

ルールはひとつだけ。

ゆっくり歩く。

です。

もし早足になったり、走りだしたらリードを固定(引張り返さない)して止めて、すぐにリードを緩めて

ゆっくり歩こうね。

と伝えて、またゆっくり歩きます。

人を気にせず好きなように歩いていたウェルシーも、そのうちに人に寄ってきました。

暑いので口元に少しシワは寄っていますが、楽しそうに歩いていますね。

CIMG7613

今回はボール遊びをしているので、クールダウンの意味もありますが、すれ違う人や自転車や車を気にしないでのんびり歩くことが、人にも犬にもリラックス効果を与えてくれます。

犬の自由度を高くしていると、わがままになりそうに感じますが、回数を重ねるごとに自分の意思で人と一緒に歩くようになっていきます。

その結果、毎日のお散歩もだんだん人に寄添って歩いてくれるようになっていきます。

これが一番の狙いです。

犬もそれぞれなので、全ての仔に当てはまるわけではないのかもしれませんが、リラックスして歩けると人と一緒に歩くことが楽しいと感じられるみたいなんですよね。

わが家ではツムギの歩きが良くなっていった経験があるので、ウェルシーにも試してみました。

関連記事→芝生で遊ぼう

CIMG7624

初めての「自由散策」でしたが、ウェルシーの満足度は高かったようで、帰りの駐車場までの道も落ち着いて歩いてくれました。

ウェルシーにも合うようなら、散歩の中にときどき「自由散策」を入れてみたいです。

近くに広い場所が無いので、ちょこちょこできないのが残念です。

おまけ「動画」

ちょっとピンボケですが、持って来い遊びの動画です。

3回目はパパのところに持ってきてくれませんでした。

もう、だいぶ遊んだあとだったので飽きたみたいですね。

犬が飽きる前に切り上げると良いらしいのですが、難しいですね。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

PREV
犬のしつけに「言い聞かせ」は有効か?
NEXT
秋のお彼岸前の巾着田

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Comment

  1. サナ父ちゃん より:

    自由散策は私もいいと思います。
    リレーションがある程度とれるようになってから、とは思いますが。
    確かに、ワンコは自由行動の中で人間との関わり方を考えて理解していったように思います。

    散歩の度に約30分、近所の海岸で自由散策させてあげていましたがそのお陰か、知らない人やワンコとの関わり方や人間と一緒に行動する事を学べたように思います。

    ウェルシーちゃんも自由散策、楽しんでいろいろ体験して欲しいです♪

    • gd.vol より:

      サナ父ちゃんさん
      近くにコンクリートではなく、安全な広い場所があるといいですね。
      なかなか毎日、自由散策時間を持てないのですが、ウェルシーにも合うようなら取り入れていきたいです。

  2. ケインママ より:

    ワンコは自然の中が大好き。
    ウェルシーちゃんも芝生の上を楽しそうに歩いてますね。
    ボールをくわえて、ぴょんぴょんとパパさんの元に戻ってくる姿も可愛いです♪
    たまにはこんな自由散策も、心と体の成長のためにもいい経験になりますよね。

    • gd.vol より:

      ケインママさん
      日頃のお散歩はどうしても住宅街になってしまうので、ときどき広々した場所や、芝生や土の上も歩かせてあげたいですね。

      ロングリードでのんびり歩く自由散策は、また違った気分で歩けてたまにはいいですね。
      できれば、もう少し頻度を増やしてみたいのですが、近くに適当な場所が無いんですよね。

関連記事

アイコンタクトで「ごはん食べていい?」と聞く犬

毎日の楽しみ ごはん 現在、日本盲導犬協会では フードを食べることは犬の当然の権利 という考

記事を読む

犬も人も癒される!抱っこの数だけ絆が強くなるらしい?

わんこも寒くなってくると人の温もりが欲しくなるのでしょうか? 犬には癒し効果があると言われますが、

記事を読む

主従関係って何よ?犬育て初心者を悩ませるこの言葉

2013年9月 イズモがわが家にやってきて1か月が経ちました。 イズモは9月20日で、生後3か月

記事を読む

体重計に乗る犬

生後2か月のウェルシーへ

ウェルシーは6月14日で生後2か月齢になりました。 体重は4.8㎏ そんなに嫌そうな顔を

記事を読む

寝ている犬

犬だって夢も見るし寝言も言うよね

わんこの寝ている姿、可愛いですね。 癒されます。 そして寝ながらク~ンと言ったり、ウォッと吠えたり、

記事を読む

伏せる犬

わがまま犬は愛情深い犬!どうせなら可愛いわがまま犬に育てよう

ウェルシーは、自己主張したり焼きもち焼いたり、そうかと思うと人の機嫌をとるように甘えてみたりします。

記事を読む

預かり訓練後 成長と残りの時間を意識するパピーウォーカー

訓練センターへのお泊り(預かり訓練)が終わって家に帰ってきたウェルシー。 帰ってきた日は、やっ

記事を読む

苦手な階段の昇降を克服

イケイケタイプのウェルシーですが、階段の昇降が苦手でした。 階段の練習のやり方と現在の様子を見てい

記事を読む

挨拶するアヒルと犬

友好的な犬とアヒル アヒルの飼育員に学ぶ「本物」の愛情

ウェルシーは、人にも人以外の動物にもとても友好的です。 小さい頃は、人でも犬でも猫でも鳥でも わ

記事を読む

散歩中にリードを噛み飼い主に飛びつく子犬が改善してきました

思えばシオンは、お散歩デビュー当時からお散歩が大変でした。 シオンは、リードを噛んだり靴ひもを噛ん

記事を読む

座る犬
犬の金属アレルギーの原因・治療・予防法

知り合いのラブラドゥードゥルちゃんは、首の周りの毛が赤っぽくなってい

散歩する犬
うちの犬は幸せなのだろうか?と思ったら見直す5つのこと

うちの犬は幸せだと感じているのだろうか? と思うことはありませんか?

撫でて褒めてもらう犬
犬が飼い主にマウンティングする理由は愛情表現?

暑い時期になってからだと思うので、1か月くらい前からだと思うのですが

軽井沢駅
犬連れ軽井沢|矢ヶ崎公園・軽井沢駅・軽井沢プリンスショッピングプラザ

ウェルシーだよ♪ 軽井沢の駅周辺の公園と、商業施設に行ったよ。 駅の

ご神木しなの木
犬連れ軽井沢|群馬県と長野県の県境を体感!旧碓氷峠見晴台・熊野皇大神社

ウェルシーだよ♪ 長野県と群馬県の県境の観光スポットに連れて行っても

→もっと見る

  • follow us in feedly


PAGE TOP ↑