子犬のお散歩デビューの準備・タイミング・やってはいけないこと

公開日: : 第四話 ウェルシー, 散歩

委託から3週間、生後2か月と11日目の6月24日にウェルシーはお散歩デビューをしました。

お散歩デビューの前のちょっとした準備と、デビューのタイミング、子犬に対してやってはいけないことをまとめてみました。

お散歩デビューの準備とタイミング

1.お散歩デビューの準備

  • カラーやリードに慣れてもらう。
  • お散歩コースを確認しておく。

家の中で、カラーやリードを付けたり、イージーウォークハーネスを付けて遊んだりして、慣れてもらうようにします。

お散歩コースを確認し、物があまり落ちていない場所や、刺激の少ない静かな場所からお散歩を始めると良いと思います。

2.お散歩デビューのタイミング

子犬の社会化期を考えるとお散歩デビューは早い方が良いのでしょうが、病原菌への感染も心配ですね。

感染症のリスクと社会化が遅れるリスク、ここは飼い主さんの考え方になると思います。

日本盲導犬協会では、2回目のワクチンが終わるまでは抱っこでお散歩をして、外の雰囲気に慣れさせていきます。

2回目のワクチンが終わってから、土以外の場所(アスファルトの道路など)のお散歩が解禁になります。

3回目のワクチンが終わると、芝生や土の上もOKです。

(いずれもワクチン接種から1週間程度経ったのちになります)

やってはいけないこと

1.無理に人のペースに合わせようとする

お散歩デビューをしたばかりの子犬は、順調に歩いてくれないかもしれません。

無理に歩かせようとリードを引っ張ったり、タカタカ行ってしまうのを無理に引っ張って辞めさせるなどを頻繁にやってしまうと、子犬はストレスを感じてお散歩が嫌いになってしまうかもしれません。

子犬が外の雰囲気に慣れて外が楽しいと思えるまでは、子犬のペースも尊重してあげましょう。

1.拾い食い

たばこの吸い殻、ゴミ、ガラス片など、道路には危険なものが落ちている場合もあります。

拾われたくないものは人が先に見つけ、避けるようします。

もし、拾っても「OUT」などの指示で出せるように教えておきます。

しかし、現実は犬の方が目線が低く鼻も効くので、人より先に魅力的なものを見つけパクリンチョし、おもちゃのOUTはできても、拾ったものは出さないという状態に陥り、なかなか難しいです。

ウェルシーはいろいろなものに興味があるので、拾い食いはしそうです。

お散歩デビューの様子

お散歩デビューの日、道路にウェルシーをそっと降ろしてみました。

お散歩デビュー

くんくんくん。

ねぇ、やっぱりツムギお姉ちゃんと交信してる?

お散歩デビュー

いきなりタカタカ歩かないで、安全かどうか確認するのよ。

って言われたのかな?

でも、ツムギの方がビクビク感が漂っている気が・・・。

だって、尻尾が下がっているもん。

パパに

ウェルシー、Come

と呼ばれて、今度はぴょんこぴょんこ。

待って~!飼い主を追いかける子犬

時々立ち止まって、道路のにおいをくんくんしたり、落ちている小石などを口に入れたりしましたが、パパの小走りや呼びかけで一生懸命歩いていました。

一生懸命歩く子犬

最初はリードが気になり、咥えたりもしましたが、歩いているうちに慣れてあまり気にならなくなったようです。

靴紐を齧る子犬

靴ひもを齧る時もあったり、楽しそうにゆったり歩ける場面も少しだけありました。

楽しそうに歩く子犬

しかし、まだ全く散歩になっていないので、ウェルシーは気ままに動きます。

突然止まったり、いきなりぴょんぴょん走りだしたりしました。

身体をブルブルとふるったり、座り込んで首のあたりをカキカキする場面もありました。

立ち止まってにおいを嗅ぐのは、周りの状況を確認しようと思っているのでしょう。

走りだしたり、ぴょんこぴょんこするのは落ち着かないからで、決して楽しいからという訳ではありません。

子犬走りで、人から見ると楽しそうに見えるんですけどね。

心はいっぱいいっぱいのはずです。

身体をふるったり、首のあたりをカキカキするのは

あ~!もう!!

なんか緊張するなあ!

落ち着かないなあ!!

と言っているような感じです。

パパに名前を呼ばれて、タカタカ行くと褒めてもらえて嬉しい。

でも

知らない環境に置かれて不安やストレスを感じたり、リードに繋がれ自由に動けない状態に戸惑っているように見えました。

まとめのようなもの

カラーやリードも家でつけて慣れてきていましたし、抱っこで家の周りを毎日歩いて、お散歩デビューの準備をしてきました。

しかし、実際に自分の足で歩いてみると、子犬が最初から「お散歩は楽しい」と感じるのは難しいようです。

拾い食いに気を付けつつ、まずは

  • お外は楽しいね。
  • お散歩は楽しいね。

を目標に、ウェルシーのペースでゆっくり進めていきます。

【パピーウォーカー実践日記まとめ】子犬の委託から涙のお別れまで

スポンサードリンク

スポンサードリンク

PREV
最後の抱っこ散歩
NEXT
W-15胎 1回目のパピーレクチャー

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Comment

  1. サナ父ちゃん より:

    ぴょんこぴょんこ、かわいいですよね~♪
    外の世界を気に入ってくれれば、ですね~♪

    何となくですが、大丈夫そうでしょうか。

    お散歩Good~♪はこれからの楽しみですね~♪
    焦らず気長に楽しんで♪

    • gd.vol より:

      サナ父ちゃんさん
      本人は何かと必死なぴょんこぴょんこですが、見ていると可愛いですね。
      今だけのお楽しみかもです。

      歩くことはできそうなので、様子を見ながらいろいろな体験をさせていきますね。

関連記事

犬の散歩の時間と回数はどのくらいがいいの?

生後7か月齢のウェルシーは、身体は成犬に近づいています。 1回の散歩は40分~60分くらいで、1日

記事を読む

楽しそうに人を見上げる子犬

子犬は褒められて伸びる!褒めて~と言っているのを見逃さないように

シオンはお散歩が大変な仔でしたが、生後8か月を過ぎてきて、だんだん人と一緒に楽しく歩けることが多くな

記事を読む

お散歩 呼ばれて笑顔のはずが・・・

西から梅雨に入ってきましたね。 わが家の周りでも紫陽花が咲いてきましたよ。 わが家の庭の

記事を読む

散歩デビュー前の抱っこでお花見

4月2日にシオンを連れて、近くの公園にお花見に行きました。 10年くらい前は人出も少なく、穴場のお

記事を読む

W-15胎 7回目のパピーレクチャー

1月21日はW-15胎とD-16胎の合同レクチャーでした。 W‐15胎は4月14日生まれ。

記事を読む

座る子犬

委託されるのは繊細な子犬ばかり!繊細な仔育て専門のパピーウォーカー?

先日、訓練士さんとウェルシーのことをお話しする機会がありました。 ウェルシーは、遊ぶのが好きで

記事を読む

W-15胎 1回目のパピーレクチャー

6月24日は、1回目のパピーレクチャーでした。 この日は、母犬のココアちゃんと繁殖犬ウォーカーさん

記事を読む

やんちゃなラブラドールレトリバーの子犬|お散歩デビューは遊びになっちゃった

わが家の家庭の事情により、シオンは現在ステイウォーカーさんのおうちで預かっていただいています。 預

記事を読む

愛犬の性格を漢字一文字で表すと?

日本漢字検定協会が応募している「今年の漢字」というのがありますよね。 ちなみに昨年2017年は「北

記事を読む

膝で丸くなる子犬

犬の冬の散歩は億劫だよね?工夫して楽しもう

シオン地方の冬は晴天率が高いです。 晴れて乾燥して 山の向こうは雪なんだろうな~。 と感じる冷

記事を読む

ロープで遊ぶ子犬
犬と楽しく遊ぶ方法!犬とは全力で向き合おう

ウェルシーは5歳ですが、遊ぶのはパピーの頃から大好きです。 お散歩の

伏せる犬
犬のしつけ「無視」はイジメ?無視の方法と犬を無視することが効果的な場面

犬のしつけの方法の中で「犬を無視する」というものがあります。 好まし

散歩する犬
犬を吠えさせる飼い主は犬が可哀想だと思わないのかな?

犬は吠える生き物です。 なので、犬が吠えるのは自然なことで問題行動で

座る犬
犬がよだれをポタポタ垂らしているけど大丈夫?病気の心配は?

ある日、これといった理由も見当たらないのに、ウェルシーがよだれをポタ

横顔ラブラドールレトリバー
犬の飼い主あるある?うちの犬は自分のことを人間だと思っている!それって問題なの?

昭和の頃の犬は外飼いで、その役割は番犬でした。 知らない人が来ても吠

→もっと見る

  • follow us in feedly


    PAGE TOP ↑