子犬のお散歩デビューの準備・タイミング・やってはいけないこと

公開日: : 第四話 ウェルシー, 散歩

委託から3週間、生後2か月と11日目の6月24日にウェルシーはお散歩デビューをしました。

お散歩デビューの前のちょっとした準備と、デビューのタイミング、子犬に対してやってはいけないことをまとめてみました。

お散歩デビューの準備とタイミング

1.お散歩デビューの準備

  • カラーやリードに慣れてもらう。
  • お散歩コースを確認しておく。

家の中で、カラーやリードを付けたり、イージーウォークハーネスを付けて遊んだりして、慣れてもらうようにします。

お散歩コースを確認し、物があまり落ちていない場所や、刺激の少ない静かな場所からお散歩を始めると良いと思います。

2.お散歩デビューのタイミング

子犬の社会化期を考えるとお散歩デビューは早い方が良いのでしょうが、病原菌への感染も心配ですね。

感染症のリスクと社会化が遅れるリスク、ここは飼い主さんの考え方になると思います。

日本盲導犬協会では、2回目のワクチンが終わるまでは抱っこでお散歩をして、外の雰囲気に慣れさせていきます。

2回目のワクチンが終わってから、土以外の場所(アスファルトの道路など)のお散歩が解禁になります。

3回目のワクチンが終わると、芝生や土の上もOKです。

(いずれもワクチン接種から1週間程度経ったのちになります)

やってはいけないこと

1.無理に人のペースに合わせようとする

お散歩デビューをしたばかりの子犬は、順調に歩いてくれないかもしれません。

無理に歩かせようとリードを引っ張ったり、タカタカ行ってしまうのを無理に引っ張って辞めさせるなどを頻繁にやってしまうと、子犬はストレスを感じてお散歩が嫌いになってしまうかもしれません。

子犬が外の雰囲気に慣れて外が楽しいと思えるまでは、子犬のペースも尊重してあげましょう。

1.拾い食い

たばこの吸い殻、ゴミ、ガラス片など、道路には危険なものが落ちている場合もあります。

拾われたくないものは人が先に見つけ、避けるようします。

もし、拾っても「OUT」などの指示で出せるように教えておきます。

しかし、現実は犬の方が目線が低く鼻も効くので、人より先に魅力的なものを見つけパクリンチョし、おもちゃのOUTはできても、拾ったものは出さないという状態に陥り、なかなか難しいです。

ウェルシーはいろいろなものに興味があるので、拾い食いはしそうです。

お散歩デビューの様子

お散歩デビューの日、道路にウェルシーをそっと降ろしてみました。

お散歩デビュー

くんくんくん。

ねぇ、やっぱりツムギお姉ちゃんと交信してる?

お散歩デビュー

いきなりタカタカ歩かないで、安全かどうか確認するのよ。

って言われたのかな?

でも、ツムギの方がビクビク感が漂っている気が・・・。

だって、尻尾が下がっているもん。

パパに

ウェルシー、Come

と呼ばれて、今度はぴょんこぴょんこ。

待って~!飼い主を追いかける子犬

時々立ち止まって、道路のにおいをくんくんしたり、落ちている小石などを口に入れたりしましたが、パパの小走りや呼びかけで一生懸命歩いていました。

一生懸命歩く子犬

最初はリードが気になり、咥えたりもしましたが、歩いているうちに慣れてあまり気にならなくなったようです。

靴紐を齧る子犬

靴ひもを齧る時もあったり、楽しそうにゆったり歩ける場面も少しだけありました。

楽しそうに歩く子犬

しかし、まだ全く散歩になっていないので、ウェルシーは気ままに動きます。

突然止まったり、いきなりぴょんぴょん走りだしたりしました。

身体をブルブルとふるったり、座り込んで首のあたりをカキカキする場面もありました。

立ち止まってにおいを嗅ぐのは、周りの状況を確認しようと思っているのでしょう。

走りだしたり、ぴょんこぴょんこするのは落ち着かないからで、決して楽しいからという訳ではありません。

子犬走りで、人から見ると楽しそうに見えるんですけどね。

心はいっぱいいっぱいのはずです。

身体をふるったり、首のあたりをカキカキするのは

あ~!もう!!

なんか緊張するなあ!

落ち着かないなあ!!

と言っているような感じです。

パパに名前を呼ばれて、タカタカ行くと褒めてもらえて嬉しい。

でも

知らない環境に置かれて不安やストレスを感じたり、リードに繋がれ自由に動けない状態に戸惑っているように見えました。

まとめのようなもの

カラーやリードも家でつけて慣れてきていましたし、抱っこで家の周りを毎日歩いて、お散歩デビューの準備をしてきました。

しかし、実際に自分の足で歩いてみると、子犬が最初から「お散歩は楽しい」と感じるのは難しいようです。

拾い食いに気を付けつつ、まずは

  • お外は楽しいね。
  • お散歩は楽しいね。

を目標に、ウェルシーのペースでゆっくり進めていきます。

【パピーウォーカー実践日記まとめ】子犬の委託から涙のお別れまで

スポンサードリンク

スポンサードリンク

PREV
最後の抱っこ散歩
NEXT
W-15胎 1回目のパピーレクチャー

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Comment

  1. サナ父ちゃん より:

    ぴょんこぴょんこ、かわいいですよね~♪
    外の世界を気に入ってくれれば、ですね~♪

    何となくですが、大丈夫そうでしょうか。

    お散歩Good~♪はこれからの楽しみですね~♪
    焦らず気長に楽しんで♪

    • gd.vol より:

      サナ父ちゃんさん
      本人は何かと必死なぴょんこぴょんこですが、見ていると可愛いですね。
      今だけのお楽しみかもです。

      歩くことはできそうなので、様子を見ながらいろいろな体験をさせていきますね。

関連記事

顔をマッサージされる子犬

寝ぐずり噛み対策 お顔マッサージ

委託から6日目の6月8日、家庭訪問でした。 訓練士さんにウェルシーの様子を見ていただいて、現在の様

記事を読む

イエローラブなのに黒い毛を発見!おばあちゃんからのプレゼントなのかな?

歯を当てたり飛びついたりするくせに、パパにベッタリのウェルシー。 ちゃっかりパパの腕枕で寝ています

記事を読む

吠えをなんとかしたいその2 警戒吠え

ウェルシーは小さい頃から吠える傾向があります。 最近のウェルシーの吠えは主に「興奮」と「警戒」

記事を読む

ママおしっこ!と訴える子犬

盲導犬パピートイレトレーニング WAIT ONE TWO

ウェルシーは、今月の14日で生後4か月になります。 委託から生後2か月齢の間に サークル=トイレ

記事を読む

アイコンタクトで「ごはん食べていい?」と聞く犬

毎日の楽しみ ごはん 現在、日本盲導犬協会では フードを食べることは犬の当然の権利 という考

記事を読む

犬は汎化が苦手 同じ用途のものを別物と認識?

9月24日のレクチャーのときにW‐15胎のパピーたちは、クレートが大きいサイズのものに交換になりまし

記事を読む

散歩する犬

雨上がりの犬の散歩で気をつけたいこと

久し振りに一日中雨になりました。 ウェルシーは、小雨くらいなら気にせずお散歩に行きますが、しとしと降

記事を読む

飼い主を見上げる子犬

子犬1歳現在のリーダーウォークの状況と散歩中のカムの練習

犬が飼い主から付かず離れず寄添って歩くことを「リーダーウォーク」と言います。 リードは張らず、軽く

記事を読む

W-15胎 6回目のパピーレクチャー

12月16日 パピーレクチャーがありました。 W15胎のレクチャーは17日だったのですが

記事を読む

犬のお散歩バッグ 中に何を入れている?

愛犬と一緒にお散歩に行くとき、必要なものをバッグなどに入れていると思います。 どんなバッグを使って

記事を読む

座る犬
自らストレスを解消する!うちの犬のストレス解消法と飼主の接し方

人もストレスを感じると神経質になったり、イライラしたり、眠れなくなっ

眠る子犬
家の中でいたずらばかりする子犬は運動が足りないの?

犬にも個性があるのでおとなしい仔もいますが、基本的に子犬って元気です

グレーティングの隙間から草をむしる子犬
子犬の社会化で初心者が失敗しがちなこと

子犬のときに十分な社会化を行うことで、人にとっての問題行動を減らした

ラベンダーと犬
犬連れたんばらラベンダーパーク|高原のお花畑をお散歩

ウェルシーだよ♪ 群馬県にある「たんばらラベンダーパーク」に連れて行

ひまわり畑
夏の絶景を楽しもう!日照時間日本一!犬連れ明野のひまわり畑

ウェルシーだよ♪ 夏の花と言えばひまわりを思い浮かべる人も多いかな?

→もっと見る

  • follow us in feedly


    PAGE TOP ↑