メス犬は要領がいい?おとうさんが帰宅すると大喜びする小悪魔女子犬

ウェルシーがやって来て、もうすぐ1か月になります。

生後3か月にも満たないお子ちゃまですが、この仔なかなかの小悪魔なんです。

女の子ぶりを発揮します

夜8時過ぎ。

ウェルシーは私の膝の上ですやすやと眠っていました。

パパの車が駐車場に入り、ドアロックのピッという電子音がしたかと思うとムクッと起き上がり、玄関にダッシュ。

甘え上手な小悪魔女子犬

あ!

パパだ!

パパが帰ってきた~!!

CIMG6015

やがてドアが開いて

ただいま~♪

パパー!

パパー!

お帰り~!!

あたし待ってたのよ。

(うそつき!寝ていたくせに)

CIMG6017

ウェルシー

尻尾すごいねぇ。

パパが手を洗うのを、柵の前でいいこに座って待っています。

CIMG6020

この仔ったら

こーゆーとこ、ズルくないですか?

普段は柵に飛びついたり、柵を齧ったりしているんですよ。

パパに可愛がってもらえると思っているので、めっちゃいいこに座るんです。

尻尾なんかちょろちょろっと振ったりして

あたし、可愛いでしょ?

とアピール。

すげーな!

やっぱり女子だ。

小悪魔だな。

パパが柵のこちら側に入って来ると、

待ってました!

とばかりに

CIMG6023

パパー!

パパー!

お帰り~!

あたし、パパが帰ってきて嬉しい~!!

パパ大好き~♪

どーよ

この甘えた顔。

腕に顎を乗せちゃってぇ。

CIMG6025

ちゃっかり抱っこされる、ウェルシーでした。

ウェルちぃ

うまいことパパを手懐けたねぇ。

CIMG6028

満足そうなお顔ですこと。

こうやって抱き上げられるのも今のうち。

パパちゃん

この可愛い時期を思い切り楽しもうね。

まとめのようなもの

ウェルシーは甘えん坊で、上手にラブラブビームを出してきます。

こういう仔は、きっとどこに行っても可愛がってもらえることでしょう。

パピーウォーカーとしては嬉しいことですが、ラブラブビームを上手に受け止めて、メリハリのある対応が求められますね。

甘えたいときはおもいきり甘えさせてあげると、素直な仔に成長すると思います。

一方、人と一緒に暮らす上で好ましくないことは

こうしてね。

というところを、丁寧に教えていくように心掛けていこうと思います。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

PREV
W-15胎 1回目のパピーレクチャー
NEXT
お行儀よく寝る犬

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Comment

  1. miko より:

    ( ´艸`)女子ですね〜♪
    ちゃっかりというかここぞという時の甘え方が女子っぽいです。
    パパさんもこんなことされると可愛くってしょうがないんでしょうね〜。
    ウェルちゃんさすがだね〜^^

    • gd.vol より:

      mikoさん
      うち、今のところ女の子率が高いのですが、どの仔もそれぞれに「女の子」っていう感じがありますね。
      男の子はシオンしか知りませんが、良くも悪くも表現がストレートでした。
      犬って人間っぽくて面白いですね。

  2. サナ父ちゃん より:

    見ているだけで癒されます♪
    サナもそうでしたが、女の子はああいうトコうまいですよね~♪

    賢さには参ります(笑)。

    信頼関係が出来上がって良かったです。
    今回のパピーウォーカーも楽しめそうですね♪

    • gd.vol より:

      サナ父ちゃんさん
      やっぱり「女の子だなあ」という感じがしますよね。
      信頼しているのか、都合のいい時だけ甘えているのか、よくわかりませんが、日頃面倒を見ている私よりパパが好きなことは確かです(笑)
      その方が家庭が平和に回るので、助かるんですけどね。

      結構お転婆で気が強いところもありますが、パピーウォーキングを楽しんでいきますね。

  3. ぢゃい より:

    担当の方に言わたことを
    思い出しました。
    ひとと同じで、女子はって笑

    • gd.vol より:

      ぢゃいさん
      女子の持つ本能に近いかもですね(笑)
      わが家に来た女の子たち、それぞれ違っていましたが、やっぱりみんな「女子~!」って思いました。

  4. ケインママ より:

    ウェルシーちゃん、やっぱり小悪魔パピーだったね(笑)
    さすがは女の子、甘え上手だわ〜
    これではパパもイチコロだよね♪^^

  5. ツムギ母 より:

    小悪魔って表現、思わず笑ってしまいました(^^)
    大好きなパパが帰ってきて、大興奮!尻尾の振り方が半端じゃない!!
    こんな歓迎を受けるパパさんのニンマリ顔が想像出来ます(^^)
    いつもなら柵をよじ登ってるのにSitして待っているのは、どうやって待っていたら大好きなパパさんに最短で触って貰えるのか考えているんですね。賢い小悪魔(^^)

    • gd.vol より:

      ツムギ母さん
      もちろん今でもそうだと思いますが、ツムギの歓迎もすごかったですよ。
      尻尾がプロペラのようになっていましたからね。
      これでパパの仕事の疲れも吹き飛ぶってものです。
      うちの(預かりですが)犬達、グッジョブ!!

      柵に手をかけると「Sit」と言われ一旦座らされますからね。
      だったら最初から座ってればいいんじゃね?
      とアタマを使うウェルシーさんです。
      小悪魔ですよね^^

  6. オプト♪のPWです より:

    ウェルちぃちゃん(。•ᴗ•。)♡
    ちょこっとお座りしつつ すこ〜しお尻が浮き気味?なような… そして パパさんの懐にお顔をうずめて… その後の 腕に掛けたお顔(˶˙º̬˙˶)*॰ これよ*これ〜〜って…
    幸せメーター♥振り切れちゃって脱力しているみたいな感じですね(๑ت๑)♡
    これじゃぁ パパさんは抱っこせずにいられませんね*˙︶˙*
    どこのおうちも『おとうさんが帰って来た〜』の儀式は繰り返されるようですね♡*°
    幸せな時間ですね(*˘︶˘人)

    • gd.vol より:

      オプト♪のPWさん
      まるで何十年ぶりの再会かのような喜び方。
      それを毎日してくれるのですから、たまりませんよね。
      毎日の小さな幸せを、力いっぱい幸せに感じてくれる犬から、人も幸せをもらっています。

関連記事

カミカミするのか~? ビターアップルシューッするぞ!!

絶賛甘噛み中のウェルシーさん。 この仔、人の手や足以外にも家具や敷居へのカミカミが止まりません

記事を読む

階段より怖いかも?飛び石を体験

ウェルシーと河原に行きました。 ここは歴代パピーとも来た場所ですが、川を渡るのに飛び石が橋にな

記事を読む

拾い食い対策で犬に出すコマンドは「NO」ではなく「OUT」

最近のウェルシーは、普段のお散歩での拾い食いは減ってきました。 お散歩コースはいくつかありますが、

記事を読む

お手入れ苦手を克服できるかな?

ウェルシーはお手入れが全般に苦手です。 唯一得意(?)なのがシャンプーです。 水が好きな

記事を読む

寝ぐずり噛み対策 お顔マッサージ

委託から6日目の6月8日、家庭訪問でした。 訓練士さんにウェルシーの様子を見ていただいて、現在

記事を読む

生後7か月のウェルシーへ

ウェルシーは、11月14日で生後7か月になりました。 体重は 綺麗に「2

記事を読む

甘えん坊復活

朝晩を中心に涼しくなってきたためか、気付くとお膝にやってくるツムギです。 暑い間も全く来なかっ

記事を読む

犬もムッとするんだね グレーチングを練習してみました

日本盲導犬協会では、パピーに社会化の一環としていろいろな足裏の感触を体験させるように、パピーウォーカ

記事を読む

警戒吠えで笑いをとる犬

ウェルシーだよ♪ あたしが小さい頃からブログを読んでくださっているみなさんはご存じかと思うけど

記事を読む

伏せておもちゃを噛む子犬

生後5か月の子犬|反抗期に入ってきたかな?

反抗期って一般的に使われる言葉ですが、上から目線ですよね。 わんこにも人間の子供と同じように、自我

記事を読む

おもちゃを咥えて歩く子犬
子犬が人の足を噛んでくるのはなぜ?私は普通に歩いているだけなのに

普通に部屋の中を歩いているだけなのに、あるいは普通にお散歩をしている

抱っこされる犬
犬の肉球は何のためにあるの?役割と構造は?弱点もあるよ

犬の肉球って、ぷにぷにしていて可愛くて、ちょっと香ばしかったりして、

枝垂桜と犬
犬連れ桜の飯綱山公園歴史の広場(富士見城跡)優美な小諸八重紅枝垂を楽しもう

ウェルシーだよ♪ 長野県の「飯綱山公園歴史の広場」に連れて行ってもら

大手門
犬連れ小諸城址「懐古園」城下町より低い場所に築かれた穴城

ウェルシーだよ♪ 長野県にある「小諸城址懐古園」に連れて行ってもらっ

ドッグフードが気になる子犬
ドッグフードの選び方|正しい知識を身に着けてドッグフードを選ぼう

私たちの場合は、盲導犬協会の犬なのでフードは協会から指定されたものを

→もっと見る

  • follow us in feedly


    PAGE TOP ↑