子犬の社会化 街を歩いてみよう

公開日: : 第二話 ツムギ, 社会化

普段のお散歩とは少し違う雰囲気を体験してみることにしました。

PA172007

ツムギは車を降りての歩き出しが、いつもテンションが高いです。

リードは引っ張り気味になりますし、空気のにおいを一生懸命嗅いでいますね。

ここはどこ?

確認しようとしているのでしょうか?

リードが張れたら止まり、ツムギに釣られないようにわざとゆっくり歩くようにしていくと、やがて落ち着きます。

PA172008

もう大丈夫ですね。

パパは?

と振り返る余裕ができたみたいです。

PA172013

落ち葉がたくさん落ちているけど、気を取られないで歩いて偉いね!

と思ったら

PA172014

やっぱり、クンクンクン。

チェックしないと気がすまないのよね~。

PA172029

商店街に入りました。

もう少し人も車も多いことを予測していたのですが、それほどでもなく・・・。

PA172031

ツムギはパイプのアーチ(?)の下をくぐれるけど、どうするかな?

と思っていたらパパに寄って回避してくれました。

その先の停めてある自転車もスルー。

落ち着いて歩いてくれました。

Goodです。

PA172035

ちょっと古風な商店の前でパチリ。

置いてあるものに興味は無いらしいです。

PA172034

空き地があったので、ここで排泄の指示をしました。

ワンツーワンツー・・・Goodです。

多めの水で流しておきました。

排泄は外でもだいぶいい感じです。

もう一息というところまでこぎつけました。

PA172044

ここは幼稚園のようです。

遊具のぞうさんに興味を示すツムギです。

目が書いてあるので生き物だと思うのでしょうか?

PA172047

グレーチングは?

嫌がらずに行けるよ、写真撮って!

パパがWaitしています(笑)

余裕でまたげるところは、間違いなくまたぎます。

網目の広いグレーチングは、嫌だなあという態度をとることもあります。

無理強いはしないようにして、さらっと体験させています。

だんだん入所が近付いているので、何事も「嫌」というイメージを強化しないようにして、未達の部分は訓練で習得してもらおうと考えています。

パピーウォーカーのおうちではいつも楽しかった!

いい思い出だけ持たせて送り出してあげたい、ズルいパピーウォーカーの私です(笑)

PA172050

どんな場所でも指示で座れる?

う~~~ん・・・落ち着いていればね。

興奮してしまうと人の声が耳に入らなくなってしまうので、いかに落ち着けるかが大切なんだろうな~。

心の成長も待ちたいところですね。

見届けられないけど・・・。

PA172019

信号待ちで座るのは、なんとなく習慣になっているのでどこの交差点でも座ってくれます。

PA172060

車を停めていた駐車場に戻ってきました。

初めて行く街。

落ち着いて歩いてくれて良かったです。

今度はもう少し繁華な場所を体験させてみたいですね。

PA172053

ママ、おうちの周りには無いものがいろいろあったね。

またパパにどこかに連れて行ってもらおうね。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

PREV
肛門腺しぼり
NEXT
ツムギ生後9か月齢の備忘録

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Comment

  1. ロとラのママ より:

    見慣れたところだなあ~と思ったら…^^;
    街中でも繁華でなくてのんびりしていますね。
    もう少ししたら、祭りがあるので人出が多くなりますよ。

    空き地を見つけてワンツー、いつも見習いたいと思うところです。
    盲導犬でなくても、ここと決めたところでワンツーできると
    どこへでもこちらが臆することなく連れていけますね。
    信号待ちで座って待つ。自然にできるのだからすごいなあ。
    どんどんいろんなことを吸収して、なおかつツムたんらしさがあって
    楽しいですね。楽しい思い出、たくさん作ってほしいなあ~(*^_^*)

    いろんな指示も、トータルバランスだとつくづく思うこの頃。
    ここでできて、あそこではできない。→どこでもできる。
    ~の時はできるけど、~の時はできない。→いつでもできる。
    お家の中でも外でも、すべてが繋がっていると感じます。
    うちで「いいこ」だと見落としてしまうこと多々あります^^;
    意識して見直すと、外でもよい感じで気づきがあります。

    いつでもここにいると安心する。どんな時もこの人といると安心する。
    それがリーダーというもの、ロとラのママますます進化中です。笑

    • gd.vol より:

      ロとラのママさん
      デパートも無くなり、休日でしたが比較的静かでした。
      それでも普段見ないものや、音楽がかかっている商店街など
      「体験」にはなりました。
      繁華な場所や、豊かな自然のある場所など
      いろいろな場所を経験させてあげたいですね。

      いろんな指示も「いつでもどこでも出来る」はなかなか難しいです。
      犬にいつも安心感を与えられるというのも難しいですね。
      まだまだ未熟者のパピーウォーカーです。
      焦らず頑張ります★

関連記事

人と犬が大好きすぎるのでキャリアチェンジになりました

6月24日のことでした。 甘えん坊のシオンが私のお膝でお昼寝をしていると、電話が鳴りました。 デ

記事を読む

えぇ~!座布団が怖いの?足裏敏感な犬

もうだいぶ前のことなのですが、わが家にお客さんがありました。 私達の他に大人3人、こども(幼児

記事を読む

家の中の物をイタズラしない子犬

ある日のことです。 ツムギがダンボール箱をかじっているのを発見! 「つむたん、それはかじらないで

記事を読む

クールベストは夏のお散歩を快適にする犬服

2回目のレクチャーで訓練士さんにお散歩指導をしてもらったツムギは、かなり上手に歩くようになりました。

記事を読む

大型犬の子犬は自分が大きいことをわかっていない

ツムギは犬が好きで、他犬への興味が強いです。 子犬らしい好奇心とフレンドリーな一面を見せますが、他

記事を読む

おもちゃ探しゲームで犬の「待て」を強化できるかも?

毎日ツムギと楽しく遊んでいます。 以前の日記で飛びつかないことを覚えられるかも?ゲームをご紹介しま

記事を読む

カートに乗る子犬

車でお出かけとホームセンターでカートを体験

盲導犬候補パピーは「車に乗るのが苦にならない」こともお勉強のひとつです。 月に一度のレクチャー

記事を読む

見慣れない物を怖がる犬には時間をかけて慣れさせる

ある日、空のペットボトルでツムギと遊んであげようと思ったら、ツムギは空のペットボトルをとても怖がりま

記事を読む

子犬の社会化~ コンサートイベント~

「社会化」というのは犬が自分の生活する環境に順応するということで、現れるものにいちいちびっくりしない

記事を読む

この温もりを Part2

甘えん坊のツムギ。 いつもパパのお膝が指定席。 どーよ、このだらけきったお姿。

記事を読む

ウェルシー仔CC犬
盲導犬とパピーウォーカー

日本盲導犬協会のボランティアや賛助会員に向けて、年4回発行されている

子犬生後約1か月
繁殖犬=嫌な言葉だ!可哀想?盲導犬繁殖犬の実態

ウェルシーは、2021年12月に富士ハーネスで2年振り、2回目の出産

眠る子犬たち
叱らない子育ては難しい!犬への接し方を子どもに応用してみた

明けましておめでとうございます。 わが家のウェルシーさん、子育て中の

眠る子犬
子犬生後3週間|世界がどんどん広がるよ

ウェルシーとトーマス君の子犬たちが生まれて3週間をちょっと過ぎた頃、

飼い主の顔を舐める犬
犬のマウンティングは叱らなきゃダメ?飼い主が取るべき対策とは?

愛犬のマウンティングに悩んでいる飼い主さんはいませんか? 犬がマウン

→もっと見る

  • follow us in feedly


    PAGE TOP ↑