犬の性格は社会化期の過ごし方で決まる?社会化期を過ぎても諦めないで!

公開日: : 繁殖犬ウェルシー, 社会化

ウェルシーだよ。

小さいころのあたしは、なぜか階段の昇り降りが苦手だったみたい。

足裏感覚が敏感で、アスファルトの道から芝生や土の場所に入っただけで、びっくりして走り回ったりしていたよ。

パパもママも、何度同じ場所に行ってもあたしが「怖いよ~!」ってなるので、頭を抱えていたんだって。

社会化期を過ぎても苦手がなかなか克服できない

パピーレクチャーで階段の練習をしたときに、訓練士さんと一緒に練習したけど「怖いよ~」ってずっと言っていたの。

そのとき、もう7か月齢になっていて、ママは

この月齢でこんなに階段が怖くては、この仔はこの先もずっと階段で苦労するのかなあ?

って思ったんだって。

でも、あたしは「怖い」と思っても

ウェルシー、階段に行く?

って言われると

行く。

って言えたし、自分から

行ってみる。

って、進路を階段のある場所にとることもあったよ。

途中で、やっぱり怖くなって

今日はやめておこうか。

ってなったこともあったけどね。

ポジティブなところは、ウェルシーのいいところ。

この仔は頑張り屋さんなので、頑張ってくれると思います。

と訓練士さんは言ってくれたよ。

人がかかわることでクリアしていけるタイプ

今までお預かりした仔もみんな多少階段を怖がったけど、お散歩のときに何度も練習しているうちに、自然に上手に昇り降りできるようになったんだって。

芝生や土の上に足場が変わることも、あたしは他の仔たちみたいに

何度も行っているうちに慣れて、普通に歩くようになる。

ってならなくて、パパもママも困ったんだって。

それで、訓練士さんに相談して

手前で一旦止まって

ウェルシー

ここから階段だから慌てないでね。

ここから芝生だからね。

って声をかけて一緒に行くようにしてもらったの。

安心できたみたいで、だんだん普通に歩けるようになったよ。

今は歩道橋も余裕~♪

歩道橋を昇る犬
歩道橋を歩く犬

芝生も余裕~♪

芝生を歩く犬

笑わないでね。

他の仔がなんでもないようなことが苦手っていう場合が、犬もあるんだよ。

社会化期を過ぎていても犬は学習する

犬の社会化期は、生後4週~12週(諸説あるみたい)くらいまで、って言われているよ。

この時期の子犬は「外の世界の刺激を受けて社会に適応していくことを学ぶ時期」って言われているよ。

その時期ににいろいろな経験をさせないと怖がりの犬になるって言われるね。

その時期は、確かに「環境があれば慣れる」時期なのだろうけど、その時期に受け入れられず社会化期を過ぎても、今度は「学習して慣れていく」っていうことはできるんだな~ってあたしは思ったよ。

小さいとき怖いと感じていたことも、人が声をかけてくれれば大丈夫、人と一緒なら大丈夫、って少しずつ進歩していったよ。

今は、ちょっと怖いと思っても自分で落ち着けるようになってきたよ。

パパやママが、お散歩のときに

人主導で歩く

だけではなくて

犬主導で体験する

ことも大事にしてくれたよ。

例えば、身の回りのいろいろなものを見たり、聞いたり、においを嗅いだり、あたしのやりたいように確認させてくれたよ。

公園でのんびり日向ぼっこをしたり、人がキャッチボールをしているのを眺めたり、そういう何でもないような時間があたしの力になっていると思うよ。

芝生に伏せる犬

まとめのようなもの

社会化期は、環境適応能力が高い時期なので、身の回りに起こり得るいろいろなことを経験をさせることが大切だよ。

でも、その期間に苦手なものが克服できなくても、犬には学習して受け入れていく力があると思うの。

社会化期を過ぎてしまっていても、諦めずにわんこの可能性を伸ばしてあげてね。

そのうえで苦手なものは、その仔の個性だと思って受け入れてあげてね。

わんこが毎日を楽しく過ごせるように心の幅を広げてあげてね。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

PREV
詐欺に注意!民事管理センターから訴訟のお知らせが届いた
NEXT
犬との信頼関係を築くには犬の意思を尊重してあげる

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Comment

  1. サナ父ちゃん より:

    確かに…大器晩成型のパピーだっているかも知れませんね…
    そのコに合った成長のスピードもあるのでしょうから、盲導犬の育成ももう少しそのコに合わせて協会も対応してあげたら…と思ってしまいます。

    一頭でも多くの盲導犬を!

    と、声を大にして訴える一方で、現役の盲導犬の数が年々減少してしまっている現実があるのですから…

    読ませて頂いて、ふと思ってしまいました…

    • gd.vol より:

      サナ父ちゃんさん
      犬も人も同じかもですね。
      成長スピードはそれぞれなのかもしれませんね。

      盲導犬を増やそうとして、ひと頃よりも出産頭数も増やしていますし、レクチャーに工夫もしていますし、私たちには見ることはできませんが、多分訓練もいろいろな工夫をしているのだろうと思っています。
      試行錯誤の部分もあるのかもしれませんね。
      盲導犬を必要としている人たちが、早くパートナーと出会えるといいですね。
      自分のできることを協力していこうと思います。

関連記事

見上げる子犬

子犬は好奇心の塊?探検が大胆になってきたよ

部屋の中を探検中のシオンです。 パピーと一緒に遊ぶのも楽しいのですが、目の端に入れながら知らん顔を

記事を読む

雨上がり 水たまりで遊ぶ子犬

シオン地方では例年9月の中頃から終盤にかけて、概ね二週間くらいという年が多いのですが、雨がよく降りま

記事を読む

子犬生後4か月|散歩好きな犬に育ちそう?自然の中で冒険してみた

今年のウェルシー地方の夏は、梅雨の間は晴れて梅雨が明けたら雨の多い日が続きました。 まるで、梅雨と

記事を読む

お散歩のおみやげ

元気に朝のお散歩に出かけたパパとツムギ。 やがて 「ただいま~♪」 と帰ってきまし

記事を読む

夏祭り

お盆の間に地域の夏祭りがありました。 露店、盆踊り、花火という定番の小さなお祭りです。

記事を読む

お散歩中に猫や鳥に吠える・突進する犬

ウェルシーだよ♪ 土手の遊歩道をお散歩したよ。 おうちの近くの土手は舗装されていないけど

記事を読む

お散歩デビューはいつから?2回目のワクチン接種まで抱っこでお散歩

犬を家庭に迎えて、人と一緒に仲良く生活するためには 人と一緒に暮らすためのマナーを犬に教え

記事を読む

くつろぐ犬

下痢しちゃうし犬を太らせるのも難しい

ウェルシーの入所時の体重は22.4㎏でした。 繁殖犬になったウェルシーは、将来の出産に備えるため体

記事を読む

初めてのフロントライン

週末にノミダニ薬のフロントラインを投与するために病院に行ってきました。 フロントラインは、病院

記事を読む

馬に学びたいおとなの対応|馬のボディランゲージを読み取ってみた

小さな牧場に行ったときのことです。 周囲をお散歩しました。 柵の向こうに馬がいるので、やたらと気

記事を読む

カートに乗る子犬
犬や猫の飼育に掛かる費用を調べてみた 意外!中型犬より小型犬の方が高額?

コロナ禍でおうち時間が増える中、犬や猫の飼育頭数は増えていますが、そ

飼主と並ぶ犬
ラブラドールレトリバーの4歳は良きパートナーに成長する頃だね

本日、2021年4月14日にウェルシーは4歳になりました。 ユオン君

河口湖
犬連れ富士山と桜旅|奥河口湖さくらの里公園&お洒落なイタリアンRistorante Provence

ウェルシーだよ♪ 富士山の周りでお花見を楽しんできたよ。 今回は、奥

新倉山浅間公園
犬連れ富士山と桜旅|新倉山浅間公園

ウェルシーだよ。 富士山の周りでお花見を楽しんできたよ。 今回は、新

伏せる犬
犬の散歩は毎日行くべき?行きたくない日は休んでもいい?

犬にとってお散歩は大切ですが、お散歩には毎日行かなければならないもの

→もっと見る

  • follow us in feedly


    PAGE TOP ↑