生後13か月のシオンへ

公開日: : 第三話 シオン

シオンは3月1日で1歳1か月になりました。

体重は

KIMG0398

KIMG0399

う~~~ん・・・。

2月5日に訓練センターで測った時は25.2㎏でした。

減っちゃいましたね。

誤差のうちかな?

生後9か月齢くらいから体重はほとんど横ばいなのですが、ウエストがぐんぐんくびれて成犬らしい体型になってきました。

委託資料に体型スコアというのがあり、1~5まで5段階評価になっています。

1から順に、1痩せすぎ、2痩せ気味、3ちょうどよい、4太り気味、5太りすぎ

となりますが、微妙な感じだと3プラスとか、3マイナス、などと訓練士さんに言われます。

2月5日は、訓練士さんに(痩せている方に)ギリギリ「3」と言われました。

体重が変わっていなくても、体高や体長が大きくなると結果的に痩せてしまいます。

このまま、痩せていくようであればフードを5g増やして様子を見てください。

というご指導だったので、1回分165gだったフードを170gにしました。

これで様子を見ることにします。

シオンのパピーウォーキングで心掛けたこと

シオンは興奮しやすいところもありましたし、デリケートなところもありました。

弱虫のくせに、自分最強!

と勘違いしているところもありましたし、自分が中心じゃないと気が済まない仔でした。

そういう仔なので、いわゆる「しつけ」はあまりしませんでした。

「しつけ」のつもりが「おしつけ」になると

やだもん!やだもん!

になってしまい、うまくいかないので、シオンにどうしたらいいか考えてもらうように持っていきました。

例えば、おもちゃで遊んでいる時に人の手を噛んだら、遊びはお終い。

「叱る」はしません。

人の手を噛んだら楽しい時間は終わってしまうんだな。

じゃあ、どうしたら楽しく遊べるんだろう?

そんな感じで正解をシオンに探してもらうように、ゆっくりやっていきました。

根気と忍耐が必要なので、そういう意味では大変だったと思います。

レクチャーに行くと

兄弟姉妹の中で一番幼いなあ。

と毎回思いました。

でも、シオンはシオンなりに成長しているので、温かい気持ちで見守ることにしました。

KIMG0025

結局この1年

  • どうしたら人と一緒に楽しく暮らせるのか、シオン自身に考えてもらう。
  • シオンの成長を温かい気持ちで見守る。

それだけしかしてこなかったように思います。

夫への執拗なカミカミに対しては、訓練士さんから丁寧なご指導をいただき、根気よく続けて改善しました。

しつけらしいことをしたのは、それだけでした。

入所まであと10日

この前委託式だったと思ったのに、早いものですね。

シオンは名前の由来の花「紫苑」のように、いろいろな可能性を持つ可愛い小さな蕾をたくさんつけてくれたと思います。

siona

ここまできたら、もう大丈夫。

この先は、シオンらしく素敵な花を咲かせてくれると思います。

訓練センターでの新しい生活も、きっと楽しく過ごしていけるでしょう。

そして、どこのおうちに行っても可愛がってもらえるでしょう。

健康管理に気を付けて、元気に送り出せるように、残りの日を楽しみながら過ごしていきますね。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

PREV
留守番上手な子犬に育てるしつけともう1つの大切なこと
NEXT
きらめきをポケットにつめこんで

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Comment

  1. サナ父ちゃん より:

    13ヶ月令のお誕生日おめでとうございます♪
    ホントにあと少しですね…

    12日は休みになりましたので、立派になったシオン君を見届けに参りますね…♪

    • gd.vol より:

      サナ父ちゃんさん
      ありがとうございます。
      13か月齢まで手元にいてくれました。
      ここまで成長を見届けられて幸せなことですよね。
      S‐14胎を見送ってくださるとのこと、ありがとうございます。

  2. miko より:

    13ヶ月齢おめでとうございます。
    残りわずかになってきましたね。

    ママさんパパさんのあたたかい愛情の中で育ったシオンくんは
    幸せだったことでしょうね。
    そしてママさんパパさんも幸せだったと思います。
    これから先のシオンくんが楽しく幸せであること
    願っています。

    まだあるシオンくんとの日々を楽しんでくださいね〜^^

    • gd.vol より:

      mikoさん
      13か月齢を一緒に迎えられて幸せなことですよね。
      大変なこともいろいろありましたが、振り返るとやっぱり楽しいパピーウォーキングでしたね。
      あ!まだ終わってなかった!!
      残りの時間も思い切り楽しみますね。

関連記事

わんこマッサージ

7月18日に神奈川訓練センターで、盲導犬ユーザーさんによる犬のマッサージの講習がありました。

記事を読む

子犬のいたずらはいつまで続く?いたずらっこ卒業

最近夫が シオン、いいこになったな~。 とよく言っています。 どこがいいこ? だって、いたず

記事を読む

ホームセンターのカートに慣れました

シオンを連れてホームセンターに行きました。 ここのホームセンターは大型犬用のカートは2台くらい

記事を読む

子犬の甘噛みは叱っていいの?いけないの?

先日の1回目のパピーレクチャーの座談会の中で、甘噛みについての悩みが話題になりました。 子犬の甘噛み

記事を読む

できていることを褒めてあげよう

最近のシオン、ちょっと不機嫌なことが多いです。 特にお散歩のときが落ち着きが無くて、ちょっとだ

記事を読む

子犬の心の成長を見守っていこう

ある日、シオンとお散歩に出かけました。 途中で出会った70代くらいの男性に 可愛い犬だね

記事を読む

留守番上手な子犬に育てるしつけともう1つの大切なこと

基本的に犬は留守番が苦手ですが、子犬ならなおさらですね。 一人になるのは寂しいので、シオンは留守番

記事を読む

ノーリードの犬に襲われるかと思ったよ

パピーウォーカーのみなさんは、パピーの排泄を済ませてからお散歩に出かけるかと思いますが、家やお庭など

記事を読む

上下関係ができていない?これって犬が人を試しているよね?

犬が素直に言うことを聞く人と、そうでない人の違いってどこにあるのでしょう? 犬が 従った方がいい

記事を読む

子犬のトイレのしつけに苦戦中

子犬を家に迎えてすぐに始めなくてはいけないのがトイレのしつけ。 今まで迎えたパピーには、3日でしつ

記事を読む

座る犬
犬の金属アレルギーの原因・治療・予防法

知り合いのラブラドゥードゥルちゃんは、首の周りの毛が赤っぽくなってい

散歩する犬
うちの犬は幸せなのだろうか?と思ったら見直す5つのこと

うちの犬は幸せだと感じているのだろうか? と思うことはありませんか?

撫でて褒めてもらう犬
犬が飼い主にマウンティングする理由は愛情表現?

暑い時期になってからだと思うので、1か月くらい前からだと思うのですが

軽井沢駅
犬連れ軽井沢|矢ヶ崎公園・軽井沢駅・軽井沢プリンスショッピングプラザ

ウェルシーだよ♪ 軽井沢の駅周辺の公園と、商業施設に行ったよ。 駅の

ご神木しなの木
犬連れ軽井沢|群馬県と長野県の県境を体感!旧碓氷峠見晴台・熊野皇大神社

ウェルシーだよ♪ 長野県と群馬県の県境の観光スポットに連れて行っても

→もっと見る

  • follow us in feedly


PAGE TOP ↑