きらめきをポケットにつめこんで

今日は楽しいひな祭り♪

ひな祭りの頃は、いよいよ日差しが春らしくなってきます。

昨日は雨模様でお散歩も朝しか行けませんでしたが、今日は晴れて気温も上がっています。

これからは一雨ごとに暖かくなっていくのでしょうね。

毎年、春が近付くと心ウキウキしてきますが、今年はシオンとのお別れの春になるので寂しさもありますね。

a0790_001086

(わが家のお雛様ではありません)

今朝のシオンはパパと楽しくお散歩に行ってきました。

雨上がりの日はクンクンが増えてしまうので、今朝もクンクンが多かったそうですが、パパの横でいいこに歩ける時間も長かったそうです。

お散歩から帰ってくると、シオンはポカポカの窓際に行きます。

シオン

ここ、ポッカポカなんだね。

いつも一番いい場所にいたんだね。

KIMG0411

わんこもにゃんこも、家の中の一番居心地いい場所をよく知っていますよね。

あれ?

寝てる。

KIMG0414

シオン枕にパパの腕枕。

パパさん、仕事に行く前のほんの数分。

優しい時間が流れます。

パピーウォーキングは、短い時間の一瞬のきらめきを心のポケットに詰めていくような時間だなあ。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

PREV
生後13か月のシオンへ
NEXT
犬連れいせさき市民の森公園 河津桜でお花見

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Comment

  1. サナ父ちゃん より:

    お別れした頃の事が思い出されます…
    出来ることは何でも、あの時はした。
    毎日、涙に暮れてたなぁ…
    泣きながら、サナ抱き締めて、いっつも、必ず盲導犬になって帰って来いよ!って…

    懐かしくなりました♪

    • gd.vol より:

      サナ父ちゃんさん
      昨日のことのように思い出されますよね。
      パピーとのお別れは何頭目であっても寂しいですね。
      でも、明日への扉はキラキラなので、旅立つパピーにエールを送りますよ♪

  2. すず より:

    パパさんとシオン君。
    お互いを枕にしての、温かく優しく幸せな時間。
    窓際からの、春の柔らかな日差し。
    シオン君の穏やかな表情。

    パパさんママさん、そしてシオン君、それぞれの心のポケットが
    きらめきで一杯でしょうね。
    溢れんばかりの幸せのポケットを抱いて、まもなくシオン君が新しい一歩を踏み出していくのですね。

    暖かな窓際、温かなお家。
    シオン君、毎日幸せだね。

    • gd.vol より:

      すずさん
      私達がシオンと過ごす時間は、シオンにとっても私達にとっても短い時間ですが、シオンにとっては大切な子犬時代になります。
      子犬の頃の楽しかった時間は、シオンがこれから先、犬として人と一緒に暮らしていく上でのかけがえのない経験になると思います。
      楽しい時間をたくさん持たせて送り出すつもりでしたが、私達の方がシオンからたくさんもらってしまっていますね。

  3. miko より:

    本当にそうですね〜。
    きらめいていますもんね〜。

    パパさんとシオンくんの抱き合いっこ写真や
    あったかい窓辺での温かい時間が
    ほろりときますね。

関連記事

馬に学びたいおとなの対応|馬のボディランゲージを読み取ってみた

小さな牧場に行ったときのことです。 周囲をお散歩しました。 柵の向こうに馬がいるので、やたらと気

記事を読む

伏せる子犬

子犬の甘噛みは叱っていいの?いけないの?

先日の1回目のパピーレクチャーの座談会の中で、甘噛みについての悩みが話題になりました。 子犬の甘噛

記事を読む

洗濯かごに入れられる子犬

パピーウォーカーが巣立ったパピーの誕生日に思うこと

2月1日は、わが家の3頭目パピーのシオンの誕生日です。 S-14胎のみんな、それぞれのおうちでお祝

記事を読む

見上げる子犬

子犬は好奇心の塊?探検が大胆になってきたよ

部屋の中を探検中のシオンです。 パピーと一緒に遊ぶのも楽しいのですが、目の端に入れながら知らん顔を

記事を読む

子犬の寝顔

【パピーウォーカー】お別れは寂しくても犬は今を生きている

シオンたちS‐14胎にはパピーウォーキングの期間を通して、サンディ家に「ポチたま」の密着取材が入って

記事を読む

高松丸亀町商店街「盲導犬育成募金活動」 ツムギ四国に行く

6月23日と24日、日本盲導犬協会の島根あさひ訓練センターのイベント 高松丸亀町商店街「盲導犬

記事を読む

S-14胎9回目のパピーレクチャー

12月11日 生後10か月齢になったS‐14胎の9回目のパピーレクチャーでした。 今回の

記事を読む

排泄は得意だよ 犬語を理解するためには?

昨日の日記では、シオンが苦手なことをかきました。 こちら→留守番は苦手なの! では、シオンが得意

記事を読む

飛びつきとお出迎え

パパが帰宅すると玄関へお出迎え。 これもわが家のパピーたちの日課です。 小さい頃は

記事を読む

人が強化してしまった子犬の甘噛み|なおすには毅然とした態度と根気が必要

生後2か月や3か月の子犬を迎えると、大抵の仔は甘噛みをすると思います。 だんだん成長し、歯の生え変

記事を読む

ロープで遊ぶ子犬
犬と楽しく遊ぶ方法!犬とは全力で向き合おう

ウェルシーは5歳ですが、遊ぶのはパピーの頃から大好きです。 お散歩の

伏せる犬
犬のしつけ「無視」はイジメ?無視の方法と犬を無視することが効果的な場面

犬のしつけの方法の中で「犬を無視する」というものがあります。 好まし

散歩する犬
犬を吠えさせる飼い主は犬が可哀想だと思わないのかな?

犬は吠える生き物です。 なので、犬が吠えるのは自然なことで問題行動で

座る犬
犬がよだれをポタポタ垂らしているけど大丈夫?病気の心配は?

ある日、これといった理由も見当たらないのに、ウェルシーがよだれをポタ

横顔ラブラドールレトリバー
犬の飼い主あるある?うちの犬は自分のことを人間だと思っている!それって問題なの?

昭和の頃の犬は外飼いで、その役割は番犬でした。 知らない人が来ても吠

→もっと見る

  • follow us in feedly


    PAGE TOP ↑