パピーウォーカーは寂しい?犬は去りカラーは残される

日本盲導犬協会では、パピーのリードやカラーはパピーウォーカーの負担です。

パピーは1年弱で巣立っていきますが、カラーやリードは思い出と共に手元に残ることになります。

今日はそんなパピーウォーカーの気持ちを記事にしてみました。

カラーが残るのは寂しい?

だんだん身体が大きくなってきたツムギ。

カラーがきつくなってきました。

今まで使っていたカラーはイズモのおさがりでベルト式のものです。

o0400030013091214014[1]

o0400030013048818627[1]

DSCF9513

イエローでも黒でも、オスでもメスでも可愛いかなと思って購入しました。

イズモが大きくなってから使っていた「ラブラブハートカラー」もとってあります。

o0400030013091214015[1]

写真はまだ新しい頃のものですが、色が褪せていたり傷みも目立ってきているので使いまわさず、ツムギのカラーも新調してあげることにしました。

新しいカラー

ベルト式のカラーも悪くないのですが、微調整が出来ないので今回もバックル式のカラーにしました。

富士ハーネスでは、バックル式のカラーはバックルが外れたり壊れるとカラーも外れてしまうので、万一の事故を防ぐためDカンが2個ついているものにしてくださいとお願いされていました。

Dカン2個にリードのナスカンを繋げば、バックルが外れたり壊れても犬とリードは離れないからです。

大型犬は力もありますし、何かのはずみでバックルが外れてしまい万一犬が暴走したら危険なので、ツムギのカラーもDカンが2個ついているものを購入しました。

kako-Lz2ZMEwvDX3D2tyB

イズモのときにリードが外れてヒヤっとしたことがあったので、念のために迷子札もつけてもらいました。

kako-u2IsxfBPZDMBsgf8

モザイク部分は電話番号です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

おおぉ~!

シックな感じで、大人の女性になった気がするねぇ。

今も幸せな気持ちになるよ

パピーウォーカーを始めた頃、入所の時に主のいなくなったカラーとリードが手元に残るのは、寂しいかなと思っていました。

しかし私達の場合は、残されたカラーを見て涙することは予想に反してありませんでした。

自己満足ではありますが、イズモとの時間がとても楽しかったので、自分たちなりにやれることは全てやりきったという思いが大きく、寂しさよりも達成感が勝ちました。

一緒にいられるのは短い時間。

後悔はしたくない。

そんな気持ちで思い切り楽しんだ11か月間でした。

イズモのリードとカラーが手元に残っていることで、イズモに見守ってもらって励ましてもらえているような気持ちになります。

そしていつもイズモを応援し、幸せを願っています。

イズモも毎日を元気に楽しく過ごしている。

私達も毎日を元気に楽しく過ごしている。

見えない赤い糸はつながっているよね。

手繰り寄せる必要は、お互いにないけどね・・・。

今でもイズモと暮らしたた時間は、私たちにとって幸せな時間として心を温めてくれています。

関連記事→あと半年しかいない子犬のために新しいカラーを購入しました

まとめのようなもの

ツムギの新しいカラーも、想い出をたくさん詰め込んで私達の手元に残る日がやってきます。

どれだけたくさんの想い出を詰め込めるかな?

楽しい想い出をたくさん詰め込んで置いて行ってね。

残されたカラーは、ツムギが私達の家族だった証。

きっと

ツムギをずっと応援し続けると思うから。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

PREV
見慣れない物を怖がる犬には時間をかけて慣れさせる
NEXT
T13胎3回目のパピーレクチャー

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Comment

  1. 素敵なカラーですね!!ダブルリングのカラー、我が家はなかなかみつけられなかったのですが、こんな名前をいれられるなんて!!どこで買われましたか?

    実は・・・私の手元にも一昨日名前入りのカラーが届きました。
    もうすぐ、誕生日ですよね、、、あの子たちの。2歳だなんてあっという間。
    私は協会の支援ショップで買いました(笑)

    いろんな思いが入り混じるパピーウォーキング。
    だけど物凄くやりがいがあって、物凄く楽しくて、
    本当にやってよかったと思います。

    つむたん、素敵なカラーよかったね!!

    • gd.vol より:

      イザベルマミーさん
      カラーはイズモのラブラブハートも、今回も夫がネットで探してくれました。

      私は自分の犬を飼ったことはありませんので
      比較はできませんが
      パピーウォーカーをやって良かったと思います。
      夫に感謝です。

  2. サナ父ちゃん より:

    ワンコに全力でぶつかって行って、ワンコもそれに応えてくれる。

    ワンコも人を一生懸命、理解しようと頑張っているのを見て、私達はより大きな愛情を持ってワンコに接する。

    短い時間の中ですけど、何物にも代えがたい、素晴らしい宝物ですよね。

    つむたんは絶対、素晴らしいワンコになると思います。
    素晴らしいママさん、パパさんと一緒に過ごせるんですから。

    この先、いろんなことがあると思いますが、全てが楽しみですね♪

    • gd.vol より:

      サナ父ちゃんさん
      パピーウォーキングは短期間ですが
      大きなプレゼントをたくさんもらえる
      素敵なボランティアですね。
      ボランティアなのに、こんなに楽しくていいのかしら?
      といつも思います。
      ツムギとも、楽しい時間をたくさん過ごします。

  3. イーリィの父 より:

    素敵なカラーですね。それに似合ってる。
    ツムギちゃんたら女っぷりが上がって、ますます可愛くなっちゃうんじゃないですか?
    うちは協会のショップで買ったものを使っていますが、色もあせてきちゃったのでそろそろ買い替えようかと検討中です。

    • gd.vol より:

      イーリィの父さん
      ありがとうございます。
      夫が一生懸命探してくれました。

      イーリィちゃんにも、急がなくてもいいと思いますが
      お父さんから素敵なカラーをプレゼントしてあげてくださいね。
      女っぷりが上がりますよぉ。

関連記事

寝る仔は育つ 膝の上で寝る犬

子犬はよく寝ますね~。 起きる→トイレ→遊ぶ→寝る そこに1日に3回のごはんと、2~3回

記事を読む

T-13胎8回目最後のパピーレクチャー

11月21日 8回目のパピーレクチャーでした。 今回の内容は 犬が自らカラーに

記事を読む

甘えん坊復活

朝晩を中心に涼しくなってきたためか、気付くとお膝にやってくるツムギです。 暑い間も全く来なかっ

記事を読む

褒めるしつけで犬との絆が強まる|褒められたら尻尾を振れる犬に育てよう

ツムギは委託当初から目ヤニが出ていたので、神奈川訓練センターで治療を行っていました。 4月13日に

記事を読む

ツムギ生後12か月齢の備忘録

ツムギは23日に1歳の誕生日を迎えました。 お祝いコメントをくださったみなさん、ありがとうござ

記事を読む

【面会】ありがとうツムギ!笑顔をその胸に焼きつけて

7月14日 ツムギに面会するため、島根あさひ訓練センターに行ってきました。 島根の訓練センターは

記事を読む

駄々をこねる犬 おうちに帰りたくないよぉ

犬にも「感情」があるので、人の指示に対して「嫌だ」と思うことがありますよね。 「嫌」の表現の方法は

記事を読む

他犬に突進してしまう子犬が他犬と穏やかにすれ違うトレーニング 

ツムギを連れて所沢航空記念公園(埼玉県)に行ってきました。 日本の航空発祥の地を記念して造られた公

記事を読む

上目遣いで見る子犬

月に一度のおやつだよ カルドメックチュアブル

ツムギにフィラリア予防薬の「カルドメックチュアブル」を服用させました。 チュアブルとは、かみ砕

記事を読む

パピーらしくなってきた!

えっ? つむたん、もうすぐ8か月齢でしょ? お姉さんになってきた! じゃないの?

記事を読む

おもちゃを咥えて歩く子犬
子犬が人の足を噛んでくるのはなぜ?私は普通に歩いているだけなのに

普通に部屋の中を歩いているだけなのに、あるいは普通にお散歩をしている

抱っこされる犬
犬の肉球は何のためにあるの?役割と構造は?弱点もあるよ

犬の肉球って、ぷにぷにしていて可愛くて、ちょっと香ばしかったりして、

枝垂桜と犬
犬連れ桜の飯綱山公園歴史の広場(富士見城跡)優美な小諸八重紅枝垂を楽しもう

ウェルシーだよ♪ 長野県の「飯綱山公園歴史の広場」に連れて行ってもら

大手門
犬連れ小諸城址「懐古園」城下町より低い場所に築かれた穴城

ウェルシーだよ♪ 長野県にある「小諸城址懐古園」に連れて行ってもらっ

ドッグフードが気になる子犬
ドッグフードの選び方|正しい知識を身に着けてドッグフードを選ぼう

私たちの場合は、盲導犬協会の犬なのでフードは協会から指定されたものを

→もっと見る

  • follow us in feedly


    PAGE TOP ↑